Khao San Road&Introducing the famous local gourmet in the vicinity of Lambutory Street!

リバーサイドホテル「Riva Surya Bangkok(リーバ スーリヤ バンコク)」から徒歩圏内のカオサン周辺で有名なローカルグルメを体験してみましょう! 2019/11/6バンコク旅行・Khaosan・Ram Buttri Vol.2 https://photos.app.goo.gl/i7PvKRkvsPpmEq1D6 2019/11/6バンコク旅行・Khaosan・Ram Buttri Vol.3 https://photos.app.goo.gl/7oiWniykWF2i1sfd7 カオサン通りより北にあるプラスメン通り(Phra Sumen Street)沿いにある「名もなき屋台」ではタイ風チキンライス「カオマンガイ(Khao Man Kai)」が超有名です! ブルー、Green、Colorful parasols in red are a landmark、The stall where the elder sister who wears the hat runs with a smile becomes a big prosperity at any time of the day.、満席状態が続いている様子が伺えました!(※テイクアウトも可能です) 10年以上も同じ場所で営まれており、The showcase is lined with chicken hung all over one bird.、The chicken stewed in a big pot is very juicy.、チキンスープで炊き上げる御飯との相性も抜群だそうです! 大きな中華包丁で茹でたチキンを豪快に切り分ける姿が印象的! また同じ通りの小路に入ったところにある「名もなき注文屋台」も有名で「ガパオ(Phat KraPhao)」などのタイの定番料理が美味しいとの情報も! 食材をカットしたら中華鍋でパッと炒めてあっという間に完成です! この通りには、There are also a lot of shops of crispy Thai crepe "Khanom Buang"、Sweet type and side dish type are sold two kinds of、スナック感覚で摘みながら散策を楽しむ観光客の姿も見られます! 露店では肉や魚、There are stalls selling eggs.、Colorful vegetables and fruits are lined with thai herbs and fruits.、There are a lot of chinese who hardly cook for a thai person, too.、地元民の生活の一部として欠かせないマーケットとして活気があります! 今回わたし達がランチに選んだローカルグルメ食堂はクラシー通り(Krasi Street)の「トムヤムクンバンランプー(Tom Yum Goong Banglamphu)」です!こちらはバンコク発のタイ料理店グルメサイト「激旨!タイ食堂」でも取り上げられ爆発的な人気を誇るトムヤムクン(Tom yum goong)の有名店! 屋台内の厨房で一心不乱に鍋を振る名物おじさんがおりカメラを向けた瞬間に親指を立てとびっきりの笑顔をサービスしてくれました! 「トムヤムクン(Tom yum goong)Sサイズ」150THB(日本円にして約540円)※1THB=約3.6円(2019年11月のレートにて換算) トムヤムクンは「甘」、"Great place to get"、「酸」の三味一体の味わいが楽しめるタイを代表するスープです! 海老が豪快に入り、Mild shades of coconut milk、Rich in aromas such as lemongrass and kafill lime leaf (kobmikan leaves)、甘辛くも後から辛味を強く感じる本場の味で汗が吹き出ます! 「カリカリ豚肉とミズオジギソウ炒め(Stir fried Crispy pork with water mimosa)」80THB(日本円にして約290円) 豚肉は衣を纏いカリカリに揚げられておりタイならではの野菜ウォーターミモザ(ミズオジギソウ)と合わせてガーリック風味に仕上げています! 空芯菜のような茎をしたミズオジギソウですがもう少し食感が残る程度に炒めてある方が好みです! 「チャーンビール(Chang Beer)瓶)」 80THB(日本円にして約290円)...

Stroll around Khao san! To the prestigious first-class royal Buddhist temple that is related to the royal family of Thailand!

リバーサイドホテル「Riva Surya Bangkok(リーバ スーリヤ バンコク)」のリバーサイドテラスから遊歩道へ降り立ちカオサン周辺を散策! カオサン通り・ランブトリー通りの模様はこちらのアルバムをご覧ください。 2019/11/6バンコク旅行・Khaosan・Ram Buttri Vol.2 https://photos.app.goo.gl/i7PvKRkvsPpmEq1D6 2019/11/6バンコク旅行・Khaosan・Ram Buttri Vol.3 https://photos.app.goo.gl/7oiWniykWF2i1sfd7 プラアティット桟橋(Phra Arthit)最寄りの「サンティチャイプラカーン公園(Santichaiprakarn Park)」は花が咲き誇り穏やかな空気が漂います! 公園内に伺える白亜の建造物は、It became the fortress "Phra Sumen Fort" of about 200 years ago.、 The junction of the Chao Phraya River and the Banlamploo Canal、Located at the northernmost point of the city wall、重要な防衛戦や水上交通の要所として活躍していた要塞です! ホテル周辺には主に2つの寺院があるため是非訪れてみましょう! ①「ワット・チャナソンクラーム(Wat Chana Songkhram)」 観光客にはあまり知られてはいませんが、One of the famous temples in Thailand、年末年始には大勢の参拝者が訪れるという地元民に愛されている小さなお寺です! 寺院名は、"Chana- Win"、it means "Songkhram-Fight"、Because it is said that it is "a victory temple" and "it wins any difficulty"、勝負事の必勝祈願に立ち寄ると御利益にあやかることができるかもしれません! ②「ワット・ボウォンニウェート(Wat Bowonniwet)」 プラスメン通り(Phra Sumen Street)沿いに見えてくる立派な寺院! こちらは1826年に建立され後のラーマ4世が創始したタマユット派の総本山となります! こちらは王子が王に即位する前の出家修行の場であり、From Rama V to King Bhumibol Adulyadej of Rama IX、It became a first-class royal Buddhist temple where successive royalty were trained.、大変格式の高い寺院です! 正面扉の「プラトゥー・シアウカーン」と呼ばれる門の彫刻が艶やかで素晴らしく思わず立ち止まって見惚れてしまいます! 本堂には、The golden Buddha statue handed down from the ancient Chiang Saen dynasty is enshrined.、壁画の細やかな描写にも目を奪われてしまうほど! 黄金に輝く仏塔やその周辺を四方に護る像の姿他にも歴代王が出家修行中に住まわれた宮殿など見所満載の寺院です! さらに、There is no admission fee for either temple.、午前中は人も少ないためゆったりと拝観できお勧めです! バンランプー運河(Banglampoo Canal)に架かる橋からの景色は長閑で鳩が飛び交う運河沿いのテラスカフェなども小洒落ています! この近隣には露店が連なる「バンランプー市場(Banglampoo Market)」があり、Clothing is lined up with a sizzling、貴金属やアクセサリーなどが出揃うマーケットが楽しめます! さて、Because it became lunch time while walking、お次はこの周辺で有名なローカル食堂を御紹介致しましょう!...

"Khao San & Lambotry Road" A night to enjoy the bangkok downtown atmosphere in the holy place of backpackers

Enjoy the downtown atmosphere of Bangkok、Khaosan Street (Khaosan road, also famous as a holy place for backpackers) – (And the sibem)、Rambutrey Street, which is called the back khaosan (Ram Buttri, Bangkok Road)を散策! 夜のカオサン通り・ランブトリー通りの模様はこちらのフォトアルバムを御覧ください。 2019/11/6バンコク旅行・Khaosan・Ram Buttri Vol.1 https://photos.app.goo.gl/9xG2ftvUJLsEmQFd9 リバーサイドホテル「Riva Surya Bangkok(リーバ スーリヤ バンコク)」は、Khao San Street and Lambtory Street can be enjoyed within walking distance of the hotel、日中から夜通し賑わう下町風情を満喫したい方にはお勧めのホテルとなります! カオサンとは、It means "white rice" in Thai.、その昔この辺りには米問屋が多かった事から由来されています! 道幅はおよそ20m程で奥行きは400mに及ぶ通りは車やバイクが走るものの、Like a pedestrian paradise, people come and go inexhaustibly.、2000As the beginning of the journey of the movie "The Beach" starring Leonardo DiCaprio in 19、そのフィーリングはカオス的な要素が漂う街となります! 露店をはじめ、Shops with a casual atmosphere are lined up with a sleet、Clothing and bags、Gadgets, such as uniform.、Restaurant ba and guest houses、Petit Hotels are substantial、The open terrace spreads a free world where you can enjoy beer from within the sun.、活気溢れる魅力的な街なのです! 屋台が賑わいを見せる中、The catchy stall is "Crocodile Grill"! What’s that !? ワニが丸ごと一匹串刺し状態で吊るされています!(笑) カオサン通りにある「RAINBOW EXCHANGE(レインボーエクスチェンジ)」はレートが良いと評判の両替所となるため利用させて頂きました! 店内は照明も明るく綺麗で多くの観光客が利用しています! 通りを歩けば、The voice of the tout of the massage shop echoed.、こちらが日本人と判断すると「ヤスイヨ!ヤスイヨ!」と声掛けしてくれます! カオサン通りと平行して存在するランブトリー通りへは小路のスージーウォーキング通り(Susie Waking Street)を抜けて向かいましょう! ランブトリー通りは特にオープンテラスを持つレストランやカフェ&バーが多く奇妙な置物や像の並ぶ雰囲気が異国情緒感を増幅してくれます! 賑わう通りでは人の目を気にすること無くストリートダンスを披露する子の姿も! 夜とはいえバンコクの気温は30℃前後と常夏! 1~2時間も散策すれば喉がカラカラになります! 途中、Stop at a convenience store with air conditioning、In Thailand, if you buy the classic "Chang Beer" and moisturize your throat at once、そこはもう天国です! (※タイでは、There are restrictions on the sales time of alcohol.、Normally from 11:00 to 14:00、17It is a time zone that is allowed to sell between 20:00 and 24 o'clock.、それ以外の時間に購入することはできませんのでお気を付けください!) 長年に渡り夜通し賑わいを見せてきたカオサン&ランブトリー通りですが、The government is now reviewing.、Regulations such as road paving and street stall opening hours are beginning to be strengthened due to large-scale renovation work.、show ingress with the development of the country、It may not go as it was before.。   But this time、I was able to enjoy Khao San Street for about four and a half years.、少しずつ変わりゆく街並みも是非お楽しみください!...

Tom Yum Goong 'Tom Yum Goong' Thailand's leading specialty open terrace restaurant.

タイ料理といえば「トムヤムクン」世界3大スープの内の1つといわれる説もありタイに訪れたら一度は本場のトムヤムクンを食べてみたいもの「ワット・チャナソンクラム(寺院)」からカオサン通りに入ると、50mほど先に「TATOO」の看板の横に「TOM YUM KUNG」と書かれ、Shrimp and colorful illustrations will eye a big sign。Walked under the sign of this Alley is open terrace restaurant、その名も「TOM YUM KUNG トムヤムクン」へと向かいましょう♪ セブンイレブンの隣の露店商品がひしめく、Proceed through this alley。タイダイのTシャツに紛れて堂々と目立つ位置に掲げられた「適当」と書かれたTシャツ一体どういう方が購入するのか楽しみです(笑) 路地を抜けるとレンガを積んだ壁の奥に開放的な中庭のような場所へ到着します♪ こちらのオープンテラスのレストランがタイ料理の「TOM YUM KUNG トムヤムクン」です様々なタイ料理がいただけますが何といってもこちらの名物は店名の通りトムヤムクンです。Boil the "Tom (ต้ม).、The "Yam (ยํา).、「クン(กุ้ง)」は海老を意味します。By Mac crew (Kaffir lime leaves) and bricken (a kind of green pepper)、Used car (a type of ginger) and other spices、Coming up with a refreshing acidity with Lemongrass、ナンプラーやナム・プリック・パオ(チリ・イン・オイル)などの調味料とマナオ(日本でいうライムのようなもの)の果汁で味を調え、Look mild in coconut milk, and、The mix of spicy and sweet、Has a complex aroma and flavor are uniquely intertwined。辛さはお店により異なりますが一度食べたら病み付きになる方も多い個性的なスープです♪ 店内は屋外席と屋内席がありますが、Hot during the day to、Is a popular way to avoid indoor spaces。Air conditioning is not、For big fans that circulate air、Keeping temperatures。In the Interior of the restaurant is the bar counter、Equipped with pool table 1。きっと夜はアルコールを嗜みながらダーツを楽しむ方もいらっしゃるのでしょう♪ タイビール「SINGHA シンハー(大)」B120(日本円にしておよそ430円ほど) タイビール「SINGHA シンハー」は、1933Born in Thailand in the year、Was admitted to the Royal historical premium beer。It appeared in ancient mythology "Singha" and "lion"。Most are brewed from milking、Beer joined the distinctive and rich taste、アジアンスタイルならではのバランスの取れたスパイシーな味わいです♪ 「ココナッツジュース」B70(日本円にしておよそ250円ほど) 皮を剥いて飲みやすいようにカットしただけの新鮮なフレッシュココナッツジュースです。From the previous、Didn't have coconut juice, very good impression.、With so much trouble in Thailand、The correct answer was! As the Suns and refrigerated、In the gentle sweetness such as I can't believe my tired body、Soft and delicious coconut scent,。After you finish drinking、Which portion of the inner flesh with a spoon and eat。Coconut juice、In a nutrient-rich, yet almost no lipid perfected links、電解質など体への吸収も良く飲む点滴とも言われています。In the stalls and stalls of Thailand、B40(日本円にしておよそ145円ほど)ほどで販売していますこんなに美味しいフレッシュジュースなら毎日冷蔵庫にストックしておきたいぐらいです♪ 「フライドライスwithグリーンカレーチキン」B120(日本円にしておよそ430円ほど) ハート型で可愛く盛られてきました。Fried rice with Green Curry Chicken (Thailand language:ข้าวผัดแกงเขียวหวานไก่)とはグリーンカレーペーストの旨みを全てライスに凝縮させた炒飯です。Manama (like a lime in Japan) will be squeezed and jerked。There are hot、何ともも言えない味わいでこれまた癖になります♪ 「トムヤムクン(S)」B180(日本円にしておよそ650円ほど) トムヤムクン(タイ語ต้มยำกุ้ง)の小さいサイズをオーダー川エビの頭から取った出汁とプリプリの身がたっぷりと入ったトムヤムクンは、In the mild flavor with spicy coconut milk、The acidity of the lemon grass and Kaffir lime leaves are fresh。トムヤムクンを好きな方で、I'd like that without first、If you would like such as spiciness or coriander may come、In order to tell it and adjusts the。Here is、Staff got on well、メニューはタイ語と英語で表記してあり料理内容が写真付きなため指差しオーダーが可能で過ごしやすいレストランでお勧めです。Now、And is that filled my stomach as well、まったりと他の通りを散策しましょう♪ TOM YUM KUNG トムヤムクン 住所:9 Khaosan Rd, Thaladyao, Pranakorn, Bangkok TEL:0-2629-1818 Hours of operation:11:00-25:00Closed on Mondays:なし タイ・バンコク旅行特設ページ バンコク旅行の全ての記事はこちらからご覧いただけます! http://lade.jp/Thailand/..

Downtown Bangkok Khao San Road backpackers gathering

古くから世界中のバックパッカーたちが集まる街として知られるKhaosan Road カオサン通り。What is Khao San?、It means "white rice" in Thai.、The old、この辺りには米問屋が多かった事が由来されています道幅はおよそ20mほどで、Although the car runs.、Like pedestrian heaven somewhere relaxing and、奥行きは300mと続きます。Casual and trendy Street、Shop and order、Clothing and bags、Gadgets, such as uniform.、Restaurants and bars、Guest House、And the hotel staff、バンコクの下町的な存在です♪ かつてはアジア一の安宿街として絶大な人気を誇り外国人のバックパッカーで溢れかえる通りであったカオサンは、2000年にレオナルド・ディカプリオが主演した映画「ザ・ビーチ」の旅の始まりとしてカオサン通りが舞台に取り上げられた時期から、Global fast-food and coffee chains started opening stores.、Such increases are also a stylish restaurant、That aspect continues to change rapidly。Now that many use as a date spot for young people in Thailand、Growing as a city everyone can play at ease。Now, though,、宿泊料がB100前後の格安のドミトリー(相部屋)などからB2,000を超える中級クラスのホテルまでが100軒以上あり、There are various types。カオサンでは中級クラスともいえる「D&D INN」の宿泊料は、B650 in standard single (about 2,340 Yen's Japan yen) ~ B950 in standard double (Japan yen and approximately 3,420 yen)。The pool is on the roof、That seems a little resort experience、People say that strict night noise chirahora。Although the intermediate class、安宿にはそれなりの覚悟が必要だということです♪ カオサンは欧米人が多く、Open terrace restaurants and bars can be found here。Also enjoying the beer from within the sun sinks still more apparent、自由な雰囲気が魅力の街です♪ 都心部のSIAM サイアムやSILOM シーロムに比べると、No odor, such as sewer、屋台の衛生面が良い状態のように見受けられます。Is responsible、カオサンであれば、I feel to try to stall possible。カオサンの定番ともいえるパッタイ!次回はチャレンジしてみましょう♪ カオサンの宿泊施設では、Unfortunately security aspects like remain somewhat anxiety、Passport and tickets、Keep valuables such as cash, walking with it's common sense。As a result、Many notable vendors large shoulder bag。タイの幸せの象徴ともされる象やカラフルな花のデザインや織物などのバッグが可愛いです♪ 常夏のタイは、There is a year round warm climate、Clothing casual, cool、Amenities include overwhelmingly, at a reasonable price women's clothing in the stalls。You cannot try on、The size may be large、購入する際にはサイズ感を確かめてからにしましょう♪ 肌を露出する機会の多い気候とくれば、And there many ornaments also decorate the body、NEX less and bracelet、Pierce、And there are tattoo shop。If you play sealetatour cute、 2-Henna tattoo faded in recent weeks, easy to enjoy、本物のタトゥーショップも欧米人の利用者も多いことから健在です♪ 一通り散策し、Because an empty stomach、カオサン通りから路地に入ったところのお目当てのレストランでランチすることにしましょう♪ タイ・バンコク旅行特設ページ バンコク旅行の全ての記事はこちらからご覧いただけます! http://lade.jp/Thailand/..

Scroll to top