Beef up good! Every year the annual self's Lu mountain-style Sukiyaki House new year's even food

"Sukiyaki" and fixed my house every year the annual new year's Party、本年も気の合う友人たちを御誘いし「魯山人風すき焼き」で「黒毛和牛の食べ比べ」を楽しみます! 篆刻家、Painter、Pottery House、Calligrapher、Japanese lacquer artist、With a variety of food, such as facial "Kitaoji Rosanjin (Oh anime's been dust)" is famous for foodies、その魯山人の拘り溢れる「すき焼き」の食べ方を少しだけ真似っ子するのが我が家流! 実は葱が大好きで、A little less 割ri下 Nishi、煮るよりも焼くに近い「葱が主役のすき焼き」を好んでいた魯山人! しかも、Leek diagonally cut, not cut into a cylindrical、Built as a cylinder、割ri下 small amounts of smoke、葱の甘味を感じるように食べていたというから面白い! 初めてこの食べ方を教わったのは、By seven years ago from now.、To make the onion first was really shocked、And feel the urge I can't taste without imitating、Now,、すっかり我が家の定番となった「魯山人風すき焼き」! 魯山人のすき焼きの食べ方を見習い、Lu mountain-style shops, eat delicious onion early next year.、Held in quick succession、At the dinner table around with like minded friends、至福の時間を迎えます! 「黒毛和牛」は、A4-A5 to prepare four by County、Hida beef referred to meat art、"Kagoshima beef.、"Beef saga"、In the "Shizuoka Prefecture of Shizuoka steudel.、Prime marbled meat just melts in your mouth and shoulder roast carefully selected fine oil and sweet、While enjoying the soft texture、Or at least stand out between the elegant marbled triangle、Nagoya Cochin chicken bouncy fun、While merge flavorful "Iberico"、様々な味わいを順に食べ比べして行きます! 先ずは、In order to make 染mi渡ra beef flavor ingredient in the pot itself、I baked magistrate's role to play、Show respect for the beef、And wishes the tallow to warm up、Under meat to swim 割ri下 thinly covered in、1枚1枚丁寧に火入れしていきましょう! 極薄肉は時間との真剣勝負! お次は、Up green onion curl right in the middle of the Pan、Once the lid is、葱上からぷくぷくと割り下が沸き上がってきたら食べ頃を迎えます! 「魯山人風すき焼き」の葱の理想は、Thicker than normal onions, sweet shimonita.、Unfortunately、First sale of supermarket no sales "shimonita.、Has become a regular white onions、A hot leek、Heart melting texture and very sweet felt、Because the only downside are immersed in 割ri下、Think was good but not spicy! Baked beef and fried with green onions、巻いて食べるのもお勧めです! 肉→野菜→肉→野菜と交互に食べ進め、Also、That compared to eat beef breeds、Enjoy the features of each breed、最後まで飽きずに食べれます! 乾杯は、Suntory's "the premium malt" pour serves God bubble、Such as our food and beverage outlets、きめ細やかでクリーミィーな泡立ちを楽しみます! すき焼きの準備が整うまでは、Ceramic artists in Toyama ' 釋 Yong Yue (Gaku Shakunaga) Gen platter Φ 42 "to incorporate、In the platter would be overwhelming force、Big fatty and lean、Yellowtail、Greater amberjack、Salmon、Scallop、Squid、How much、甘海老などの「刺身盛り合わせ」を楽しみます! 刺身に合わせる日本酒は新潟県「朝日酒造株式会社」の限定酒となる「久保田 純米大吟醸」! 華やかな香りと上品でフルーティーな甘味バランスの取れた旨味を和牛と共に楽しみます! 食後には、In a moving celebration、Zucchini that Shinji Tsuchiya (Shinji Tsuchiya)Taiwan received from Mr. malt "avalan Whisky SOLIST SINGLE MALT BOURBON CAs" to examine! A fascinating and vivid golden colour、Tropical fruits、Coconut、Vanilla、Wood spice、Enjoy the scent of vanilla and oak、口当たり滑らかな旨味がバランス良く広がります! 食後のデザートは、In my home for a delicious time limited Shizuoka strawberries 'akihime' suites、Freshly-made soft "Strawberry Daifuku"。 袋井の「まめやかふぇ」が提供するコクと旨味のバランスの良い「まめやブレンド」にてほっこりタイム! 胃をさっぱりと仕上げるために、Shanghai return Naito Yumiko (Yumiko Naito)先生に御年賀で頂いた超貴重な「浙江・安吉 宋帝御賜珍品茶 珍稀白茶・悟山」を堪能! 美しい茶葉で上品な香りと甘味が楽しめる白茶となります! 2019年の新年会も楽しい仲間たちと口福のスタートを切ることができ、This year's crowded home people、Fun things、美味しいものに囲まれる1年であるよう願います! 我が家が人と人を繋ぐ場でありますように!...

Shizuoka poles did Sukiyaki party enjoy every part of breeding with the Shizuoka sake!

Parties at home are held on a regular basis.、今回はリクエストのあった「すき焼きパーティ」です! 牛肉は近隣の「渡辺精肉店」にて「静岡そだち」の「カルビ、Round two、リブロース」と部位毎の味わいの違いを楽しめるようにセレクト! 野菜はお決まりの「ファーマーズマーケット三方原店」と各種スーパーマーケットを巡り、"Chinese cabbage、White onion、Garland chrysanthemum、Shiitake、Maitake mushroom、Enoki mushroom、Shimeji mushrooms、Carrot、Fried tofu、野菜厚揚げ」を用意! すき焼きの割り下には、Put a slice of onion and baked in a stone kiln roaster、Sweet and pulls out the flavor、準備は完了! 「すき焼き」とくれば日本酒! 今回は「マセラティ 浜松」で取り扱う宮城県の「田中酒造株式会社」の「真鶴」のスパークリング「蝶々姫」で乾杯し宴会スタートです!日本酒が苦手という方にも是非試飲していただきたい「蝶々姫」は、Easy to drink in micro foam with light、上品な甘味でリッチなテイスト! お後は「有限会社 酒のバオオ」にて購入した袋井市の「國香酒造」の新酒「國香 特別純米 中汲み 無濾過生原酒」は、Melon aroma of yeast is rising、まろやかな甘味のある味わいで余韻を楽しませてくれます! 「静岡そだち」を 「カルビ、Round two、Rib roast "for after a long day in the order、To keep vegetables、Finish of the special cow、松阪牛の「極上肩ロース」登場です!とろけるほどの柔らかさ! 「すき焼き」や「鍋」はやっぱり皆で囲んで頂くのが一番美味しいです♪次回は「一からラーメンを作る会」を予定♪ 【すき焼きメニュー】 ■菜の花の胡麻和え ■大根と豆苗とパクチーのサラダ ■セロリとパプリカの甘酢漬け ■きびなごと太刀魚の刺身 ■鰹の刺身 ■すき焼き ■「餅はまな」の「いちご大福」 ■「OORT CLOUD Coffee(オールトクラウドコーヒー)」の「リモンシージョ」と「エンブ AA」...

In the evening of new year's day”SUKIYAKI”! Compared with 2 kinds of brand-name beef cattle

Every year、元旦はのんびりまったりと過ごすのが定番となりつつある我が家! おせち料理は朝完食する量しか用意しないため夜は楽しみにしていた「すき焼き(SUKIYAKI)」です! そう言えばひょんな会話から坂本九の名曲「上を向いて歩こう」の英語タイトルが「SUKIYAKI」と知ったのが最近のこと(笑) レコード会社の社長ルイス・ベンジャミンが「上を向いて歩こう」を英語訳すると長くなるため、Was worried about titles decided so far、Japan to know from that was "SAYONARA" and "SUKIYAKI"、好きな日本料理「SUKIYAKI」を選んでタイトルに付けたとか! 我が家の今回の「すき焼き(SUKIYAKI)」は地元静岡県が誇るブランド牛の黒毛和牛「静岡そだち」と茨城県産黒毛和牛「常陸牛」を食べ比べ致します! きめ細やかでしっとりとした肉質で口溶けが良く、The taste of sweetness "Shizuoka wisdom" and、日本人好みの赤身に程良く脂肪の入った柔らかな霜降りの「常陸牛」! 好みは分かれると思いますが、First bite is still、滑らかな舌触りで口溶けの良い「静岡そだち」に軍配が上がりました! 霜降り肉はどちらかと言うと、Not very good at is not us、3-If you eat four well enough satisfied with、Actually,、Smoked flavor of the gravy with leek and chrysanthemum、白菜が本当の御馳走だったりします! 「刺身の盛り合わせ」は、"Tuna tuna、Red meat、Sea bream in turbot、Hamachi、カンパチ」に大好物の「ボタン海老」を添えて! 「分葱のぬた」は、Home-made yuzu vinegar and miso、きび糖を合わせて箸休めに頂きます! 「マセラティ 浜松」に戴いた御歳暮の高級芋焼酎「帝王」が10年熟成限定品とのことで、And the elegant and mellow taste、美味でごさりまする! 毎年楽しみにしているGACKT様の「芸能人格付けチェック」を観ながら至福の元旦ディナーとなりました♪...

Matsutake mushrooms "seasonal cooking Ouchi' autumn King Shizuoka eating in the Sukiyaki with steudel

From Hamamatsu station、アクトシティから歩いて数分のところに位置するFOOD昴ビルの2Fにある「旬の料理 大内」は、 Owner credo is "cooking fresh ingredients of the season"。 店主の大内哲男さんは、In that provided the real food inedible decorations without sticking Buri、 Summer hamo horsetail cuisine、Natural eel、Natural darkness in autumn、冬は天然ふぐと その時期の天然ものを使った料理を得意としている日本料理店です♪ 店内は、Counter 6 seats and four seats for table、6Three that dug kotatsu style loveseat living room。 And be able to counter the shopkeeper Ouchi's knife Sabaki、Beautiful aerial work platforms、You can get a glimpse up。 Ouchi's regulars who loved。 Also meet familiar conversation、How to enjoy this shop may also be。 Priority booking、To advise the Omakase course price and number of people in advance would be。 On this day、わたし達の浜松のお父さんお母さん的な存在で大好きな手打ち蕎麦「蕎麦家 おおもり」の大森正人さんと三枝子さん夫妻と一緒に秋の味覚の王様でもある松茸を味わうために蕎麦好き仲間で集まりました♪ 「蕎麦家 おおもり」蕎麦の三たて挽きたて打ちたて茹でたてが楽しめる店 http://lade.jp/diary/tabelog/soba-udon/36964/ 生ビール「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム」650円 先ずは、Draft beer at night of cheers。 お通しに「茶豆」をいただきます♪ 店主・大内哲男さん 店主の大内さんにメーン食材である松茸の前にこの日お勧めの一品料理を何点か見繕っていただきます。 The other day、京都の祗園祭から戻った際に美味しい食談義を交わしていたところ大内さんのお店でも良質の和牛を取り扱っているだけに「にくの匠 三芳」の噂はかねがね耳にしていたようで以前から興味がおありだったとのこと。 Current、大内さんの息子さんは京都在住だそうで良い機会だからと今回予約の段取りを取らせていただきました大内さんお腹を空かせてガッツリと堪能していらしてくださいね♪ 「にくの匠 三芳」選りすぐり和牛のバラエティに富んだ肉懐石で知る衝撃の味! http://lade.jp/diary/tabelog/japanese/39068/ 刺身「鯛」1,200円 美しく身の締まった鯛は歯応えが楽しめ鯛に昆布や茗荷を巻きお好みでポン酢または昆布醤油であっさりといただきます♪ 「れんこん餅 生雲丹」 こちらも先日購入してきた京都の料亭「和久傳」のれんこん菓子である「西湖」が美味しかったと話していたことかられんこん餅を大内流にアレンジして提供してくださいました!(嬉) 蓮根粉からの手づくりのれんこん餅はぷるるんともっちりとした食感が楽しめ出汁醤油のとろみを利かせた餡に良く合います生雲丹と生山葵を添えて磯の風味豊かにいただきます♪ 「芋焼酎水割り」 鹿児島県加世田の吹上焼酎さんが造るこだわりの芋焼酎「風憚」を水割りでいただきます。 Very low production、稀少な「栗黄金」という品種のさつま芋を使用しており、 In the depths of the aroma.、Is sublime, mellow sweetness.、とろりとした上質な飲み口を楽しめます♪ 焼き物「目光」900円 焼酎の当てに大好物の魚目光を焼き物でいただきます日本近海の深海に住み目が大きく緑色に光ることから目光と呼ばれています白身で小振りな魚なため骨ごと味わえ身はふっくらとしておりふわふわほろほろととろける味わい程好い脂ものり小さい魚でこれほど旨味があるのは素晴らしいです軽く塩を振ってありますがお好みでかぼすをギュッと絞って楽しみます♪ 秋の味覚の王様松茸のすき焼きの準備が整ったようでまずは香りを堪能(笑) 山と大地の恵みを感じる香りがギュギュッと凝縮されており香り高き松茸!...

Scroll to top