タイ三大寺院の1つ「ワット アルン」シンボルとなる大仏塔の絢爛たる装飾に注目!

バンコクの三大寺院の1つ「ワット・アルンラーチャワラーラーム」へ向かうためにチャオプラヤー川の「ターティアン船着場(Tha Tien)」より水上ボートに乗り対岸へ! 「ターティアン船着場(Tha Tien)」は観光客も多いためタイ土産のショップが多く並び賑やかな雰囲気です! 店前には看板猫?(野良猫?)がお利口に座って店番する姿などもあり観光客に癒やしを提供しています! チケット売り場は一番奥にあり、英語、中文、日本語カタカナ韓国語で「ワット・アルン」と表記されているため分かりやすく長い行列になっているので一目瞭然です! 対岸までの渡し船の料金は 「WAT ARUN BOAT TICKET 4baht」とあり日本円で約14円※1THB=約3.6円(2019年11月のレートにて換算)ととってもお安く渡れ約10分間隔で運行されているため大変便利です! 乗船時間はほんの数分となりあっという間に到着しますが水上から伺える「ワット・アルン(Wat Arun)」を写真に収める絶好のチャンスをお見逃し無く! 「ワットアルン船着場(Wat Arun Ferry Pier)」に降り立ち「ENTRANCE(入口)」と書かれた門から敷地内に入場! 「ワット・アルン(Wat Arun)」は有料エリアとなる「大仏塔」と「小仏塔」以外は無料で入場可能となります! 寺名の「アルン(Arun)」とは「暁」を意味しており「暁の寺院」という別名を持ちタイを代表する寺院でアユタヤ王朝時代に創建されています幾度もの修繕を繰り返し現在の姿となっておりますがその艶やかな装飾の絢爛さで世界中の観光客を魅了し続けているのです! 本堂前の山門はタイの伝統的な建築様式である「ランナー様式」の屋根が特徴的となりその両脇には高さ6mほどの巨大な2体の守護神ヤック(鬼神白)とモック(猿神緑)がビシッと門番をしており大迫力! ヤックとモックは色で判断出来ますがその違いは足元にもあり鬼神のヤックは靴を履き猿神のモックは裸足の特徴で見分けられます! 山門を抜けると回廊があり信者が寄進した仏像が綺麗に横一列に並び圧巻! 回廊前には表情豊かな仙人や天女象や獅子などの石像もズラリと並びます! ラーマ2世が建立された「本堂」は寺院のシンボルとされる「大仏塔」右手に御座います! 壁一面には釈迦の生涯が描かれておりその見事な描写も楽しめます! 台座にはラーマ2世の遺骨が納められており祀られている釈迦坐像の御顔はラーマ2世が彫ったとも言われておりその穏やかな笑みに包まれ心癒やされるひととき! 「本堂」を囲む二重の回廊装飾も目にも艶やかな綺羅びやかさがありその細やかさには目を見張ります! 本堂内は裸足で参拝するためひんやりと感じる足元がバンコクの猛暑に一時の心地良さを与えてくれます! 「本堂」から庭園を抜け寺院のシンボルとなる有料エリアの「大仏塔」「小仏塔」へ向かいましょう! 入口付近のチケット売り場で入場料50THB(日本円にして約180円)を支払いチケットをもぎり入場します! 四方の「小仏塔」に囲まれ空高く中央にそびえ立つ「大仏塔」はラーマ1世の時代に建立されたクメール様式の仏塔となり仏教が誕生した古代インドにおける世界観の中心「須弥山」を表しています! 創建時は16mであった塔の高さは現在何と75mにも及ぶ巨大仏塔へと変貌を遂げておりその偉大さを露わにしています! 約4年前のバンコク旅行では修繕中であったため泣く泣く参拝を諦めた「大仏塔」がその修繕を終え、現在、色鮮やかなタイル装飾で蘇り目の前にいるのです! 遠方から見渡すと白い塔のように見えますが近くで拝観するとそれはそれは多彩色に包まれており、1つ1つ細やかなタイル装飾のモザイクで実に精緻で複雑に描かれているのが判ります! 塔の先端に鎮座するのはヒンドゥー神話に出てくるインドラ神で、3つの頭を持つエラワン象の御姿が見られます! 仏塔を飾るタイル装飾はラーマ3世の時代に行われた大改修の際に取り付けられたものとなり華麗な花模様を描いております! また塔の台座を支えるように両手を掲げるモック(猿神)が一列に整列し塔を見守る姿も勇敢です! 「大仏塔」は立入禁止区域までは階段を登り間近で拝観することができるのですがその階段の高さと勾配の急さに驚きます! 御年配者の方が登られるその様子はただただ怖いです! 手すり等は用意されていないため階段の昇降は十分に気を付けましょう! 太陽を背に影を成すその美しいシルエットを拝み感嘆たる想いを馳せながら 寺院を後にします! 「ワット・アルン(Wat Arun)」 は夜にライトアップされる光景も人気を集めており対岸から望む川面沿いの夜景もお勧めです! ワット・アルン(Wat Arun) 所在地:34...

"瑪莎拉蒂濱松"為瑪莎拉蒂業主舉辦感謝晚宴!

「マセラティ 浜松(MASERATI Hamamatsu)」が主催するマセラティオーナーへの感謝ディナーパーティが浜松街中の「Sanfelice – 義大利咖啡廳 & 在丁甯(聖菲利切義大利咖啡廳和餐飲)舉行、わたし達夫婦も御招待頂き参加して参りました! 普段はなかなかお会いする機会のない浜松近郊のマセラティオーナーの皆様が一同に大集結! 「Maserati Japan マセラティ ジャパン」 本部から駆け付けてくださった皆さんが指揮を取り楽しい宴の始まり始まり! 会場ディナーは肩肘張らないビュッフェ形式で行われ、各種義大利美食、美味しいワインに舌鼓! 車好きなことはもとより、愛好偏好接近、マセラティを愛して止まない紳士淑女の皆様と過ごすひとときはとても有意義な時間となりました! 「マセラティ浜松」ではこの度、進口汽車銷售經驗高的青年推銷員中島大雅(Tatsuya Nakajima)加入、益々パワーアップしてくれるようです! イベントパーティを締めくくるお決まりのジャンケン大会では素敵なマセラティグッズが用意されました! めでたくうちの旦那様がジャンケンに勝利し「トライデント入りゴルフボール」をゲットしました! さらに手土産として持たせて頂いた記念品は「トライデント入りペアグラス」です! このような機会を設けてくださった 「マセラティジャパン(Maserati Japan Ltd.)」と「マセラティ浜松(MASERATI Hamamatsu)」のスタッフの皆さんに感謝致します! マセラティ浜松(MASERATI Hamamatsu) 住所静岡県浜松市東区北島町772 TEL:053-589-4366 週一閉館:水曜日 https://www.maserati.com/jp/ja/dealers/hamamatsu...

"麗巴蘇裡亞曼谷"湄南河船和綜合體的多角度管理!

在曼谷河畔酒店"Riva Surya Bangkok"連續住宿、我花了一天時間悠閒地享受考山周圍的環境。、迎接下一個目的地的出發日期、このホテルともお別れの時が近付いて参りました! 滞在中はPRスタッフを交えながらの歓談タイムも! オーダーした「アイスコーヒー」は、因為咖啡是冰凍的冰。、薄まってしまうことなく最後まで美味しく頂けます! ホテル経験が長くベテランスタッフでありながらとてもフレンドリーなJularat Ouepanarangsiさんと、與Bim Sopida一起,在加入公司三個月的新員工中,他給人以平靜的方式回應,同時給人以清新的感覺。、看著兩個人在父母和孩子之間相距甚遠的交往,這很有趣。、曼谷的現狀和酒店狀況、様々な情報交換をさせて頂くことが出来ました! こちらのホテルオーナーは代々チャオプラヤー川の水上ボート会社である「Chao Phraya Express Boatเรือด่วนเจ้าพระยา」と「Chao Phraya Tourist Boat」の運営を担っており、2014年末にはチャオプラヤー川沿いのエクスプレスボートの船着き場を改装して造られた複合施設「Tha Maharaj(ター・マハラート)」も開設、此外,酒店已經發展了兩個品牌、もう1つのホテルは三大寺院の1つである「ワット・アルンラーチャワラーラーム」の目の前に位置する好立地ホテルとのこと! 次回バンコクに再訪する際には是非そちらのホテル 「Riva Arun Bangkok(リーバ アルン バンコク)」 にも滞在してみたいと思います! ホテルでの朝食後にチェックアウトまでの時間をゆっくりと過ごすためにプールサイドのデッキチェアに腰掛けコーヒーブレイク! わたし達夫婦は川沿いの景色が楽しめるこのバンコクの風景が大好きなこともありリバーサイドのホテルを好みます! 川の流れは緩やかで静かな時を過ごしていると心から安らげる癒やしのひととき! チェックアウトを済ませるとお見送りに顔出ししてくれたPRスタッフのJularatさんから素敵なプレゼントを頂戴しました ! それは、酒店原裝草本茶"檸檬草和茉莉花黑茶"(檸檬草),在入住時作為迎賓茶提供 & Jasmine Black tea)」です! 心安らぐ香りでとても気に入っていたハーブティーでしたので嬉しい限り!Thank you for the lovely Herb tea.I love it!! 向我和一天不同的日子過生日的工作人員比姆先生表示祝賀。、お世話になった御2人にお別れの挨拶を! 「Riva Surya Bangkok(リーバ スーリヤ バンコク)」はカオサン周辺を観光される方にお勧めしたい素敵なホテルです! Riva...

「Cuisine de Garden Bkk」バンコクで自然をテーマに掲げた創作料理レストラン

チェンマイの有名店がバンコクの高級住宅街エカマイ・ソイ2(Ekkamai Soi 2)エリアに、2017年7月1日「Cuisine de Garden Bkk(キュイジーヌ・ド・ガーデン・バンコク)」として姉妹店をオープン! オーナーシェフのJoseph Lee(Leelawat Mankongtiphan)シェフが2011年にオープンさせたチェンマイ郊外の本店「Cuisine de Garden Chiangmai(キュイジーヌ・ド・ガーデン)」を取材させて頂いたのは今から4年も前の事! 奥様のNerisa Bee รักในหลวง(Mankongtiphan)さんからバンコク出店話は聞き付けていたものの今回ようやく足を運ぶことが出来ました ! キュイジーヌ・ド・ガーデンは、傢俱設計師廚師轉身、輝かしい賞を獲得されたJoseph Leeシェフが織り成す分子ガストロノミー系のフュージョン料理を提供されるレストランとして話題を集めバンコクへの出店も果たしています! “バンコクでも自然を感じられるように”と自然からインスピレーションを受けた料理をガストロノミースタイルで提供! メニュー構成は季節により内容が異なり「10 Course Tasting Menu(10皿のコースメニュー)」1,590THB(日本円にして約5,730円)のみで大変良心的な価格設定となっています! ※1THB=約3.6円(2019年11月のレートにて換算) 店内は落ち着きのあるモノトーンの色調に間接照明を巧く用いながらアート性が高くシックでモダンな装いとなりますがインテリアの一部としてリアルな木を配し赤い小鳥が羽ばたくインスタレーションコンセプトとなる「自然」を大切にされている様子が伝わって参ります! 大人な雰囲気で素敵な空間! ホールの一角にはバーカウンターを設置されておりSommelierが「Wine Pairing(ワインペアリング)」1,490THB(日本円にして約5,360円)なども対応してくださいます! 照明の明るさを極力落とし卓上のキャンフドルの明るさでしっとりとムーディーな雰囲気を演出! この日はコースのワインペアリングで頂ける「Aubert & fils Brut Champagne / オベール・エ・フィス ブリュットシャンパン」にて乾杯! General managerのWIT(ウィット)さんがサーヴを担当してくださり一皿一皿の料理毎に食材や調理法コンセプトなどを細かく説明してくださりながら五感に訴えかける目にも楽しいフルコースの始まりとなります! こちらでも前回のチェンマイ本店同様にLade企画の『器と旅するシリーズ』を御紹介させて頂き、波特出現在專案第1部分""=永月" (蔗 Shakunaga)"鋒利的儀器號稱是一個簡單的脫衣舞無用的、Kazuhiko caudate,誰參加了規劃第2部分 (和彥 Shimoo)先生。&Shimoo 沙織 (沙織 Shimoo)さん御夫婦のユニット作家「Shimoo...

在曼谷利巴斯裡亞酒店的烹飪學校製作泰國宮廷美食!

參加曼谷河濱酒店"Riva Surya Bangkok"烹飪學校的活動! 在曼谷的酒店、烹飪學校已成為非常受歡迎的活動。、異国の地で伝統的なタイ料理やお菓子作りが学べます! 今回挑戦するのはタイの伝統的な宮廷料理の1つ「Kanom Chor Muang(Steamed Thai Dumplings with Chicken or Pork)カノム・チョー・ムアン(蒸し団子)」です! オールダイニングレストラン「Babble & Rum at Riva Surya Bangkok(バブル&ラム)」のプライベートルームにてエプロンを身に着け、在廚師的一對一指導下、クッキングスタート! 先ずはこちらの宮廷料理「カノム・チョー・ムアン」作りに必要な材料の説明を受けます! タイ料理には欠かせないコリアンダー(パクチー)やパームシュガーが入り、揉捏麵團時、カラーチェンジすることで話題のバタフライピージュースを入れることで鮮やかな色合いに仕上がります! シェフが事前に作ってくれた見本の蒸し団子を見て感激しました! 綺麗な青紫でもっちりとした蒸し団子は花を象った可愛らしい形をしています! 生地にタピオカ粉が入ることからもっちもちの食感が楽しめるとのこと! タイで初めて食べる宮廷料理に興味津々です! 最初にフィリング作りから行い、然後做麵粉麵團。 將甜味填充包裹在麵團中,然後四捨五入、使用專用木鉗制作一個精緻的花瓣、花の形を施し蒸し上げれば完成です! 小麦粉生地を花に仕上げる時はスピーディーに仕上げないといけないため時間との勝負を迫られます! まるで和菓子の練り切りを作っているような繊細さがあり、完成花瓣的那一刻是最難的。、在女孩之間喧鬧、まるで女子会をしているような感覚でとっても楽しいレッスン!! 蒸し器にバナナの皮を敷き、塗油蒸、それはそれは美しい色合いで完成したのでとても嬉しい気持ちになりました! 出来上がったばかりの蒸し団子「カノム・チョー・ムアン」を頬張ると、從熱餃子的質地、品嘗大量的甜和美味醬、在味道中,泡菜的余香,通過鼻子成為一種習慣,將娛樂異國風情、おやつ感覚で頂ける料理でとっても美味しいです! 料理好きな方や食べることが大好きな方にお勧めできるクッキングスクール!良い経験です! [フィリングの材料] ・Minced chicken or pork 150g.(鶏の挽肉または豚の挽肉150g) ・Palm sugar 1 ½ tablespoon(パームシュガー大さじ1/2) ・Chopped onion 1 ½ table cup(玉葱の微塵切り1½テーブルカップ) ・Sugar 1...

考山路&介紹蘭布特利街周圍著名的當地美食!

リバーサイドホテル「Riva Surya Bangkok(リーバ スーリヤ バンコク)」から徒歩圏内のカオサン周辺で有名なローカルグルメを体験してみましょう! 2019/11/6バンコク旅行・Khaosan・Ram Buttri Vol.2 https://photos.app.goo.gl/i7PvKRkvsPpmEq1D6 2019/11/6バンコク旅行・Khaosan・Ram Buttri Vol.3 https://photos.app.goo.gl/7oiWniykWF2i1sfd7 カオサン通りより北にあるプラスメン通り(Phra Sumen Street)沿いにある「名もなき屋台」ではタイ風チキンライス「カオマンガイ(Khao Man Kai)」が超有名です! ブルー、綠色的、五顏六色的紅色遮陽傘是地標、戴帽子的姐姐微笑著經營的攤位在一天中一直很繁榮。、満席状態が続いている様子が伺えました!(※テイクアウトも可能です) 10年以上も同じ場所で営まれており、陳列的雞被一整只雞吊在櫥窗裡。、雞煮在一個大鍋是非常朱西完成、チキンスープで炊き上げる御飯との相性も抜群だそうです! 大きな中華包丁で茹でたチキンを豪快に切り分ける姿が印象的! また同じ通りの小路に入ったところにある「名もなき注文屋台」も有名で「ガパオ(Phat KraPhao)」などのタイの定番料理が美味しいとの情報も! 食材をカットしたら中華鍋でパッと炒めてあっという間に完成です! この通りには、許多餐廳都提供脆的泰式薄餅"卡諾姆布安"。、有兩種甜型和配菜型出售。、スナック感覚で摘みながら散策を楽しむ観光客の姿も見られます! 露店では肉や魚、還有賣雞蛋的攤位。、五顏六色的蔬菜和水果,以及許多泰國草藥和水果、許多熟食店是泰國人誰很少自己做飯、地元民の生活の一部として欠かせないマーケットとして活気があります! 今回わたし達がランチに選んだローカルグルメ食堂はクラシー通り(Krasi Street)の「トムヤムクンバンランプー(Tom Yum Goong Banglamphu)」です!こちらはバンコク発のタイ料理店グルメサイト「激旨!タイ食堂」でも取り上げられ爆発的な人気を誇るトムヤムクン(Tom yum goong)の有名店! 屋台内の厨房で一心不乱に鍋を振る名物おじさんがおりカメラを向けた瞬間に親指を立てとびっきりの笑顔をサービスしてくれました! 「トムヤムクン(Tom yum goong)Sサイズ」150THB(日本円にして約540円)※1THB=約3.6円(2019年11月のレートにて換算) トムヤムクンは「甘」、"辛辣"、「酸」の三味一体の味わいが楽しめるタイを代表するスープです! 海老が豪快に入り、椰子奶的溫和色調、檸檬草和香精石灰葉(科布米坎葉)等香氣豐富、甘辛くも後から辛味を強く感じる本場の味で汗が吹き出ます! 「カリカリ豚肉とミズオジギソウ炒め(Stir fried Crispy pork with water mimosa)」80THB(日本円にして約290円) 豚肉は衣を纏いカリカリに揚げられておりタイならではの野菜ウォーターミモザ(ミズオジギソウ)と合わせてガーリック風味に仕上げています! 空芯菜のような茎をしたミズオジギソウですがもう少し食感が残る程度に炒めてある方が好みです! 「チャーンビール(Chang Beer)瓶)」 80THB(日本円にして約290円)...

漫步在考山周圍! 前往高貴的第一級皇家佛教寺廟,與泰國皇室有聯繫!

リバーサイドホテル「Riva Surya Bangkok(リーバ スーリヤ バンコク)」のリバーサイドテラスから遊歩道へ降り立ちカオサン周辺を散策! カオサン通り・ランブトリー通りの模様はこちらのアルバムをご覧ください。 2019/11/6バンコク旅行・Khaosan・Ram Buttri Vol.2 https://photos.app.goo.gl/i7PvKRkvsPpmEq1D6 2019/11/6バンコク旅行・Khaosan・Ram Buttri Vol.3 https://photos.app.goo.gl/7oiWniykWF2i1sfd7 プラアティット桟橋(Phra Arthit)最寄りの「サンティチャイプラカーン公園(Santichaiprakarn Park)」は花が咲き誇り穏やかな空気が漂います! 公園内に伺える白亜の建造物は、大約200年前的堡壘"普拉蘇門堡"、 湄南河和班蘭蓬運河的交匯處、位於城牆最北端、重要な防衛戦や水上交通の要所として活躍していた要塞です! ホテル周辺には主に2つの寺院があるため是非訪れてみましょう! ①「ワット・チャナソンクラーム(Wat Chana Songkhram)」 観光客にはあまり知られてはいませんが、泰國著名的寺廟之一、年末年始には大勢の参拝者が訪れるという地元民に愛されている小さなお寺です! 寺院名は、"查納 - 贏"、意思是"宋庫拉姆之戰"、被稱為"勝利神殿",並說"贏得任何困難"、勝負事の必勝祈願に立ち寄ると御利益にあやかることができるかもしれません! ②「ワット・ボウォンニウェート(Wat Bowonniwet)」 プラスメン通り(Phra Sumen Street)沿いに見えてくる立派な寺院! こちらは1826年に建立され後のラーマ4世が創始したタマユット派の総本山となります! こちらは王子が王に即位する前の出家修行の場であり、從拉瑪五世到拉瑪九世(前國王)的普密蓬·阿登亞約會、成為歷代皇室成員修行的第一級皇家佛教寺廟、大変格式の高い寺院です! 正面扉の「プラトゥー・シアウカーン」と呼ばれる門の彫刻が艶やかで素晴らしく思わず立ち止まって見惚れてしまいます! 本堂には古代チェンセーン王朝から受け継がれた黄金の仏像が祀られており壁画の細やかな描写にも目を奪われてしまうほど! 黄金に輝く仏塔やその周辺を四方に護る像の姿他にも歴代王が出家修行中に住まわれた宮殿など見所満載の寺院です! さらにどちらの寺院も入場料が掛からず午前中は人も少ないためゆったりと拝観できお勧めです! バンランプー運河(Banglampoo Canal)に架かる橋からの景色は長閑で鳩が飛び交う運河沿いのテラスカフェなども小洒落ています! この近隣には露店が連なる「バンランプー市場(Banglampoo Market)」があり、衣服和祖拉利一起排成一排。、貴金属やアクセサリーなどが出揃うマーケットが楽しめます! さて、午餐時間,我散步、お次はこの周辺で有名なローカル食堂を御紹介致しましょう!...

「リーバスーリヤバンコク」多種多様なビュッフェ形式での優雅なリバーサイド朝食

チャオプラヤー川のリバーサイドホテル「Riva Surya Bangkok(リーバ スーリヤ バンコク)」で迎える心地良い目覚め!(*́Д ' *)Bruno)) サワディー クラッ(プ) / • •!! ホテルの朝食会場はオールダイニングレストラン「Babble & Rum at Riva Surya Bangkok(バブル&ラム)」となり、早上6:30-10:30まで自由に利用可能です! レストラン内ホールとリバーサイドテラスのどちらも利用できテーブルを自由に選べるためやはり見晴らしの良いテラス席へ! 朝食内容は西洋料理からタイ料理をはじめ和食を代表し味噌汁があり中華系として焼売やお粥などが揃う多種多様なビュッフェ形式となり煮込み料理や蒸し野菜などのホットディッシュサラダバーではフレッシュな彩り良い野菜やハムやサラミが出揃います! フルーツ大国として南国らしいフルーツやジュースが並びますパンは食事パンからデザートパンまで10種以上が焼き上がっており、穀物或優酪乳、ドライフルーツにナッツ類チーズコーナーもあり欧米人向けの朝食が多く目立ちます! レストラン外のデッキではオーダースタイルの焼き場を設けており目玉焼きやオムレツなど出来たてを提供しております! 朝食でもLade企画の『器と旅するシリーズ』でモーニングプレートを盛り付けさせていただきました! 「オムレツプレート」× 器Shimoo Design 浮様リーズ 丸皿 Φ280 トッピングを全部入れでオーダーしたオムレツはふっくらふわふわの仕上がりでカリカリベーコンとトマトケチャップを添えて! 付け合せにはグリーンサラダとパスタサラダにハムサラミなど! 「ホットディッシュプレート」× 器:釋永 岳 (蔗 Shakunaga) リバーシブルシャーレ Φ250 ガイヤーン(タイの焼き鳥)カオパット(タイの炒飯)ポテトフライ蒸し野菜ハーブ入りソーセージ煮豆、菜餚、海老焼売など! 「パン盛り合わせ」× 器:釋永 岳 (蔗 Shakunaga) mars himawari Φ250 クロワッサンパン・オ・ショコラデニッシュなど! 「フルーツ盛り合わせ」× 釋永 岳 (蔗 Shakunaga) 大工カット...

在"考山和蘭布特裡路"背包客的聖地享受曼谷市中心風情的夜晚

享受曼谷的小鎮風情、考山路,也被稱為背包客的聖地 – • * 和、被稱為後考山的蘭布托裡街(拉姆·布特利), Bangkok Road)を散策! 夜のカオサン通り・ランブトリー通りの模様はこちらのフォトアルバムを御覧ください。 2019/11/6バンコク旅行・Khaosan・Ram Buttri Vol.1 https://photos.app.goo.gl/9xG2ftvUJLsEmQFd9 リバーサイドホテル「Riva Surya Bangkok(リーバ スーリヤ バンコク)」は、從酒店步行即可到達考山大道和蘭布特利街。、日中から夜通し賑わう下町風情を満喫したい方にはお勧めのホテルとなります! カオサンとは、在泰語中,它的意思是"白米"。、その昔この辺りには米問屋が多かった事から由来されています! 道幅はおよそ20m程で奥行きは400mに及ぶ通りは車やバイクが走るものの、就像一個行人的天堂,人們無休止地來來去去、2000作為萊昂納多·迪卡普里奧今年電影《海灘》之旅的開始,這條街被拍成舞臺。、そのフィーリングはカオス的な要素が漂う街となります! 露店をはじめ、休閒風格的商店排成一排。、服裝和包、商品等、餐廳巴和賓館、佩蒂酒店等都非常豐富。、在開放的露臺上,一個自由的世界,享受啤酒,從太陽不下沉、活気溢れる魅力的な街なのです! 屋台が賑わいを見せる中、一個吸引人的攤位是鱷魚燒烤! #8217 !? ワニが丸ごと一匹串刺し状態で吊るされています!(笑) カオサン通りにある「RAINBOW EXCHANGE(レインボーエクスチェンジ)」はレートが良いと評判の両替所となるため利用させて頂きました! 店内は照明も明るく綺麗で多くの観光客が利用しています! 通りを歩けば、按摩店的顧客的聲音回蕩、こちらが日本人と判断すると「ヤスイヨ!ヤスイヨ!」と声掛けしてくれます! カオサン通りと平行して存在するランブトリー通りへは小路のスージーウォーキング通り(Susie Waking Street)を抜けて向かいましょう! ランブトリー通りは特にオープンテラスを持つレストランやカフェ&バーが多く奇妙な置物や像の並ぶ雰囲気が異国情緒感を増幅してくれます! 賑わう通りでは人の目を気にすること無くストリートダンスを披露する子の姿も! 夜とはいえバンコクの気温は30℃前後と常夏! 1~2時間も散策すれば喉がカラカラになります! 途中、停在空調便利店、在泰國,如果你買一個經典的"昌貝",並一次滋潤你的喉嚨、そこはもう天国です! (※タイでは、酒精銷售時間有限制。、通常從 11 點到 14 點、17在 24 點到 24 點之間,這是允許銷售的時區。、それ以外の時間に購入することはできませんのでお気を付けください!) 長年に渡り夜通し賑わいを見せてきたカオサン&ランブトリー通りですが、政府正在審查。、大型翻新工程似乎開始加強對道路鋪裝和攤位上班時間的管制。、隨著國家的發展,我們看到一個變化、也許我們不會像以前那樣了。。   仍然這一次、我能夠享受考山路約四年半、少しずつ変わりゆく街並みも是非お楽しみください!...

"布比勒 & 在河畔的雞尾酒晚餐,被照明所染成"rum"

曼谷河畔酒店"Riva Surya Bangkok"的全餐廳"Babble" & Rum at Riva Surya Bangkok(バブル&ラム)」にてカクテルディナー! バブル&ラムは朝6:30夜 0:00全天開放,直到、宿泊ゲストは時間を気にせず食事を楽しむことが可能です! チャオプラヤー川(Chao Phraya River)沿いのテラスダイニングということもあり、開始正宗的泰國美食,使用當地生產的新鮮有機食材,同時感受熱帶風情、亞洲美食、ヨーロッパ料理などを楽しみましょう! バンコク初日のディナーはやはり王道のタイ料理が食べたくなります! 夕暮れ時を迎えた空がロイヤルブルーに変化する頃になると、被照明所污染的酒店。在湄南河上航行的船隻和橋樑也點亮了霓虹燈。、艷やかな夜へと移り変わります! メニューは英語表記のみですが、因為它有照片,所以很容易理解烹飪內容和體積的感覺、也高度讚賞,因為考慮,使手指訂單也! 我點了三種菜,同時聽了建議。、カクテルと共に頂きます! 今回のバンコク旅行でもLade企画の『器と旅するシリーズ』を御紹介させて頂き、波特出現在專案第1部分""=永月" (蔗 Shakunaga)"鋒利的儀器號稱是一個簡單的脫衣舞無用的、Kazuhiko caudate,誰參加了規劃第2部分 (和彥 Shimoo)先生。&Shimoo 沙織 (沙織 Shimoo)它象徵著日本作家單元"石木設計"之美、與各種餐廳合作,使用木器,不要忘記合理和美麗! Thank you for collaboration!! カクテル「Surya Mango Drifting(マンゴーカクテル)」250THB(日本円にして約900円)※1THB=約3.6円(2019年11月のレートにて換算) ライトラムに甘みのあるサワーとマンゴージュースをミックスし大きくカットしたフレッシュマンゴーとフレッシュミントをたっぷりと添えて! タイに来たら一度は食べたいマンゴーを思いっきり楽しめるカクテルです! ミントが爽やかで甘過ぎず、然而,、芒果的新鮮感和豐富感不會丟失、そしてラムの香りに包まれつつも飲みやすい女子ウケ抜群のカクテルです! カクテル「Strawberry Ice Tea(苺のカクテル)」250THB(日本円にして約900円) テキーラ、光拉姆、伏特加、草莓利口酒、混合甜酸和精靈、丸ごと苺とフレッシュレモン添えたカクテル! リキュールのグラデーションカラーを楽しみつつ下層部のシロップを少しずつ混ぜながら甘みを調整して頂きました! タイ料理①「Samosa Lanb Moo(豚挽肉のサモサ)」250THB(日本円にして約900円) × 器Shimoo Design 浮様リーズ 丸皿 Φ280 タイ料理の定番サモサは、在豬肉中加入洋蔥、タイ特有のスパイスで味付けしたタネを詰めて揚げる揚げ春巻きのようなもの! 少し甘みを感じるタネに仕上がっていますので辛味のあるフィッシュソースを付けて食べると甘辛で丁度良いバランス!...

曼谷麗巴蘇裡亞河畔酒店別致而寧靜的客房

介紹麗巴蘇裡亞曼谷酒店的客房,這是第一個在曼谷連續入住的河畔酒店! 這家酒店共有68間客房。、您可以選擇城市或河景、広さは30㎡~48㎡と4種類のタイプを用意されています! チェックインを済ませ、請帶我到TOEY(玩具)的房間,一個可愛的前臺工作人員微笑、今回お世話になったシティビューとリバービューの2タイプルームを御紹介! ホテル館内は全てフリーWi-Fiとなるため指定のパスコードを入力してインターネットに繋げましょう! シティビュー側「413号室 / アーバンルーム(Urban Room)」 街路に面したシティビューの室内は32~34㎡の広さとなり、分發泰國傢俱、全体的に落ち着いた色合いで統一されています! 玄関脇にクローゼットやバゲージラックも十分の広さを確保! クローゼット内にはバスローブとペーパースリッパ、安全框、吹風機、洗衣袋、懐中電灯が置かれています! 反対側にガラス張りのモダンなパウダールームを用意し、廁所、設有淋浴間。、アメニティとバスアイテムも申し分無い品揃えです! 冷蔵庫内の利用は有料となりますが無料のミネラルウォーターやティーパック類が備わります! ウェルカムフルーツは南国らしさ満載のドラゴンフルーツやロンガン(龍眼)、梨、橘子拼盤! 阿羅·!! キングサイズのベッドは悠々とした広さで快適です! ベッドに用意されたタオルは花大国と象王国のタイらしく象を作って蘭(Orchid)をあしらいキュートなお出迎え! こちらの象タオルはたった1枚のバスタオルともう1枚のフェイスタオルのみで作られているから驚きです! シティビュー側は夜遅くまで街の喧騒で賑わうためお勧めは静かなリバービュー側のお部屋となります! リバービュー側「208号室 / プレミアムリーバルーム(Premium Riva Room)」 チャオプラヤー川沿いに面したリバービューの室内は、48這是一個空間,和寬敞的空間。、ブラウンカラーを貴重とした落ち着き溢れるデザイン! 夫婦がお互いに寝返りを打っても殆ど気にならないキングサイズでゆったりと心地良い眠りを誘うベッドが備わり、亞麻採用 400 執行緒計數的頂級酒店水準、生地表面が滑らかで肌に吸い付くような寝心地が得られます! 窓際にはソファを設えたリビングスペース! 一歩窓の外に出向けば、設有私人陽臺、您可以一邊享用茶時間,一邊欣賞湄南河的美景。、水上ボートが行き交う風景はバンコクならではのリゾート感を満喫できます! Riva Surya Bangkok(リーバ スーリヤ バンコク) 所在地:23 Phra Arthit 路 Phra Nakhon, 曼谷, 10200, Thailand TEL:+66 2 633 5000 https://www.nexthotels.com/hotel/riva-surya-bangkok/ お得なホテル予約はこちらをクリック!...

曼谷利巴蘇裡亞酒店,湄南河沿岸的現代精品酒店

住在泰國首都曼谷,河濱酒店是您的最愛! 這一次、バンコク初日に連泊でお世話になるホテルはチャオプラヤー川(Chao Phraya River)沿いの「Riva Surya Bangkok(リーバ スーリヤ バンコク)」です! ホテルは「ドンムアン空港(Don-Mueng International Airport (DMK)位於普拉納科恩區,距離20公里。、步行即可到達背包客的聖地考山街和蘭布托裡街。、王宮「ワット・プラケオ(The Grand Palace : Wat Phrakeaw)」や「ワット・ポー(Wat Pho)」への観光へもアクセスしやすいエリアとなります! さらに、河濱酒店有一個碼頭。、チャオプラヤー川を行き来する高速ボートの「チャオプラヤエクスプレスボート(Chao Phraya Express Boat)」を利用するのにとっても便利! 2012年にオープンして以来多くの観光客に愛されるこちらはホテル内で寛ぐゲストは欧米人の姿が多く見られ目の保養にもなります! ホテルに到着し「タイ・バンコクの運転手付き都レンタカー(Miyako Siam Car Rent)」のドライバーMontreeさんとはこちらで精算とサインを済ましお別れです! ”微笑みの国”と称するに相応しい温かな笑顔で出迎えてくださるドアマン! タイの伝統的な挨拶で胸の高さに手を合わせてお辞儀するというスタイルの「ワイ(ไหว้)」を受けると、當我回到泰國時,我非常高興能理解我的心! 薩瓦迪·克拉(普) / • •!! 酒店巧妙地融合了殖民建築和現代設施。、落ち着くデザインを施されています! フロント・ロビーにてチェックインを行うと、酒店原裝歡迎茶與冷筷茶"檸檬草和茉莉花黑茶"(檸檬玻璃) & Jasmine Black tea)」が頂けます! 少し甘みを利かせてあるドリンクでフライトで疲れた身体に染み渡る優しさです! ‎アロ~イ อร่อย!! この日はフロントスタッフのTOEY(トイ)さんから宿泊案内を受けます! (フロントサービスは24時間体制でゲストの様々な要望に応えてくれます) 彼女は現在日本語を勉強されているようで、基礎是用英語交談。、挨拶などの単語に日本語を用いてくれる優しい心遣いを見せてくれました! さらにPRスタッフのJularat Ouepanarangsi(ジュララット)さんとBim Sopida(ビン)さんも出迎えてくださったので御挨拶!サワディー クラッ(プ) / 汽車..

滾動到頂部