lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

「マンダリンオリエンタアル上海」ホテルツアーにて充実の施設をご紹介!

2018/09/12

「マンダリンオリエンタル浦東上海(Mandarin Oriental Pudong, Shanghai)上海浦東文華東方酒店」のホテル内施設を御紹介致しましょう!

ホテル内には高級ダイニングをはじめ、プライベートなスパ&プール、ミーティングルームやウェディング設備など多種多様な内容となり、充実の設備を誇る5つ星ホテルとなります!

2階「クラブラウンジ(Club Lounge)」にてDirector of Marketing CommunicationsのAngela Caiと対面し御挨拶すると、MOオリジナルの「扇子(Fan)」を手土産に頂戴しました!

19世紀に造られたクラシカルなスタイルの扇子には、3つのパターンに分けられた古典的な中庭の様子を描写し、小さな4つの窓には動物を描き、周囲に豪華な花のレースを施し華やぎを魅せています!世界中のMOがそれぞれに個性豊かに仕上げる扇子!MO上海の扇子は、一際大振りなサイズ感であるため、仰げば優雅な風を起こし、古典的なデザインは穏やかな印象を受けます!MO FANとしては、この扇子Collectionが堪りません!

ミーティング中に、General ManagerのClemens Hoerth氏も足を運んでくださいました!

さらにHotel ManagerのEric Blomeyerが顔出しをしてくださったので、スタッフの皆さんには、わたし達が住まう浜松の銘菓「うなぎパイ」をプレゼント!

ホテルツアーには、日本語が話せるスタッフとして、Tiffany(自称:スズメちゃん)にも同行していただきました!

ホテル内には至るところにアートが散りばめられており、クラブラウンジのフロント背景には、中国で有名な芸術工芸師である「Lai Dequan(赖德全)」の「Music of Lotus(荷韵)」と題された磁器の作品が飾られております!

音を感じながら踊るように大胆に描かれた蓮の画、釉薬を自由自在に操り仕上げたこの作品が磁器であるというから驚きです!間近で触れて拝見すると、キラキラと光り輝く磁器の美しさが楽しめます!

また、日本人作家も起用されており、クラブラウンジに降り立った瞬間、目の前に飛び込んでくる作品は「冈博美(Hiromi Oka)」の「Bamboo Grov(竹林)」が掛けられています!この作品は伝統的な日本の芸術的技術である「ステンシル染色」の染色技術を利用しており、光度によって様々な表現を生み出すため、都度雰囲気が異なり繊細さを感じます!

1階「リビエララウンジ(Riviera Lounge)」を通り抜け、芝に覆われた小道を進むと、ビル群に囲まれた中庭に降り立ちます!軽やかな風と心地良さを感じるこちらでは、ブライダルセレモニーを行うこともあるようです!

中庭に面し、モダンなスタイルのフレンチレストラン「FIFTY 8° GRILL(58°グリル)」があり、こちらではフランス料理の伝統技術を基本としたグリル料理を主軸に提供!後程、こちらでのランチタイムの様子を詳しく御紹介致します!

ホテルに隣接したレジデンス1階には「The Mandarin Cake Shop at Mandarin Oriental Pudong, Shanghai(マンダリンケーキショップ)」があり、専属のPatissierが作り出す焼き立てのチョコレート菓子やパン、ケーキ、マカロンなどを提供しています!

専属Chocolatierの腕が鳴るチョコアートの展示もされており、レモンの木やルービックキューブなども全てチョコレートで構成され、様々なデザインでオーダーが可能です!甘い香りにほだされて、ついうっかり、艶のあるダークブラウンの椅子までがチョコレートに見えてしまったほどです(笑)

こちらでは、期間限定の「MOオリジナル月餅」を販売されており、扇子の形を施したクールなパッケージデザインのものが一押しの商品で、手土産物に喜ばれます!

地下1階には「ミシュランガイド上海2018」にて、見事1つ星を獲得された中華レストラン「Yong Yi Ting at Mandarin Oriental Pudong, Shanghai(ヤン・イ・ティン)雍颐庭」があり、上海料理とその近隣地域の江蘇料理、浙江料理を取り入れた、本格江南料理専門レストランです!こちらも後程、ディナータイムの様子を詳しく御紹介致します!

他にも地下1階には「ビジネスセンター(Business Centre)」があり、こちらにも日本人ランドアート作家「大久保荣治(Eiji Okubo)」の作品「Shanghai Series –Wing(上海シリーズ:翼)」が掛けられています!
上海の梧桐(アオギリ)の木と手漉き紙を用いた作品となり、自然の持つ存在感と優しさを感じます!

また同じく地下1階には、ラグジュアリーな「The Spa at Mandarin Oriental Pudong Shanghai」に11部屋のトリートメントルームが用意され、部屋毎に各国の蝶々の呼び名をつけた個室となります!カップルルームは広々としており、地下でありながらも竹林の庭園を眺めることができる癒やしの空間!ジャグジーは身体にフィットするデザインで悠々と2人で入浴可能です!

こちらでは、蝶をモチーフとしたアート作品が多く展示されており、「蛹から蝶へ」と美しく变化する蝶のように、「ゲストの身も心も解放され、より美しく」をイメージされているとのこと!

その流れで「フィットネスセンター(Fitness Center)」と「プール(Pool)」があり、プールは28℃と快適な水温を保ち、長さ25m、深さ1.4mとゆったりとしたサイズでスイミングが楽しめます!

ホテルツアー最後は、地下2階の「ボールルーム(Ballroom)」を見学!

パーテーションにより仕切られる各ボールルームは、繋げば1,000人規模の大きなイベントにも対応可能とのこと!

結婚披露宴の打ち合わせをするショールームでは、披露宴当日の器やカトラリーをはじめ、料理やテーブルコーディネート全てが、事前に好みのテイストで選べます!

特に、シェフズキッチンを伴うオープンキッチンの会場要望が多く人気のようです!

観てお判りのように、1日中ホテルに滞在していても飽きのこない充実の施設と安定のサービスが整うマンダリンオリエンタルですが、ホテルツアーを終えたところで一旦外出し、上海市内の観光を楽しみたいと思います!

マンダリン オリエンタル 浦東上海
Mandarin Oriental Pudong Shanghai
上海浦東文華東方酒店
所在地:111 Pudong S Rd, Pudong Xinqu, Shanghai Shi, 中華人民共和国 200120
TEL:+86 21 2082 9888
https://www.mandarinoriental.co.jp/shanghai/pudong/luxury-hotel


静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

「マンダリンオリエンタル上海」クラブラウンジにて優雅な朝食後GMにご挨拶 「上海震旦博物館 オーロラミュージアム」建築家・安藤忠雄が手掛けた博物館
「マンダリンオリエンタル上海」クラブラウンジにて優雅な朝食後GMにご挨拶
「上海震旦博物館 オーロラミュージアム」建築家・安藤忠雄が手掛けた博物館

Reply

lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます