lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

「MSCスプレンディダ」イタリア最大級の豪華客船のVIPヨットクラブへ!

2018/08/28

今回、横浜・大黒ふ頭から上海への船旅は、イタリア最大級のクルーズ会社「MSCクルーズ(MSC Crociere S.p.A.)」の豪華客船「MSCスプレンディダ(Msc Splendida)」に乗船!

首都圏における一大流通拠点として活躍する大黒ふ頭にて姿を露わにした13万tもの巨大な船のその迫力たるや、空を見上げるかのように首を大きく仰ぎ、ようやくその全景を目にすることができる程の大きさで圧倒されてしまいます!

18層ものデッキ数を誇り、乗客定員3,247名、乗務員数約1,370名、全キャビン数1,637室となるスプレンディダ!「どんだけ~」と叫びたくなるほどのスケールの大きさに開いた口が塞がりません!

今回の船旅の乗船客数は、「Maserati Japan マセラティ ジャパン」が招待したマセラティオーナー約160名を含む日本人ゲスト900名に加え、中国人ゲスト1,000名、バラエティ豊かな多国籍ゲストで総勢約2,300名の乗船と伺っています!

埠頭に横付けされた豪華客船の前には、既に長蛇の列を成すおびただしい数の乗船客の皆さん!
出港までにかなりの時間を要すると伺っておりましたが、この列を見れば納得の光景です!

しかしながら、わたし達マセラティオーナーは「Maserati Japan マセラティ ジャパン」が用意してくれたVIP用の船上プライベートクラブ「MSC Yatch Club ヨットクラブ」の専用イミグレーションブースの特設ラウンジが利用でき、出入国審査が済むまで優雅にスパークリングワインで出迎えていただきました!

優先してチェックインを済ませるため、スムーズに乗船することが可能です!

全国に展開するマセラティディーラーが集結するため、他県のマセラティーユーザーと交流を共にできる今回の船旅!
「マセラティ 浜松」からは、有名なパティスリー「Abondance Patisserie(パティスリーアボンドンス)」のBernard Heberle(ベルナール)&長谷川 豊佳 (Toyoka Hasegawa)さん夫妻とわたし達夫婦がマセラティを愛するオーナーとして参加しています!

特設ラウンジでのウェイティング中に、各マセラティオーナーと交流を重ねる中、早々に広島より参加の岩崎一人さん&ひろみさん夫妻と仲良しになれ、ご一緒する4日間の船旅にワクワクが止まりません!

乗船準備が整い、クルーズ船の専属スタッフに従って進みます!

乗船前にスプレンディダのボードをバックにイケメンのクルーと撮影できる特設スタジオが用意されており、一家族毎に船長ポーズで記念撮影!

スタッフに先導されていよいよ乗船です!ロビーへ続く階段を上がっていきます!

乗船階段を上ると5階デッキの中央ラウンジに繋がっており、一般乗船客はこちらのロビーでチェックインとなります!

わたし達はそのまま15階デッキに用意された「MSCヨットクラブ」専用ラウンジ「トップセイルラウンジ」へ!

ヨットクラブには、24時間対応の専属コンシェルジュスタッフや各部屋毎のバトラーが配属されており、専用ラウンジ、専用レストラン&バー、専用プールが用意され、全てがオールインクルーシブメニュー(無料サービス)となり、船内で快適な船旅を送るために細やかな応対を施してくれる安心のサービス!

チェックインまでこちらのラウンジで歓談タイム!

会員限定のヨットクラブのある特別フロア15階デッキから最上階となる18階デッキは、パスコードが埋め込まれた専用バンドが手渡されるため、腕に装着しキーロックを解除して入場できるようになっており、船上において最もプライベートな空間を確保しています!

コンシェルジュデスクには、日本人スタッフも常駐しており、言語の心配には及びません!日本人スタッフのAyaka Tanakaさんがとても陽気で友好的な愛らしい方でした!トゥルットゥルットゥトゥ~が彼女の口癖!?(笑)

スタッフのエスコートでお部屋へ向かいます!わたし達は15階デッキの15011号室となります!

ヨットクラブの客室は、全69室全てがスイートルームとなり、一般クラスのキャビンより広く、毎時間海上の様子を伺えるバルコニーが設置されラグジュアリーな空間が約束されます!キャビンは落ち着きのある上質なネイビー×ブラウンカラーで統一されており、セミダブルサイズのツインベッドを用意!

窓際で寛げるソファやメイクアアップに欠かせないドレッサー、アルコールを含む無料のミニバーを配し、冷蔵庫内は充実のラインナップ!

ルームクリーニングは毎日の清潔を保ち、ガス無、ガス有のミネラルウォーター、フルーツ等も毎日補充してくれます!

日本人には欠かせないバスタブも完備されたバスルームには、MSCオリジナルのバスアイテムも揃い、独立型のクローゼットにはバスローブやスリッパの用意もされており、セーフティーボックス、緊急時のライフジャケットもあります!船上どこでも利用可能なWi-Fiは、若干の不安定さがあるものの、何も無いよりかは助かります!

ヨットクラブのウェルカムドリンクとしては、やはりイタリアのスパークリングワイン「Aneri Brut Prosecco」で出迎えてくださいます!

ウェルカムデザートとしては、マセラティ御用達のカフェ「COVA コヴァ」で作られるオリジナルのトライデント刻印クッキーや提携先の「Bulgari JAPAN」/「ブルガリ・イル・チョコラート」のチョコレートジェムズを用意!
マセラティのロゴ入りショッピングバッグの中には、様々なマセラティオリジナルグッズのプレゼントが!

 

荷解きを済ましたら、専用の「Top Sail Lounge」へ!

 

プロセッコを片手に軽食を摘みながら、出港までのひとときを待ち乾杯!

船内をぷらっと散策すると、15階デッキ中央には、南国感たっぷりの広々としたプール&ジャグジー!

会場中央のステージでは定期的にライブやイベントが開催されています!

それを通り抜けルーフトップのデッキへ出向くと、うっすらと夕暮れを迎える空模様の下に、デッキ上にまさかの「GranCabrio Sport」がスタンバイ!

わたし:「どうやってこの客船に車(マセ)を乗せるんです!?」
マセラティスタッフ:「クレーンで吊り上げているんですよ!」
わたし:「台風が来てますが車(マセ)大丈夫なんですか?」
マセラティスタッフ:「台風を避け雨の降らない航路を行くためご安心ください!」
わたし:「へぇ~」

太平洋上での新車発表会という世界初の試みとなるビッグイベント「Maserati Japan Tridente Experience 2018」だけに、何やら凄い力が働いているようです(笑)

今回、「MSCクルーズ(MSC Crociere S.p.A.)」と「Maserati Japan マセラティ ジャパン」がコラボレーションすることができたのも、MSCジャパンのCEOであるOliviero Morelli(オリビエロ・モレリ)氏とMASERATIジャパンのCEOであるGuido Giovannelli(グイド・ジョバネッリ)氏は元々親交が深くあり、互いに「海の王者」、「陸の王者」として最強のタッグを実現させたのであります!

出港予定は幻想的な夕暮れ時を跨いで夜20:00と予定通り!
マセラティ愛好家が揃うゴージャスな船旅の始まり始まり!Let’s go to Shanghai!! 行ってきます!

MSCクルーズ(MSC Crociere S.p.A.)
https://www.msccruises.jp/

MSCスプレンディダ(MSC Splendida)
https://www.msccruises.jp/jp-jp/Discover-MSC/Cruise-Ships/MSC-Splendida.aspx

マセラティ ジャパン(Maserati Japan)
https://www.maserati.com/maserati/jp/ja


静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

豪華客船のMSCスプレンディダの船上プライベートヨットクラブにて上海へ 「MSCスプレンディダ」幻想的な夕暮れと過ごす船上ディナーとバータイム!
豪華客船のMSCスプレンディダの船上プライベートヨットクラブにて上海へ
「MSCスプレンディダ」幻想的な夕暮れと過ごす船上ディナーとバータイム!

Comments to “「MSCスプレンディダ」イタリア最大級の豪華客船のVIPヨットクラブへ!”

  1. (Administrator)
    Reply

    博美さん、こちらこそ素敵なひとときをご一緒できてとても楽しかったです!!
    マセラティを愛するという共通の趣味嗜好をお持ちの方々との船旅、最高でしたね!
    また浜松近隣にお越しの際は是非ご連絡くださいませ!
    お会いできる日を楽しみにしております!

    根建亜弥子



  2. Reply

    この度は、素敵な旅をご一緒出来て、ホントに楽しかったです。
    沢山の情報も頂き、改めてご夫妻のキラキラに感激してます。
    又お会い出来る日を楽しみにしてます。


Reply

lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます