「かねりん鰻店」浜松名産の鰻を頂きながら天使音メロンのプロモーションをディスカッション

昨日まで開催されていた豊橋でゴエミヨ2021の3トックを獲得し注目を集めている「フレンチレストラン aru」で開催されたコラボイベントの流れで、ビオスの松木 一浩さんに浜松へ立ち寄っていただきました!天使音メロンを生産する影山 雅也さんを交えて今後のプロモーションについてディスカッションするために立ち寄っていただいたのですが、まずは腹ごしらえと向かった先は、浜松市西区入野町の雄踏街道沿いにある1952年創業のうなぎ専門店「かねりん鰻店」!

わたし達の住まう”浜松の食”と言えば、やはり真っ先に「うなぎ」が上がるように、うなぎ専門店は大変多く、焼き方やタレの味わい、御飯の炊き方により好みが分かれ、人それぞれにお気に入りのお店があると思われます!

わたし達夫婦の独断と偏見で言えば、店構え、接客、素材、味、コストパフォーマンスの総合得点として、非常にバランス良くNo.1を獲得するお店はこちら 「かねりん鰻店」です!

こちらは元々、菅原町にて営業されていましたが、 1977年10月にここ入野町に移転され39年が経ち、店舗の耐震の関係で、新築という形で大幅にリニューアルし、2016年6月23日に和の庭園を構える風情ある趣の佇まいへと変貌を遂げ、落ち着き溢れるその和空間は、通りに面していながらも居心地の良さも評され、益々その名を轟かせる名店となります!

暖簾をくぐる前から、駐車場にまで立ち込めるうなぎを焼き上げる香ばしい香りが食欲をそそります!

いつもならお昼は平日でもほぼ満席で、待ち時間は承知の上となる大人気店ですが、ディナータイムということもあり待つことなく入店することができました!

店内は、中庭を囲むカウンター席、テーブル席、個室、座敷と全61席を用意されており、今回は中庭を望むことができるテーブル席へと案内していただきます!

窓を開放され換気を良くし、レジ横にはアルコール消毒を設置されるなど、こちらでも感染予防対策をされているため、私たちも長居することなく食事を済ましたらすぐに退店し、自らが感染源にならぬよう配慮したいと思います。

天使音メロンの生産者である影山さんも合流してまずは浜松名物の鰻を堪能しましょう!食事をしながら、松木さんの現在の注力されている写真や動画の撮影のお仕事について伺いながら、天使音メロンをどのようにプロモーションしていくかとディスカッションさせていただきました。

農業にやレストラン業界に長く従事されていた松木さんならではの角度で天使根メロンの素晴らしさを伝えられるような作品ができるのではないかと期待しています!また松木さんの仲間のシェフやパティシエをマッチングをしていただき、この天使音メロンを活用した新しいデザートなどの商品開発もできそうなので今後の展開がとても楽しみです!

「うな重(中)」3,780円

こちらでは、その季節毎に仕入れられる上質な鰻を素早く割き、紀州備長炭で焼き上げていきます!外は香ばしく中はふっくらと焼き上げ、それを創業67年の間、祖父の代からずっと継ぎ足しながら守り続けてきた秘伝のタレに3回くぐらせ、味、色艶共にベストな状態に仕上げ、大きな釜で炊き上げ米の芯までふっくらと炊きあがった熱々の御飯の上に乗せて提供!鰻と御飯の間に粉山椒を振りかけ、口の中で広がる山椒の香りを楽しみましょう!

鰻は箸でさっくりと切れるほどの柔らかさで、タレは田舎特有にありがちな甘辛過ぎということがなく、上品で丁度いい塩梅。白米は小粒ながらに粒がしっかりと立ち、タレを絡ませ艶々の状態で、重箱は最後まで湯気を上げながら熱々の状態でいただける熱量となり、思わず箸が進む美味しさは格別です!

鰻の肝入りの肝吸いには、旬の筍がお出ましとなり、漬物は、胡瓜、柴漬け、沢庵の3種盛りとなります!

免疫細胞強化に役立つビタミン豊富な栄養満点の鰻を食べて免疫力を高め、ウイルスに負けない身体づくり!

よく食べ、よく寝て、よく笑いましょう!大変満足度の高い「かねりん」のうな重。浜松で鰻を食すなら、断然「かねりん」がお勧めです!

本日は午前から天使音メロンの農園へみんなで見学です!お天気にも恵まれ心地よい青空の下でメロンの育っていく環境を一緒に見たいと思います!

かねりん鰻店
住所:静岡県浜松市西区入野町731
TEL:053-448-9335
営業時間:11:00?13:45[O.S]、17:00?20:00[O.S]
定休日:毎週水曜日、第3火曜日
https://kanerin.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top