4Culinary Arts Shin still spinning their owner daily lunch special

_RIC0057

柳通りから二俣街道に入り元浜方面へ走ると見える「割烹しんはま」の看板。Established as a new hamaya fish shop in the early Meiji period、現在の店主・永谷光弘さんで4代目となるそうです先月までは隣の店舗もご両親が定食屋として営業されていたようですが引退され店仕舞いをなさったとのこと。Now、空き店舗になっておりますが店主の永谷さん曰く”隣を使ってかき氷屋か浜松名物でもあるいそ焼き屋を開きたいんですよね”と語っておられました。I look forward to!

_RIC0071

Shop、6 counter seats overlook a kitchen、Table seats 6 x 2、個室4席お座敷最大で20名といったゆったりとした空間です。On the counter-、And the fried fish、Homemade pickled plums and pickled shallots、In addition to order ingredients、Guests can enjoy watching it alone。Originally there had been fresh business from generation to generation、Want delicious fresh fish offered at a reasonable price、Seems that is stocking must be selected in the eyes of your own ingredients。In such culinary Shin still、日替わりランチがなんと800円と大変お得な価格でいただけます。Regulars of the familiar and beloved、Many haunted every day by day?。This time the、The lunch (main dish、Side dish (2 kinds)、Rice、Miso soup、香の物)800円と刺身定食(刺身盛り合わせ、Side dish (2 kinds)、Rice、Miso soup、香の物)1,200円を注文することにしました

_Rc0068

いつもお昼時は一杯でなかなか入れないようですが、13時頃に伺ったおかげでカウンター席に座れ店主の永谷さんと食事をいただきながらゆっくりお話しすることもできました永谷さんは昨年末に閉店された「割烹 岡田」さんの板場に長く立たれていたようで当時の良い時代の話なども楽しそうにそしてまた閉店を惜しむようにいろいろとお話してくださいましたご両親の跡を継がれ独立されてからは今年2013年で3年目を迎えるまだまだ新しいお店です話の流れで偶然にも相方の実家の富山では叔父に当たる方が金太郎温泉で料理長をされていたそうで今は息子さんが跡を継がれていて何度か足を運んだことがあるようで富山の良い処話で盛り上がりましたね初めて伺ったお店でしたがとても気さくな店主で一気に親近感も湧き居心地の良さを感じられるお店だと思いました♪

_RIC0058

「刺身定食」1,200円

Tuna、Red sea bream、Greater amberjack、貝柱が2切れずつどれも本当に鮮度良く美味しくいただけました♪

_RIC0059

小鉢「イカの酢味噌和え」 イカの弾力が良く食べ応えがあり優しい酢味噌で食欲をそそります

_RIC0060

Daily lunch-800 yen

鰆の西京焼き浸かり過ぎてなく加減の程好い味わいで御飯がすすみます♪

_RIC0061

小鉢「ニラレバ炒め」 御飯がすすむおかずがここにも♪

_RIC0063

「法蓮草の鯛味噌添え」

鯛味噌が香りも風味も良くこちらも御飯の上に乗せて食べたら最高のお供になりますね鯛味噌は自家製だそうで浜名湖で捕れた新鮮な鯛を茹でてほぐしそぼろを作り茹でた時に出た出汁に味噌を加え丁寧に練り上げたものだそうですお土産ものとしても小売りされていましたよ♪

_RIC0065

「御飯」

しっかり目の盛りの御飯常連の中には年配の方々も多いそうですが皆さんガッツリお召し上がりになるそうでおかわりをされる方もいらっしゃるんだとかお元気な証拠ですね♪

_RIC0064

「浅利の味噌汁」

あまりの大きさにハマグリと勘違いしましたが愛知県産の浅利だそうです身がプリッと柔らかくしっかりお出汁が出ていて美味しいお味噌汁♪

_RIC0066

「香の物」 瓜、Takuan。

_RIC0073

入口にある生簀には浜名湖の幻の蟹と呼ばれるどうまん蟹を始めたくさんの鮮魚が泳いでいますどうまん蟹もとってもリーズナブルな価格で提供されていますよ。The evening menu、お酒の当てに良い一品料理も多く懐石料理のコースをいただくことも可能なようなのでとっても良いお店を見付けちゃいましたねまた楽しい店主の永谷さんに会いに是非訪れてみたいと思います♪

Culinary Arts Shin still
浜松市中区中沢町67-12 TEL:053-522-8789
Hours of operation 11:00-14:00 17:00To 22:00 Closed on Mondays:Sunday、Holidays、第3月曜日
http://sinhama.com/

67 -12 Nakazawa-Cho, Naka-ku, Hamamatsu City

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Scroll to top