Midsummer ox in charcoal-grilled eel shop "like his" nourishing tonic

_RID0002

三方原町の金指街道沿いにある炭火焼うなぎ専門店「うな吉」さん。A special lye eel、Mackerel according to the order、蒸さずに炭火で調理する関西風で秘伝のタレに2回、3回と漬け込みながら焼き上げてくれます。The skin is crispy.、中はしっとりジューシィーなのが特徴です♪

_RID0011

店内は1Fフロアと2F席を合わせて全部で80席と広々(分煙として禁煙席・喫煙席ともに有)とされており車は店舗横に20台まで駐車可能です。Funeral Dishes、Various banquets、Dinner、うなぎ弁当や白焼き・蒲焼のお土産ものも臨機応変に受けてくださいます♪

_RID0007

「花の舞 生酒」650円

食事の前に一杯だけいただきましょう花の舞さんの生酒は添加物等一切使用せず火入れ(加熱処理)もしていないお酒本来の味を楽しめなめらかな喉ごしです♪

_RID0005

「うなぎの骨」 カリッと揚げられたうなぎの骨は塩気も程好く酒の当てにピッタリです♪

_RID0010

「枝豆」350円 茹でたての枝豆に塩を纏わせ熱々でいただきます♪

_RID0026

7月22日(月)は夏の土用の丑の日。Recent、高騰している鰻の価格に一般的には遠退きを感じがちな鰻ですがやはりこの日のうなぎ屋さんは大繁盛のようです!そもそも土用の丑の日にうなぎを食べる習慣は江戸時代からあったそうですこの起源として伝えられているのは江戸時代の蘭学者である平賀源内が知人の売れ行きサッパリのうなぎ屋を盛り立てるために「本日土用の丑の日」と書いて店先に張り紙をした所大繁盛をしたのだとか”丑の日(うのひ)”と”うなぎ”の語呂が良いことでの起源説が有名です土用の丑の日は暦で言えばちょうど節目に当たるので新しい期間に入る為に体力を付けて乗り切ろうと滋養強壮が強いうなぎを食べる意味合いも重なり”Midsummer ox = eel."It's so accustomed to.

_RID0029

さばきたてのうなぎを炭火でじっくり焼き上げていくのですが、On the way、秘伝のタレに絡ませながら何度も炭の上をくぐらせます味わう前から皮のパリッと感が想像できてしまいますね♪

_RID0013

"Such heavy (parallel)" ¥ 3,150

Savory、秘伝のタレをまとったうなぎは艶やかにお目見え皮の焼き加減中のふっくら具合タレの程好い甘辛さ(甘くない)米粒の揃った炊き方全てがバランス良く関西風が好みのわたし達にとってこのうな重は浜松の専門店の中でもかなり好みのうな重です♪

_RID0020

「ミニうな重」1,850円 上うなぎの1/3のうなぎメロン付

お子様や女性に程好いサイズのうな重ですご飯は普通の量があるのでうなぎの脂っぽさが苦手な方も食べやすいかもしれません♪

_RID0015

セット「肝吸い」

_RID0018

"Pickles" Takuan、奈良漬けしば漬け

_RID0023

ミニうな重のセット「メロン」

年間通して6回ある土用の丑の日。The following are、8月3日(土)です。2ヶ月に1度とまではいかなくても暑い夏はうなぎのビタミンB1を摂取してスタミナを付けて乗り切りましょうね♪

Like Gil
浜松市北区三方原町2142-9 TEL:053-437-0549
Hours of operation:11:00-14:00 17:00-20:00 Closed on Mondays:Monday

Hamamatsu-Shi Kita-ku 3-way haramachi 2142 -9

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Scroll to top