「新春マセラティツーリング2020」浜名湖周遊で龍潭寺と湖畔でのリゾートランチ

 

 

令和初となる「新春マセラティツーリング2020」は、新旧のマセラティ14台・総勢20名の御参加となり、恰好のドライブ日和にて開催することが出来ました!

今回のツーリングコースは浜名湖周辺をドライブし、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の主人公「井伊直虎」ゆかりの地として人気を博す「龍潭寺(Ryotanji)」を訪れ、今時期に花開く梅の鑑賞を楽しんだり、奥浜名湖湖畔に佇む会員制リゾートホテル「KIARA リゾート&スパ浜名湖」にて優雅なランチタイムを過ごすなどし、ドライブを中心としたコースを設定しております!

朝早くより、愛知、岐阜、三重方面から参加される皆様との待ち合わせ場所は、三ヶ日インター出口直ぐの「JAみっかび特産センター」にて集合!

 

合流してから向かうドライブコース「奥浜名オレンジロード」は、静岡県浜松市北区の山中に続く15kmほどの広域農道となり、三ヶ日を代表する名物のみかん畑をはじめ、田舎ならではの長閑な風景が広がります。

ライダーにも人気のワインディングロードが続き、一瞬ではありますが、浜名湖を望む景色にも出会え、信号が無く交通量が少ないため、快適なドライブを楽しむことができます!

 

最初の目的地「龍潭寺(Ryotanji)」では、それぞれ自由に拝観と散策を楽しんで頂きます!

境内には、1月~3月が見頃となる梅の花や河津桜が開花し始めており、龍潭寺では一番古く約400年前の建物となる「東門(旧鐘楼堂)」を通り、本堂脇の枝垂れ梅の花のほころびは一足早い春の訪れを感じます!

散策路の景観を楽しみながら「井伊家墓所」を抜け、格式高い神社「井伊谷宮」まで足を延ばせば、紅梅の優美な姿にも出会え、とても心地好い時間を過ごすことが出来ました!

龍潭寺(Ryotanji)」からは気賀の街並みを抜けます!

浜名湖畔へ降り立ち、猪鼻湖を望む「浜名湖レイクサイドウェイ」を走り、瀬戸橋から瀬戸トンネルを抜けます!

ランチ場所に選定した会員制リゾートホテル「KIARA リゾート&スパ浜名湖」へ!

猪鼻湖を望みながら、「シェフの気まぐれワンプレートランチ」2,750円(税込)を堪能!

地元ブランドのみっかび牛とサーモンが出揃い、肉料理と魚料理をサラダやスープ、アミューズと共にワンプレートに盛り込まれたお手軽ランチです!

同行された「マセラティ名古屋サービスセンター」から乾杯ドリンクをサービスしていただき、皆で乾杯!

こちらで合流したカップルもいらしたため、食後のコーヒーを楽しみながらの歓談タイムを終えたら、ホール階段前にて記念撮影!

ランチ後は来た道を戻り、風情溢れる「気賀関所(東海道三大関所)跡」にて一旦休憩を取ります!

関所に隣接する「田空直虎ショップ」では、地産土産が並んでおり、色鮮やかな柑橘類が中央を陣取り鎮座しておりました!

その後のルートは「気賀関所(東海道三大関所)跡」から浜名湖畔を南下し「舘山寺温泉」を通り抜けます。

中継ポイントの「浜名湖ガーデンパーク-静岡県営公園」駐車場にて記念撮影!冬場とはいえ、週末は賑わいを見せる「浜名湖ガーデンパーク-静岡県営公園」の駐車場は満杯です!

ツーリングコース最終目的地に向け出発し、「弁天島」を通り抜け、競艇場大橋を渡り「ボートレース浜名湖」から「浜名バイパス」へ入ります!

最終目的地でもあり、解散場所となる「道の駅 潮見坂」に到着!

こちらでは、地産品が並ぶ売店や軽食が頂けるお店もあり、また、太平洋を望みながらの足湯が用意されているため、ドライブ疲れを癒すに最適な休憩所となります!

今回は、まだ肌寒い2月のツーリングで、浜名湖畔では遠州のからっ風が吹き荒れる状態ではありましたが、好天候に恵まれたこともあり、道中の車内はポカポカと暖かく心地良さを感じ、眩いばかりの光を放つ湖面に癒されながら、絶好のドライブ日和となり、また一つマセラティオーナーの皆様との楽しい思い出のひとときを刻むことが出来ました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top