We feel the grace of Shizuoka through "KAWASAKI" vegetables and game French

Shizuoka-Shi Aoba-Dori along the、Is the stylish buildings standing quietly, characteristic of antique block BROOKLYN SQUARE (Brooklyn square building).、The collection of this building、Falconry is popular "Passage Falconer」を手掛けられた「アンフィニホームズ株式会社 INFINI HOMES」が今からおよそ4年程前に企画された物件となります
The anfini homes、Designing and building blends in its place、And to suggest that pique the interest of people watching at the same time、徹底してセンスの良いものを提供し注目を集めています!

「BROOKLYN SQUARE(ブルックリン スクエア ビル)」の1Fには、Is a group led by European import brands "Giotto".、その2階にあるフレンチレストラン「KAWASAKI」へ!今回はおよそ2年振りの再訪となります!

「KAWASAKI」は富士宮市の名店「レストランビオス restaurant Bio-s」にて長年シェフを務められていたYoshinori Kawasaki (Yoshinori Kawasaki)さんが2014年12月に食材の自給自足をコンセプトにオープンされたフレンチレストラン!

オーナーシェフの河崎芳範さんは、In Hyogo Prefecture、After graduated from the music school in Tokyo、Started career in Akashi city of Hyogo Prefecture Japanese restaurant。
Since France food in eating out、And you want to learn French、Tokyo Yoyogi "レストラン キノシタ"、Omote-Sando "レストラン・ポワロー"、Takadanobaba "Limited"、Marunouchi "ブラッスリーオザミ "At the training。
The Tokyo store、Have ingredients delivered organic farm of old shibakawa-Cho (present Fujinomiya-Shi) "Biopharm Eyelash when"And in the、勉強のために農園を訪れた際に、Surprised at the difference in taste and vegetables eating in Tokyo、With dishes made with fresh ingredients and strong desire meet to be、
2007年には富士宮市に移住を決意!
In there、Farm-direct restaurants "レストランビオス Restaurant bio-s」にて経験を積まれます
After that、2014年12月に独立され「KAWASAKI」を静岡市常盤町にオープン!

「KAWASAKI」では狩猟免許を所持する河崎シェフ自らが仕留めたジビエ(野生鳥獣の食肉)をはじめ毎朝収穫する新鮮な野菜を使った料理を提供されています!

Its that simple and chic、Table 2 table 8 seats、カウンターが11席とシェフとの距離が近い造りとなっておりオープンキッチンで繰り広げられるライブ感さながらの調理を観ながら食事を楽しめるカウンター席は、One woman even casual atmosphere!

Desire goodness of the ingredients you like to know how they、店内に入ると直ぐの場所に熟成庫や野菜の保冷庫が置かれておりこだわりの自家製生ハムなども仕込まれている様子が伺えます
富士宮市芝川地区の提携農家の畑で食材を調達するのが日課と言う河崎シェフ
この日も採れたて野菜の仕込みをしながら食材への愛を楽しそうに語ってくださいました!

This also、ランチメニュー「MENU B(Hors d'oeuvres、Soup of the day、Vegetable dishes、Main dish、Dessert、Homemade bread、Cafe)」2,800円をオーダー!

最初の一品は「30ヶ月熟成の自家製生ハムと夏野菜のラタトゥイユ ポーチドエッグ添え」
30ヶ月熟成させ風味豊かに仕上がった自家製生ハムは、Gentle seasoning with salt、肉の香りと旨味を楽しむには”いい塩梅”となりスパークリングワインに大変良く合い絶品です!

旬の夏野菜のラタトゥイユはしっとりとしており野菜の甘味が嬉しい仕上がりでポーチドエッグを崩しながら黄身を絡ませて楽しみます!

Soup、「長谷川農産マッシュルームの冷製ポタージュ」
Home / Netherlands cultivation techniques and equipment、無農薬・無漂白でマッシュルーム栽培をしている富士市にあるこころ生産者紹介 長谷川農産のものを使用したポタージュ!
日本での本格的な栽培をスタートして約20年、The support of the people for real、Hasegawa agricultural fans increased steadily mushrooms、
全国の有名ホテル・レストランなどで広く活用されている大変有名なマッシュルームとなりその味わいたるや一度口にしたらファンになってしまうほどの芳醇な香りと美味しさです!

France and domestic flour blend、The tasteful finishing bucket、香ばしくカリカリ食感中しっとりふんわりとなり料理にも良く合います!

「虹鱒のミ・キュイ」は、The skin surface from paritto、中はしっとりとレアに仕上げ見事な火入れで横には虹鱒のハラスのタルタルを添え胡瓜のガスパチョが色鮮やかに広がり目にも美しい仕上がり!青味やえぐ味のない優しい味わいの胡瓜との相性も抜群です!

野菜料理の一皿として「野菜のエチュベ(野菜の蒸し焼き)」が提供されます
With only salt and butter ingredients:、The Braising vegetables with water only in simple dishes。
Organic vegetable farms of contract farmers directly feet carry has adopted a、In a simple Cook as long as you can、Thoughts of Kawasaki chefs that want to enjoy the taste of the original material though is filled with 1 plate。
So savory butter flavor、Salt is the sweetness of the vegetables drawer、At the finish, fresher, and juicier、This "carrot 2 species、Burdock root、Red Moon、Green beans、Green peppers、Chinese cabbage ' and better color。
この一皿を楽しみにこのお店に来ると言っても良いでしょう!

「本州鹿のロースト」は前回同様に比較的年中味が安定している雌鹿です!
目の前で切り分けていただくとぷっくらとした身に血めぐりの良い安定の美しいロゼカラー!
The side dish is、Okra、Malabar spinach、And onion、And consider that the appetite to spring summer、The source is、Soup of deer to the acidity of the vinegar add ease-of-eat twist。
シェフの思いやりの気持ちが温かく伝わって参ります♪

Dessert、Each dessert offered from Fujinomiya city distillery Lees by using "Lees Manger" with "cinnamon-flavored creme Brulee.。
While neither for the coffee in the sweetness of bliss。

This time the、You have to eat at the counter also、Chef Kawasaki and many enjoy chat、You could spend a great time! Mr. Kawasaki、Next time I come、ネパール紅茶と共に蜂蜜談義致しましょう!(笑)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Scroll to top