Full course of the meeting of the 8th Jibie of Handayama "La Saribu"! Odemashi Thunderbird!

RID00231

Handa mountain "La Salive La Salve"Mr. at the、毎年この時期に開催されている「ジビエの会"。2014年で第8回を迎えるそうです。The other day、ランチに出向いた際にシェフ・鈴木孝治さんからこの会のお誘いをいただいたので初参加です!前菜からデザートまでの9皿すべてジビエを楽しめるとのこと!そして驚くことに日本では国指定の特別天然記念物でもある雷鳥 らいちょうを外国産のものですがいただけるとのこと!(驚)おそらく初めての経験ばかりになるであろうジビエの会とても楽しみです♪

_RIZ0104

On this day、15名様の完全貸切状態ですコース料金は、9皿のフルコースに食後のドリンクが付いてお1人様10,500円(要予約)です

_RIZ0084

「トニックウォーター」

「カナダドライ」ブランドはカナダの美しいオーロラを表現したプレミアムなパッケージデザインで日常から離れ洗練された大人のための上質な時間を提案独特の程好い苦味と抑えた甘味が特徴のカナダドライ トニックウォーターで炭酸飲料ですお隣のテーブル席では持込のワイン(持込料:2,000円)などを楽しまれる方々もいらっしゃいましたジビエといえば赤ワインが恋しくなりますが仕事なので我慢です(笑)

_RIZ0085

「自家製パン」 手前くるみのパン。At the back、米粉のパンサリーブさんのパンは優しい味がします♪

_RIZ0086

「猪のスモークハム」 約3週間かけて作ったスモークハム

右手前から、30kgの♀Wild boar smoked ham、甘味があって噛むと味わい深い柔らかい肉質です隣は、60kgの♂Wild boar smoked ham、しっかりとした弾力の肉質でだけにワイルドな感じが伝わってきます(笑)奥のピンチョスはビーツや蕪などの野菜と合わせてさっぱりとどれも塩加減が抜群の臭みの全くない猪で非常に美味しいです♪

_RIZ0087

「ジビエ類コンフィサラダ」

Wild boar、マガモ砂肝内臓類などを低温油で火を入れた料理低温油でじっくりと火を通しているのでほろほろとした食感のマガモがとても美味しかったです内臓類と聞くとグロいかもしれませんがペースト状になっており癖のある味わいが好きな方には堪らない風味でお酒の当てには良さそうです。The vegetable.、程好くマリネした蕪に水菜などを巻き付けてさっぱりとしたサラダに♪

_RIZ0088

「和鹿のブータンノワールとフォアグラ」

和鹿の血を使ったソーセージとフォアグラのハーモニー和鹿の血初めていただきますこの滑らかなブータンノワール野生の血の香り満載でとても濃厚ですフォアグラとの組み合わせもで負けない強さを感じます

_RIZ0090

「猪トリップ」

野菜と白いんげんの甘味とトマトを使ったカーン風のパイ包み焼きメニューにはパイ包みとありましたがパイには包まれてないです。However,、とても食感の面白い猪のトリップ(猪の胃袋小腸大腸)香草を使用しカーン風にとても柔らかく煮込まれていてベースはトマトソースなので濃厚でも優しい味わいです♪

_RIZ0092

「雷鳥のアンクルート」

雷鳥の内臓と黒米のリゾットを混ぜその上から身で包み猪クレピネットで覆ったパイ料理出ました!スコットランド産の雷鳥です!パイに包まれているため中を見るまでドキドキです!(笑)

_RIZ0093

カットした様子黒いのは黒米のリゾットその周りに見える赤茶のお肉が雷鳥です!とても歯応えのあるしっかりとした肉質と結構な苦味を感じます個性的な肉質で今までに食べたことのある肉に例えるのは難しいですね!猪のクレピネット(網脂)もナイフで切れないほどにしっかりとしています!なかなかの強烈なメニュー!というのが素直な感想で、Be honest、一生に一度食べることがあるかないかの経験でしょう貴重な経験をすることができました!

_RIZ0096

「猪セルヴェルのパートフィロ揚げ」

猪の脳みそをパートフィロー(とうもろこしの粉と小麦粉で作られた紙のように薄い生の生地)で巻き油でサッと揚げているのでパリパリ食感で楽しめます下は牛蒡のピューレです

_RIZ0099

「片桐さんが捕った天然真鴨のロースト」

マガモのロースト。The source is、内臓と骨から搾り出した大変コクのあるソースです赤字で「銃の玉が入っている事があるので気をつけてお召し上がりください」と書かれていました!(驚)いつもいただく鴨よりも断然肉質がしっかりとしており野生感が強いです!

_RIZ0101

「チーズ盛合わせ」

白カビ青カビウォッシュタイプと3種類の盛り合わせになっています夜のワインのお供にしたくてシェフのお願いしてお持ち帰りさせてもらいました♪

_RIZ0102

「鶏のレバームース・ガトー仕立ての季節のソルベ添え」

自家製エトフェ鴨レバーの菓子仕立てとフランボワーズのシャーベット鴨のレバーを使用したムースはチョコやラム酒やレーズンが入っていますが味わいは濃厚なレバー風味の大人のチョコといった印象です(赤ワインにとっても合いそう!)鈴木シェフに尋ねるとレバーとチョコの比率はレバーに対してチョコ半量しか使用していないというから驚きです!まさか本当にデザートまでこのようなジビエとは思いませんでしたが初体験満載のフルコースで楽しい食事となりました(笑)

_RIZ0103

"Coffee"

Every year、冬のジビエが旬のこの時期に開催されているジビエの会自然界の恵みとして野生の鳥獣たちを有難く無駄なくいただきとても野性味溢れた内容に若干自分自身がワイルドになったかのように思えるランチタイムを過ごすことができました鈴木シェフ貴重な体験をありがとうございました♪

La Salive La Salve
1-18-28 mountain Handa Higashi-Ku, Hamamatsu-Shi, TEL:053-434-9966(Appointment only)
Hours of operation:11:30-13:30 18:00-20:00 Closed on Mondays:Tuesdays、No. 1 Monday
http://www.wr-salt.com/salive/

1-18-28 mountain Handa Higashi-Ku, Hamamatsu-Shi

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Scroll to top