「Black Sheep Cafe」アートな空間とアメリカンな料理が大ブレイク!

プロボシティのメインストリートに2016年7月4日にオープンされたばかりの「Black Sheep Cafe」は、コンテンポラリーなスタイルでアメリカ料理を提供しており、地元民から観光客にまで大変人気のカフェ&レストランとなります!

店内は、洗練されたデザインながらにダークブラウンの木目調で落ち着いた居心地の良い空間となり、ハイセンスでアート性を感じられるお洒落な空間です!

黒羊をイメージした巨大なシャンデリアもとってもクール!

こちらでバイトしているスタッフのJohnny A Dinkelは「ブリガム・ヤング大学(BYU (Brigham Young University)」の学生で、日本語を専攻されているため日本語で接客してくださいました!

Johnnyは日本の岐阜に住み語学を学んでいたこともあるようで、本当に流暢に話してくれるので感心してしまいます!

今回は、お勧めのメニューをいただくことにしました!
ビールはアメリカらしいものをいただこうと地元ユタ洲で製造されているものを揃えていただきます。左から、メキシコ料理と相性の良い「Epic醸造所」の「825 State Stout」はクリーミーでビターな味わい、「Squatters醸造所」の「Hop Rising Double IPA 」はポップ、マンゴー、パイナップルなど、麦芽の甘みとオレンジなどの柑橘系を感じ、環境問題への取り組みにも熱心な「Uinta Brewing」の「WYLD SIMCOE SESSION ALE」は躍動感があり爽やかで桃の甘味、ソルトレイクシティを設立したブリガム・ヤングの肖像が描かれた「Brigham’s Brew」の「Root Beer」は、ハーブやスパイスが入った個性的な炭酸飲料でノンアルコールですので注意しましょう!(笑)

サラダは「Black Sheep Salad($9:日本円にして約980円)」で、オーガニック野菜(Organic greens)たっぷりで、ウチワサボテン、ザクロのビネグレット(cactus pear-pomegranate vinaigrette),ペカンナッツ(candied pecans),クランベリー(cranberries),赤玉葱(red onion),スパイス(spice dusted cotija)とドライフルーツの甘味とザクロビネグレットの酸味のバランスの良いサラダです!特に甘くコーティングされたペカンナッツの食感がアクセントに最高の味わいで、良質なオメガ3とオメガ6の脂肪酸が摂れるから素敵!

そして、レストラン一押しのハンバーガー「Black Sheep Burger($14:日本円にして約1,520円)」は、青唐辛子(green chile),チェダーチーズ(cheddar cheese), (赤玉葱)red onion,トマト(tomato),レタス(lettuce),(チポトレマヨ)chipotle mayoが入っており、バンズはピタやナンのようなフラットブレッドに挟んでいただくボリューム満点の超Big Size!(((*゚Д゚ノ)ノ付け合せの巨大なポテトはしっとりとさつま芋のようにとても甘く美味しかったです♪

嬉しいことに、デザートにクレームブリュレをサービスしてくれました!一口食べたら、甘いはずのクレームブリュレがとってもスパイシー!スタッフにお聞きすると、キャラメリゼにハバネロオイルを使用されているとのこと!ビックリ甘辛スイーツです(笑)

美味しいアメリカ料理とユタ州オリジナルのビールで食が進み、日本語が話せるスタッフとの楽しい時間が楽しめたランチタイムとなりました♪Thank you,Johnny♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top