「じゃじゃの私設図書館」浜松入野町に新規オープン!人と本が繋がる新しい空間

佐鳴湖近くの入野古墳北側に「本をもっと気軽に楽しんでほしい」という店主・大場雅仁さんの思いを形にオープンする私設図書館「じゃじゃの私設図書館」の紹介です!

この施設はオープン日を来月10月9日(金)に控えており、金曜日~日曜日の週3で営業する週末図書館。

場所は、佐鳴湖湖畔に佇みダウン症の天才書家・金澤翔子さんの「世界一大きい般若心経」でも有名な「龍雲寺」の通り沿い、入野古墳北側に位置し、建築会社「ジェネビル(Gene Buil」が施工されたモダンでスタイリッシュなこちらの建物が目印です。

こちらの運営プロデュースを当社ladeで任されており、WEBサイトやデザイン一括を主人Takahiroが担当し、カフェメニューの開発や運営を私ayacoが担当し常勤させていただきますので、皆様ともこちらでお会いできるのを楽しみにしております!

館内に一歩足を踏み入れれば、そこは本棚に囲まれた空間が広がり、建築設計事務所が開発・デザインするインテリアプロダクト「margherita(マルゲリータ)」の”壁一面の本棚”が設置され、現時点で保有する約3,000冊の書庫として見せる圧巻の佇まい。

こちらの本は”すべての本棚を図書館に”をコンセプトに掲げる「リブライズ(librize)」のシステムを導入し、LINEまたはFacebookのアカウント一つで会員登録ができ、誰でも簡単に無料で本を借りることが可能です!

「じゃじゃカレー」一般1,400円/会員1,200円

日本人に親しみやすい節香るスパイシー和風鯖カレー(味噌玉付)

カフェスペースでは、和風出汁と味噌をベースに鯖とスパイスを融合した「じゃじゃカレー」を中心に展開しており、”毎日食べても飽きないカレー”をコンセプトに、ヘルシーさにこだわりながらコク深く、日本人の味覚にそっと寄り添う馴染み深い味わいに仕上げています。

スタンダードな「じゃじゃカレー」をベースにアレンジさせたメニューも用意し、スパイスカレーが魅せる様々なバリエーションを楽しむことができます!

袋井市の自家焙煎珈琲豆屋「まめやかふぇ」にて焙煎した珈琲豆を常時仕入れ、ハンドドリップにて1杯ずつ丁寧に提供するこだわりのシームレスなコーヒー。

「ハンドドリップ珈琲」700円/会員500円

袋井自家焙煎珈琲豆屋「まめやかふぇ」の珈琲豆でマイルドな味わい

本をじっくりと読み込みながら、香り高いコーヒー片手に豊かな休日を過ごしてください。

ご家庭で不要となった本を寄贈してくださる方には、私設図書館のLINEアカウントを追加していただき、本を1冊寄贈いただくごとにポイントカードに1ポイント付与させていただきます。10冊寄贈し10ポイントを獲得すると、珈琲1杯の無料チケットがもらえます!
(※ただし、雑誌、破損・汚れのあるもの、公序良俗に反するものはお引き取りできませんので、あらかじめご了承願います。)

テラス席には壁面にリードフックを設けており、ペット同伴可となるため、ワンちゃんとの楽しいお散歩途中にも気軽に足を運んでいただけます。

わたし達と同伴で我が家の愛犬ショコラも看板犬として出勤しているので、ワンコ好きな方、チワワ好きな方はお声掛けくださいね♪(※ショコラは館内バックヤードにて待機しております:笑)

佐鳴湖湖畔から徒歩圏内にまた一つ新しく楽しい空間が誕生しました!
10月9日(金)のオープンを是非楽しみにお待ちください。

じゃじゃの私設図書館
〒432-8061 静岡県浜松市西区入野町4913-2
​TEL:053-477-0876
営業曜日:金 / 土 / 日
営業時間:10:00~16:00(L.O.15:00)
https://jaja-lib.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top