A warm Studio Nepal President Hamamatsu crafts Enshu cotton silk fan!

江戸時代から続く伝統織物の「遠州綿紬(めんつむぎ)」の反物と雑貨を取り扱う「Enshu cotton silk warm workshop"To!

New、2013年11月にオープンさせた新社屋兼ショップはわたし達も親しくしている友人の一級建築士・Hase 守保 (Moriyasu Hase)氏が代表のOtaka Asahi (大高旭)さんの拘りの部分を上手く汲み取り設計され、And the soothing scent of cedar wood desig was incorporating Japanese space.

Here you will、静岡県浜松市を中心につくられている遠州綿紬や綿綿麻麻などの生地・布を取り扱われておりお洋服づくりやインテリアに欠かせない生地や反物をはじめ贈り物にも便利な雑貨小物など伝統を通じて暮らしを豊かにする品々を販売されています!

遠州綿紬の歴史は遥か大昔江戸時代から伝わるとされています遠州地方は温暖な気候と豊かな自然に恵まれ綿作りに適しており綿の三大産地として栄えていました
「遠州綿紬」はかつての産地を今に伝える希少な織物として今も当時と変わらず職人の手によりひとつひとつ丁寧に生み出される伝統織物となります!

This time、Welade Gourmet & Hotel Web MagazineThe、Republic of South Asia in friendly relations with Japan "NepalFederal Democratic Republic "to the" Nepal President Office "of your invitation、9/8 of the month-11 days、Nepal tourism & to go on tour、Bidhya Devi Bhandari(Bidya Devi Bhandari)大統領やパタン市長にお会いする際に何か”日本らしさ”や”静岡浜松らしさ”が伝えられる贈り物ができないかと考え「遠州綿紬 ぬくもり工房」の大高さんにご相談させていただきました!

店内にて大高さんに商品説明を受けながらそのお品たちを拝見!
日本の四季から生まれ、Is warm.、深く穏やかな“日本色”の色彩とやわらかな質感が特徴の遠州綿紬の素材が持つポテンシャルが安心感へと繋がる作品たちは日本の職人ならではの繊細さが伺えます!

This time the、There is a gift to the high temperatures in sub-tropical Nepal、丈夫でありながら心地良く涼やかな風を繰り出す「遠州綿紬の扇子」をお贈りさせていただこうと思います!

青紫の美しさが気品溢れ力強い「なないろ紬 菖蒲(あやめ)」と古くから伝わる情緒的且つ粋な日本色の「伝紺」のお色を用いた扇子をセレクト!

In addition、静岡市の「馬場製菓」とコラボされた「静岡巾着飴」も用意していただきました!

Enshū-cotton fabric with a taste of、During the lovely Palm-sized tote bag、”静岡”が誇る「富士山、Tea、Mandarin oranges、Strawberry、Melon、わさび」をモチーフにつくられた金太郎飴が忍ばされています!

ネパールの皆さんに静岡を知っていただくには相応しいお土産ものが見つかり嬉しい限りです!大高さん、Thank you very much!

Enshu cotton silk warm workshop
Address:静岡県浜松市浜北区染地台3-12-25
Shop TEL:053-545-6391、事務所TEL:053-545-6491
Hours of operation:10:00To 18:00
Closed on Mondays:年末年始以外年中無休
Parking lot:Aerobic

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Scroll to top