Limited first Retort Pouch Curry Okinawa 'bone care"is a taste of the good old days where

_RDF0183

昔懐かしいレトロなイメージのパッケージはOtsuka foodIs it the Okinawa only limited sales "Bone care"。1964(昭和39)年関西でカレー粉や即席固形カレーを製造販売していたシービーシー食品という会社を大塚グループが引き継いだのが大塚食品の始まりですその大塚食品さんが「一人前入りでお湯で温めるだけで食べられるカレー誰でも失敗しないカレー」を完成させるために試行錯誤の末、1968(昭和43)年2月12日にThe world's first commercially available retort pouched foodsAs、阪神地区限定で「The first bone care」を販売していますいまやレトルト食品カレーの定番ともなっている「ボンカレー」というネーミングですがこれはフランス語のBON(良いおいしい)と英語のCURRY(カレー)を組み合わせ、Exactly whatおいしいカレーという意味が込められ、At the time "Bone care」に決定したようです発売以来次第にその美味しさや手軽さが認められるようになり、1973(昭和48)年わたしが生まれた年にはなんと!年間販売数量1億食を達成!。After that、1978(昭和53)年には市場に競合商品も増えてきたためさらなる商品力向上に向けて日本人の嗜好の変化に合わせ香辛料やフルーツを贅沢に使った新商品「ボンカレーゴールド」を誕生させます!そして1989(昭和64)年に第10回レトルト食品品評会において農林水産大臣賞を受賞ボリュームアップの要望が多かったことから180gFrom200gにボリュームアップして発売しパッケージもリニューアルし生まれたのが「ボンカレーゴールド200"。2001(平成13)年21世紀を迎えると新たなる100年に向けボンカレーゴールドは質・量ともにさらに充実した21世紀のスタンダードカレー「ボンカレーゴールド21"Released。After that、発売35周年を迎える2003(平成15)年には完全リニューアルをしパッケージも中身も大きく変更。2005(平成17)年には「ボンカレークラシック"、2009(平成21)年には、"ボンカレーネオ"。発売45周年を迎えた昨年2013(平成25)年には驚く無かれ箱ごとレンジThe "ボンカレーゴールド」が誕生するのです!そんな時代と共に進化し続けたボンカレーではありますがその間もずっと沖縄限定の「Bone care」だけは初代ボンカレーのパッケージモデルの女優・松山容子さんのイラストで当時のまま販売されていますパッケージに記されたキャッチフレーズは「新鮮な野菜の煮込、3分間で本場の味"As has been。ボンカレーの歴史の前置きが長くなりましたが、46年の歴史の間ずっと変わらぬ昔懐かしい味のまま提供されているのが沖縄限定のこの「Bone care"What is。そんな貴重な地域限定ボンカレーをとある紳士から大量にいただきました!(感謝)ということで非常食としてですが何年ぶりかにレトルトカレーが我が家の食卓に並ぶこととなるのです(笑)

_RDF0186

This time the、あまくち・ちゅうから・からくちThe from the insideちゅうからWill。野菜は小口にカットされており色合いは黄色に近いものでどこか小学校時代の給食のカレーを思い出しますルーには肉々しさが足りなかったので鶏肉をガーリックソテーして添えましたちゅうからBut、お子様向けに近く刺激の全くないカレーですからくちといえどもマイルドのようとなるとあまくちはどうなっちゃうんでしょう?辛さは自分でアレンジして調整しながらしただくとしましょうカロリーはどれも175kcal内容物は、Vegetables、牛肉小麦粉などにフルーツチャツネウスターソーストマトケチャップなどが入っています久々にいただいたレトルトカレーですがあまりの昔懐かしい味わいに昭和時代にタイムトリップしているかのような気分になりますね(笑)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Scroll to top