在首都加德滿都山谷"總統府"去政治的中心 !

ネパールの首都カトマンドゥ(Kathmandu)の政治の中枢を担う政府機関「大統領府」へ表敬訪問!正門は当然のことながら、奠定了嚴密的保安、入館する際には事前のセキュリティチェックが必要です! この日は、此外前往總統府、沒有一個粗魯的人、你在禦庭、胸元にはネパール国旗のピンバッチを飾っております!ガイドのナレス(Naresh)さんはネパール男性の伝統的な正装の「ドウラ・スルワール(Daura Suruwal)」をお召になっておりとても素敵でした! こちらの「大統領府」も2015年4月25日に見舞われたネパール大震災の大きな被害を受けており、當前、仮設事務所なども設置されています! ガイドのナレス(Naresh)さんと親交が深く、作為駐尼泊爾大使、現在はネパール大統領外交顧問のマダン・クマール・バッタライ(Madan Kumar Bhattarai)さんの事務所へ訪れました! ネパール大統領外交顧問のマダン・クマール・バッタライ(Madan Kumar Bhattarai)さんは、2015在今年的首位女總統誕生、ビドヤ・デビ・バンダリ(Vidyā Devī Bhaṇḍārī)大統領が就任された際に、在人和任命的總統外交顧問、外交全般に渡り大統領に対して幅広い助言や政策立案を行う立場におられます! ネパールのビドヤ・デビ・バンダリ(Vidyā Devī Bhaṇḍārī)大統領にお会いできるようガイドのナレス(Naresh)さんが3ヶ月も前からアポイントメントを取り付けてくださっていたようですが、這一天是猝死。、在尼泊爾,這是位傑出的作家死亡、總統突然將出席一場葬禮那裡、我以為我們被授予觀眾做。 Bidya Devi 班達裡 (Vidyā Devī 鑽 ṇḍ ārī) 主席。 這一次我們是 !、ネパール大統領府を訪問するにあたって何か”日本らしさ”や”静岡浜松らしさ”が伝えられる贈り物ができないかと考え、這裡有個禮物到高的溫度中亞熱帶尼泊爾、從江戶時代遠州棉織物的傳統手工藝的處理、大高 旭さんが代表を務められる浜松市「遠州綿紬 ぬくもり工房」の「遠州綿紬扇子」を大統領へ贈呈させていただきました!丈夫でありながら心地良く涼やかな風を繰り出す「遠州綿紬扇子」!ビドヤ・デビ・バンダリ(Vidyā Devī Bhaṇḍārī)大統領をイメージしお贈りした、美麗的優雅,深藍色紫羅蘭恩典溢出、強大的棱柱形七彩絲虹膜摺扇、きっと大統領に良くお似合いになることでしょう! さらに日本の静岡をこよなく愛してくださっているバッタライ外交顧問には「遠州綿紬 ぬくもり工房」が取り扱う伝統工芸品「静岡巾着飴」を贈呈させていただきました!静岡市の「馬場製菓」とコラボされた「静岡巾着飴」は、Enshū 純棉織物的味道、在可愛的手掌大小的手提袋、わたしの生まれ故郷でもある”静岡”が誇る「富士山、茶、橘子、草莓、甜瓜、わさび」をモチーフにつくられた金太郎飴が忍ばされています! 「清水ライオンズクラブ」を代表してツアーリーダーの浅井政則さんより著名な書家の作品である「心和政自平(政務にあたるには心の平和が第一である)」の書物を大統領へ贈呈され「金蘭之契(極めて固く親密な友人関係)」の書物をバッタライ外交顧問に友好の証として贈呈されておりました! 「牧之原市国際交流協会」からは、上一頁、バッタライさんが駐日ネパール大使の頃牧之原大地にて経験された「茶摘み体験」の時の記念写真を「葛飾北斎」のフォトブックに飾り贈呈されておりました! さらに「牧之原市国際交流協会」の法被も贈呈! ピンクと少々派手なお色ではありますが、富士山和櫻花太陽升起國旗茶園、梅が描かれた静岡らしさを物語る愛らしい法被です! 外交顧問のマダン・クマール・バッタライ(Madan Kumar Bhattarai)さんが敷地内を案内してくださいました!セキュリティ上の関係で要所要所写真撮影は禁止されておりますが、是那鬱鬱蔥蔥的綠色庭院,與美麗的花園。、野外の社交の場として園遊会なども開催される場所とのことで素晴らしい庭園が広がっておりました! この日の午前中に大統領と会合をされていた婦人会の奥方達が正装姿のサリーで艶やかにお見えになりました! 「大統領府」を前に皆で記念撮影させていただくことになりました! ネパールツアー視察団としてバッタライ外交顧問を囲んでの記念撮影!大変貴重なお時間を頂戴し感謝致します!ダンニャバードチャ!(धन्यवाद छ।)ありがとうございます!...

早餐在帕坦賓館"養老金 assert"7 天

ネパールはパタン(Patan)のプルチョウク(Pulchock)地区にある「ペンション・スザータ(Pension Suzata)」の最上階の部屋から迎える7日目の朝!ルンビニ(Lumbini)から戻り丸1日経過した頃に「聖園」で”毒虫”に噛まれた両足首が腫れ始め、現在為損害走。我們擔心我們的團員、一直"處於戰"和"tokuhon"、最好的調查,"萬金油"、吃止痛藥也是、急救治療沒有效果是、提高你的雙腿,在晚上和試著睡覺、不在太多的痛苦,睡眠狀態。"更好地被折磨壞細菌或別的東西,但我相信通過第一次出國旅行、不安地因病可能是種奇怪的感覺不經驗豐富。 是所以不安和恐懼仍然、7 天行程會來、この日はいよいよ「大統領府」の表敬訪問が控えているため気を奮い立たせます! ペンションの朝食は宿泊費とは別途追加料金となり、1食品日益成為 $6.5(Japan yen approximately 728 yen) ! 在這一天、剛煮好的米飯的出現、它是所有提出他們的聲音和高興 ! 然後、ツアーメンバーの片平仁男(Kimio Katahira)さんが自家製梅干しを持参されており、每個人都有人贈送了 ! 剛煮米飯酸梅和、そこはまさに日本の食卓です! おかずも、Atsuyaki 是以磨碎的大蘿蔔、燉的菜和味噌湯、和泡菜、胃袋が喜ぶ御馳走となります! 大根に里芋、海帶卷起來、おふくろの味をまさかネパールで食せるとは思いもしませんでした! 食後には、幫我出綠茶、久々の緑茶の香りに癒やされてほっこり♪ 食後は中庭に集合し、並檢查一天的排程、ツアーメンバーのリーダーである浅井政則(Masanori Asai)さんから「大統領府」における注意事項が述べられます!この日はネパールのビドヤ・デビ・バンダリ(Vidyā Devī Bhaṇḍārī)大統領にお会いできるということで、每個人都、正装で挑みます! この日もツーリストバスのドライバーとしてサーザン(Sajan Ghimire)が迎えに来てくれました!前日に主人が撮影した彼の写真をとても気に入ってくれたようでFacebookのプロフ写真を変更してくれていました! パタン(Patan)より車でおよそ30~40分の首都カトマンドゥ(Kathmandu)に向かいます!ネパールの平日の朝は、在非常擁擠繁忙時間、時間に余裕を持っての移動が必要になります! ...

"真格"尼泊爾民間音樂和民間舞蹈是最受歡迎的晚餐秀 !

カトマンドゥ(Kathmandu)にあるネパール民謡の生演奏と民族舞踊のショーが繰り広げられるレストラン「ボージャン・グリーハ(Bhojan Griha)」へ! 入口では歓迎祝福のティカ(Tika)を頂戴しました! こちらは、150在一年多前在紐約皇后區裝修好老房子是具有歷史意義的建築物 ! 大約 6 年有否則花在改造和修復這裡是瀕臨崩潰、在走廊裡、国王と王妃の自画像などが飾られています! 広々としたダイニングスペースを各部屋用意し、在所有的座位可容納大約 250 人。在這裡,在、ネパール料理がコース仕立てで提供される高級レストランとなります! セッティングされた長テーブルの座椅子に腰掛けると、將送達開胃酒 ! 餐前飲料倒從一個罐子薄黃銅嘴、壯麗的拱彩繪玻璃 ! 請關閉倒滿、停下來,立即敲手腕動作是美麗、截至放映的開始看起來像、思わず魅了されてしまいます! 食前酒の地酒にて乾杯! 「ポップコーン(Popcorn)」ネパールでは、乳酪的爆米花一樣蔓延、在每幢房子的陽臺上,大量的玉米乾燥伺etari、移動販売も良く見掛けます! 「ピーナッツのフライドポテト(BADAMALOO TAREKO)」スパイスを用いたネパールのジャガイモ料理で食欲が湧くテイスト! 「Ventisquero Reserva Carmenère 2013(Chili)」2,400ルピー(日本円にして約2,570円) チリのカルメネールをスパイシーな料理に合わせます! ランチタイムが遅かったため、晚餐是少不感到饑餓。少しずつ提供される小皿の料理をお酒の当てに赤ワインをいただきます! 「肉入り餃子(MOMO)」ネパールの定番料理の1つで「モモ」は日本で言う「餃子」です。饅頭、烤、深油炸類型和劃分、似乎使用 bean 果醬在水牛城。有干擾成分:、成為我們的主流和辣醬。在皮膚褶皺與曲線完全平等、地面的水牛肉和蔬菜用大量、おつまみに最適! こちらでは毎晩ネパール大使館から派遣されている楽団がネパール民謡を生演奏してくださいます! さらにネパール民謡の生演奏とコラボレーションする民族舞踊のショーが大人気です! 「豆スープ(Kwatti ko Jhol)」優しい味わいの温かな豆スープ! 民族舞踊は男女一組となり、丈夫和妻子每個人扮演的故事。捕魚的漁民都擅長捕獲大量的魚、接近女人"一生的人."、農民收割水稻,培養水稻"永遠安全。"還有,他的故事、生演奏に合わせてテンポよく軽快な楽しい踊りが観られます! 民族楽器のサランギ(Sārangī)を奏でるオジサンがとてもユニークで坂本九の「上を向いて歩こう」や童謡の「チューリップ」を弾きながら、暫用笑,模仿山羊和青蛙的叫聲、御自身の「CD(500ルピー)」と玩具の民族楽器「サランギ(5,000ルピー)」の販売に繋げていました! 「ミックス野菜カレー(MISMAS TARKARI)」野菜の甘味が凝縮されたカレー! 「チキンカレー(KUKHURA KO MASU)」ゴロッとしたチキン入りのボリューム感のあるスパイシーなチキンカレー! 「ハーブで香り付けされた蒸し米(SADA BHUJAJHANEKO MAS KO DAL)」「フライドフィッシュ(MACHHA TAREKO)」「ほうれん草のクミンソテー(JEERA PALUNGO)」「季節の野菜(MOUSHAMI TARKARI)」を盛り合わせワンプレートです! 「ヨーグルト(Sikarni)」デザートはやはりヨーグルト! 「イラムティー(Ilam Tea)」インドのダージリン地方と国境を挟んで接している隣接するネパールのイラム地域で採れた最高級茶葉を使った珍しいネパールの紅茶「イラムティー」をいただきました!高貴な香りがありまろやかな風味で食後にホッとするミルクティーです! 食後のドリンクをいただきながら寛いでいると、餐館老闆請去問候 ! 是你享受日本集團在尼泊爾的食物還有我們的視線。、ネパールの伝統文化に触れ合える素敵なレストランです!...

在巴克塔普爾杜巴廣場是拍攝的電影"阿里茲 ' !

首都カトマンドゥ(Kathmandu)より東へ12km程の丘の上に中世の美しい街並みを色濃く残すバクタプール(Bhaktapur)の「ダルバール広場(Durbar Square)」へ!「ダルバール(Durbar)」とはネパール語で「宮廷または王宮」を意味し、三個兄弟每個馬拉王朝國王與法院的美競爭、你構建華麗裝飾宮殿和廟宇、現在もカトマンドゥ、模式、バクタプールの3つの王宮広場がネパールの一大観光名所となっております! こちらではバクタプール出身で活躍するコメディアンのラズ・マナンダー(Raju Manandhar)兄弟が地元を案内してくださいました! こちらの広場も2015年4月25日に見舞われたネパール大震災の大きな被害を受けており、可以問國家對付在恢復工作、カトマンドゥやパタンの王宮広場に比べると復旧が進んでいるように思えます! 広場中央は、1427年建立の「ダッタトラヤ寺院(Dattatraya Mandir)」やその向かい側の「ガルーダ像(Garuda)」が建つタチュパル広場(Tachupal Square)となりマッラ王朝初期以前から残る一番古い街並みが残されています! 15世紀~18世紀にかけてのマッラ王朝時代に3王国の首都の1つとして栄えたバクタプール(Bhaktapur)は「帰依者の町」という意味を持ち別名「バドガオン(Bhadgaon)」とも言われています!マッラ王朝はヤクシャ・マッラ王の死後、3王子的人、加德滿都谷地、模式、バクタプールの3つに分裂してしまい3王朝時代に突入します。兄弟姐妹之間的爭鬥部隊、在豪華、更多強大的和作為結果繼續並擴大宮殿、この豪壮な宮殿の建設や芸術文化の発展に繋がっていったのです! マッラ王朝時代に建てられた王宮の入口「ゴールデンゲート(Golden Gate)」をくぐり「旧王宮(Royal Palace)」へと参ります!ゴールデン・ゲートの彫刻は素晴らしく、嘉魯達撲頭、さらに4つの顔を持ち10本腕のマッラ王朝の守護女神タレジュ・バワニの姿が伺えます! 旧王宮左側は「国立美術館(National Art Gallery)」として公開されており、展品包括佛教繪畫和雕塑。右邊是、17Windows 在 18 世紀被修造的世紀玻璃宮殿的 55、木彫りの細やかな装飾の窓がネワール建築の傑作として残されています!奥にある「タレジュ・チョーク(Taleju Chowk)」はヒンドゥー教徒以外立ち入り禁止となります! 王家の沐浴場となるナーグ・ポカリ(Nag Pokhari)は「ナーグ=蛇)」と言うだけあって、在洗浴中心的眼鏡蛇是、周圍和裝飾蛇、蛇和蛇的尾巴糾纏、まるで1匹の巨大な大蛇のように見えます! 17世紀に建てられた石造りの「シッディ・ラクシュミ寺院(Siddhi Lakshmi Temple)」も震災で倒壊しており、已經離開只建立在人類或動物圖像的石基礎。 即使在狹窄的道路,通過在熊本城市每個廣場。 広場で一際目を惹くのは「トウマディー広場(Taumadhi Square)」です!1993年に公開された映画「リトル・ブッダ(LIttle Buddha)」を撮影するにあたり、貝爾納多 · 貝托魯奇主任 (貝爾納多 · 貝托魯奇)、由基努李維斯 (Keanu Reeves),席特哈爾塔 (席特哈爾塔) 王子拍攝地點發揮了小鎮、このバクタプール(Bhaktapur)の街並みを起用しています! 18世紀はじめに建てられた5重の塔「ニャタポラ寺院(Nyatapola Mandir)」で視察団一同記念撮影!こちらは、其中最高的 30 米高度與驕傲,在加德滿都谷地的寺廟、如果你看看,那裡是壓倒性的力量 ! 前面的樓梯兩邊、從底部的一名傳奇武士、大象、獅子、格裡芬、女神の石像が守護神として1対ずつ配されています! 石段を登り、我想要下來廣場 ! 然而,、手すりなどは無いため足腰の弱い方はお気を付け下さい! 鳩が舞う青空の先に望むヒマラヤ山脈は壮観で広場の賑わいや地元民の自然な生活が伺える壇上は最高の眺め!左手には1934年の震災後に再建された「バイラヴナート寺院(Bhairavnath Mandir)」があります。Nyatapola 廟戲臺周圍電路、御参りさせていただきました! カトマンドゥやパタンの喧騒とはかけ離れており、剩下的就是過去時代的美麗、静かで落ち着きのある古都バクタプール(Bhaktapur)は何処か王宮の品位を感じわたしのお気入りとなりました♪ タチュパル広場(Tachupal Square)へ戻りバクタプールの名物で「ズー・ズー・ダウ(juju dhau)」と呼ばれるヨーグルトをこちらの売店でいただきます!こちらでは店先に「King Curd(王様の凝乳)」と英語で書かれた看板が出ておりますバクタプールの中にあるカフェやレストランでもこの名物は何処にでもあります! 「ズー・ズー・ダウ(juju dhau)」50ルピー(日本円にして約54円)※観光客は100ルピー(日本円にして107円) ズー・ズー・ダウ(juju dhau)はバクタプールが誇る甘くてクリーミィーなヨーグルトで地元民のみならず観光客にも大人気!素焼きの器で提供されまるところがまた素敵!「juju=王様」「dhau=ヨーグルト」で「王様のヨーグルト」と呼ばれております! 水牛のミルクで作られたヨーグルトは、雖然強烈的新鮮味道、Transderma 淡淡的辛辣味的影響是、まるでチーズケーキのようなリッチなテイストで絶品!これはバクタプールに訪れたら是非とも食べて欲しい一品です!穏やかな顔を覗かせる山羊さんと一緒にハイ・チーズ! 広場の脇道には様々な土産物屋が並びます! 木彫り彫刻の置物が陳列され、同時包括民族樂器存儲、ネワール彫刻の掘り出し物が見つかるかもしれません! こちらのショップは、友好的女性聲音説明操作的擁有者、店頭に置かれた商品の殆どが彼女の家族の手彫り作品だそうです!ネワール彫刻の最高傑作と言われる「孔雀の窓(Peacock Window)」は「うちの2階に上がると真正面から良く見えるよ」と案内してくださいました! 現在は「木彫美術館(Wood Caving Museum)」となっているかつての僧院「プジャリ・マート(Pujari Math)」。在左邊的建築、「孔雀の窓(Peacock Window)」が伺え、從第一件事、改進、より細やかな細工を施す物までを見比べることができます! バクタプールの裏路地で糸を紡ぐお母さんの姿。 一天 2 天、ツーリストバスのドライバーとして活躍してくれたサーザン(Sajan Ghimire)は、23老老少少、とても爽やかなイケメンです!...

巴克塔普爾杜巴廣場旁邊"Khawapa Chhen"在吃午飯。

ネパールの首都カトマンドゥ(Kathmandu)から東へ12km程にあるバクタプール(Bhaktapur)はカトマンドゥ盆地で3番目に大きな街となります! 世界遺産に登録されたバクタプールの「ダルバール広場(Durbar Square)」に向かうには駐車場から徒歩10分圏内となります! ツーリストバスを下車し皆で「ダルバール広場(Durbar Square)」を目指します! 赤煉瓦の壁に覆われた雰囲気のある石階段を登った先となります! バクタプールの「ダルバール広場(Durbar Square)」の正面玄関へ到着!ここから先は外国人は入場料1人1,500ルピー(日本円にして約1,605円)が必要になります!(※チケットは7日間有効となり何度でも再訪可能です) 午前予定であった大学訪問が長引いてしまったため、遲到的午餐、正面玄関前の脇道を進み「ダルバール広場(Durbar Square)」横にあるゲストハウス&レストラン「Khawapa Chhen」にていただきましょう! こちらの1階は、畫廊,將在接待處。「Khawapa Chhen」はレストランのみならず、可以用作一個招待所表明宮殿廣場。、中世の街並みを残した古都の雰囲気に浸るのも良いでしょう! 屋上にあるダイニングテラスを利用して、在藍藍的天空下、爽快なランチタイム! バクタプールの「ダルバール広場(Durbar Square)」を一望できる素晴らしいロケーションとなります! こちらではバクタプール出身で活躍するコメディアンでガイドのナレス(Naresh)さんの友人ラズ・マナンダー(Raju Manandhar)兄弟を紹介していただきました!ラズさんの御実家は王宮広場内にあり、從一代一代、氏族對待芥花油嗎?。吃東西的時候、ラズさんの活躍ぶりをYouTube動画で観せていただきました! 天候も良く、在舒適的午後陽光下、最高のビールタイムです! お疲れ様の乾杯は「清水ライオンズクラブ」の杉山昇(Noboru Sugiyama)さんの音頭で乾杯! ネパールビールの中でも一番のお気に入りとなった「EVEREST」!マウントエベレスト醸造所で造られているプレミアムラガーのエベレストビールは今までいただいた「TUBORG」や「ゴルカ(GORKHA)」よりもキリッと辛口で断トツの美味しさです!エベレストビールの原材料は、選擇向溪水從喜馬拉雅構造帶其他國產大麥麥芽和芳香中使用、標高8,848mで世界最高峰となるエベレスト山の名に恥じない美味しさです! この時既に時刻は15時を回り、為晚午餐,、ナレス(Naresh)さんの配慮で取り分け不要の盛り合わせとなりました!ネパール料理の炒飯、尼泊爾文、桃子、フライドポテトをいただきます! 古い街並みの向こうには、頂尖的天氣、雄偉的喜馬拉雅山意見、ダルバール広場の中でも一番古都の良さが残るバクタプール(Bhaktapur)はお勧めです!...

與"大學的"尼泊爾學生交流的未來

ネパールのバクタプール(Bhaktapur)の「ネパール工科大学(Nepal Engineering College)」へ!バクタプール(Bhaktapur)のは標高1,800mにも及び、大學的陡進一步在、首腦會議在土路上爬難產。 學生、スクールバスなどを利用して小1時間ほどかけて通学しているようです! カトマンドゥで渋滞にハマってしまい予定より遅れての到着となりましたが、總統開始。、學院、學生受到了熱烈的歡迎 ! 這一天是關於和的缺席離開、学びに貪欲な生徒がおよそ30名近く集まってくださり嬉しい限りです! こちらでは土木や建築を学ぶ生徒が多く現在2,500人程の生徒が在籍するネパール工科大学の客員教授を務められるガイドのナレス(Naresh)さんと視察団の1人桐原悦雄(Etsuo Kirihara)さん!ナレス(Naresh)さんは、我們從日本大學畢業了嗎?、知識和經驗、ネパールの大学生たちに指導に当たりながら活躍されています! 今回視察団ひとりひとりに自己紹介の場を設けていただきました!わたしたちはネパールの震災の復興状況やこの国の魅力を日本や世界中の方々に知っていただけるよう取材に訪れた旨をお伝えしました! 二胡奏者の内藤ゆみ子先生は手厚い歓迎の御礼に二胡の生演奏で「賽馬」を披露! 日本の経済や発展について学びながらネパールの今後についてディスカッション! ネパールの未来を担う生徒たちの目は輝き、和充滿希望、学べることへの感謝の気持ちと共に様々な質問が飛び交います! 大学学長は日本との交流においてネパールの明るい未来を築き上げるべく勉学に励んでほしいと熱望されておりました! ネパールツアー視察団を代表して「清水ライオンズクラブ」の杉山昇(Noboru Sugiyama)さんより皆さんに浜松を代表する銘菓「春華堂」の「うなぎパイ」を贈呈!生徒たちは配られたうなぎパイを美味しそうに頬張っておりました! わたしたちWEB magazine ladeは、學生採取主動,走近答問、江戸時代から続く伝統織物の「遠州綿紬(めんつむぎ)」の反物と雑貨を取り扱い大高 旭さんが代表を務められる「遠州綿紬 ぬくもり工房」の伝統工芸品「静岡巾着飴」を贈呈させていただきました!静岡市の「馬場製菓」とコラボされた「静岡巾着飴」は、Enshū 純棉織物的味道、在可愛的手掌大小的手提袋、わたしの生まれ故郷でもある”静岡”が誇る「富士山、茶、橘子、草莓、甜瓜、わさび」をモチーフにつくられた金太郎飴が忍ばされています!ネパールの未来を築く若者が、談到海外。、いつか日本の静岡にも訪れてくれることを願ってお渡しさせていただきました! 客員教授の桐原悦雄(Etsuo Kirihara)さんは、在過去的兩年、風力發電系統和軟體發展都有助於我們學院、繼續的指導。在過去、2程度是意料之外的失敗、チーム一丸となって今後も開発に注力していきたいと語ってくださいました! この日もソフト開発部の最も優秀な研究生が現状での問題点などを確認しておりました! 日本の技術を受け継ぎ屋上に設置されたソーラーパネルの発電量などを携帯やパソコンでの遠隔チェックができています! 日本の風力発電機を設置した大学の屋上にて、所有照片 ! 尼泊爾研究所、ありがとうございました!ダンニャバード!(धन्यवाद)ありがとう!...

第 6 天早餐模式賓館"養老金 assert"

返回到帕坦,尼泊爾、「ペンション・スザータ(Pension Suzata)」の最上階の部屋から迎える6日目の朝! ペンションの中庭では二胡奏者の内藤ゆみ子先生が早朝から演奏練習されており心安らぐ音色に包まれてのひとときを過ごすことができました! 朝食会場の1階ダイニングにて、早上從 7 上午做準備早餐。早餐就成了額外的費用和開支、1食品日益成為 $6.5(Japan yen approximately 728 yen) ! 綠色沙拉,新鮮的、與很多草藥種植在花園裡、這一天陪同金槍魚 ! 香腸炒與布朗。、雞蛋烤香荽,有趣的在亞洲的胃口、毎朝の楽しみになっています!この日の卵焼きは生姜のアクセントも! そして滞在日数も折り返しを迎え、累了胃,即使他猜對了,你做我的感覺、主食は野菜たっぷりの「雑炊」!あっさりとした味わいで胃に優しいテイストが嬉しい限りです! 二胡奏者の内藤ゆみ子先生がネパールの伝統楽器サランギ(Sārangī)を購入されたため少し手ほどきしていただきました!ゆみ子先生に教わるのはおよそ10年振りのこと。相差甚遠的薩倫吉琴溫柔的聲音、初見で音階が取れて嬉しかったです♪ この日もみっちりとスケジュールが予定されており集合時間は朝9時となります! ツーリストバスに乗り込みガイドのナレス(Naresh)さんと視察団の1人桐原悦雄(Etsuo Kirihara)さんが客員教授をされているバクタプール(Bhaktapur)の「ネパール工科大学(Nepal Engineering College)」へ!...

印度餐廳模式"Tasneem & # 可及性; s 國王廚房"的晚宴 !

「ゴータマ・ブッダ空港(Gautam Buddha Airport)またの名をバイラワ空港(Bhairahawa Airport)」からツーリストバスに乗り込みおよそ40分程でパタン(Patan)のラリトプール(Lalitpur)に戻りインド料理店「Tasneem’s Kings Kitchen」にてディナータイム! こちらのオーナーのタスニーム・シャハニ(Tasneem Shahani)さんは、13操作,從兩年前的餐廳、こちらは2年半前にオープンしたばかりのお洒落なレストランです!「Tasneem’s Kings Kitchen」ではインドの伝統的なボーラ・ムスリムのボンベイ料理(Traditional Bohra Muslim Bombay Cuisine)を提供しています! 1階のテラス席では、享受一頓飯,同時感覺涼爽的微風、ハッピーアワーのドリンクサービスも人気のようです! わたしたちは3階のダイニングへ案内されテーブルをつけていただき全員で食卓を囲みます! やっぱりビールで乾杯!国内線のフライトを終えた安堵感から皆も緊張がほぐれているようでビールが進みます! こちらでは今まで頂いた銘柄とは異なるビール「サンミゲル(San Miguel)」を堪能!サンミゲル社はフィリピンのビールとして有名でマーケットシェアを約90%も占めているのです!その中でも「ペール・ピルセン(Pale Pilsen)」は、享受固體風味和痛苦、ビールらしいビールでガツンとした美味しさが味わえます! 「バターチキンカレー(Butter Chicken/Boneless)」550ルピー(日本円にして約590円) 「ナン(Naan)」90ルピー(日本円にして約96円) ネパールカレーとは異なる濃厚なインドカレーは、也會有相交與南大量被切斷 ! 尼泊爾咖喱辣比痛苦和促進出汗、後引く美味しさです! 「ジャガイモとほうれん草とグリンピースのカレー(Aloo Mutter Palak)」400ルピー(日本円にして約430円) ほうれん草がベースとなるこちらはバターチキンカレーよりマイルドな味わいが食べやすさ満点です! 「チキンダムビリヤニ(Chicken Dum Biryani)」500ルピー(日本円にして約535円) インドの炊き込み御飯と言われる「ビリヤニ」。這裡、スパイスペーストにじっくり漬け込んだ骨付きチキンとバスマティライスを重ねたビリヤニで御飯の下には柔らかく焚かれた骨付きチキンが忍ばされています!ほろほろとほぐれるチキンはスパイシーで旨味が凝縮されています!ミトチャ!(मिठो छ)美味しいです! 食事を終え、1階にてガイドのナレス(Naresh)さんの10数年来の友人である新聞記者のルドラ(Rudra Khadka)さんを紹介してくださいました!Rudraさんからは「次にネパールに来る際は、要同時入住長期採訪 ',所以我說話、また再会できる日を楽しみにしたいと思います♪...

從喬達摩佛佛空氣機場航班 tribuvan 國際機場

フラキ・ロード(Hulaki Road)からタウリハワ・ロード(Taulihawa Road)に入りひたすら1本道を進み「ゴータマ・ブッダ空港(Gautam Buddha Airport)またの名をバイラワ空港(Bhairahawa Airport)」へ向かいます! ティナウ川(Tinau River)の河川敷では、吃野牛草、のんびりと放牧されている様子が伺えます! 驚くことに公道を堂々と歩く象の姿が!か細いお爺さんが象の背中に揺られながら闊歩する光景は生活の一部に溶け込んでおり「チトワン国立公園(Chitwan National Park)」での観光客向けのエレファント・サファリとはまた違った迫力が感じられます! 「ゴータマ・ブッダ空港(Gautam Buddha Airport)またの名をバイラワ空港(Bhairahawa Airport)」へ到着! 小さな空港ですが予定時刻通りのフライトでない可能性も考慮して1時間前に空港入りしました! こちらの空港は現在国内線のみとなりますが「国際空港」を建設中となり完成は2020年を予定しています! 迷彩柄の軍機が待機する様子「ブッダ航空(Buddha Air)」のボーディングタイムを待ちいよいよ搭乗です! ブッダ航空(Buddha Air)ATR 72 9N-AJX おそらく次回訪れる機会があればこちらは国際空港として生まれ変わっていることでしょう!最後を記念して視察団で記念撮影を致しました! 機内の定員は最大74名、它是小飛機左兩個席位每個和將 ! 同樣對返回的飛行時間是 40 分鐘,有時短、當然沒有飯、ミネラルウォーターの配給とブッダ航空の飴1個となります! 夕暮れを迎える空模様は美しくグラデーションで輝いております。震驚甚至通過在雲的空隙中的喜馬拉雅山、艾雅法拉旅途愉快、突然、由於空氣湍流、遭受重大波動例如過山車 ! 為此、你可以說老飛機、一抹の不安を感じました! 時刻は19時を回る頃となり夜のネオンを迎えます! 少々アトラクション感覚のフライトでしたが首都カトマンドゥにある「トリブヴァン国際空港(Tribhuvan International Airport)」へ無事到着です! ...

到印度和尼泊爾,迦毗羅衛,南佛家之間邊界

ブッダ(Buddha)釈迦の故郷であるカピラヴァストゥ(Kapilavastu)カピラ城から悟りを開いたブッダの僧院「クダン(Kudan)」遺跡までを巡り、通過 gotihow (Gtihawa) 村莊和 bedauli (Bedauli)、車で30分程南下したところにある「インドとネパールの国境(India-Nepal Boder)」へ! インドとネパール間を繋ぐ国境の中で最も観光客が多く訪れる国境は「スナウリ(Sunauli)」にありますが、這並不廣為人知的邊界 ! 尼泊爾-印度之間、在所有六個領域和邊界向外國遊客開放、如果日本進軍印度、事前にビザを取得しておく必要があります! ネパール側から国境先のインドの風景を観ることができます!穏やかな顔付きのネパール人に対してインド人は険しい顔付きのように思えるのは気のせいでしょうか? 国境の検問所では常駐警備員の目が光っております! ネパール人であるガイドのナレス(Naresh)さんをはじめお母様のプレマヤ(Premmaya)さんと妹のリタ(Rita)は、尼泊爾順序可以自由穿越印度期間、臨時、インド側へ! ネパール~インド間の国境は、2015在 9 月頒佈新憲法、印度族裔"Madhesh"的新憲法內容向投訴、直到大約 4 個月的事情之間做抗議到 2/2016 年邊境口岸、印度非官方,它關閉邊界對。邊界封鎖物流流動。、尼泊爾依賴于從印度進口的。、減少的生活必需品的供應、主要的燃料和藥品的缺乏已嚴重是。可能的原因延誤重建問題並同時是印度?。 身著一身的婦女紗麗、攜帶攜帶的食物,如開銷過、它巧妙地運輸具有很好的平衡感 ! 在他們之中、巨大なドラム缶を乗せて歩く女性もおりました! 首都カトマンドゥ(Kathmandu)に比べ標高が1,000m以上低く湿度が高くムシムシの猛暑となるルンビニ(Lumbini)でのブッダ生誕地巡りはこれにて終了!ブッダの歴史に触れながら田舎ならではの貴重な体験ができました! 夕刻のフライトに向けて一路は「ゴータマ・ブッダ空港(Gautam Buddha Airport)またの名をバイラワ空港(Bhairahawa Airport)」へ向かいます!...

修道院抓住開明佛和僧侶 '九' 網站

ティラウラコット(Tilaurakot)から10km南へ下った場所には悟りを開いたブッダ(Buddha)釈迦の僧院「クダン(Kudan)」遺跡があります! 芝が生い茂り緑溢れる敷地は、我們是 nigroda 植物園網站、現在成為了一個芒果森林、公園のような景観を持っております! 悟りを開いたブッダ(Buddha)釈迦は、6年後に故郷である釈迦族の小国「カピラヴァストゥ(Kapilavastu)カピラ城」へ戻った際に父のシュッドーダナ王(Śuddhodana)がいる王宮には戻らずこの僧院「クダン(Kudan)」に仲間の僧侶たちと留まったとされています。 在外的牆上、何やら模様が刻まれています! 小高い丘の上には仏舎利塔(Stupa)も残されており、期間、商売の神様であるガネーシャ(Ganesha)の石像がありました! おそらく村の子であろう子供たちが無邪気な顔で近寄って来ました! ネパールではどの観光地へ足を運んでも、年幼的孩子盧比、將使用,如"錢"和乞討。可憐的孩子們從父母、在旅遊景點的收集錢嗎?。從同情孩子純真的笑臉嗎?、很多遊客最終給錢給、父的賭注去嘗嘗它、沒有過去上學的孩子說:。ガイドのナレス(Naresh)さんは云いました。"教育是這個國家發展的必要條件。停止給錢為孩子們的未來。 從樓梯修道院的廢墟俯瞰理由和、それはそれは気持ち良い景色が広がります! 一路はツーリストバスに乗り込みインドとネパールの国境へ!...

坐落在海岸的 nigrisagar 池塘 kanakamuni 佛和阿育王柱

ティラウラコット(Tilaurakot)より北東6km、開私家車約 5 分鐘。、隣町のニグリハワ(Niglihawa)にはアショーカ王が過去七仏の内の第五仏である「カナカムニ仏(Kanakamuni buddha)」の生誕地として奉納した「アショーカ王の石柱(Ashokan Pillar)」が保管されています! 石柱は無惨にも2つに折れ横たわってしまっております! 遺跡として保管する状態としては乏しい状態ですが現在修復作業が進められております! 石柱には古代ブラフミー文字で「カナカムニ仏の生誕地である」と記されています! 瓦礫を取り除く作業をされ、修復工作的人。所以如果你去農村加快恢復在尼斯是一種的。 石柱の隣には「カナカムニ仏(Kanakamuni buddha)」が祀られています! ブッダ(Buddha)釈迦以前の過去七仏の内の第五仏である「カナカムニ仏(Kanakamuni buddha)」。 地方、ニグリハワ(Niglihawa)にあるニグリサーガル(Niglisagar)という池の畔になり長閑な景色が広がります! 一路は「クダン(Kudan)」遺跡へと向かいます!...

滾動到頂部