“瓦拼盤海獅座椅帶”金最神聖的寺廟佛塔是泰國北部站在山頂

標高1,080mのステープ山の山頂に立ちタイ仏教の聖地として崇められる神聖な寺院 「ワット・プラ・タート・ドイ・ステープ Wat Phra That Doi Suthep」。 1383年に当時のクーナ王によって建立され高さ22mもの金色に輝く仏塔はその緻密な装飾は見事なまでの美しさで仏舎利(仏陀の遺骨)が納められ今も人々の厚い信仰を集めていますチェンマイ市内中心地より車でおよそ40分程度の場所こちらの山頂には蛇神ナーガを模した350段の階段を上るか有料のケーブルカー(片道50THB)を利用するかの2通りの道順がありますがほとんどの方が行きはケーブルカーを使用し帰りは階段で下りるとのこと。 在回來的路上、350段もの階段からの景観を楽しむことをお勧めします♪ 片道分のケーブルカーの乗車チケットを現地ガイドのグローイさんに購入してもらい、立即、列に並びましょう♪ こちらがケーブルカー入口です。 20人乗れるケーブルカーが2台あるため比較的順番は早く回ってきます。 我們、観光客にしてみればアトラクションの1つと思いワクワクできますが毎日参拝にいらっしゃる方にとってみればなかなか大変な場所のように思えますケーブルカーというと山頂までの景色が眺められ・・・と想像していたのですが、 這裡、残念ながらロケーションはあまりよくありません(笑) たった2分の乗車時間ですが行き帰り共にこの景色は寂しいのでやはり350段の階段は必須ですね♪ こちらの寺院誕生に至るにはこんな言い伝えがあります。 老、神聖な仏陀の遺骨をクーナ王が白い象に乗せて神聖なる白い象に納骨場所を決めさせようと自由に歩かせますその象は歩いて歩いて最後にはこのステープ山に登りそこで息絶えたとのこと。 在那裡、このステープ山の山頂のこちらにクーナ王は寺院を建てたと言われています「ドイ・ステープ寺院に登らずしてチェンマイに来たと言うべからず」とタイ人の間で言われるほどのメジャースポットです! 寺院にはシンボルとなっている黄金に輝くチェディ(仏塔)と傘があり高さ22mもの眩いばかりの金の仏塔には仏舎利(仏陀の遺骨)が納められており、 不僅是遊客,但也、参拝にくる多くの地元の方々で大変な賑わいを見せていますそれにしても雨で濡れている境内を裸足で歩くのはなかなか妙な感触です山頂なため雨季での好天候はなかなか望めませんね献花と線香を捧げ黄金の仏塔の周りを3周歩くと願いが叶うそうです仏塔の前に寄進された仏像は綺麗なエメラルドをしておりこちらはガラス製ですが本物のエメラルド仏像はバンコクの「ワット・シーラッタナーサーサダーラーム Wat Phra Sri Rattana Satsadaram」通称「エメラルド寺院」に安置されています生まれた曜日毎の守護仏で左から日曜日(お腹の辺りで手を組んでいるのが特徴)月曜日(許すスタイル)月曜日(許すスタイル)火曜日(寝釈迦像)水曜日(托鉢スタイル)木曜日(瞑想スタイル)金曜日(胸元で手を交差させています)土曜日(頭の上に7本の頭を持つ蛇(ナーガ)に保護され瞑想する座像)と並びます。 在泰國、自分が生まれた曜日を知っているためその曜日の守護仏の前でお祈りをされるのです寺院内には多くの仏像が並んでおりこちらに埋葬されたいと願う方々が寄付をしてこの墓内に埋葬されています風鈴のように風になびくはガディン(Gading)日本の絵馬のように願い事を書いて吊るします♪...

“屈蘇安多克”花園和命名的寺廟美麗的純白色的佛塔令人印象深刻

タイ語で”花園”の意味を持つ美しい寺院「ワット・スアン・ドーク Wat Suan Dok」。 1383一年、スコータイから布教のため派遺されたセイロン(スリランカ)の 高僧スマナ・テラが持参した 仏舎利(釈迦様の遺骨)を奉納するため、6代目クーナー王によってランナータイ王宮の庭に建設された寺院で、 來源語言、ランナー王朝の庭園として造られたことから今もその名が残されています広々と芝が美しい境内には黄金の大きなチェディ(仏塔)がありそれを囲むようにある真っ白なチェディにはそれぞれ歴代ランナータイ王の遺灰が奉られているそうです。 地方、チェンマイの旧市街から西方面にありターペー門から車でおよそ10分程度のところにあります白い仏塔の並ぶ一番奥に一際大きな金色のチェディが建立されています一番奥にある大きな仏塔は別格で、 這是、仏舎利様(釈迦の遺灰)が収められるとされ黄金に塗られており周囲を完全に包囲しています目が冴えるほどに美しい純白のチェディ代々のチェンマイ王朝王族の遺骨を納めたチェディ(仏塔)がこちらですお墓を美しいというのも何ですが一面見渡す限り真っ白な世界が飛び込んで参ります! チェンマイ各地に散っていた一族の遺骨を、 1909年にチェンマイ王朝7代チャウ・インタウィッチャヤーノン王の 第11王女であるダララツミ王女の手によって集められここに安置されているそうです仏舎利様の遺灰について言い伝えでは「収められている遺灰は自然に2つの塊に割れたため、1つはこの寺に収めもう1つは王室の白い象の背に乗せその象が立ち止まった場所に祀る」とされていますその象はドイステープ山を登りようやく立ち止まった場所がドイステープ山の頂上であったとそこに造られたお寺が、在以後的日期、訪れる予定の 「ワット・プラタート・ドイステープ Wat Phra That Doi Suthep」という標高1,080mもの山の頂上に立つ寺院ですワット・スアン・ドークの本堂 本堂の黄金のファサードには虎と天使が装飾されています階段脇に飾られているタイランドの国旗は「トン・トライロング(三色旗)」と呼ばれ赤(国家および国民の団結心)白(宗教)青(国王)を表します黄色の旗は王室を表し国旗と共に掲げられます広大な敷地に建つ巨大な本堂は、天花板高度可能、 壁が無い開放的なランナー様式の造りのため吹き抜ける風がとても心地良いです♪ 本堂に納められた青銅の仏像は、500年を経た現在でも国内で1、2位を争う大きさと言われています! 画像ではどうしても伝わりづらいサイズ感は実際に訪れた際の感動のために取っておいてください♪ 座っている仏像の後方には立っている仏像の姿がありこちらも迫力満点です! 何よりもユニークな仏陀様はこちらの歩いている仏陀を描いた非常に珍しい装飾。 這是、Walking Buddha! 日本ではまず見掛けない仏陀様ですね♪ そのお姿に魅せられてしまい一緒にWalking Buddhaスタイルでポージング!(笑) 現地ガイドのグローイさんはとても恥ずかしそうにトライしてくれました♪ さて、下一步在行、「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」に追加オプションでお願いしチェンマイの現地の方々の生活が垣間見れる...

神秘的石窟寺在森林遠離“梧夢寺”鎮的喧囂

ステープ山の麓にある緑の森に囲まれた寺院「ワット・ウモーン Wat Umong」は、 12世紀之交、蘭納泰王國第一國王蒙加力、作為一個地方邀請來自斯里蘭卡的冥想僧侶豎立、 14挖隧道在世紀之交成為原產地名稱寺 (umong)、 載有佛像、在冥想中磚隧道的僧侶。 遠離城市的喧囂、與寂靜的樹林、即使在夏天在邊緣及隧道將是最好的地方打坐。 在這裡,在、佛教僧侶尋求苦行僧,收集更多、它已接受國外培訓。 表示各種教義只使用到了門口,插圖。 賭博和酗酒駕駛、插畫的誡命成為一隻狗一旦那麼糟糕。 在環境中、在每個地方雞生長野生、從各種來源的妖媚哭釐米。、とても長閑です♪ ワット・ウモーンは、當蒙加力,蘭納王朝的創始人創建在清邁市、 所以你可以訓練邀請來自斯里蘭卡的僧侶、11捐贈和竹的地方建立了根據斯里蘭卡風格。 在那之後、僧侶が瞑想修行できるようにとアナータムミカラート王(1367~1387年)が 4つの入り口を持つトンネルを掘らせます。 因為、寺被稱為寺"umong (隧道)。、 現在、與相鄰合併為四個寺廟,制訂了叫"軒 putta 湯姆"實訓中心。 在大區的、1949~1966年にかけて寺の住職を務めたパンヤー・ナンタピック高僧による 仏教の教えが書かれた看板が立てられており、 它是一直旨在僧人想苦行寺。 佛在洞穴深處。、這雙鞋有從洞中出來,穿過山洞,另一個在後面。 赤足在隧道上邊緣和感覺石頭瓷磚地板。 感覺非常寒冷的空氣在山洞裡、它是忘記泰國王國的熱帶。 老、跡象表明,將該資訊描述了 watumorn 什麼?。 上一頁、這條隧道、這是精細裝飾壁畫,色彩明亮,紅色的顏色。 靜靜地走開,供奉在山洞裡的圖像。 只載一個神秘的地方、它看起來更像。 昏暗、最小指示燈亮起、在隧道的石牆小聲。 上樓梯周圍的小隧道。 佛像靜靜地載在隧道中的幾個地方。 對人的崇拜已經到來。、這是真的很安靜我。 還有一些內心深處的洞穴、可以問問所描述的狀態鳥和花。 外面的洞內景觀。 打通隧道。、這裡的洞穴裡出來。 一段時間在昏暗的地道、 太陽以外是大多亮雖然空無一人我覺得甚至。 偉大的佛塔是在屋頂上、由於高山、 它是在晚上打飛機亮起來。 火焔樹 タイで見掛けた美しい名花は「鳳凰木 ほうおうぼく(火焔樹 かえんじゅ)」です。 * 人一般被稱為"火焰樹"、鳳凰樹的名字......。 整潔、 嬌豔的櫻花、鳳凰樹讓人聯想到性感、 激情南被認為是世界上三個大開花樹木之一。 泰國的熱門 4 樣綻放在 5 月時朱紅火紅。 6此時的月、這是再一次在那就是到底、 還有、有一個美麗的紅色輝煌、 邀請很遠的地方的眼睛、近くで眺めても飽きない素敵な花の姿をしておりました♪ 階段を下りていくとこちらにも蛇神の「ナーガ Nāga」が設置されています。 這被恢復。。 こちらがオリジナルの蛇神「ナーガ Nāga」で、在樓梯附近莊嚴。 因為郊區寺、很多遊客、静かな寺院巡りがお好きな方にお勧めです♪...

印度佛教儀式看到掃管笏 Chet 三百峰"綠色分局七塔

「チェンマイの聖地」とも呼ばれる名高い寺院「ワット・チェット・ヨート Wat Chet Yot」。 掃管笏 Chet 三百峰、由蘭納清邁的第九屆國王的王朝在其峰值 tyrocarart、 1455建立了呼應馬赫身體廟宇在印度佛教創始人在菩提伽耶寺。 地方、位於 15 分鐘車程從 tha PAE 門、下一步到清邁國家博物館、位於沿江高速公路。 仏塔を取り巻く黄色い布は「お祭り」のためだそうです。 在清邁、1年を通じて様々なお祭りが行われており、 最著名的節日、 在泰國、ロイクラトン祭りと呼ばれ、燈節在清邁的節日、イーペン祭りと言います。 作為銀河系克拉通 (元宵節) 清邁坪河流經水媒在神奇、 美麗的節日、 遊客也被吸引。 另一個、旧正月を祝うソンクラーン祭りソンクラーン祭りは、開始和叫自己最初僧侶澆上殿,慶祝新的一年、 稱為"潑水節"。 和"Chet 三百峰"、在泰國,帶七 (Chet) 尖頂 (青年)、7一個有責任感的寺廟的尖頂。 位於內作兩牆雕像刻石砌台基廟的歷史象徵意義。 那,被命名該神社上七-。 這座寺廟也被稱為聖地的清邁、 14778 歷史意義的事件根據世界上座部 (小乘) 佛教"反彈"舉行。 這裡、巳年の寺院のため、入口處又被裝上一條蛇。 由蘭納、 確定每個神社寺廟星座 (黃道十二宮) 的相關、 有是一個祝福,祈禱出生在他們的寶塔和宗教信仰。 在旅遊之前、自分の生まれ年の寺院がどこなのかを調べておくのも良いかもしれませんね♪ アーチ型の入口を入ると、佛陀的啟示在後面開了是嗎。 因為它仿照在印度的菩提迦耶佛教聖地、 一直這樣友好的面容佛教雕像都是豐滿、 人文。 在小入口位於上雙方透過窗簾雕像、隱藏的樓梯,爬到屋頂 Chet 青年可以有。、 現在、裝飾的關鍵、在一般情況下是當前已關閉。 在這一天、來看看很多學生在清邁、正在研究寺的歷史。 此框是、插入一枚硬幣和流動。 建設的建築磚造的和、在牆上了的石膏彩繪的完成似乎、 現在、大多數的果皮愛上、磚被暴露。 在牆上、靈感源自印度的佛教演出者具的雕塑、 周圍的尖頂天神的救濟。 是最受損的你、你的臉是軟和優雅的外觀和、 精美和我會零rete 歎息。 掃管笏 Chet 三百峰主大廳建成幾年前。。 在鬱鬱蔥蔥的綠蔭環抱的廣泛理由和、6在雨季,你可能有、遊客將至少寺,相對安靜。 ゆっくりと寺院を巡りたい方にはお勧めの寺院だと思われます♪ 本堂内で暫し、我們將參觀。 因此包圍平靜的空氣,、在一個安靜、 在黃金時代時代背景表明參觀歷史建築物寺廟也是不錯。 方法直接從大門延伸。 這裡、很多人用到公園、緩やかな空気が流れています♪ こちらは、在殿裡有棵石灰和開明佛遊記、 印度、據說仿照在菩提迦耶大菩提寺、 從內部一棵菩提樹、 前身為掃管笏 batram mehrarvihara (Wat Botharam Mahavihara)。 在樹的環境中、每個寫在泰國,"教"。...

看到帕雅寺"金色辛格雕像,1 負盛名清邁寺廟

THA PAE 的校門在舊鎮入口道路直往西部的東、その突き当たりにある チェンマイ市内で最も格式が高いとされている寺院「ワット・プラシン Wat Phra Sing」。 1345在比如列王記上。、是寺開始把骨灰的已故的父親王鑒福佛塔 (塔) 建嗎。 臨時、但統治的緬甸寂れました、而居住在這個寺廟著名高僧 siewitchai 和尚、 很多人捐款、是一項服務,其中恢復寺。 どの寺院の本堂も外壁の装飾がとても綺麗です! 本堂の入口には蛇の頭を持つ蛇神「ナーガ Nāga」がこちらにもおり、 已成為不可缺少的泰國北部也這種風格的蘭納寺。 充滿一種開放和大廳的天花板很高,。 「ワット・テェディ・ルアン Wat Chedi Luang」と比べてみると、 因為石膏的仍然是列、敦煌,雖然它缺乏散裝、給不安分。 清邁的人、很強的信念。、 每一天都去崇拜、很多人得到高僧講經。 本堂の中の釈迦像トンティップ仏。 1477在今年的鑄造、就像一尊佛像在泰國北部最受人尊敬的人。 一直溫柔的臉、恬靜的微笑、請把包人熱情好客。 上一頁、1月にバンコクに訪れた際に拝観した「Wat Pho ワット・ポー」の寝釈迦仏(涅槃像)の凛々しさと比べると、 和功能在清邁佛、幾分か慈悲深き優しさが滲み出ているように思います♪ 思わず立ち止まり、那是令人驚歎、こちらのリアルに人にしか見えない僧侶! 実はこちらは蝋人形なのです!(驚) 有名な高僧で祀られているのですが、為太過真實、 悄悄地深吸一口氣,、脈衝的身體,以及可以看出。 也試著接近臉側、的存在似乎真實,看起來令人印象深刻。、そして高貴な佇まいです! こちらの高僧の前でも、看了很多人跪下來和那就是崇拜。 不在主樓的金塑像的掃管笏辛格、 對於安裝在左手的小教堂去到了後面、這麼多的不幸遊客小姐。 仍由當地導遊引導、不要擔心失蹤。 這一領域是、老、這是一個繁華的市場,和。 比如列王記。、你選擇一個位置給我父親的骨灰、尋找最好的地方、 它是老城鎮市場中心附近。 本堂の左手後方にある美しい礼拝堂「ヴィハーン・ライカム」。 大約 500 年前這棟大樓、不只典型經典的蘭納風格、 這是斯里蘭卡風格組合。 前門的木雕畫金、感受到歷史的重量。 教堂、繪成紅色的牆壁和柱子都是用金畫、 在面對變化和、獨特的氛圍。 礼拝堂の「ヴィハーン・ライカム」にはこのお寺の名前の由来にもなった黄金のプラ・シン像が鎮座しています。 建長達 1500 多年從現在開始、有人帶了一個從斯里蘭卡、 風格征服了是惡魔。 該建築是、柚木和基礎上,、柱子被漆成蓮花、 一些眯起的眼睛,和看、它繪支柱帕辛格征服魔鬼。 這幅壁畫是在像 wíhǎan。 這幅壁畫描繪蘭納海關和宮、 在當時的原始、正如所說的北部泰國傳統的藝術傑作。 作為蘭納的特徵之一風格建築、因此將看到屋頂的重層、曲線美が素晴らしいです♪...

工作人員的名稱和掃管笏契迪鑾寺大佛塔

ターペー門から徒歩10分程度の中心部にある「ワット・テェディ・ルアン Wat Chedi Luang」は、 高在大院的清邁寺廟之一。 是大約 200 個地點周圍寺廟在清邁、 大約 62 寺是在古老的小鎮、似乎仍算,不在寺。 你總是想要參觀的寺廟之一是這裡的許多寺廟之間特地到參觀。。 そのスケールの大きさと煌びやかなお姿に言葉を失うこと間違いなしです! こちらは、1391年にメンラーイ王朝の第7代セーンムアンマー王が 亡き父を偲んで建てたと伝えられています。 門口的廟宇裝飾、和內佛的榮光、大廟的祭司,。 它是相同的外觀、比天的反省和也許世界等待著。 看起來像保護入口的寺蛇雕塑龍、在泰國被認為是最美麗。 この蛇神を「ナーガ Nāga」といい、蛇的精神,要有起源于印度神話、指的是蛇神。 重疊三蛇神,彌補樓梯。 メコン川の洞窟に住んでいるとされるナーガ Nāga。 蛇神及監護人的佛教、我捍衛當它打開佛開悟佛、 船上蛇神當你來到人類世界的到來,、上樓梯入口處寺廟的娜迦如何已設置。 當他們訪問的說明、 宮殿和廟宇、皇家家庭寺深參與、試著給予特別考慮。 短褲或短裙、長褲、禁止在罐頂和衣著的服裝入場。 有寺進入入口處裝檢查、 所以這裡的外套,我可以借免費、一定要把。 走進主殿和、眩ku、好在敦煌和或? 裝飾和浮雕,反映在眼睛、 在後面的佛像、息を飲むほどの美しさです! 頭上には、掛帶標記的生肖圖片、人都是祈禱者的護身符。 大量的護身符和填充邊。 清邁是多宗教、很多人來朝拜。 束、支付的施捨,買、你自己的星座、看起來像甚至是我的生日願望寫掛起。 (在泰國、皆さん自分の生まれた曜日を知っています) わたし達も生年月日から曜日を調べてみるとわたしが金曜日(青)旦那様が土曜日(紫)ということが判明しました金曜生まれの青のわたしは、年糕與微妙的創造力、社交家で働き者だそうです! 土曜生まれの紫の旦那様は、強烈的正義感、1人が好きな晩婚タイプ!?とのこと(笑) タイでお参りを予定される方は、你會事先知道。 生年月日から生まれた曜日を調べる表 日本の干支は、 大鼠、母牛、老虎、兔子、龍、蛇、馬、羊、猴子、雞、狗、猪で、 在泰國的星座、 大鼠、母牛、老虎、貓、龍、蛇、馬、羊、猴子、雞、狗、豚 となりさらに象が加えられるケースもあり、在所有將任何支援。 這裡的入口附近、100THB(日本円にしておよそ370円)をお布施をし、 條帶的顏色在他們出生的那天,我一個了、寫信給你自己的星座,用竹棍掛。 寺廟被修理的蘭納風格、在泰國北部的素可泰雕像被載入。 その煌びやかな佇まいと凛々しいお姿に圧倒されます! チェンマイの寺院では、其中大部分由組成的信徒給錢、已入會費,如不。 有、與曼谷的廟不同可能是。 現在載主殿、敦煌-導航器和如何全身鍍金的佛像。 這裡、佈施 20 泰銖 (約 74 日元日本日元) 傳遞、 訪問 4 件套的蓮花蠟燭是行香和金箔、最後一件事。...

滾動到頂部