"Pet joke song" Thailand-style porridge jokes is a popular 24-hour Diner

Local people in Thailand who loves、旅行者にも人気があるタイ風のお粥「ジョーク Jok」そのジョークをを24時間営業で提供している老舗で大人気のお店が「ジョーク ソンペット Jok Sompet」さん。 And guide books will be sold in Japan、At popular stores such as Gourmet magazine in Thailand must be introduced as、 When was taken to Chiang Mai、是非ともお勧めしたお店のうちの1つです! 旧市街にあるターペー門からムーンムアン通り Moonmuang Rd.を城壁に沿って北に およそ800mほど進んだところにある城壁の角を左折しそこからさらに400mほど進むと左手に見えてくるオレンジの建物で黄色の看板が目印です♪ 店内は、In the open space、From yellow walls and ceiling light、 Tile patterns, such as retro pop and cute shop。 24Hours a day because、Early morning as rice and drinking alcohol at the last as locals often use。 Here you will、人気のジョーク(タイ風お粥)の他にもメニューがありどれも美味しいことで人気があります♪ テイクアウトも可能で、Outside the shop and ordered at the counter、お持ち帰りする現地民の姿も見掛けます♪ オープンキッチンで大きな鍋でグツグツグツグツたくさんのお粥を作っています。 Here is、細かく砕いたお米をじっくり煮込んで作るドロドロタイプのお粥コンギー Congeeです♪ お粥という言葉はタイ語でジョーク Jok英語ではポリッジ Porrigeといいタイでは通常コンギー Congeeと言われているお粥コンギー Congeeというのは、Is the mush type finely ground rice porridge。 In addition、メニューにはSteamed rice soupと書かれておりタイではカオトム Khao Tomという、 Smooth type left the shape of a grain of rice gruel also、Here you will、2Guests can enjoy a type of rice porridge。 While watching the menu、To order, fill in the order sheet styles、 わからない場合はスタッフさんに直接尋ねてみましょう♪ 「ジョーク Jok(チキン)」30THB+5THB(日本円にしておよそ130円) ジョーク Jok(タイ風お粥)いわゆるコンギー Congeeは、No texture of rice as a porridge of Japan、 Simmer until rice becomes mush、Looks like mashed potatoes have thick。 +5THBで卵をトッピングできるので、Nice, crush the egg yolks and stir.。 ジョーク Jok(タイ風お粥)は、 Sweet in the taste of the chicken base and the spices used properly while also、Improves the taste。 A Thailand-style porridge、Porridge of Japan more than good taste。 The White is accompanied by fried、With fried rice noodles、 食感が楽しめるので混ぜ合わせていただくと美味しいです♪ 「卵付きカオトム(チキン)」30THB+5THB(日本円にしておよそ130円) カオトム Khao Tomは、Same as a porridge of Japan、Rice shape as the Suns kept、Porridge of the smooth type.。 The palate is、コンギー...

SP chicken and whole burnt Thailand Northeast cuisine prematch famous shop

地元民だけではなく観光客にも大人気と伺った「エスピー・チキン SP Chicken」さんタイの東北料理「ガイ・ヤーン ไก่ย่าง」が有名なお店です鶏肉好きなわたし達にとってこのお店は外せないでしょう!とチェンマイはしご酒のお次のお店はこちらへ。 Shop、旧市街のワットプラシン南側のサムラン通りソイ1 Samlan Rd.Sio1を入ったところで有名なオアシス・スパの裏手になります以前のお店よりこちらに移転され“SP Chicken”と書かれた黄色い看板が目印となります店の入口では炭火ロースターが設置されており長い串に鶏を丸ごと刺して炙り焼きしており脂がポタポタと溶け落ち香ばしい香りが道にまで届きます店内は明るく庶民的な食堂のような雰囲気です左手が厨房となり、4人掛けの木製のテーブル席が10席以上用意されていますが、 20時台でもほぼ満席ととにかく人で溢れています。 On the wall、お勧め料理がボードにタイ語で書かれており「ガイヤーン1羽150B・半羽80B」と提示されています。 Price range、ここ最近で少しずつ少しずつ値上げされていっているようです注文はメニュー兼注文票を渡され料理名の脇の○枠にを付けてオーダーします日本語と英語のメニューも用意されています接客は愛想がなく笑顔1つ見せず業務的に感じるのが寂しいです毎日忙しないせいで天手古舞いといった感じなのでしょうか特に気になったのが隣のテーブルにずっと腰掛けているオーナーのお母さんの仏頂面です(怖) なるべく気にしないようにしてはみましたが視界に入ってくるので致し方ありません。 If、美味しく楽しく食事を楽しみたいものです「シンハー SINGHA(L)」70THB(日本円にしておよそ260円) タイビール「シンハー SINGHA」は、 1933Born in Thailand in the year、Was admitted to the Royal historical premium beer。 It appeared in ancient mythology "Singha" and "lion"。Most are brewed from milking、 Beer joined the distinctive and rich taste、 アジアンスタイルならではのバランスの取れたスパイシーな味わいです♪ 「ソムタム」40THB(日本円にしておよそ150円) ソムタムとはタイ風パパイヤサラダです。 In Thailand、ソムタム(パパイヤサラダ)とガイヤーンを一緒に食べるのが基本のようですソムタムとはラオスやタイの東北部(イサーン)の郷土料理ですがタイ全土で好んで食べられています成熟していない青いパパイヤをスライスし「クロック」と呼ばれる臼のようなものでインゲン・トマト・ニンニク・ライムと一緒に叩いて潰しナンプラーや唐辛子砂糖などで味付けします他にもピーナッツや干しエビ沢ガニなどを入れる場合もあります。 The palate is、パパイヤのシャキシャキとした食感が何ともいえず辛さが刺激的で癖になるサラダです! お店によっては激辛なものもあるのでオーダーの際に「辛くしないで下さい(マイ・トン・ペッ)」とお伝えすると良いでしょう♪ 「ガイヤーン(ハーフ)」80THB(日本円にしておよそ300円) この店の名物料理でもある、Prematch。 ガイヤーンとはタイの東北料理のひとつで一晩タレに漬け込んだ丸鶏を炭火で焼いたものタイ語で「ガイไก่」は鶏「ヤーンย่าง」は大きめの食材をじっくり焼くことを表します丸鶏の炭火焼きいわば日本でいう焼き鳥です。 2種のタレが付いてきます。 1One is、スイートチリソースで、Another one、唐辛子が利いたスパイシーなソースです焼き立てなので美味しくないわけがありませんがわたし達の期待値が高すぎたのかもしれません日本の焼鳥でもどちらかといえば塩味が好みなわたし達。...

Northern Thailand dishes "fun pen" antique-style restaurant

Northern Thailand dishes delicious eaten in Chiang Mai famous still store and speaking、 リーズナブルな価格帯で北タイ料理を提供される老舗レストラン「ファン・ペン Huen Phen」さん。 This is been in business for more than 40 years.、The day my mother、At night sons are engaged in family-run shop。 So popular is the stranger in Chiang Mai、 「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」の現地ガイドのグローイさんにもお勧めされましたが、 And always crowded with tourists、週末の夜は予約することをお勧めします♪ 昼は美味しい「カオソーイ」を食べにやってくる地元民で賑わい、 Change atmosphere in the evening,、In the relaxed atmosphere of the restaurant, a popular destination with tourists。 During the day、ペンお母さんがお店のテラスで営業し夜は息子のプームジャイさんがレストランを営業されていますペンお母さんは、40Year and more than manage a shop、 At lunchtime、Northern dishes and Curry、So have treatments at very reasonable prices。 アンティーク雑貨が好きな息子のプームジャイさんが少しずつ集めた器や 店内の家具や装飾品にもところどころアンティークが散りばめられており食事をするにも楽しいお店です♪ 旅行ガイドブックにもよく掲載されているほどの人気店なため、Thailand who not only tourists but also popular is located。 Even to this day many tourists in front of the store and sense columns in the waiting state、 Waited for about 20 minutes or so after writing the name。 ペンお母さんの息子のプームジャイさんは元々アーティストで、 To former friends have come a long way、So in northern Thailand is itself not had hospitality。 And development of the event、1986As a restaurant serving dishes,、Working mother and reopened with each other。 The Lanna Kingdom、Is the time Burma and Laos with the territory.、 Here you will、They offered many menu based on characteristics of the cuisine of neighbouring。 Shop、かつてプームジャイさんが世界を旅行している際に集めた骨董品で飾られています♪ こちらのお店は、So famous is the platters say hors d'oeuvres Muang。 In the center of the platter、Name prick num (based on pepper and Eggplant Dip)、 And then set the name prick on (not spicy dip pork and tomato)、 Around the Cape and Mu (fried pork skin)、Siwa (Chiang Mai sausage)、 Name (fermented sour and hot sausage)、 MU-Jong (Chiang Mai-ham)、MU Tote (fried pork)、This dish was with rips and boiled vegetables is。 This time the、Another ladder will be there.、Stop the platters、別の料理をアラカルトでオーダーします♪ 「Changビール」80THB(日本円にしておよそ300円) タイでもっとも人気のあるビールのシンハー(ビア・シン)と双璧を成すビール。 1998Won a gold medal in international beer contest、タイビール特有の強い苦味が特徴です♪ 「サイウア」80THB(日本円にしておよそ300円) サイウア(チェンマイ・ソーセージ)もタイ北部の代表的な料理の1つで、 In a spicy sausage with herbs、Taste may vary by store。 Things spiral、As baked on the Web.、 Easy to eat bite-size cut and provides us with。 Is a unique spicy、癖になる味わいでビールに良く合います♪ 「ナムプリックオン」50THB(日本円にしておよそ190円) ナムプリックは、In Thailand as in glutinous rice and vegetables, eat traditional paste、 That is, there are so many different types of cuisine。 At the restaurant here is eight name prick.、 This tomato-based、Put Minced pork, rich name prick on order。 There are some hotness、And mellow in tomato sauce、 Will be reasonably priced, easy-to-eat with vegetables and dip。 野菜がたくさん摂れるこの料理はヘルシーで大好きです♪ 「ヤムジンガイ」85THB(日本円にしておよそ320円) タイ中部の料理は新鮮なハーブを使ったものが多いのですが、...

Thailand cooking "Lemongrass" Westerners are very popular! In the Japanese tongue so fit!

チャンクラン通りから角にマクドナルドがある交差点からロイクロ通りに入り徒歩数分のところにある タイフード「レモングラスLemongrass Thai Restaurant」さん現地ガイドのグローイさんにお勧めしていただき海外(特に欧米)のガイドブックでも良く見掛ける有名店で美味しいタイ料理と評判のお店です遅掛けに伺ったおかげで若干の空席が見られましたが食事時に足を運ぶと欧米人の観光客で列を成すのだそうです!(驚) こちらのオーナーさんであるGor Navachaiさんはアメリカ合衆国アラスカ州の中央部に位置する都市フェアバンクスにて タイ料理店をされているお父様からレシピを学びこちらのお店をオープンされています♪ 店内に入って先ず驚くのが四方八方の壁一面の落書き(?)サインの賑やかさ(笑) 雰囲気としては屋台より清潔感もあり安心して食事が楽しめる空間だと思いますメニューブックを見ると一品もの、Noodles、ご飯ものと品数も揃っておりますがチェンマイのレストランの平均価格よりかは若干お高めといった感じです。 Still、一皿数百円の世界ですけどね♪ 「レモングラスパッタイ Lemongrass Phat Thai」95THB(日本円にしておよそ350円) 米麺のもっちり感と甘味、Sour、Spicy、Good balance of flavor、海老は見事な火入れでプリップリ! 今まで食べたパッタイの中で一番と言っても過言ではないほどにわたし達好みのパッタイに出会えました!(嬉) タイでは通常40~50THBで食べれるパッタイですがわたし達にとってこの95THBは特別高いとは思いません♪ 「カオソーイ チキン Khao Soi Chicken」95THB(日本円にしておよそ350円) カオソーイは生麺と揚卵麺の2種類の麺と濃厚なカレースープのラーメンで、Our favorite ones.。 Enjoy a taste of fried noodles and crunchy and a little soft eyes flat thick noodles、Fried noodles first curricula and texture often、 In corn flakes and blend in the soup "and will" show、2Will feel the taste of the street。 Chiang Mai's distinctive cuisine.、It is said originated was originally made by India who lives in Chiang Mai。 程好い刺激の辛さではありますがココナッツミルクでマイルドになっておりコクがプラスされとても印象に残る美味しいカオソーイですカオソーイには2つのタイプがありラオス風とタイ風とありこちらはタイ風です先日有名店と伺った「カオソーイ・ラムドゥアン2」もタイ風でしたがその味わいが霞んでしまいそうな勢いです♪ 一皿は決して大きな器ではないので軽くいただけそうなボリューム感ですこういうお店では大勢で行っていろいろなものを少しずつ味わってみたいですね! チェンマイにまた訪れた際には必ず足を運びたいお店です♪ 誰が始めたのかもわかりませんが多くの来店者がまるで寄せ書きのように一言ずつ認めている壁の落書き(笑) もう書くスペースが無くなってきているせいかテーブルの上に乗り天井に書き始めた外国人の姿がありました!(驚) 流石にこちらはまだ食事中だったのでマナーが悪いな・・・と思ってしまいましたが旅先の大切な思い出作りということで大目に見ることに致しましょう(笑) 左手に見える一文字の「侍(さむらい)」そして「ドラえもん」の似顔絵これは日本人の仕業でしょうか? あなたもこのレストランに訪れた際に何か記念に残すのも一興かもしれません。 Now、明日も「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」さんが朝早くにお迎えに来てくださるので、 Return to the hotel、ゆっくり疲れを落として明日の「メーサ・エレファント・キャンプ Maesa Elephant...

Enjoy acclaimed cuisine garden Chiangmai many fusion cuisine

チェンマイの郊外に2011年にオープンされた「キュイジーヌ・ガーデン Cuisine de Garden」さん。 And the chef turned furniture designer、 輝かしい賞を獲得されたLeelawat Mankongtiphanシェフが織り成す分子ガストロノミー系を含むフュージョン料理を提供されるレストランです♪ 店内のエントランスは広々と開放的で、Looking forward to seeing a chic wooden front counter。 ここは長閑な古都チェンマイかと、Increases expected in a modern setting and stylish just convincing。 Here you will、Before the tour、Because it was told in advance just to ask for lunch、 「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」さんが連れて来てくださいました! 現地ガイドのグローイさんが、Us translated for menu and details、こちらの要望も伝えてくださったので大助かりです♪ ワインの種類も世界各国のものを取り入れ嬉しいことに日本の山梨の甲州ワインのボトルも置かれていました♪ 大人が好む心地良い北欧のカフェやレストランを彷彿とさせる店内は、 By the hand of the designer and total coordination with Scandinavian style、 The original Chair to custom-made,、Furniture with commitment such as、 The good sense of the owner/chef。 The number of seats、Space too extravagant so laid-back, it deals、Table 20 seats、4 counter seats。 The counter seats at the back、Open kitchen with、 キッチンの様子がご覧いただけます♪ キッチン内のシェフとの会話や料理が出来上がるまでの工程をを楽しみながら、 Counter seats where you can eat。 Originally、Leelawat Mankongtiphanシェフは、 Got a mother in the furniture designer、 The flow、Furniture manufacturer owned by their parents for eight years worked as a product designer、 And I aim to improve more different path、 Left the company、Start up training at the cooking school in Chiang Mai to Japan and Western cuisine and learn。 And、2011年に家族の理解や奥様のNerisa Mankongtiphanさんの支えもあり、 Independent and open at its present location。 「Makro HoReCa 2013」で優勝された時のトロフィーが飾られています。 (And * HoReCa、Hotels、Restaurant、ケータリングの略) シンプルだけれど、Woody to Linen tablecloths、 I feel the attention to small 1tsu1tsu table。 「ガス入りミネラルウォーター」 この日のコースはシェフおまかせの「Special Course Menu」1,000THB(日本円にしておよそ3,700円)に 何点かアラカルトメニューからもプラスしていただきます♪ 「オレンジ ORANGE | Spherification of Orange w/ Sweet...

"So, Hamdan 2 ' 1 in Chiang Mai、2Fighting so famous

タイ北部・チェンマイの名物料理といえば誰もがカオソーイと教えてくれます。 As one of the so established、Be introduced to guide to Chiang Mai introduction、 有名店の「カオソーイ・ラムドゥアン」さん。 The Head Office of that venerable、Fay harm street called founded more than 70 years old so as to。 This time、We present to you here、新しくできた2号店の「カーオソーイ・ラムドゥアン2」さんです本店は屋台のような佇まいと伺っていただけにその2号店に大きさには驚きます。 If this、初めて訪れる観光客でも見つけやすいはずでしょう! 店前には駐車スペースに余裕がありツアーでも気軽に立ち寄れて大変便利です今回の観光ツアーのプランの中に「カオソーイが美味しいお店に連れてってください」とお願いしてあり「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」さんでこちらを紹介してくださいました♪ 店先にはガラス張りで厨房の中の様子が覗けタイらしく雑多な雰囲気の中美味しそうな香りを店中に漂わせています♪ 店内は、Spacious and、適度な間隔で設けられたテーブル席は現地の方や観光客で賑わっています衛生面的にも何ら問題のないレストランの雰囲気です♪ 有名店というだけあって壁には有名人の写真やサインが一杯飾られています♪ 店内も風通しは良かったのですが店先にあるオープンテラス風の席ではミストシャワーが振り撒かれており気持ち良かったのでそちらでいただくことにしましたメニューは英語表記となりますがお勧めをチェンマイハッピーツアーの現地ガイドのグローイさんに伺いながらオーダーします♪ 「チャーン Chang」 ランチから贅沢にビールをいただけるのも旅行の醍醐味ですね! タイでもっとも人気のあるビールのシンハー(ビア・シン)と双璧を成すビール。 1998Won a gold medal in international beer contest、タイビール特有の強い苦味が特徴です♪ 「カオソーイ・ガイ(チキン)」40THB(日本円にしておよそ148円) カオソーイはマイルドなココナッツカレーのスープにバミーと呼ばれる卵麺を入れさらに揚げた麺をトッピングして食べるタイ北部チェンマイの名物料理です具は鶏(ガイ)豚(ムー)牛(ヌア)スペアリブ(シークロンムー)の4種類の中から選べます。 First of all the、スープから一口。 Always、わたし達が日本で食べている「タイレストラン ラッタナー」さんのカオソーイのスープは割とこってりとしたとろみがありましたがこちらは見た目よりあっさりしていて辛さも控え目です少し甘さが先に勝ちスパイシーというほどでもないのであっさりとマイルドな味わいがお好きな方には程好い味わいだと思います。 Soup、何と!3時間以上も煮込んで作るとのことそれでこの深みある味わいが出せるのですね♪ わたし達はチキンが大好きなので鶏(ガイ)をオーダー鶏肉はとってもやわらかくてジューシー! マナオをギュッと搾り爽やかさをプラスして生の赤玉葱ともやし漬物を乗せていただきましょう! 味わいはサラサラとしたカレースープといった印象ですがココナッツミルクがベースとなるので辛さと甘さが同居したような味わいです有名店なだけあってラムドゥアン2の本場のカオソーイは美味しいと思います♪ 「カノムチンナムギョウ(チェンマイ式ソーメン)」35THB(日本円にしておよそ130円) こちらもタイ北部・チェンマイの名物料理の1つで、 Thailand somen said the kanom jeen、米粉を溶いて発酵させて作るため日本の素麺のように腰がなく切れやすいですトマトベースの甘酸っぱいスープが特徴なため暑い日にはお勧めですレバーのような色をした塊は豚の血を固めたものが入っておりカノムチンナムギョウの定番ですがこれがまた臭みがなく美味しいです! こちらの料理は一皿一皿のボリュームが小さめなのでいろいろな味に挑戦してみると良いでしょう♪ 「ムー・サテー(スモール)」35THB(日本円にしておよそ130円)...

Scroll to top