Take a stroll through the area often referred to as "the antique city chalenklung Street

「マンダリン・オリエンタル・バンコク Mandarin Oriental Bangkok」を出てすぐのソイ Soiを進むと タイ・バンコクの中心街にあるメーン通りの チャルンクルン通り Charoenkrung Roadへと出れますこのチャルンクルン通り Charoenkrung Roadは、 King Mongkut Rama IV was in 1861 and is the first paved road was built in 1864, three years, Thailand。 The name "chalenklung" means "prosperity" as、Named Rama IV。 Prior to that、Thailand is known as the "new road" of modernization begins with this way。 Is the length of the original road, 8575 m、The history of road construction、In colonial Western and neighboring countries、 Determined protection from the threat of Western powers to Thailand's modernization and Rama IV and King Rama v and signed a friendship treaty with the Kingdom of Denmark、 East Asiatic Company Company of Denmark teak wood exports to、 And owns several warehouses on the banks of the Chao Phraya River to dock with a cargo liner。 From being a gateway to trade with European countries and also、Embassies of countries such as France and the United Kingdom also established around this street。 Lived many diplomats and foreign merchants from the past、And request the "run the road"、Is Thailand's first paved road construction。 This area is called the antiques district、 宝石屋やシルバーなどの貴金属を扱うお店や タイイシルクなども用いる服の仕立て屋などが軒を連ねます♪ チャルンクルン通り Charoenkrung Roadを南下すると前回立ち寄った金色に輝くドームを冠した 天空レストランのシロッコがあるステート・タワーが見えてきます♪ その昔チャルンクルン通り Charoenkrung Roadには路面電車も走っていました。 Replicas of this tram is now、 前回訪れた 「Asiatique The Riverfront アジアティーク ザ リバーフロント」の敷地内でも運行されています♪ ステート・タワーの建物を過ぎたあたりに右手に門があるソイ Soiに入っていくと「ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok」の専用船着場があります。 This SOI at Soi、「シャングリラ ホテル バンコク Shangri-La Hotel...

In the construction of a new facility opened at the Mandarin Oriental in Bangkok later this year

チャオプラヤー川を挟んで「ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok」の対岸にある 世界屈指の名門ホテル「マンダリン・オリエンタル・バンコク Mandarin Oriental Bangkok」。 More popular even in Bangkok、その歴史は1876年にまで遡り、 Since it first opened、Many writers and royalty、政治家などの著名人の定宿として愛されてきました♪ 339室のエレガントな客室と35室のラグジュアリーなスイートを用意し、 Most overlook the river of Chao Phraya River。 フレンチレストラン「ル・ノルマンディー Le Normandie」の評価も高くワールドクラスのスパも備えています♪ ※注)ル・ノルマンディーは、And currently closed for renovation construction、2015年12月中旬オープン予定ですホテル専用船着場より続く見晴らしの良い「ザ・リバー・サイド・テラス The River Side Terrace」川沿いならではの景観を望みながら飲食が楽しめます♪ 現在建設中のものも含め44のホテルを世界24ヶ国に展開し、 5つ星ホテルの栄冠を手にする「マンダリン オリエンタル ホテル グループ」は、 Based in Hong Kong S.A.R.、Ragujareresort Hotel Group。 2015年3月に伺った「マンダリン オリエンタル 台北 Mandarin Oriental Taipei」とは雰囲気も異なり、 In many countries、その独自の個性を活かされた造りとなっています♪ 川沿いの屋外レストラン「ザ・ヴェランダ THE VERANDAH」はホテルのオールダイニングで、 Overlooking the Chao Phraya River you can、From early morning until late at night through the open、 タイ料理から西洋料理などの幅広いアラカルト料理を提供しています♪ 「ザ・バンブー・バー THE BAMBOO BAR」は、2014年末に大改装し、Has been reopened。 オリジナリティ溢れるフレーバーカクテルがお勧めです♪ ロビーラウンジ アールデコ様式にモダンなオリエンタルテイストを取り入れ、 Tun-Huang apparently Thailand tropical elements woven Navigator and I lounge。 Even the standard rooms ensure the 40 m²。 Teak wood for furniture、In the fabric、With silk, and、 伝統的なタイの装飾でクラシカルで落ち着き溢れる空間を演出しています♪ 現在、While leaving the appearance in place of founding new facility renovation is progressing in terms of extension、 新たにリニューアルオープンされるフレンチレストラン「ル・ノルマンディー...

2015 winner 7th Thai restaurant "nahm" of Asia's 50 best restaurants

バンコクのサトーン・タイ通り Sathon Tai Roadから少し奥まったところに入るとスタイリッシュなデザインホテル「メトロポリタン バイ コモ Metropolitan by COMO」があります。 2003年のオープン時に「バンコクで最も先鋭的なホテル」としての称号を得て、 In Bangkok will certainly continue to evolve is the epitome of the Star 5。 MRTのルンピニー駅 Lumphini Stationより徒歩5分圏内に位置しています。 Under the British-born hotel brand、In COMO group run by founder、 「ボンド・ストリートの女王」との異名をとったシンガポール人のクリスチャン・オンが1991年よりホテル経営をスタートファッション業界で育まれたクリスチャン・オンの美的センスはバンコクの「メトロポリタン バイ コモ Metropolitan by COMO」にも息付き、Timeless design using themes。 Without being overly trendy、Universal design without fading may therefore feel calm relaxation。 Hotel COMO group eco to consider、From the staff to focus on、 Often, the renovation of existing buildings rather than new、 Hotel is was originally a YMCA。 The look is a simple modal、Step foot into the hotel and、The stylish lobby greets。 「コモ・ホテルズ・アンド・リゾーツ COMO Hotels and Resorts」が手掛けるこのホテルはロンドンの「ザ・ハルキン・バイ・コモ The Halkin by COMO」のスタッフが 「ジョルジオ・アルマーニ Giorgio Armani」の制服に身を包んでいるのと同様にここでは「コム・デ・ギャルソン COMME des GARÇONS」のデザインを身に纏うスタッフの姿が観られます。 The first uniforms、「山本耀司 Yohji Yamamoto」がデザインしています。 In the 171 guest rooms hotel、1Is to maximize one guest satisfaction、 ホテルオーナーであるクリスチャン・オンのこだわりでもあるのです。 1200Square one space from traditional Thailand-therapy wellbeing massage、 Comfortable and relaxing treatment rooms、Yoga Studio、Ranging from a health club、 Offers a full range of services to fulfill guests ' well-being and beauty。 We met in the lobby of the hotel、バンコク在住の日本人女性のSachikoさん。...

From lumpini Park and explore the Silom Bangkok's shopping

This time、「アジアのベストレストラン50」において、 2015年度のトップに輝いたタイ・バンコクのインド人シェフが作られるフュージョン料理店 「Gaggan ガガン」にディナーに出向くためガガンから徒歩数分圏内のホテル「ラックスXL LUXX XL」に宿泊しました。 Because it was given to weather well the next morning greeted Gaggan dinner、 Get up early、ホテルから徒歩7分圏内のタイを代表する広大な敷地に人工池を持つ 「ルンピニー公園」を散策します♪ 都会の中心にある緑溢れ、Nature park.。 The hours of the morning、Walking in the Park how to jog、 Also、Even those who practiced Tai Chi, such as watching、長閑な光景が広がり癒されます♪ 公園周辺には、Street is spreading.、Watching a mother who are restlessly worked from morning、There is a vibrant。 After enjoying a stroll in the Park、朝10時にホテルをチェックアウトし、 I call the taxi、「Metropolitan by COMO」へと向かいます。 On this day、こちらのホテルの1階に併設されている「ナーム nahm」でのランチを予約してあります「アジアのベストレストラン50」において、 2014Sparkle at the top of the year、今年2015年度は7位にランクインされたタイ・バンコクの「ナーム nahm」。 Rice put up with morning、お腹を空かせて向かいましょう♪ 「ナーム nahm」が併設されているホテル「Metropolitan by COMO」に少々早めに到着してしまい、 For booking time is about 1 hour、Eyjafjallajökull、このシーロム Silom周辺の街並みを散策したいと思います。 Sun shining above、But Chiang Mai from Bangkok Sun feels strongly。 Walking down the sidewalk、トゥクトゥクのお兄さんが声掛けしてくれましたもちろん「乗ってくかい?」と営業の声掛けでしたが「時間があるから歩きたい」と伝えると、 In this area to me while watching the map where it can light & shopping、Kindly note my brother was very。 トゥクトゥクのドライバーは、What a rip-off, the、Occasionally、The ear is not good rumors、 During the、This very friendly and、優しいタイ人も居るということを忘れないでください♪ さらに、Walking down another Street and encountered friendly police officer。 While viewing the map here、Unique Thailand shops staff。 Police officer to introduce the shop、As I may have fees for sales from the shop! And I've heard、 Decide to buy in own's a、自己責任なので問題ありません(笑) 時間を潰したいわたし達にしてみれば有難いアドバイスでした♪ 親切な警察官がトゥクトゥクまで捕まえてくれ、 Normal、Presented tourist fare.、 Police driver's got to show the police notebook、何と格安の交渉をしてくださいました(笑) トゥクトゥクのお兄さんに乗せてもらい警察官がお勧めしてくれたショップへと向かいます! 今までに乗ったどのトゥクトゥクよりも綺麗で早くドライバーのお兄さん曰く「エンジンが違うんだよ!」と停車中に自慢気に吹かしてくれました(笑) 確かにターボが付いておりエンジン音が違います! 陽気なドライバーのお兄さんと仲良く話しながら向かいとても楽しかったです♪ スラウォン通り Surawong Road沿いの「IFC インターナショナルファッションセンター」へと到着しました。 ODA do specializes in silk。 The colourful Thai silk fabric becomes complete.、...

Won the 2016 top 50 best restaurants "Gagan Gaggan" Asian fusion cuisine

今年2016年で4回目を迎えた「アジアのベストレストラン50」(サンペレグリノ&アクアパンナがスポンサー)は「世界のベストレストラン50」のアジア版で、 In Bangkok,、The announcement and the award ceremony was held。 2015Fiscal year、2016年度のトップに選ばれたタイ・バンコクのインド人シェフガガン・アナンド(Gaggan Anand)氏が作られるフュージョン料理店「Gaggan ガガン」はインド料理を刷新することを目標に2010年にオープンされていますガガン・アナンド(Gaggan Anand)氏が作り出す料理はバルセロナ郊外の「エルブリ(スペイン語の発音でエルブジ)」での経験によりエルブリ・シェフのフェラン・アドリアの影響を受けているようで、 Modern cooking techniques with me.、Twist a delicate traditional cuisines of India、Sensitivity and energy poured、 In India cooking of the tapas of Spain and French、Italian、Thailand、By combining Japan、 Provides innovative fusion cuisine。 インド人のガガン・アナンド(Gaggan Anand)氏は、Born in Calcutta.。 In my hometown India、And worked for the Taj Group's restaurants、The vertex is extremely、 Once India has served as the President, Abdul Kalam Chef surprise career。 After that、Over Thailand、And then trained at El Bulli in Spain、After the return to Bangkok、 Indian cuisine in your own shop opened、Now、Has become a popular restaurant reservation to take difficult。 This time the、事前にラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル 「ザ・サイアム THE SIAM」のコンシェルジュに予約をお願いしてあります。 It seems from that hotel reservations are recommended。 The White colonial-style house。 From the manicured patio、Blessed with green garden views。 First of all、But I am surprised at how many meet and greet staff、 Staff、Bright to Dubai with a smile、Each such distance between the guest and、 To take communication、気持ちの良い歓迎の仕方です♪ 店内にも白を基調とし、Right now worthy of colonial style and simple interior。 Streamers of bright staircase bathed in natural light from skylights、2You will be directed to the floor。 Shop at the store、The seat was seen sparsely、 During meals and seats are buried with a guest book、結果的に2回転までしておりました! 今回は浴衣で器と一緒に旅をする企画ということで店舗側に許可を得て浴衣を着ておりますが 一般的に日本国内のレストランで浴衣がNGのところが多いので 浴衣はお祭りや花火大会などで着用されることをオススメします。 Course menu is prepared in two courses、 15Divides the 23 species of long course and short course, seed, and small plates。 2500THB++ 、Or 4000THB++.。 (9250 approximately JPY Japan Yen、または14,800円) Gagganでは、And policy says the dishes are left with great memories.、 Be played by each scene restaurants、 Is configured as the story of the one like the exotic to the journey。 In order to enjoy the story more deeply、This time the、23Choose type of long course。 「Sanpellegrino(L)」220THB(日本円しておよそ820円) 赤い星と「S.Pellegrino」のロゴが特徴のイタリアのミネラルウォーター。 Water's include carbon dioxide in water、Granular carbon and mild in your throat。 Because of Asia's 50 best restaurant awards sponsor、 Exactly as advertised、Recommended that this was。 忙しかったようで開栓までにかなり時間がかかってしまいましたが ウェイターにお勧めされた乾杯のスパークリングワインを注いでいただきます。...

Clean, modern, reasonably priced "LUXX XL" Gaggan near nice

BTSのラチャダムリ駅 Ratchadamri Stationを降りてからラチャダムリ通り Ratchadamri Streetからソイ・ ランスアン Soi Lang Suanに入りその通り沿いにあるシティホテル「ラックスXL LUXX XL」「ラックスホテルグループ LUXX HOTEL GROUP」の中のホテルの1つで、 Here is、タイを代表する広大な敷地を持つ「ルンピニー公園」から徒歩7分圏内です。 This time、「アジアのベストレストラン50」において、 2015年度のトップに輝いたタイ・バンコクのインド人シェフが作られるフュージョン料理店 「Gaggan ガガン」にディナーに出向くためガガンから徒歩数分圏内のホテルということで素泊まりで宿泊致します。 Hotel、駅より徒歩20分圏内にあるためわたし達は街を散策しながら歩きましたが足腰に自信の無い方は駅からタクシーまたはトゥクトゥクを活用すると良いでしょう♪ ソイ・ ランスアン Soi Lang Suan沿いに見えるこのシンプルな看板が目印でホテルの入口がこちらです道路より100mほど奥に玄関を迎える造りとなっています。 Welcome me、大きな3m以上の木製扉建物はそう新しくありませんがリニューアルしている部分もありシンプルでモダンなデザイナーズホテルとなります♪ 吹き抜けの開放感のあるスタイリッシュなフロントチェックインは14:00~可能でチェックアウトは12:00(正午)とゆったりとした時間を過ごせます♪ フロントでチェックインを済ませます日本語を話せるスタッフさんはおりませんので英語またはタイ語で対応してくださいます。 This time、こちらには素泊まりが目的で1泊のみの予定ですが、1室7,000円ほどのお部屋で格安ホテルとなります部屋数は全部で51室です色目を多様せず落ち着いたカラーで統一したシンプルでモダンなロビーこちらは8階建てのホテルですが、This time the、3階のお部屋にお世話になりますチーク材を用いた扉でカードキー認証となりこちらは「スタジオ(Studio Room Only)」のお部屋となりますスタジオルームの広さは、33㎡とこじんまりとしておりますがバルコニーもあり明るくシンプルでありながらもチーク素材をふんだんに使用されているため温かみのあるシンプルなお部屋全室Wi-Fiが無料です素泊まり感覚であれば十分なお部屋です♪ バスルームは、Bathtub、Shower、Toilet、洗面台が一帯となるユニットタイプになってしまいますがベッドルームとの堺の扉を開けることで開放感溢れる空間造りが可能です。 Little、年季は感じられますがアメニティも必要最低限のモノは揃っているため問題ありません♪ 宿泊者が自由に使える屋外プールも完備されています。...

Bangkok Skytrain let's move to the smart ride destination!

バンコクの中心部を観光する際に、When using the bus or taxi、公共の道路は渋滞が予想されるため、 Utilizing time、Let's check of means of transportation in order to travel smarter。 Jam knowing and speaking、バンコク都内を走る高架鉄道BTS(スカイトレイン)や北はバン スー駅から南はフアラポーン駅へと約20kmの距離を全駅30分で走行する地下鉄(MRT)がお勧めです。 This time the Bangkok city tour、BTS(スカイトレイン)を利用しますザ・ペニンシュラ・バンコク最寄りのサパーンタークシン駅 Saphan Taksin Stationまで行ける サトーン船着場 Sathorn Pierまで ホテル利用者専用の無料シャトルボートに乗り込み向かいましょう♪ 1日におよそ650往復もされるザ・ペニンシュラ・バンコクのシャトルボートは本当に便利ですホテルからサパーンタークシン駅 Saphan Taksin Stationまで行けるサトーン船着場 Sathorn Pierまでは、 In about 5 minutes ride、あっという間に到着です♪ 渡し通路を進み左折した方向にBTSのサパーンタークシン駅 Saphan Taksin StationがありBTSはスクンビット線とシーロム線に分けれておりサイアム駅にて両線とも相互乗換えが可能となりますシーロム線はこちらから乗ることができます♪ 券売機で乗車ICカードを購入する場合は券売機の横にある路線図で行きたい駅を探してゾーン番号を調べましょう。 That appears and press the button of the zone number rates、On banknotes or coins。 The ticket vending machine、There are coins only available、If you need to Exchange、改札横のカウンターで両替してもらうと良いでしょう♪ ラチャダムリ駅 Ratchadamri Stationまでの乗車券を1人当たり31THB(日本円にしておよそ115円)で購入。 1During the day、BTS in over here would be used, by、 At the counter、BTSの1DAYパスをB130(日本円にしておよそ480円)で購入することをお勧めします♪ 乗車券を入れゲートが開いてから通り抜けましょう。 Pass through the gate and、これより先は飲食禁止となりますの注意が必要です♪ BTSの始発時間は朝5時で運行時間は5時~24時までとなり年中無休で運行しています。 Basically no timetable、All stops at every station。 The number of many、日中は6分間隔で運行されておりまたラッシュ時には3分間隔で運行されているので便利です♪ ラチャダムリ駅 Ratchadamri Stationに到着しました。 In Bangkok's two racetracks have.、「ロイヤルターフクラブ競馬場」と こちらのラチャダムリ駅 Ratchadamri Stationにある「ロイヤルバンコクスポーツクラブ競馬場」ですロイヤルバンコクスポーツクラブ競馬場はその頭文字から通称「RBSC」とも呼ばれており目の前に広がる広大なグリーンがとても気持ち良い光景を織り成しています♪ 海外Wi-Fiの「GLOBAL WiFi グローバルワイファイ」を利用しiPhoneでGoogleマップを起動させ宿泊予定のホテルまで案内してもらいます見知らぬ土地でもWi-FiとGoogleマップさえあればどこでも行けますね♪ ラチャダムリ駅 Ratchadamri Stationを降りて、...

Night view of Bangkok's 247 metres above ground 'dome' golden dome restaurant & bar

Saphan Taksin サパーンタークシン駅より3番出口から出てジャルンクルン通りを左に曲がりそのままシーロム通りに出るまで歩きましょう♪ 駅周辺は、Many stalls、Rants in the food。Lady home from work、Procurement of the outstaring game with the dish, side dish tonight?。夜とはいえ20℃前後の暖かで、Don't dish out under plastic bags to buy courage is quite、Because such stores exist all over the place、現地の方々にとって買い出しは便利な気がします♪ サパーンタークシン駅より徒歩7分ほどするとチャオプラヤー川沿いにそびえ立つ金色に輝くドームを冠した5つ星ホテル「lebua ルブア」のお出ましです屋上のドーム部分には6つのレストランやバーが集まりそれらを総称して“The DOME ドーム”と呼び今では「バンコクに来たら一度は行っておきたい場所」として知られており観光客に人気のスポットです♪ 1階ホールに、Is the entrance of the dome.、Shop luggage Valet in the front items, such as bags (bags & other valuables) was very helpful。A receipt is、帰りの荷物受け渡しに必要なため無くさないようにしましょう♪ 女性スタッフに案内される際に「Food or Drink?」と確認されるので「Drink」と答えエレベーターでドーム内の最上階64階のバーへと案内してもらいますレストランで食事を希望される方は事前予約しましょう♪ ドーム内の64階にあるバー「Distil ディスティル」。The lights were lowered to a minimum、A Moody atmosphere and gorgeous attire、And it's a chic BGM。すべてにおいて心をときめかせる上質な大人の空間として演出されています♪ 店内のカウンターバーでは、Bartender's hustling from and cocktails to create。Of course、Is possible to drink in the restaurant、こちらへいらしたら屋外のテラス席を案内してもらいましょう♪ 多くの観光客やデート中のカップルで賑わいを見せるテラス席寝転びながら夜景を眺めることができるソファ席は大変人気なため、Staff got to them and、空くまでスタンド席で待たせてもらうことにしました♪ ステートタワーの64階から見渡す限りの宝石を散りばめたような輝きを放つバンコクの夜景。During the day、Also I think under heavy traffic、夜の煌きの一部と思えば憎めなくなってしまいます(笑) スタンド席で5分ほど待つとタイミング良くソファ席が空き、Finally 下rosemasu waist。1Maybe during the day exploring the city worsen chronic low back pain、That was moribund、Overlooking the night sky near the beer in one hand and、天にも昇る気持ちでひと時の休息を取ることができました♪ 「ビール」B450(日本円1,620円ほど) 「シャルドネ」B725(日本円2,610円) 「ピスタチオとオリーブ」 ビールの後、And enjoying the night and chillin in wine、Suddenly、Cheers welled up.、大輪の花火が夜空を彩り始めました!左手に見えるアジアティークの観覧車よりも遥かに大きく映る花火は中央に流れるチャオプラヤー川からの水上花火のようです。A rendition of the hotel somewhere、思わぬショータイムに心が踊ります♪ バーで楽しんだ後は、63階にある空中レストラン「Sirocco シロッコ」とその先にある世界で最も高い場所にある屋外バー「SkyBar スカイバー」からの景色も堪能させてもらい、Lower the curtain still mooning over this evening at night in Bangkok。Now、いよいよ3日目を迎えるバンコク旅行記は最終日となり歴史的価値の高い寺院へと足を運びましょう♪ lebua ルブア http://www.lebua.com/ The DOME ドーム http://www.lebuaindia.com/jp/the-dome-dining/ タイ・バンコク旅行特設ページ バンコク旅行の全ての記事はこちらからご覧いただけます! http://lade.jp/Thailand/..

To the glittering neon lights to look into a different day and night face 'Silom' thaniya, Patpong red light district

Sara Daeng サラデーン駅と直結した「セントラルグループ」が経営するSilom シーロムのランドマーク「Silom Complex シーロム・コンプレックス」。10After the renovation of the month、Also reopened.。Main entrance of the complex where young people's attire in pop modern atmosphere、Shop in-store shows the most turnover a new face。During the day、バンコク有数のビジネス街であるシーロムは、And in the evening、The atmosphere is transformed and、世界的にも有名な歓楽街ネオン煌く夜の街へと変貌を遂げます♪ サラデーン駅より3番出口の階段を降りそのまま10mほど進んだ右手が「夜の街」と謳われるタニヤ通りです♪ 歩道の脇には、Street shops is 連ne hotels、雑貨や洋服が所狭しと置かれています♪ こちらにもチェーン店「Yum Saap ヤムセープ」がありました。1皿およそB60~B100(日本円しておよそ200円~360円ほど)とタイ人にとっては庶民的な価格帯で人気があります。However,、あの辛さをもう一度チャレンジする気にはなれません(笑)タイ・バンコク旅行中の注意点として、The spiciness of the food or food hygiene、下水溝の悪臭による体調不良等があげられますが、Walking down the street、もう1つ注意しておきたい点が車の排気ガスの酷さです日本ではあまり考えられないほどの煙たさと悪臭で目や喉をやられます。And、大渋滞を生み出す道路は車優先であり人優先ではないため横断する際には細心の注意を払って機敏に動きましょう♪ タニヤ通りに到着しました東南アジアでも最大級の日本人向け歓楽街としてその名を馳せておりますが、Not only that、日本料理店やゴルフショップが集う街としても有名です♪ タニヤ通りの焼肉「牛角」はタイ進出第1号店として、2012年1月17日にオープンされています♪ またタニヤ通りには高レートの両替店があり「タニヤ・スピリット」さんは日本語で「日本円両替」と表記もあるため分かり易く年中無休で夜遅く(22時半頃)まで営業しているのも有難いです。In the middle of the journey、両替を追加したい場合はこちらをお勧めします♪ カウンターには、Is a notation reflecting the flag of Japan.、「¥10,000=2,745」と書かれています。This is、10,000円の両替でB2,745が手元に入ることを意味しています空港での両替所よりB203(日本円にしておよそ730円ほど)お得なレートになります♪ 夜のタニヤ通りには日本人が増えるため日本語があちらこちらに飛び交います。And、Japan to sign with neon lit in front of、May remember while overseas。However,、Because it can attract a fluent Japan language is a smattering of fierce、1To go out with people、ある意味危険な街となりそうです(笑) タニヤ通りを抜けて歓楽街のメーン通りパッポン通りへ向かいます♪ シーロム通りからスラウォン通りまでの道がパッポン通りでありパッポン1とパッポン2という2本の道がありますバンコク有数の歓楽街として有名で、Introduction to Japanese、多くの外国人で夜中まで賑やかな通りとなります♪ 夜の遊び場として賑わうパッポン通りこちらも日本人目当てに話しかけてくるお姉さんの呼び込みが激しいです(笑) パッポン通りは何も歓楽街だけではありません毎日開かれる「パッポン・ナイト・バザール」という観光客を相手にしている露店で賑わいを見せ、The products are available at quite reasonable prices price negotiable, so it is recommended、Negotiations are poor Botta is so watch out。Now、The end of the night、高層タワーの屋上からバンコクの夜景と行きましょう♪ タイ・バンコク旅行特設ページ バンコク旅行の全ての記事はこちらからご覧いただけます! http://lade.jp/Thailand/..

Scroll to top