"鄭王廟"去一次日落從湄南河的曼谷半島酒店意見

宿泊ホテルのペニンシュラ・バンコクさんに戻るためにChao Phraya Express チャオプラヤー・エクスプレス・ボート乗り場のNo.13のPhra Arthit プラアーティット船着場(別名Banglampoo バンランプー)へ向かいますChakkraphong Road チャクラポン通りを渡ってRam Buttri Road ランブトリー通りを進むと左手に「ワット・チャナソンクラム(寺院)」があるのでそちらを囲むようにあるランブトリー通りをそのまま進みましょう♪ チャクラポン通りとランブトリー通りの交差点には市内観光ツアーをリーズナブルに提供しているトゥクトゥクが目に付きましたトゥクトゥクの上に運賃表を見せておりワットポーなどの王宮地域までがB50(日本円にしておよそ180円ほど)と記載されていますカオサン通りで客引きしてきたトゥクトゥクに価格を提示してもらったらB150(日本円にしておよそ540円ほど)と言ってきたところもあるためこちらはかなり良心的な価格のように思います必要がないため乗ってはいませんが良心的なトゥクトゥクに出会えると嬉しいですね♪ ランブトリー通りを寺院に沿って進むとT字路が見えてくるのでそちらを右折します後は真っ直ぐ進めばPhra Arthit Road プラ・アーティット通りにぶつかります♪ 角にセブンイレブンの看板が見えたらそこがプラ・アーティット通りです。剛、喉が渇いたのでセブンイレブンに入りましょう♪ タイで気を付けなければならないのはコンビニエンスストア等のアルコールの販売時間が11時~14時までと17時~24時までと制限されていることですこの時の時間は、17時を迎えるまであと2~3分と言ったところでしたがアルコール売り場にはこのようにシールが貼られており売ってもらえません他のショップでもカバーをかけたりロープで固定したりと様々な方法で制限されていますホテルやレストラン等では問題ありませんが外出先でアルコールを購入する際には注意が必要です。答案是肯定的、17時を過ぎるのを店内で待ちきちんとビールを購入させていただきました♪ プラ・アーティット通りを渡りTake a Boatと書かれた看板の路地に進みましょう♪ No.13のPhra Arthit プラアーティット船着場(別名Banglampoo バンランプー)はこの奥にあります♪ 観光客の行く道には必ずお土産屋が軒を連ねます軒先には様々な国の国旗を掲げて歓迎ムードです。泰國人、明るく優しい人が多く笑顔が溢れる国というのが魅力の内の1つですね♪ 細道を通り抜けた先にNo.13のPhra Arthit プラアーティット船着場(別名Banglampoo バンランプー)の乗船チケット売り場となります♪ 帰りのチャオプラヤー・エクスプレス・ボートも急行のオレンジ・フラッグボートに乗るため運航料金はどこまで乗っても区間中の料金は一定でB15(日本円にしておよそ55円ほど)です♪ No.13のPhra Arthit プラアーティット船着場(別名Banglampoo バンランプー) オレンジ・フラッグボートの急行に乗船します♪ No.12のPhra Pin klao プラ・ピンクラオ船着場からオレンジの袈裟をまとった僧侶が大勢乗り込まれてきました。在泰國、仏教社会のため僧侶が尊ばれる存在で優先されます♪ 日中は「Wat Arun ワット・アルン」の修復工事中の柵がハッキリと見えて気になりましたが、剛、夕陽が背景にかかり逆光でぼんやりと映る姿が美しいです。如果原始、夜にライトアップされるワット・アルンを写真に納めたかったのですがホテルのレイトチェックアウトの時刻が迫っているため今回は諦めることとなりました。下一次、もう少しゆとりあるスケジュールで観光を楽しみたいと思います♪ 美しい夕陽と静かなチャオプラヤー川の流れもうじき陽が沈み煌びやかなネオンが灯されます♪ No.1のOriental オリエンタル船着場に到着しペニンシュラさんのホテル専用無料シャトルボートを利用し対岸のホテルへと戻りましょう。酒店沿湄南河、位置很好、通過利用湄南河表達船和酒店的接送船、アクセス環境も整っていますバンコクの市街地にも程近くリゾート感溢れ優雅でラグジュアリーなひと時を過ごすことができるペニンシュラ・バンコクさんに是非一度は訪れてみてくださいペニンシュラ・バンコクのスタッフの皆さん短い期間でしたが本当にお世話になりました!さて急いでチェックアウトを済ませ「スワンナプーム国際空港」へ向かいましょう♪ The Peninsula Bangkok ザ・ペニンシュラ・バンコク http://bangkok.peninsula.com/ タイ・バンコク旅行特設ページ バンコク旅行の全ての記事はこちらからご覧いただけます!...

使用船隻導航河湄南河表達船寺一日游

「The Peninsula Bangkok ザ・ペニンシュラ・バンコク」さんでのホテルライフも3日目が最後となります。這一次、2泊4日という強行スケジュールでタイトな中、完美的天氣、バランス良く観光できたのも最高級ホテルでの快適な快眠・快食があったからだと思います海外旅行の際のホテル選びは、預算、立地交通の便、設施、快適性食事サービス等で慎重に選択されることと思われますがペニンシュラさんで過ごした3日間は良い思い出となることでしょう♪ 1階にあるブッフェ「リバーカフェ&テラス」にてモーニングをいただく3日目の朝チャオプラヤー川の朝の様子を眺めながらの優雅なモーニングも最後となりますいつかまた戻ってこれると嬉しいですね♪ ペニンシュラさんの宿泊者が安心して利用できるホテル専用無料シャトルボートを利用し対岸のオリエンタル船着場まで乗船します♪ 滞在中何度も利用させてもらったシャトルボート船着場を離れ遠目に映るペニンシュラさんの独創的なW型を眺めるのもまた楽しみの1つでもありました♪ 2~3分でオリエンタル船着場に到着しチャオプラヤー・エクスプレス・ボートの到着を待ちましょう♪ Chao Phraya Express チャオプラヤー・エクスプレス・ボートとはチャオプラヤー川の南北に運航している高速船です運航時間は朝6時頃~夜19時頃まで。宮殿和廟宇、チャイナタウンなどの観光名所や主要ホテルなどを訪れるには便利な交通手段ですチャオプラヤー・エクスプレス・ボートにはおよそ30ヶ所ある停留所すべてに停まる旗無しのローカル・ラインと急行のオレンジ・フラッグボートと特急のグリーン・フラッグボートと同じく特急のイエロー・フラッグボートと超特急のブルー・フラッグボートそして英語のガイドがある観光客向けのツーリング・ボートがありますボートによって停留所と料金が異なります乗船する際にはボートの旗の色と行き先番号を覚え色別に示された航路図で確認しておきましょう♪ 今回乗船するのはオレンジ・フラッグボートの急行です乗船券は船着場毎に発券所がありそこで行き先を伝えて乗船券を発行してもらいましょうボートが出航してしまいそうな時は乗船後に船内に回ってくる係員から乗船券を購入することも可能ですので慌てなくても大丈夫です♪ 船着場に立っている旗の色と同じ旗を掲げたボートが停まるためそれぞれの船着場で旗の色は事前に確認しておきましょうボートが停留する船着場ギリギリに寄せる際に係員が笛で合図しなが船長とコミュニケーションを取っていますがこの笛がまた恐ろしいほどに耳に響きます(笑)ボートはエンジンを止めないので乗船する際には足元に十分気を付けましょう♪ オレンジ・フラッグボートは急行でおよそ20分間隔の運航となりますTha Tien ターティアン船着場まで暫しクルージングを楽しみましょう♪ 人で混み合う船内で手に硬貨を入れた缶を振ってジャラジャラと激しい音を鳴らしながら乗船券を発行する係員のお姉さんが回ってきましたオレンジ・フラッグボートはどこまで乗っても区間中の料金は一定でB15(日本円にしておよそ55円ほど)となります♪ こちらが乗船券です風で舞ってしまいそうなぐらい薄くヒラヒラの紙切れです無くさないように後生大事に握っていましたが停留所で回収されなかったので驚きました!これだけの大人数をさばいているのにどうやって乗船管理しているのか不思議です! ペニンシュラさんのトゥクトゥクツアーにもある「Chee Chin Khor Moral Uplifting Societies」によって建てられた泰国德教会紫真閣が見えてきました。然而,它也、昼のチャオプラヤー川の汚染具合は目に余るものがあります。在晚上、夜景に気を取られており水面にネオンが反射してキラキラと綺麗なため気にならないのですが(笑) タクシン王が旧王朝の菩提寺とした「ワット・アルンラーチャワラーラーム」です一般的には「Wat Arun ワット・アルン」で知られています”ワット・アルン”とはタイ語で”暁の寺”を意味します対岸から見ても美しい大仏塔とその四方に置かれている小仏塔の佇まいはバンコクを象徴する景色の1つといえるでしょう♪ #8のTha Tien ターティアン船着場に到着しましたこちらの船着場は寺院を巡る多くの観光客が訪れるため賑わっています♪ 観光客を相手に商売をするお土産売り場が軒を連ねタイの手作り民芸品や雑貨などが手に入ります♪ 小さな市場に屋台や露店が開かれておりバナナを焼くお母さんの姿やフルーツを食べやすいようにスティック状にして売るおじさんの姿が見られますそしてターティアンは別名「干物市場」とも呼ばれておりあちらこちらに干物を扱う露店が存在します♪ ターティアンの市場を抜け道路に出るとトゥクトゥクが路駐で並ぶ姿が見られますそのままタイワン通りを進めば徒歩数分のところに「Wat Pho ワット・ポー」(正式名称ワット・プラ・チェートゥ・ポン・ラーチャ・ワ・ララーム)の正面入口が見えて来ます。我可能是。、バンコク最古の寺院へ到着です♪ タイ・バンコク旅行特設ページ バンコク旅行の全ての記事はこちらからご覧いただけます! http://lade.jp/thailand/...

使用免費穿梭船提供的曼谷半島酒店和公共遊船!

「The Peninsula Bangkok ザ・ペニンシュラ・バンコク」さんは宿泊者が安心して利用できるホテル専用の無料シャトルボート4隻を朝6時頃から夜23時30分頃まで 一定時間運行されており対岸のオリエンタル船着場 Oriental Pierやペニンシュラ船着場 The Peninsula Pierさらにはサパーンタークシン駅 Saphan Taksin Stationまで行ける サトーン船着場 Sathorn Pierまでの3ルートで案内してくれますタイ・バンコク入りした初日の夜は、2012年4月27日にオープンされてからというもの話題沸騰中のナイトマーケット 「Asiatique The Riverfront アジアティーク ザ リバーフロント」へ行ってみることにいたしましょう♪ チャオプラヤー川を行き交うボートたちの中でも、船本身導航,並想知道如果給光、 曼谷半島酒店穿梭船和清楚地標識和我往返船隻將。 1日におよそ650往復もされるこちらのシャトルボートは本当に便利です♪ シャトルボートの操縦士と船上員が1人。 是在船上、一定程度上動搖了水、請把正確撿起來。 如果你告訴你會去哪兒的三個路線騎在哪裡,了嗎?。 この時は「アジアティークへ」とお願いしサパーンタークシン駅まで行けるサートーン船着場まで乗せていただきます♪ この時間は、幾個使用者的酒店嗎?、渣打銀行的狀態是。 所以他跑,不管有多少、大変助かります♪ 夜のバンコクは、含水量較少比想像、非常愉快的溫度。。 和運行一條船、舒適的風格、キラキラと揺れる水面の輝きと高層タワーの夜景がロマンティクな時間を演出してくれます♪ 左手には金色に輝くドームを冠した「lebua ルブア」その右手前には「Shangri La Hotel Bangkok シャングリ ラ ホテル バンコク」と5つ星ホテルが立ち並びます♪ ホテルからサパーンタークシン駅まで行けるサートーン船着場までは、 在約 5 分鐘車程、あっという間に到着です♪ サートーン船着場からはアジアティークへ向かう観光客が多いため、 沿著小溪走、アジアティーク行きの無料シャトルボート乗り場へ。 17時からオープンするアジアティークですが、18從許多商店開出時間、 在考慮去太早以不好玩的晚上。 作為一個結果、18時以降から20時ぐらいまでの時間帯は極めて大混雑が予想されます。 除非你去第一次、20時~21時ぐらいの空き始める時間帯がお勧めでしょう♪ この時はかなりの大混雑で2回ほどボートを待つことになり、 10分~15分間隔で運行されていますが、30有大約是的輪候時間。...

滾動到頂部