"Wat Arun" take sunset from the Chao Phraya River, to the Peninsula Bangkok views

宿泊ホテルのペニンシュラ・バンコクさんに戻るためにChao Phraya Express チャオプラヤー・エクスプレス・ボート乗り場のNo.13のPhra Arthit プラアーティット船着場(別名Banglampoo バンランプー)へ向かいますChakkraphong Road チャクラポン通りを渡ってRam Buttri Road ランブトリー通りを進むと左手に「ワット・チャナソンクラム(寺院)」があるのでそちらを囲むようにあるランブトリー通りをそのまま進みましょう♪ チャクラポン通りとランブトリー通りの交差点には市内観光ツアーをリーズナブルに提供しているトゥクトゥクが目に付きましたトゥクトゥクの上に運賃表を見せておりワットポーなどの王宮地域までがB50(日本円にしておよそ180円ほど)と記載されていますカオサン通りで客引きしてきたトゥクトゥクに価格を提示してもらったらB150(日本円にしておよそ540円ほど)と言ってきたところもあるため、Think like a quite reasonable price here。There is no need, not、良心的なトゥクトゥクに出会えると嬉しいですね♪ ランブトリー通りを寺院に沿って進むとT字路が見えてくるのでそちらを右折します。After、真っ直ぐ進めばPhra Arthit Road プラ・アーティット通りにぶつかります♪ 角にセブンイレブンの看板が見えたらそこがプラ・アーティット通りです。Just、喉が渇いたのでセブンイレブンに入りましょう♪ タイで気を付けなければならないのはコンビニエンスストア等のアルコールの販売時間が11時~14時までと17時~24時までと制限されていることです。At this time、17時を迎えるまであと2~3分と言ったところでしたが、In the alcohol Department、And a sticker attached to this、Could you sell。Cover or any other shop、ロープで固定したりと様々な方法で制限されていますホテルやレストラン等では問題ありませんが外出先でアルコールを購入する際には注意が必要です。Of course、17時を過ぎるのを店内で待ちきちんとビールを購入させていただきました♪ プラ・アーティット通りを渡りTake a Boatと書かれた看板の路地に進みましょう♪ No.13のPhra Arthit プラアーティット船着場(別名Banglampoo バンランプー)はこの奥にあります♪ 観光客の行く道には、Make sure the souvenir business centre。On the front of the House、Flying the flag of the various countries is a welcome mood。Thailand people、More and more bright and friendly people、笑顔が溢れる国というのが魅力の内の1つですね♪ 細道を通り抜けた先に、No.13 Phra Arthit good location Pier (also known as:Banglampoo バンランプー)の乗船チケット売り場となります♪ 帰りのチャオプラヤー・エクスプレス・ボートも急行のオレンジ・フラッグボートに乗るため、Flight fees、どこまで乗っても区間中の料金は一定でB15(日本円にしておよそ55円ほど)です♪ No.13のPhra Arthit プラアーティット船着場(別名Banglampoo バンランプー) オレンジ・フラッグボートの急行に乗船します♪ No.12のPhra Pin klao プラ・ピンクラオ船着場からオレンジの袈裟をまとった僧侶が大勢乗り込まれてきました。In Thailand、仏教社会のため僧侶が尊ばれる存在で優先されます♪ 日中は「Wat Arun ワット・アルン」の修復工事中の柵がハッキリと見えて気になりましたが、Just、夕陽が背景にかかり逆光でぼんやりと映る姿が美しいです。If the original、夜にライトアップされるワット・アルンを写真に納めたかったのですがホテルのレイトチェックアウトの時刻が迫っているため今回は諦めることとなりました。The next time、もう少しゆとりあるスケジュールで観光を楽しみたいと思います♪ 美しい夕陽と静かなチャオプラヤー川の流れもうじき陽が沈み煌びやかなネオンが灯されます♪ No.1のOriental オリエンタル船着場に到着しペニンシュラさんのホテル専用無料シャトルボートを利用し対岸のホテルへと戻りましょう。The hotels along the Chao Phraya River、Location is nice、By taking advantage of Chao Phraya Express boat and the hotel's own shuttle boat、アクセス環境も整っていますバンコクの市街地にも程近くリゾート感溢れ優雅でラグジュアリーなひと時を過ごすことができるペニンシュラ・バンコクさんに是非一度は訪れてみてくださいペニンシュラ・バンコクのスタッフの皆さん短い期間でしたが本当にお世話になりました!さて急いでチェックアウトを済ませ「スワンナプーム国際空港」へ向かいましょう♪ The Peninsula Bangkok ザ・ペニンシュラ・バンコク http://bangkok.peninsula.com/ タイ・バンコク旅行特設ページ バンコク旅行の全ての記事はこちらからご覧いただけます!...

Trying to use boats to move the river is the Chao Phraya Express boat Temple Tour

「The Peninsula Bangkok ザ・ペニンシュラ・バンコク」さんでのホテルライフも3日目が最後となります。This time the、2泊4日という強行スケジュールでタイトな中、Perfect weather、Well balanced atmosphere、最高級ホテルでの快適な快眠・快食があったからだと思います。Choose a hotel for traveling abroad、Budget、Location、Public transportation、Facilities、Comfort、Diet、サービス等で慎重に選択されることと思われますがペニンシュラさんで過ごした3日間は良い思い出となることでしょう♪ 1階にあるブッフェ「リバーカフェ&テラス」にてモーニングをいただく3日目の朝チャオプラヤー川の朝の様子を眺めながらの優雅なモーニングも最後となりますいつかまた戻ってこれると嬉しいですね♪ ペニンシュラさんの宿泊者が安心して利用できるホテル専用無料シャトルボートを利用し対岸のオリエンタル船着場まで乗船します♪ 滞在中何度も利用させてもらったシャトルボート船着場を離れ遠目に映るペニンシュラさんの独創的なW型を眺めるのもまた楽しみの1つでもありました♪ 2~3分でオリエンタル船着場に到着しチャオプラヤー・エクスプレス・ボートの到着を待ちましょう♪ Chao Phraya Express チャオプラヤー・エクスプレス・ボートとはチャオプラヤー川の南北に運航している高速船です。Flight time、朝6時頃~夜19時頃まで。The palaces and temples、チャイナタウンなどの観光名所や主要ホテルなどを訪れるには便利な交通手段ですチャオプラヤー・エクスプレス・ボートにはおよそ30ヶ所ある停留所すべてに停まる旗無しのローカル・ラインと急行のオレンジ・フラッグボートと特急のグリーン・フラッグボートと同じく特急のイエロー・フラッグボートと超特急のブルー・フラッグボートそして英語のガイドがある観光客向けのツーリング・ボートがありますボートによって停留所と料金が異なります。On the Board、ボートの旗の色と行き先番号を覚え色別に示された航路図で確認しておきましょう♪ 今回、Boarding of、オレンジ・フラッグボートの急行です乗船券は、Pier every box office by、Then tell where to go ask them issue a boarding pass。So I leave the boat when、Because it is possible to buy tickets from staff around on board after the Board、慌てなくても大丈夫です♪ 船着場に立っている旗の色と同じ旗を掲げたボートが停まるためそれぞれの船着場で旗の色は事前に確認しておきましょうボートが停留する船着場ギリギリに寄せる際に、Officials at cue are taking communication and the captain does not、This whistle is also fearful as to not stop ringing ears (lol) the boat engine、乗船する際には足元に十分気を付けましょう♪ オレンジ・フラッグボートは急行でおよそ20分間隔の運航となりますTha Tien ターティアン船着場まで暫しクルージングを楽しみましょう♪ 人で混み合う船内で手に硬貨を入れた缶を振ってジャラジャラと激しい音を鳴らしながら乗船券を発行する係員のお姉さんが回ってきましたオレンジ・フラッグボートはどこまで乗っても区間中の料金は一定でB15(日本円にしておよそ55円ほど)となります♪ こちらが乗船券です。Much like it fluttering in the wind、Is a thin piece of paper flutter like。The lovingly ruled to lose、停留所で回収されなかったので驚きました!これだけの大人数をさばいているのにどうやって乗船管理しているのか不思議です! ペニンシュラさんのトゥクトゥクツアーにもある「Chee Chin Khor Moral Uplifting Societies」によって建てられた泰国德教会紫真閣が見えてきました。However, it also、昼のチャオプラヤー川の汚染具合は目に余るものがあります。In the evening、And distracted in the night、水面にネオンが反射してキラキラと綺麗なため気にならないのですが(笑) タクシン王が旧王朝の菩提寺とした「ワット・アルンラーチャワラーラーム」です一般的には「Wat Arun ワット・アルン」で知られています”ワット・アルン”とはタイ語で”暁の寺”を意味します対岸から見ても美しい大仏塔とその四方に置かれている小仏塔の佇まいはバンコクを象徴する景色の1つといえるでしょう♪ #8のTha Tien ターティアン船着場に到着しましたこちらの船着場は寺院を巡る多くの観光客が訪れるため賑わっています♪ 観光客を相手に商売をするお土産売り場が軒を連ねタイの手作り民芸品や雑貨などが手に入ります♪ 小さな市場に屋台や露店が開かれており、His mother bake a banana and stick to fruit and then figure can be seen。そしてターティアンは別名「干物市場」とも呼ばれておりあちらこちらに干物を扱う露店が存在します♪ ターティアンの市場を抜け道路に出るとトゥクトゥクが路駐で並ぶ姿が見られますそのままタイワン通りを進めば徒歩数分のところに「Wat Pho ワット・ポー」(正式名称ワット・プラ・チェートゥ・ポン・ラーチャ・ワ・ララーム)の正面入口が見えて来ます。I may be.、バンコク最古の寺院へ到着です♪ タイ・バンコク旅行特設ページ バンコク旅行の全ての記事はこちらからご覧いただけます! http://lade.jp/thailand/...

Using the free shuttle boat provided by the Peninsula Bangkok and public boat cruise!

「The Peninsula Bangkok ザ・ペニンシュラ・バンコク」さんは宿泊者が安心して利用できるホテル専用の無料シャトルボート4隻を朝6時頃から夜23時30分頃まで 一定時間運行されており対岸のオリエンタル船着場 Oriental Pierやペニンシュラ船着場 The Peninsula Pierさらにはサパーンタークシン駅 Saphan Taksin Stationまで行ける サトーン船着場 Sathorn Pierまでの3ルートで案内してくれますタイ・バンコク入りした初日の夜は、2012年4月27日にオープンされてからというもの話題沸騰中のナイトマーケット 「Asiatique The Riverfront アジアティーク ザ リバーフロント」へ行ってみることにいたしましょう♪ チャオプラヤー川を行き交うボートたちの中でも、Boat itself the Navigator and I wonder if giving light、 Peninsula Bangkok hotel shuttle boat and identify clearly and I of shuttle boats will be。 1日におよそ650往復もされるこちらのシャトルボートは本当に便利です♪ シャトルボートの操縦士と船上員が1人。 Is on board、For a somewhat shaken by the water、Please pick up properly。 It is OK if you tell where during the ride on the three routes where would you go?。 この時は「アジアティークへ」とお願いしサパーンタークシン駅まで行けるサートーン船着場まで乗せていただきます♪ この時間は、Few users of the hotels?、Chartered status is。 So he runs, regardless of the number、大変助かります♪ 夜のバンコクは、The less moisture than thought、Very pleasant temperatures.。 And run a boat、Comfortable style、キラキラと揺れる水面の輝きと高層タワーの夜景がロマンティクな時間を演出してくれます♪ 左手には金色に輝くドームを冠した「lebua ルブア」その右手前には「Shangri La Hotel Bangkok シャングリ ラ ホテル バンコク」と5つ星ホテルが立ち並びます♪ ホテルからサパーンタークシン駅まで行けるサートーン船着場までは、 In about 5 minutes ride、あっという間に到着です♪ サートーン船着場からはアジアティークへ向かう観光客が多いため、 Walk along the stream、アジアティーク行きの無料シャトルボート乗り場へ。 17時からオープンするアジアティークですが、18Time from many shops open out、 No fun in going too early taking into consideration the night。 As a result、18時以降から20時ぐらいまでの時間帯は極めて大混雑が予想されます。 Unless you go for the first time、20時~21時ぐらいの空き始める時間帯がお勧めでしょう♪ この時はかなりの大混雑で2回ほどボートを待つことになり、 10分~15分間隔で運行されていますが、30There was a waiting time of approximately。...

Scroll to top