對酒當歌從事"拉洞穴 Aburi"日本業主和多國美食餐廳 (非公開)

在陋巷裡,在臺北的忠孝敦化、元々「東京咖哩本店」があった場所に、 使用新的概念商業模式更改、 2015年10月2日にリニューアルオープンさせた「La Cave Aburi(ラ・ケーブ・アブリ)」(2016年1月閉店)東京・台湾にて「東京咖哩」をはじめ、其他店將日本擁有者經營餐飲設施。 友人である稗田さんが、在這裡,他介紹了日本業主、 「グランドヴィクトリアホテル(台北維多麗亜酒店)Grand Victoria Hotel」の中華レストラン 「雙囍中餐廳(XI GARDEN)」でディナーした後に伺うことにしました。 店名、調理法で用いる「炙り」から「Aburi」と名付けられていますコンセプトは「ジャパニーズ・タパス」 和、西班牙、通過結合的墨西哥菜、 日本の繊細さを織り交ぜた多国籍料理をワインと共に楽しめるように タパス的な感覚で提供されてます♪ 入口は面ガラス張りで開放感に溢れ、 商店、天然木紋包圍、舒適的。 午餐、「東京咖哩」の「カレーセット」160TWD~(日本円にしておよそ590円~)提供されており「とんかつ定食」280TWD(日本円にしておよそ1,040円)も好評のようです! メニューは、從日本到西方菜豐富的變化和國際菜。 藁で瞬間スモークした「Champion Paella(シーフードパエリア)」380TWD(日本円にしておよそ1,400円)が一番人気とのこと! ワインは、他說 ︰ 主人,、 「台北にもっとワインを普及させたい!」との想いから、 雖然他們仍然有不斷的變化超過 80、以合理的價格提供。 進一步、這裡的商店裡、第2回世界利き酒コンクール準優勝者の呉裕隆氏を顧問として迎え入れ、 為了選擇是它。 9新年、超低温熟成させた呉氏のプライベートストックを分けていただいているようで日本でも手に入らないようなお酒もこちらのお店でいただくことが可能です♪ 奥へ進むと真っ赤な椅子が印象に残るカウンター席へと続き釜戸が設けられているキッチンの様子も伺えます♪ さらに奥へ進むと「La Cave」と店名にもあるように 「セラー(貯蔵庫)」のような「洞窟」のような個室が用意されています。 靜靜地依偎在僻靜的室內位置房間、 10參與者可以、 在涼爽的幌子、ワイン会などのイベントに最適な空間となります♪ 「ルイ・ジャド/コルトン・プジェ グラン・クリュ Louis Jadot Corton Pougets Grand Cru」フランス ブルゴーニュ ルイ・ジャド社は、1859成立于年、在葡萄園擁有 154 醫管局葡萄園、 環繞的查理曼大帝葡萄園變得傾向于輕輕頂"Les 哈雷"特級"的欄位、 5一個人的葡萄園所包圍、是場偉大結合這兩種堊白米與含鐵豐富的石灰泥土壤的特點。 黑紅寶石,生動的色彩、外緣有長紫色、 豐富和成熟的甜蜜、厚 100%黑比諾花束、深、還有風味的漿果和桶。 力強い構成と豊かな果実味のワインとして楽しめます♪ 「A9+WAGYU BEEF...

滾動到頂部