"L’Air café néo-bistro" Coffee pairing with co-star French chef and coffee Meister

In Taipei of Taiwan local food of famous shop started.、 ハイセンスな雑貨店やお茶屋が揃うお洒落スポットの永康街(ヨンカンジェ)そのエリアの小さな路地の交差点に位置するフレンチレストラン「L’Air café néo-bistro 風流小館」こちらは台北で人気のパティスリー「Boite de bijou(珠寶盒法式點心坊)」やデリ・カフェ「Take Five」と同系列となり食通の女性オーナーで空間デザインなどもされる林淑真(Susan Lin)が運営され「L’atelier de Joël Robuchon Taipei 侯布雄法式餐廳」出身の女性シェフである Dana Yuを迎え入れてオープンさせたネオ・ビストロです♪ 店内は、On the walls of the brick-colored natural wood furniture and its interior an calm.、 上質な空間ながらに居心地の良さや温かみを感じさせるのも 女性オーナーならではの空気感でしょうか♪ 今回こちらのフレンチコースと珈琲をペアリングさせるイベントを開催される 珈琲マイスターの「楽人阿仙(通称お仙さん)」に御紹介いただき参加させていただきました!(謝謝!) お仙さんは、Will be responsible to provide at this coffee coffee beans coffee roasting and sommelier。 He、Is food and drink (free people) is hard to define in a nutshell。 ベルギー「ブリュッセル王立音楽院(Royal Conservatory of Brussels)」のジャズ部を卒業され世界民族音楽シーンに中近東楽器の王様である撥弦楽器のウード(oud)奏者として今も尚、Has been active。 Beside that、FOODIE、Food critic、Cook、味覚提案者としての顔も持っています「楽人」とは「がくにん(学ぶ)」と「らくじん(楽しむ)」の両方の意味を持ち彼に一番相応しいタイトルです! 全てにおいて食べ物と味覚のセンス習得が特定領域からではなく様々な生活経験や美学など多方に渡り渉猟したものを彼は信じています世界中を渡り歩き食べ歩きをし続けてきたお仙さん。 He、Even now Asia focusing on gourmet asked journey continues to。 Now、自身のカフェを台北でオープンさせるために準備に精を出されています♪ ナチュラルな壁面に反して、Eyes bright blue wall continues to ground floor、 Casablanca's large paintings might impact。 Blue is there cool shades、 Without a sharp impression、程良いアクセントに感じるセンスの良さが伺えます♪ 店内の地下フロアは、8-Will in 10 or so private room available。 Coffee pairing for this event、When held in December last year became a sellout of popular、 今回の1月開催も満席のようで大変賑わっておりました♪ カウンター内はこちらのスタッフと共にお仙さんとその友人である「Laku Laku Cafe(樂樂咖啡)」オーナーの蔣漢聲(Booby Chiang)さんが 準備を勧められておりゲストの足並みが揃うのを万全の体制で待ち構えています♪ 今回のイベントは、For French full course seven dishes will pair 7 glasses of coffee.。 Be honest、開催される前までは「7杯も珈琲が続くの?」と不思議な思いが脳裏を過ぎっておりました!...

Nostalgic big hidden liquor Japan houses with local people who frequently visits Taiwan cuisine

木造2階建ての趣溢れる日本家屋をリノベーションし台湾の家庭料理を味わえる「大隠酒食(ダーインジウシー)James Kitchen」さん永康街の中心からは少し離れた路地裏にひっそりと佇みどこな懐かしいノスタルジックな雰囲気に包まれ赤提灯の灯火にそそられるお店平日は夜のみ営業されており居酒屋代わりに利用される地元民が多いです。Cook、Zhejiang cuisine、Guangdong cuisine、Japan food、そして台湾料理が中心となりオーナーのJamesさんは中国語はもちろんのことアメリカのカリフォルニアでレストランを15年に渡り経営されていたこともあり英語も堪能です日本語もスタッフさん共々カタコトであれば通じます嬉しいことに日本語メニューもあるので安心してオーダー可能です♪ 店内はテーブル席が20席ほどあり、2On the floor is、畳で寛げる和室となっています写真付きのメニューと日本語メニューを照らし合わせながらオーダーすることが可能で分かり易く価格帯もリーズナブル。Is your store、同じ永康街に支店の「小隱私廚(シャオインスーチュウ)James Kitchen」さんがあり大隠酒食さんより更にこじんまりとした雰囲気がお好きな方はこちらがお勧めです♪ Leeくんお勧めとお店のスタッフさんのお勧めを聞きながらオーダーします♪ 「台湾啤酒(台湾ビール大)」NT$100(日本円にしておよそ390円) 台湾におけるビール業界の最大手「台灣煙酒公司」が販売しているビールです。During the occupation of Japan's manufacturers here、日本人技術者によって設立された「高砂麦酒株式会社」という会社が前身となっており、After more than 90 years of history with proud、Will be representing Taiwan beer。The palate is、Unlike the Japan beer、No bitter taste and drinkability is up for sale。And sharp of Japan beer to anyone who likes a rich、Feels slightly pompous does everything but、台湾ではこれが当たり前です♪ 「炒青菜(空芯菜炒め)」NT$150(日本円にしておよそ590円) 空芯菜はシャキシャキとした食感に少し粘り気もあり大好きな野菜ですあっさりとした味わいでニンニクの風味が広がりビールの当てにもってこいです♪ 「白玉貝ハーフ(はまぐりの酒蒸し)」NT$135(日本円にしておよそ530円) 海外旅行での2枚貝は極力避けておこうと思っていましたが新鮮なはまぐりを見せられスタッフさんにもお勧めされたことと屋台ではないという安心感からいただくことにしましたプリップリの食感ですが魚介は海が変われば味も変わる。This is、Previous、南アフリカのケープタウンでも体験したことですが同じ貝類でもやはり味わいが異なります更に酒蒸しの酒も違えば風味も異なるものです日本とは異なる貴重な食体験香味葱と一緒に美味しくいただきました♪ 「台湾焼酎」NT$200(日本円にしておよそ780円) お茶をこよなく愛する台湾人は晩酌などというシーンはほぼ見られませんレストランなどの飲食店でもビールや焼酎紹興酒とメニューにはあるもののお店によっても異なりますがその種類の少なさといったら驚きです日本が恵まれ過ぎているのかもしれませんかと言って台湾人が全く飲む習慣がないという訳ではなく日本のように「食事会=飲み会」といった認識は少ないようで「食事は食事を楽しむ場所」のようです居酒屋的なこちらのお店でもアルコールを嗜みながら食事しているのはわたし達だけでした(笑)その反面BARなどは多数存在し食事とは別で皆で飲酒を楽しむという感覚は大いに有り得るようで安心しました♪ 「剥皮辣椒雞(鶏肉の唐辛子炒め煮)」NT$295(日本円にしておよそ1,150円」 「剥皮辣椒」とは青唐辛子を素揚げして皮をむき手作業で種を抜いて秘伝のタレに漬け込んだ漬物の一種です鶏の出汁をベースに生姜と青唐辛子と赤唐辛子を利かせたピリ辛料理でLeeくんお勧めの一品台湾バジルの香りが芳しく食欲をそそるお味でスープも一緒に味わえて美味しいです♪ 「トマト台湾醤油のマリネ」 台湾トマトをカットして台湾醤油と砂糖と生姜のソースに和えた一品です程好い甘味と酸味で台湾式のトマトの食べ方だそうです♪ 「醤蘿蔔(ジャンローポウ)赤大根の台湾漬物」 干した大根を胡麻油、Garlic、花椒、Talon、Soy sauce、Sugar、紹興酒などで作ったタレに漬け込む台湾のお漬物です日本のぬか漬けとは異なりますが独特の風味が癖になりお酒の当てになり個人的にはハマるお味で美味しかったです。On this day、他にも食べてみたい台湾料理があるので少しお腹に余裕を持たせてこちらはここで終了。3人で程好く食べて飲んで3,500円程度で済みました。Now、Next in line、台湾のソウルフードでもある魯肉飯を食べに行きましょう♪ 台北旅行記の特設ページはこちらをクリック! すべての台北記事がご覧いただけます! パソコン用 http://lade.jp/taiwan/ スマートフォン用 http://lade.jp/category/diary/travel-diary/taiwan/ Lee君の「台北を散策する!1日ウォーキングツアー」は 左のバナーをクリックして申し込みを! 大隠酒食(ダーインジウシー)James Kitchen 住所台北市大安区永康街65号 TEL:02-2343-2275 Hours of operation:17:30-23:30 Holidays:月曜日 (日本語メニュー日本語カタコトOK) 小隱私廚(シャオインスーチュウ)James Kitchen 住所台北市大安区永康街42-5号 TEL:02-2343-5355 Hours of operation:17:30-23:30 Holidays:月曜日 (日本語メニュー日本語カタコトOK)...

Qin garden matured as a delicious old tea shops enjoy the freaking difference oolong

熟成させるほどまろやかで刺激の少ない茶葉の老茶を専門に扱う「沁園(チンユェン)」さん。1985年に創業されて以来、We kept up with age-old manufacturing organic tea leaves using a charcoal。2010年9月には現在の永康公園前に移転元々骨董屋の経験がおありのオーナーの廖乃慧さんは、As Japan lived with her husband, is a fluent Japan language。廖さんは著名なプーアール茶の研究家でもあり、In the number of media that、台湾でプーアール茶といえば沁園さんといわれるほどの有名店です♪ 茶葉に限らず、Many types of tea、店内にはオーナーの廖さんのコレクションしている壷などの骨董もさり気なく商品の飾り棚として並びます全ての商品を廖さんが厳選し取り扱われています♪ 試飲は無料で体験できるので、Would you like to recommend the tea leaves。This time the、南投県産地の凍頂烏龍茶と台湾の中で最も美しい湖と言われている日月潭(リーユエタン)の湖の近くで栽培されている日月潭紅茶の2種をいただきます♪ 慣れた手付きでお茶を注ぐ廖さん。So provide us with instructions written in Japan、Is easy to understand how to BREW tea。Cute tea strainer using a real gourd (calabash)、As used by the article contains pretty。瓢箪茶こしも商品として取り扱われています♪ 一杯一杯丁寧に注いでくださる廖さんのお茶は、Is a mild, sweet taste and smell better。Even the same tea leaves、One decoction and two remarkable differences in decoctions、味わいが異なるのでその違いも是非楽しんでみてください♪ 茶器は、Want to enjoy the tea Board by.、But I gave up because of space and、白杯は、Affordable and sold in single units、1個NT$60(日本円にしておよそ240円)~購入可能です。Cute colorful tea cups.、飽きのこないシンプルなものをセレクトしました♪ お土産などの見た目的には、The box is recommended、Considering the bulky to fit in a suitcase、Recommended type of zipper bags for home。Of course some tea bags type、やはり茶葉で購入しました♪ 今回は、Even the ones who let me taste、Cars made in the improvement of breed Brown No.18、通称・紅玉(こうぎょく)を使って作られた「日月潭紅茶」50g NT$380(日本円にしておよそ1,500円)ミルク香が自然でまろやかな風味の「阿里山金萱」50g NT$220(日本円にしておよそ860円)、Frost top of eihei Takashi Mura region handpicked (1 core Futaba)、香り高く甘みのある味わいで一番人氣の茶葉「凍頂烏龍茶(極品)」50g NT$430(日本円にしておよそ1,700円)などをセレクトしました。Here's to your Bill、JCBカードを利用すると5%OFFになりお得です。Now、Next in line、Leeくんお勧めの日本家屋をリノベーションした食堂へ♪ 台北旅行記の特設ページはこちらをクリック! すべての台北記事がご覧いただけます! パソコン用 http://lade.jp/taiwan/ スマートフォン用 http://lade.jp/category/diary/travel-diary/taiwan/ Lee君の「台北を散策する!1日ウォーキングツアー」は 左のバナーをクリックして申し込みを! 沁園(チンユェン) 住所:Taipei City, Yung Kang city, 10-1 TEL:02-2321-8975、02-2395-7567 Hours of operation:11:00-21:00 Holidays:年中無休(旧正月中は事前に要予約) http://sinyuan-tea.myweb.hinet.net/...

Explore the streets bustling and eating good food gourmet specialties in Yung Kang city gastronomy gourmet town while

MRTの東門駅(とうもんえきドンメンジャン)の5番出口を出て信義路を暫く歩くと永康街(ヨンカンジェ)の入口に通じます永康街は、Introduction's famous beef noodle and dumpling、And the stalls of the matrix can be、Poker gathering ice store, such as、Culinary area of Taipei and is called the。Stylish grocery store and teashop、お土産を購入するにはお勧めの街です♪ 「鼎泰豊(ディンタイフォン)本店」 信義路沿いに小籠包を世界に知らしめた小籠包の名店「鼎泰豊 ディンタイフォン」さん本店があります「世界の10大レストラン」にも選ばれた小籠包が看板料理で上海料理のレストランチェーン店です。In the current、 Japan、アメリカ合衆国、China、Australia、Indonesia、(Thailand)、Malaysia、Singapore、韓国など世界中に店舗を構えています。1日に1万個以上もの小龍包を売り上げるほどの名店は夕刻を過ぎた頃店前は観光客の長蛇の列で賑わっています。At this point、待ち時間の案内には40分と書かれていましたわたし達は敢えてこちらには並びませんがどうしても足を運んでみたい方は遅い時間帯が狙い目です♪ 一切作り置きをせずオーダーを受けてからその場で卓越した技術を持つ点心師が1つ1つ手作りし「できたて」「熱々」「臨場感」をモットーにされていますスープが透けて見えるほど薄い手作りの皮は、18以上織り込まれる美しいヒダを誇ります。We have、台北旅行最終日に昨年2014年9月に新光三越台北南西店1館にオープンされたばかりの「鼎泰豊南西店」に足を運んでおりますので後ほどレポートさせていただきます♪ 鼎泰豊 ディンタイフォン 住所台北市信義路二段194号 TEL:02-2321-8927、02-2321-8928 Hours of operation:10:00-21:00(月~金) 土日、Holidays:9:00-21:00(本店) 休業日年中無休 http://www.dintaifung.com.tw/jp/default.htm 鼎泰豊さんを右手にし脇道を右に折れれば永康街(ヨンカンジェ)の入口です金華街との交差点までに両側の至るところに飲食店やショップが立ち並びます平行する麗水街も人気です♪ 台湾のタクシーは黄色の塗装で統一されているので「小黄 シャオファン(黄色ちゃん)」と呼ばれています初乗りがNT$70(日本円にしておよそ280円)/ 約1.5kmとかなりリーズナブルですので駅の階段が辛かったりする方は利用されることをお勧めします。However、Not to mention the Japan term、英語が話せるドライバーも少ないので基本は中国語(北京語)での応対となりますのでご注意を♪ 「天津葱柧餅(ティエンジンツォンジュアビン)」 いつも行列が絶えないという「天津葱柧餅(ティエンジンツォンジュアビン)」さん。The menu is、ふわふわ食感が自慢という葱柧餅葱柧餅とは小麦粉の生地に刻んだ葱を入れて焼き上げた葱餅のことです♪ この行列で10分~15分ほどの待ち時間なので早いものです。However,、隣のお店の入口を遮るほどまでに長蛇の列となってしまっていました屋台の臨場感からか今か今かと待ち焦がれる思いで鼻をクンクンさせながら待つのも楽しいですね♪ 順番が近付いてくると屋台での調理風景が覗けます。1つ1つビニール袋から出した生地をプレス機で薄く伸ばしプレーンはそれを鉄板の上でこんがりと焦げ目が付くまで焼き上げます調理するおばさん達の手捌きがあまりにも見事な早業です♪ ようやくわたし達の番がやって参りました! 日本語メニューが観光客の多さを物語っています一份(イーフェン)と書かれた原味はNT$25(日本円にしておよそ100円)でオリジナルのプレーンを意味し加蛋(ジャーダン)はNT$30(日本円にしておよそ120円)で卵入り九層塔加蛋(ジョウツェンタンジャーダン)はNT$35(日本円にしておよそ140円)で台湾バジルと卵入り火腿蛋(フオトゥイダン)はNT$40(日本円にしておよそ160円)でハムと卵入り起司蛋(チースーダン)はNT$40(日本円にしておよそ160円)でチーズと卵入り總匯(ゾンフイ)はNT$50(日本円にしておよそ200円)で全てのミックスとなりますベースとなるオリジナルも味わってみたかったのですが台湾バジルの香りやとろけるチーズハムや卵までもが全部入ってNT$50(日本円にしておよそ200円)とはあまりにも他のメニューに比べてお得過ぎるので總匯(ゾンフイ)の全部ミックスをオーダーしました♪ 「天津葱柧餅「總匯(ゾンフイ)」NT$50(日本円にしておよそ200円) 全部ミックスのせいかオリジナルよりかなりの厚みとなり食べ応え感満載です生地はもっちりとした食感で甘めのソースがかかっています小腹が空いた時に気軽に皆で分け合うには良いかもしれません♪ 天津葱抓餅 住所台湾台北永康街6巷1号TEL:02-2322-2765 Hours of operation 11:00To 22:30 Holidays:無休 永康公園の入口にお祭りのお知らせの提灯が出ており賑やかです♪ 「麺や黒平」 永康公園の目の前には「麺や黒平」という豚骨魚介系のつけ麺が売りの日本のラーメン屋さんが進出しています。Taiwan people、塩気の多いものを好まないそうなので日本よりかは薄味に仕上げてあるそうです♪ 麺や黒平 住所台北市大安区永康街10-3號 TEL:02-2397-0787 Hours of operation:11時~22時30分 永康街の日暮れ 「好公道(ハオゴンダウ)」 公館と永康街に2店舗を構えている庶民的な小籠包のお店「好公道(ハオゴンダウ)」さんです。1階のキッチンを抜け階段を上がれば100席ほどの食堂になっていますこちらは8個でNT$80(日本円にしておよそ320円)とかなりリーズナブルのようです♪ 好公道(ハオゴンダウ) 住所台北市永康街28-1号 TEL:02-2341-6980 Hours of operation:9:00-21:00 Holidays:旧正月のみ 台湾生姜専門コスメブランド「薑心比心」 2003年に創立された台湾で唯一の生姜コスメブランド「薑心比心 永康店」さん。2012年7月に永康旗艦店をオープンされています。30数種類以上の全てのコスメに東海岸の海抜800mの高原産の南薑(ナンキョウ)生姜を使用し台湾特有の野薑花(ジンジャーリリー)やジャスミンなどの上品な香りと組み合わせたりと温和な天然成分で女性に大変人気となっていますお土産には保湿成分の含まれたソープやハンドクリームがお勧めです♪ 薑心比心 住所台北市永康街28号...

Scroll to top