City crowded as Taipei Harajuku called "Ximending" youth fashion culture epicenter

「台北の原宿」とも呼ばれ流行発信地として若者が賑わう西門町(シーメンディン)は、 In the most popular shopping areas in the young、Crowded with many shoppers and tourists on weekends。 西門町は、It flourished as a commercial area located in the Wanhua District of Taipei City、 To hit outside the West Gate of old Taipei Castle、日本統治時代に「西門町」という名前が付けられ、 1890As the downtown area has evolved from the late。 1990In the late Taipei City's established a pedestrian here、Vehicle access is restricted to、 Feel free to enjoy the shopping place。 Current、A variety of weekend events、Other young、生mare変ri new international tourist attraction being。 Around the station、Various apartment buildings lined with Central Department store、 巨大なビルの「錢櫃 Party World」は全てがカラオケボックスとなっています♪ MRT板南線の西門駅(シーメンジャン)を出るとそこには西門町の街並みが広がり、 In a very lively area、Many people gather around the station even on weekdays。 Cute, reasonably priced fashion and accessory store is a sequence、Local high school student, also of the popular town。 Considering Japan fashion anime toy shop started.、As the maid、 Akihabara and reminiscent of street cameras and electronics to what exists in this area、 You can glimpse into youth culture of Taiwan。 有名な観光名所の「西門紅樓 シーメンホンロウ」などをはじめ、Shops are closed in the morning is due to、 Enjoy shopping and sightseeing、午後にお出掛けすることをお勧めします♪ ノスタルジックな雰囲気を醸し出す「西門紅樓 シーメンホンロウ」は、 Located in Wanhua District, Taipei City, Chengdu City Road、西門町徒歩区のすぐ近くに位置しています。 1908In the red brick style buildings was built in two-storey、台湾の三級古跡にも指定され、 Characterized by the appearance of height 8 m octahedron、日本統治時代には通称「八角堂」とも呼ばれていました。 Continue at the rear of the octagonal hall、Cross-shaped building on the first floor storey brick buildings。 Along with the building of the two kinds of structures at the time、西門市場と呼んでおり紅樓は西門市場の入口とされていました。 The Japan colonial period、Scope of this market's Chengdu City Road、Xining South Road、Expanded range of trapezoid is surrounded by the River in the city、 Now, though,、Continues to maintain its size。 After World War II、Octagonal hall is picked up by the Shanghai Commercial、その赤レンガの外観から「紅樓劇場」と呼ばれました。 Also in 1963、At the Red House Theater movies is the beginning.、"Look for a Red House Star Academy"、また簡略して「紅樓」とも呼ばれます。 1997In Taiwan Affairs Department、紅樓を第三級古跡に指定しその際に「西門紅樓 シーメンホンロウ」として正式に命名「紅樓」はただ歴史が古いだけでなく、In those buildings and to see also、 Design、日本人建築家の近藤十郎さんが担当しています近藤十郎さんは当時、And responsible for the Taiwan government-general building Department、Western architecture as been very good at。 Today the first floor、Cafe and exhibition space for souvenir shop and spread、 2階はライブハウス「河岸留言 西門紅樓展演館」があり、 Various artists appeared in film actors。 奥には16もの小さなショップが集まる「16工房」があり、Enjoy Taiwan designers works。 In the morning and still closed down in sales、Would be good for leisurely afternoon visit。 館内への入場は無料です♪ 「西門紅樓 シーメンホンロウ」の南広場はカフェが多く点在しますが、Seems crowded at night, during the day without anything。 こちらは「小熊村」というオープンカフェでこの一帯はゲイスポットとして有名です(笑) 駅前交差点付近には、Surrounded by large shopping。 「西門駅」を降りるとすぐ見えるのが「誠品116」です「台北の109」とでもいいましょうか若者向けのファッションブランドが多くテナントとして入っているビルとなります♪ 渋谷センター街のような雰囲気の西門町ゲートをくぐり抜け漢中街の通りを進みます漢中街には、Many restaurants and shops are lined up。...

Taiwan original cocktails at BAR like amba Taipei Ximending "聽吧 tingba" laboratory!

「台北の原宿」とも呼ばれる西門町(シーメンディン)に位置するデザイナーズホテル 「amba台北西門町(台北西門町意舍酒店)」内の5階には週末毎にイベントで賑わう「聽吧 tingba」があります「Legacy」とは、Become a famous Club of Taiwan origin brand、その名を取って「Legacy mini」とネーミング。 At the entrance、炭を用いてエコ消臭!(笑) 「聽吧 tingba」とは中国語の「聴 ting(聴く)」と「吧 ba(○○しよう!)」で「聴こう!」という意味を持ち人に耳を傾けさせる空間として様々なイベントを開催しています♪ マネージャーの袁敦佩(Patricia Yuan)さん(写真奥)と フロントオフィスマネージャーの李哲銘(Mark Li)さん(写真右)と 通訳に日本語が話せるフロントスタッフの黄馨美(Célia Huang)さん(写真左)に 施設を紹介していただきました♪ 「聽吧 tingba」のフロアは、As spacious and relaxing guest、 Antique sofa and ragged、圧縮したドラム缶がサイドテーブルに早変わりとユニークな施し! まるで70年代を彷彿とさせるノスタルジックな雰囲気が漂いタイムスリップしたかのような錯覚を感じさせる空間です♪ 壁には、300Vintage jeans more than a fashionable in art are covered、 至るところにリサイクルポイントが目白押し! こちらのホテルは、The original、大型デパートであった場所を 「エコ、High-tech、創作」を3大コンセプトにリノベーションしています♪ 「聽吧 tingba」のイベント情報はamba台北西門町の公式サイト内のイベントスケジュールをチェック可能です! amba台北西門町のスタッフは、Everyone has been a jeans and uniforms、 In an informal style and a familiar sense of distance and a guest、Staff was friendly and seems that is based。 You guys、とても親切で明るく笑顔が素敵なスタッフばかりです♪ 壊れてしまったスピーカーを無造作に積み上げポップにデコレーションし、Recycling。 Sound had gone really well、活躍できる場所を提供されたスピーカー達の姿はどこか誇らしげに見えます♪ 懐かしいアナログレコードが吊るされた遊び心溢れるレコードカーテン。 At any moment it flows when old skool breaks old retro antique radio。 All hotel is non-smoking、 「聽吧 tingba」内には、Equipped with suction 菸 "room" (SMOKING ROOM)。 Taiwan smoking rules are the same as the European、In contrast to Japan、There is no place to smoke in the building。 どうしても煙草を止めれない方には嬉しい部屋ですね♪ こちらは実験室をイメージしたバーカウンターを設置国際的に有名なバーテンダーであるJean-Marc Nolantを招き、The original cocktail creation。 amba特製の8種類のカクテルは、Utilizing the Taiwan local ingredients and fresh vegetables and fruits、With mixed herb liqueur、 台湾独特な香りが醸し出されます♪ カラフルな試験管やビーカーなどをはじめまるで科学実験でも始まりそうなlaboのような造りです! バーテンダーのBenny Jianくんにお勧めのオリジナルカクテルを作っていただきましょう♪ 「GRANDPA’S TEA(お爺ちゃんのお茶)」250TWD(日本円にしておよそ925円) (Gin,...

Check-in to the designer hotel is in a pedestrian paradise of young people of the city "amba Taipei Ximending"!

「台北の原宿」とも呼ばれる流行発信地で若者が賑わう西門町(シーメンディン)の歩行者天国に入り中心街とも言える武昌通り二段街と昆明街の交差点にある 「誠品武昌店」ショッピングモール内の5階~10階に位置する デザイナーズホテル「amba台北西門町(台北西門町意舍酒店)」は「AMBASSADOR Taipei アンバサダーホテル台北」が創立50周年を記念して、 2012年2月に立ち上げたセカンドブランドです最寄り駅はMRT西門駅6番出口から徒歩5分圏内と好立地にあり、 In the area、台湾小吃の屋台が立ち並び劇場やショップカフェや映画館などの専門店があり、 In Japan, Harajuku and Shibuya、秋葉のような雰囲気を醸し出す街となっています今回の台北取材旅行1日目は前回お世話になった「amba台北中山(台北中山意舍酒店)」の姉妹店でもある こちらの「amba台北西門町(台北西門町意舍酒店)」にお世話になります♪ 前回amba台北中山の記事はこちら! 新規オープンのデザイナーズホテル「amba台北中山」へチェックイン! http://lade.jp/diary/travel-diary/taiwan/43195/ 現代的なデザインを施し、Stylish and packed with playful、 160室もの客室を誇るデザイナーズホテル「amba台北西門町」の入口は誠品武昌店正門の右手にあるホテルに繋がるアプローチを奥に進みましょう♪ ホテル名のambaの「am」は「AMBASSADOR」の「am」を取り「ba」は中国語(北京語)の「吧(バー)」で「○○しよう!」の意味がありますホテル内には至るところに「○○吧(バー)」の文字が現れますので意味を考えてみるのも楽しいですね! ホテルサインの奥へ進むと館内へと進むホテル専用のエレベーターがあります♪ フロントオフィスマネージャーの李哲銘(Mark Li)さんが出迎えてくれたのでホテル専用エレベーターにてフロントロビーのある5階へと参りましょう♪ 5階のフロントロビーには、Front、Concierge Desk、 レストランの「吃吧 chiba」バー&ラウンジの「聴吧 tinba」 と創作スペースがあります♪ 「amba台北西門町」は、 Giving out always related to seasonal event decorations、 For the guest to enjoy、嗜好を凝らされています! 丁度10月下旬のこの時期はHalloween(ハロウィン)を模して遊び心満載のディスプレイを施しています。 With skeleton figurines with bench、記念撮影を楽しめます♪ フロントロビーの壁に飾られたカラフルなアート作品に御注目! 西門町の街を歩いているファッショナブルな女の子たちをモデルに描いたもので、 First glance、タイルのようなタッチの凹凸感のあるこの画は実は全て様々なシールを用いて描かれているのです!(驚!) ワーナー・ブラザーズ社によるアニメ「ルーニー・テューンズ」に登場する黄色い鳥のキャラクターである トゥイーティー(Tweety Bird)が一杯貼られているのでじっくりとお楽しみください♪ こちらのホテルも先日紹介した「amba台北中山」と同じく、"Eco-friendly、High-tech、創作」を3大コンセプトにされており施設内のところどころにリサイクル品を用いてユニークな設計デザインをされていますフロントデスク一面、Also、上部の照明には、2012年のホテルオープンを記念して、 2012個ものリサイクルペットボトルをハメ込んだポップなフロントデスクを設置! こちらにもHalloween(ハロウィン)をイメージして大きな蜘蛛や南瓜のお化けのお出ましですフロント背面一杯にディスプレイされた木の種は「amba台北西門町」は「AMBASSADOR Taipei アンバサダーホテル台北」のセカンドブランドなため大きな木のようなアンバサダーに対してambaはその木の種を表しているそうです♪ こちらのホテルでは日本語が話せるスタッフを昼夜共になるべく常駐されるよう心掛けられており、...

Scroll to top