Taipei Station directly connected "Palais de Chine Hotel" Check-in to the stately five-star hotel in Europe!

Located on the North to Taipei main station、Taipei City was built as a joint project with the Government of、 Large shopping mall "Q square (cue square) Beijing railway station: Takashi square" in that "Palais de Chine Hotel (paredesin) you Shanghai" is、Connected to the underground station, Taipei, boasts a perfect location。 2010Since opening in may、The hotel attracts attention、 Chen Rui, (Ray Chen) in the prominent architects and designers has been handled、 Décor oozes style of European design。 A red sign emerges around a bustling Taipei main station、 The logo image of stamp、ホテル名である「君品」の文字が一際目立ちます! 「君品」とは、Means "King of quality"、パレデシンは台湾で初のホテルチェーンブランド 「LDC Hotels & Resorts Group(雲朗観光)」が運営される5つ星ホテルです♪ パレデシンの1階はスペースの関係で、Only the Concierge counter seating、 To support the travel guides and taxi、Bertha virus、Banquet reservations are possible。 古い街並みでノスタルジックな雰囲気を醸し出す 人気の観光スポットである九份などへ出向かれる場合などのタクシー手配もされています桃園国際空港までは1,300TWD(日本円:4,680円)で案内されております♪ コンシェルジュカウンター コンシェルジュの本棚はカルロス1世(神聖ローマ皇帝カール5世)の図書館をイメージされていますヨーロッパの歴史や芸術がお好きなオーナーの好みに合わせ陳瑞憲(Ray Chen)がデザインしホテル全体に様々な要素を組み込まれていますコンシェルジュの上部にはラテン語で「PLVS VLTRA(Plus Ultra プラス・ウルトラ)」と記されており「もっと先へ」「もっと向こうへ」「更なる前進」という意味を持ち、 Adopted from the personal motto of Carlos、And the motto in the country of Spain、Is the word written coat of arms。 In establishing this term at the entrance、 「何事にも限界を超えろ!」というオーナーの想いが記されているそうです♪ エントランスホールには、Sparkling chandeliers and beautiful velour curtains are placed、 Exhibits of antique wooden horses with presence and、その大きさは何と本物の馬の等身大とのこと! このお馬さんの紹介は後程ホテルツアーにて詳しくさせていただきます♪ コンシェルジュカウンターにて、 Deposits with non-valuable items of luggage、Ask our morning Bell。 Was this day near midnight midnight、ベルサービスは24時間体制で受付けてくださいます♪ ホテル1階からエレベーターに乗り込み、6Go to the floor at the front counter。 Click here 2-4F is a Department established。 Decorated like a Merlot in the mirror in the elevator design、アンティーク風デザインとなります♪ エレベーター内の案内は、And touch screen、 英語・中国語の他に日本語表記もあり大変見やすくなっており便利です♪ エレベーターを6階で降りると、Spread out in front of the front desk lobby。 Colours and shades of dark tones filled with restless、 Using the walls quarried rock walls and chandeliers、And is the image of the European、 Well embraces the new design with the classical elements。 やはり陳瑞憲(Ray Chen)のデザインゆえに光や鏡を上手く使われていますね♪...

From West Railway Station Building A Taipei near Taipei Main Station in private bus of "KUO KUANG" to "Taoyuan International Airport"

台北駅(タイペイジャン) 4泊5日で滞在した10月の台湾・台北取材旅行も最終日を迎え、 This also、台北駅付近の台北西駅A棟から出ている「國光客運」のバスに乗って 「台湾桃園国際空港-Taiwan Taoyuan International Airport」までの道のりを紹介します。 Go directly to the bus station by taxi、台北西駅A棟とお願いしMRTを利用される方は台北駅の5番出口が最寄りとなり徒歩2~3分圏内です♪ 5番出口より忠孝東路を通り「新光三越 台北站前店」を左手にし西へ進みましょう♪ バスステーション「台北西駅A棟」正面玄関に到着しました。 The direction of a taxi、直接こちらで降ろしてもらいましょう♪ 「國光客運」の桃園国際空港行きバス乗り場は5番ゲートです。 1番窓口と5番窓口が「國光客運」窓口と表示されていますので1番窓口の総合服務台でバスチケットを手に入れます。 In February of this year when、バスチケット代が115TWD(日本円にしておよそ430円)でしたが値上がりし125TWD(日本円にしておよそ460円)となっていましたウェイティングスペース バスはおよそ15分~20分の間隔に1本運行しているため到着するまで暫し待ちます♪ 國光客運バス バスが到着したら、Put large luggage trunk。 The trunk is、For the Terminal to get off (No. 1 or no. 2)、 確認して荷物をトランクに入れるようにしましょう桃園国際空港までおよそ40kmとなりバスで高速道路を45分~1時間ほど走行すれば到着です。 Sit in a Chair and、-Increased bag of souvenirs, etc.、Heavy luggage、Tired has been pouring fast and furious。 Comfortable bus jolted、It seems bogged down just a little rest time from airport。 「家に帰るまでが旅」とは良く言ったものです。 Real、そうですね♪ 國光客運 http://www.kingbus.com.tw/...

In Taipei, really great procession 'subscript lucky in Hong Kong S.A.R. Michelin one star earned Dim sum!

中華料理で世界初のミシュラン3つ星を獲得した「フォーシーズンズホテル香港」の広東料理レストラン「龍景軒(ロンケイヒン)」の点心部門チーフだった麥桂培が独立し、2009年に同じく香港に開いた点心専門店「添好運(ティムホーワン)」香港の九龍半島中部の旺角に開いた店は、Enjoy a taste of first-class hotels at popular prices and become famous、By its ability、早くも1年後にミシュラン1つ星を獲得し連日多くの客に恵まれ「世界でもっとも安い1つ星レストラン」と謳われてきています。Now、5 branches in Hong Kong S.A.R.、4 locations in Singapore、フィリピンに1店舗と拡張し続けついに台湾にも2014年7月26日に「添好運(ティムホーワン)」1号店がプレオープンしました。The Grand opening、2014年8月28日となり、Day and night、I've heard rumors and long lines that make sense。もっとも安い1つ星レストランと評されたお店の台湾支店とは、What would you like what do you immediately visit。 Place、台北駅南側の8番出口が最寄りとなります。Rumors、Can see from that line at a glance、A Taipei station and conveniently located place。Established a waiting area in the entrance area of the store、Heaters are located for guests to wait in the cold。Along the way are lined up、Staff sent was asked for the name and number of。The rotation、That can be seen as somewhat early、As long as people wait to see、1We prepared for about an hour wait。 While lined up in advance so that menu、In some places equipped Board of photo。In addition、And we Japanese know、Staff who promptly, because it brought Japan Japanese menu、It is possible to order with confidence。驚くことにNT$98~138(日本円にしておよそ380円~540円)程度のお安いメニューがズラリと並びます。Sense of family would。 While waiting for the staff, I'm from handed order sheets so、We will fill the order number on the menu I want to eat。This time the、Shop for the first time that there、Can be ordered from the chef's menu.。 On this day、Common cold in Taiwan、気温10℃ほどの寒空の中でのウェイティング。On the way、Tea service is.、「わぁ!温かいお茶!」とぬか喜びするとお茶は冷たいプーアル茶でした(苦笑)流石に身体を冷やしたくなかったのでお茶のサービスを諦め旦那様がセブンイレブンのコーヒーを買いに走ってくれました冷えた身体に染み渡るホットコーヒーで生きながらえることができました(笑) ウェイティング1時間ほどで入店することができ、Was guided into a crowded store。Shop、Become a kitchen booth walls are decorated with shandmacle、Underscoring its increased work restlessly in、醸し出す雰囲気はフードコートです各テーブルに置かれたシェフお勧めのメニュー 店内サービスで配られる飲み物は不思議とお水ではなく白湯でした「酥皮焗叉燒包(パイナップルパンにチャーシュー餡)3個」NT$118(日本円にしておよそ460円) 看板メニューの内の1つである酥皮焗叉燒包は毎週末の2日間で3,000件オーダーされたという人気商品です。On the menu、パイナップルパンと表示されていますが、Open, broke through the surface of the dome-shaped sweet bread, such as crispy cookie dough、Sweet barbecued pork omelette of bean paste into in。Honest thoughts on personal and evaluated、Too sweet and elusive as a meal 1。本当に一押しメニューがこちらなのでしょうか一抹の不安を抱きながら、Internet photos of Hong Kong S.A.R. search... a bit more dough thickness and、サクサクふわふわしているようにも見えます(笑) 「鮮蝦菠菜餃(野菜入りエビ蒸し餃子)3個」NT$98(日本円にしておよそ380円) 薄皮から透けて見える鮮やかなグリーン。Contains spinach sauteed in garlic with shrimp、Also I dust texture。 「鮮蝦腐皮巻(エビの湯葉巻き上げ)」NT$138(日本円にしておよそ540円) 湯葉はサクサクというよりザクザクで、Too thick and too much sucking up oil and is a little heavy。 「咖哩牛腩拉麵(牛肩バラ肉カレーうどん)」NT$138(日本円にしておよそ540円) こちらもシェフお勧めの一品の中から選んだもの。Dish Curry cooked cubes of beef Udon noodles boiled with vegetables (carrots and potatoes).。With life chewy udon in Japan、Boiled vegetables、Leave the texture is fine and will be、Taiwan Boyle receives the usual impression of crunchy not hospital food。Essential in curry sauce and spices is a no、Light seasoning of extra milk。Once you have what looks like a、By pouring more school lunch in Japan ate Curry Curry、It is felt lonely without the smell of cilantro (coriander)。 「臘味糯米飯(ソーセージの蒸しご飯)」NT$108(日本円にしておよそ420円) 臘味(ラブメイ)とは、With Chinese sausage found in the markets of Hong Kong S.A.R.、糯米とは粘り気のあるお米でもち米のことです臘味を糯米と合わせて炊く(または蒸す)ご飯で、Hong Kong、And favorite of the Chinese national people's。もち米というと、Rice was texture, such as the click is my favorite、And here anytime for helpful with。Overall impression、Great hustle and bustle of the night less than hand every day、Such as the quality of the kitchen staff have fallen so far?。My name is only my personal impression, and、香港でミシュラン1つ星と讃えられるお店の支店と謳うに等しいものか疑問だけが残るお店です。Whether or not worthy of taste in a big queue and waiting until。Because the taste is different from each person、So far 申shi上gemasenn。All decisions will leave。Foods to enjoy、Because of think time will enrich the heart in our life、Now a little 口寂shi and lingering bitter memories。Quiet、Would you like to go back to the hotel。 台北旅行記の特設ページはこちらをクリック! すべての台北記事がご覧いただけます! パソコン用 http://lade.jp/taiwan/ スマートフォン用 http://lade.jp/category/diary/travel-diary/taiwan/ 添好運(ティムホーワン) 住所:Taipei Chiang Kai-shek, zhongxiao West Road further 36 No. 1 House TEL:02-2370-7078 Hours of operation:10:00To 22:00(L.O21:30) http://www.timhowan.com.tw/...

At Taipei station of Tokyo station and Hsinchu station get limited sisters tie-up Memorial limited IC card 1,000 pieces!

The Taipei main station (Taipei June)、1989In a huge building was completed in、 Decorated with a unique design that mimics the Chinese-style Palace、Conspicuous, is presence.、Swaying palm trees。 Six floors above ground、In 4 basement structure、Exit set up each four cardinal points are.。 Also there a huge food court on the second floor, are popular as gourmet spot。 Current、This station is a Taiwan Railway Administration line conventional line (commonly known as:台鉄)をはじめ台湾高速鉄路(同・台湾高鉄)や台北捷運(都市交通システム)の淡水線や板南線の接続駅となっています。 1The guests of the day、およそ40万人に達しており、Boasts the largest in Taiwan。 Here you will、新幹線と電車とMRTが運行されています♪ 今回台北駅に訪れた理由は台湾の新竹駅(シンチュージャン)と東京駅が交わした姉妹提携を紀念し日本人向けに発行された限定のMRT記念ICカードを申請するためです。 1913年に運用を開始した台湾の新竹駅と昨年2014年12月に100周年を迎えたと東京駅この2つの駅が2015年2月12日に姉妹提携を交わしました共に100年余りの歴史的建造物となり、Neither、当時日本を代表する建築家が設計したことが縁となっています。 As part of the PR、日本人向けにこちら台北駅で1,000枚限定の記念ICカードを無料で配布されているとのこと。 Immediately、申請場所に行ってみましょう♪ 台北駅の構内は、6Is equivalent to floor atrium、In the open atmosphere of the magnificent。 Back at skylight、And bathed in natural light from the ceiling is、 The weather is nice,、Will be endowed with comfort in the warm sunshine。 A strange sight.、Taiwan people、A habit is to sit down anywhere?。 Because that is where your take on、I feel a little uncomfortable、清掃機が終始動いていたため清潔さは保たれているようです♪ チケット売り場の横に11番窓口がありその右横側に12番窓口がありますこちらが12番窓口で台北駅で申請できる場所はこちらのみとなりますこちらでパスポートを提示しパスポート番号と名前を書き込み申請します。 There is also a Quaternary sense IC card limited edition 1000 copies * now shipping quit station。 百年風華世紀轉動と記された記念品。 During the、中国語で新竹駅と東京駅の説明書きがあり新竹駅と東京駅の駅のイラストが施された紀念ICカードが入っています。 Here is、Northern Taipei MRT and railway、バスなどで使える悠遊カード(悠遊卡)と主に高雄で使えるIPass(一卡通)のどちらかを選ぶことが出来ると聞いておりましたがIPass(一卡通)しか残っていませんでした。 However,、When to visit Taipei next time in this、You charge to the card、MRTの乗り換えがスムーズとなるわけです。 Because of limited edition、勿体無くて使えないかもしれませんね! さて、Next in line、香港でミシュラン1つ星を獲得したお店が台北駅前に支店を出店され、 Because the matrix is the subject day and night and I asked、そちらへ行ってみることにしましょう♪ 台北旅行記の特設ページはこちらをクリック! すべての台北記事がご覧いただけます! パソコン用 http://lade.jp/taiwan/ スマートフォン用 http://lade.jp/category/diary/travel-diary/taiwan/ 台北駅(タイペイジャン) http://www.metro.taipei/...

Scroll to top