Taxi based ride at higher speeds than the Keelung City, Taipei City at night enjoying home

基隆市より高速を走り台北市内へ戻ります時刻は20時をゆうに回っていましたがとても充実した楽しい1日だったため 印象としては夜中まで観光したイメージがあったほどの達成感があります(笑) 高速からの夜景で「台北101 タイペイイーリンイー」のイルミネーションを遠くに見ることができました昼の様子しか見ていなかったためラッキーです! その手前のビルは金融センターの「Farglory Financial Center(遠雄金融中心)」です台北101周辺は夜のネオンが美しいようなので 時間のある方は昼も夜も行かれることをお勧めします♪ 対の王宮のように美しい高層タワーが並ぶのは高級ホテル「GRAND MAYFULL TAIPEI(台北美福大飯店)」さん。 Here is、高級肉食材を取り扱う「MAYFULL(美福國際)」さんの運営する新しい高級ホテルとなります奥に小さく見える円形ネオンは「Miramar Entertainment Park(美麗華自樂園)」というショップングモール内の観覧車ですこの周辺一帯は開発が進んでおり高層マンションホテルの建設等が多く 先日ご紹介した「日本料理 祥雲龍吟」や「RAW ロウ」などの高級レストランがあるビルもこの周辺になります♪ 基隆河に架かりケーブルのフォルムが美しい「大直橋」帰りは空いていたこともありおよそ30分程で中山(ジョンシャン)の街に到着しました♪ 「囍壺人間茶館」 以前「春水堂」だった場所に「囍壺人間茶館」さんが新規オープンされています。 Here is、質の良い台湾茶葉を使用しタピオカミルクティーをはじめとした各種ドリンクに加え お茶菓子や麺類、Lo (suitable for have ウ ェ イ)、点心など幅広いメニュー展開となっています中山の街に着くと突然テリーさんが車を降りてこちらのお店「囍壺人間茶館」に入店し何かを購入しているようですわたし達は車の中で待機しテリーさんの戻りを待っていたのですが 何と!テリーさんからお別れの餞別を頂いてしまいました!(感動) テリーさん謝謝! 「珍珠奶茶(タピオカミルクティー)」NT$75(日本円にしておよそ290円) テイクアウトしてプレゼントしてくれた「珍珠奶茶(タピオカミルクティー)」は タピオカ用の太めのストローで簡単に吸い上げれるタピオカがゴロゴロと入っており 上品な香りと優しい甘味のミルクティーと一緒に飲み込る程好いサイズ感のタピオカですそれでいてモチモチの弾力は面白くあっさりとしているミルクティーはとっても美味! 思わずあっという間に飲み干してしまいましたタピオカミルクティーって甘過ぎる飲み物で苦手と思っていたのですがこれで苦手意識を克服することができました♪ テリーさんがお土産に持たせてくれた「牡丹仙子」の団扇艶やかな牡丹の花の妖精が描かれています夜市でいただいた食事代金を合計しお支払いを済ませ名残惜しくもお別れの時がやって参りました。 Mr. Terry.、日本語がとってもお上手でとてもハートフルで親切な方なので 心と心でコミュニケーションが取れる素敵なドライバーさんだと思います。 Nothing else、タクシー料金や高速料金さらに待機料金込み込みの1日貸切でこの価格は格安です! 多くの日本人観光客の方に、1日観光タクシーツアーをお勧めしたいと思います♪ 台北旅行記の特設ページはこちらをクリック! タクシーツアーで巡る観光スポットを一挙にご紹介! パソコン用 http://lade.jp/taiwan/ スマートフォン用 http://lade.jp/category/diary/travel-diary/taiwan/...

Try local food stalls called City and Keelung miaokou night city Taiwan a gastronomic evening

基隆駅(ジーロンジャン)から徒歩約10分圏内に位置しアクセスしやすい「基隆廟口夜市」。 Night city、Jin third road、愛三路~愛四路に面しています。 This evening in the city, has a long history、多くの参拝者で賑わう「奠濟宮」周辺の屋台から始まり市場へと進化し 歴史ある廟のお陰で発展した市場は「廟口夜市」と名付けられ基隆の街の観光スポットとなります台湾北部最大の基隆港を持つ「基隆廟口夜市」は 新鮮な魚介が手に入ることから台湾一の美食夜市と言われるほどに美味しい屋台が勢揃いします♪ 夜市のメーングルメ通りとされ賑わいを魅せる仁三路には 飲食の屋台のみが勢揃いし華やかな黄色の提灯が連なります♪ (※この提灯は土日のみ点灯) 仁三路の屋台には、Each decorated stand number、Easy to understand because Japan language representation。 25番「韓國魷魚羹(焿)」と27番「米粉湯」の間に「奠濟宮」があります♪ 「奠濟宮」 こちらには、As the guardian of the land's General of the Tang dynasty, China、陳元光(開漳聖王)を祀っています♪ こちらの神様にも拝拝(バイバイ)=お参りを済ませると ガイドのテリーさんが台湾式おみくじを教えてくれました! 両手で赤い半月形の木片を1対(半月2個)挟み 心の中で自分の名前、Address、What make a wish on the reported date of birth。 Piece of wood down on the floor、Determines whether or not the good fortune pulled against their wishes。 Pieces of wood down to the floor、Lands on front and back、That good fortune pulled。 If the table and behind the scenes behind the scenes、Start over again from scratch。 Out front and back、A long bamboo stick、Finally draw lottery numbers written on a bamboo stick.。 Taiwan-Fortune、とても時間の掛かる不思議なおみくじでした♪ 「呉家鐤邊趖」 廟前にある創業1919年のおよそ100年続く老舗の「呉家鐤邊趖」さん。 At night there are within the city boundaries、Stalls, not mortar tonari屋 stand number does not exist。 基隆港で水揚げされる新鮮な海鮮を使用しているのが特徴の有名店です♪ こちらの料理は、The original、中国大陸の福建省の名物「鼎辺糊」が台湾に渡り伝えられ「鼎辺趖」となりますじゃこや椎茸等で出汁を取ったスープの中に 海老のすり身団子、Chicken balls、Gold needle vegetables、Chinese cabbage、Lettuce、芹菜 (a kind of celery)、Garlic chips、 Fish、Shrimp、Soup with chicken, etc.。 そこに米粉に水を加えてペースト状にしたものを鍋に入れて火にかけ 水分が抜けて固まって来たところを鍋肌に沿わせて作る、Turn on the quirky noodle。 Along the curve of the Pan skin noodles、Look krung and wound, such as glico colon.、基隆の名物となっています♪ 店内は賑わっているので、Packed in round table。 Because it is a popular shop turnover、あまり待つことなく入店可能です♪ 「鼎辺趖」NT$55(日本円しておよそ215円) スープは透き通っており優しい味わいの中に魚介の旨みや野菜の甘味など様々な旨味が広がり最高! コロンのようなクルンクルンに巻かれた麺は広げると直径5cmほどのほぼ正方形をしています。 Thick, chewy texture also comes good in the soup、It is good because。 This is、是非ともお勧めしたい台湾のローカルフードの1つと言えるでしょう♪ 呉家鐤邊趖 基隆市仁三路27-2號 TEL:02-2423-7027 Hours of operation:10:30-24:00 After the warm soup and potato filled the hungry with noodles、仁三路に戻り前進します。 Rather than stand, albeit with a mortar、夜市で食事が出来たということが嬉しく この時点で何でも食べれそうな気分になっています(笑) 「士林夜市」の時は決して食べたいと思えなかったはずなのにこちらでは食欲が湧くほどに!(嬉) 士林と基隆で大きく違うのは、First of all、「臭い」が「良い匂い」に変わります! やはり嗅覚は、And the biggest weapon will determine whether or not the food。 And、Visually it looks quite different。 The food、食べなくても匂いと見た目で判るということです♪ 29番「魯肉飯專家」 台湾の煮込み豚肉かけ飯...

Grows as a trade port of northern Taiwan "Keelung Harbor and base, City Harbor district

「基隆港」 台湾北部最大の基隆港を貿易港とし古くから発展している基隆(ジーロン)の街台湾北部の天然の良港を基礎に 中継の港として台湾国内の内航航路と組み合わせた物流ネットワークを形成しています♪ 海辺に灯りがキラキラと輝き大きな船が停泊している静かな光景 大きく開けた基隆港を眺め深呼吸すると台北市内よりも空気が澄んでいるように感じます大きなイルミネーションは基隆の英語表記「KEELUNG」のUです♪ 「海洋廣場」 こちらに設置されているオブジェは昨年はアヒルの子で今年は木馬だそうです。 Height 6.5 m、Length 8.3 m、4.5tの重さと巨大です! 昼は記念撮影される方々の姿も見られるそうで ガイドのテリーさんが「写真2人デ撮リマショウ!」と夫婦2人の記念撮影をしてくれましたが 辺りは暗く、Only the light from the bottom while shooting、それはそれは恐ろしい写真となったことは言うまでもないでしょう(笑) 「慶安宮」 基隆市街の忠二路に面したところに位置する「慶安宮」。 Here you will、航海・漁業の守護神である媽祖(天上聖母)を祀っており 基隆奠濟宮基隆城隍廟と共に基隆三大廟の1つと言われています♪ 神様に拝拝(バイバイ)=お参りします♪ この辺一帯が早朝に市場が開催される場所とのこと! 基隆の街では、So to get fresh seafood、海鮮料理が最高に美味しいそうです♪ 基隆駅から徒歩約7分圏内の仁三路 「李鵠餅店」 基隆はパイナップルケーキの名産地として有名で 特に人気店のある老舗「李鵠餅店」さんはお勧めのお店です基隆自慢のパイナップルケーキを食べてみるとしっとりとして優しい甘さで本当に美味しい! 実は良くお土産で頂くパイナップルケーキのポソポソとした食感があまり好みでなく 躊躇していたのですがこちらのは本当に美味しかったです♪ 箱買いでも 単個買いでも可能で リーズナブル 「パイナップルケーキ」 NT$16(日本円約60円) しっとりと優しい甘味 「蚕黄酥」 NT$32(日本円約125円) 塩漬け卵の黄身入パイ 「頂呱呱」 仁三路と愛二路の交差点にある台湾で老舗のフライドチキンのファストフードのチェーン店「頂呱呱」さん。 Fried chicken that can buy in different parts、雞脖子(鶏の首)とかもあります(凄) 「新東陽」 台湾土産を幅広く扱うお店「新東陽」さん。 Pineapple cakes, dried mullet roe、And tea、Taiwan specialty variety hits。 However,、The source of this、老舗の肉加工メーカーで 品質の高さが国際的に認められている肉鬆やビーフジャーキーといった肉製品等を取り扱い 他にも、Abalone、ツバメの巣など商品は豊富で贈答品に喜ばれます♪ 基隆の街並を散策したところで基隆廟口夜市でローカルフードをいただくことにしましょう♪ 台北旅行記の特設ページはこちらをクリック! タクシーツアーで巡る観光スポットを一挙にご紹介! パソコン用 http://lade.jp/taiwan/ スマートフォン用 http://lade.jp/category/diary/travel-diary/taiwan/...

Enjoy the local cuisine in Keelung's famous seafood restaurant "Sea Dragon Pearl live seafood restaurant'

基隆(ジーロン)に数ある海鮮レストランのうち 「昱帝嶺」や「全家福」と並んで有名な「海龍珠活海鮮餐廳(海竜珠カイリュウシュ)」さん。 It is based, residents who once visited a famous seafood restaurant。 Here you will、新鮮な魚介類を活かした料理が堪能できます♪ 店内は、Very spacious、Hits the big round table。 Here you will、Steamed、Boiled food、Stir fry、Various seafood and fried foods (shrimp、Crab、Fish、貝)が何でも揃い 紅蟳油飯(カニご飯)や蚵仔麵線(カキ素麺)もあります。 Is there seafood restaurant、Meat and vegetable dishes、メニューはバリエーション豊かです♪ 店先の生簀には、Is a lot of shrimp and crab、Fresh seafood is lined with huge fridge Interior。 The local people、Is anybody here fish and seafood purchased or to、いわゆる魚屋さんの役割も果たしているようです♪ ほとんどのレストランでもそうでしたが、Tissue was installed here on the round table。 This is、日本でいうラーメン屋さんに置いてある汗拭き的な発想を思い浮かべますが 実は台湾では、Seems to use different alternative。 Many more are available at the round table originally set dishes and chopsticks to wipe it。 日本ではあまり無い習慣ですね(笑) さらに台湾のレストランを何回か利用して思ったのですが 高級店以外は、Does not come out of towels、Wash your hands ago eating?、Or recommend bringing wipes。 So a little cold on the coast、温かい烏龍茶が身体に染み渡ります♪ 小菜「花生」 お酒の当てになりそうなピーナッツです!台湾は本当にピーナッツが美味しいですね♪ 「鹽焗雞(塩漬けチキン)」 (大)NT$500・(中)NT$400・(小)NT$300(日本円(大)1,950円・(中)1,560円・(小)1,170円) 見るからにコラーゲンたっぷりの鶏肉で、Moist breast meat is back。 Before the little GLO is also and、手を付けるのに思わず躊躇しましたが 一口試してみると・・・おぉお!美味しい! プリプリ、Punipuni texture with salt as yaki-Niku, air-conditioned、Scent is the flavor of onion oil、Moist and has a flavor at Jussieu。 Compare with the chicken eating in Japan is not as moist in the sense of、ある意味衝撃的です! こちらは、In size and is probably。 And beams.、喰わず嫌いはいけません♪ 「蝦鬆(エビソング)」 (大)NT$500・(中)NT$420・(小)NT$380(日本円にしておよそ(大)1,950円・(中)1,640円・(小)1,480円) シロップに漬け込んで乾燥させた松の実と蝦(海老)、Onion and celery、Sauteed chopped oil co., Ltd.。 Is this you wrap crepe with fresh lettuce。 プリップリの海老の旨みと食感にレタスや玉葱のシャキシャキ食感がベストマッチング! これは日本人もきっと大好きな人が多いと思いますので 是非チャレンジしてみてください♪ 食べ方はこんな感じです。 First of all、Spread the crepe on hands from、Put lettuce、That put the equipment on the。 具を欲張るとはみ出ますので注意が必要です(笑) こんな感じで包み込んだら完成! 一口パクリ! きっと、Even with the delicious、ハマると思います♪ 「山蘇(オオタニワタリの炒め物)」 (大)NT$300・(中)NT$200・(小)NT$150(日本円にしておよそ(大)1,170円・(中)1,640円・(小)1,480円) オオタニワタリは、Malabar spinach and spinach stems that may drain、Yes No hagumi。 Eat stir-fry、Good texture of crunchy leaves。 No habit、サッパリとした味付けで美味しいです♪ 「炒飯(チャーハン)」1人前NT$70(日本円にしておよそ270円) パラパラと黄金に輝くあっさりとした豚肉のチャーハンです♪ 「鹽水蝦(茹でエビ)」 (大)NT$480・(中)NT$400・(小)NT$300(日本円にしておよそ(大)1,870円・(中)1,560円・(小)1,170円) 新鮮な海老を茹でただけのシンプルな料理ですがこちらの看板メニューともなり人気です♪ 「炒麺(五目焼きそば)」1人前NT$70(日本円にしておよそ270円) 少しとろみの付いたあっさりとした一般的な焼きそばです。...

Experience the weave "Yehliu geopark' natural outcroppings typical existence at Queen's head at Panorama!

Yehliu village near Taiwan's northernmost new Taipei City great-Ku (former Taipei County great village)、野柳岬の付け根にある風化や海により浸食されてできた奇岩の中に 女王頭(クィーンズヘッド)と呼ばれる美しい岩や様々な特徴を持つ奇岩が林立している 海岸自然公園「野柳地質公園(イェーリュウ フォンジン トゥーディンチュ)」。 The head of the beautiful Queen、侵食によりあと20年程の月日で折れてしまうとも言われています自然が織り成す美しい奇岩たちを大パノラマで体感してみましょう♪ チケット売り場で入場料を 1人当たりNT$80(日本円にしておよそ310円)支払い入場チケットを手に入れましょう♪ 入場ゲート前のトラベルインフォメーションセンターには、Map of Japan to DM of the free or paid but there are。 Also entrance to the、野柳地質公園一帯のマップが掲示されているので 頭にインプットさせてから進むと良いでしょう♪ ツアーガイドのグループ(特に中国人)が大変多いのでそのグループに付いていけば迷子にはならなくてすみますね♪ 奇岩をモチーフにして作られたキャラクター達 キノコ頭のようなこの子は野柳で一番多く見られる無数の穴が開いている蜂の巣岩です本当に蜂の巣のような岩が存在するのでしょうか♪ 女王頭2号 こちらは、In the said issue of the Queen's head rock、Exists in the anime rocks on the coast before the Park place。 左足元に2つの人の足のマークがご覧いただけますでしょうか。 Actually,、このマークに合わせて立った状態の位置から撮影しなければ 女王の頭に見えないのでご注意ください記念撮影で並ぶ人が多く慌てて撮ってしまったためにこの有様です(笑) 舗装された道を進むとスカッと視界が広がり見事な景色が飛び込んで参りました! 雨が降らなかっただけでも感謝しなければいけませんが晴天であればもっと気持ち良かったことでしょう♪ 一番奥に見えるのが野柳岬です蜂の巣岩 あちらこちらに先程のキャラクターの岩が本当に大量に存在しました! まるで本物の蜂の巣のようでこれは不思議な形の岩ですこれは岩石の表面に付いていた生物の層が溶蝕しさらに海水によって浸蝕を受けてこのような形になるのだそうです♪ 野柳地質公園は萬里郷にあり北海岸に突出した細長い岬で、1千万年にも及ぶ地殻運動や海蝕風蝕の影響を受け 奇怪な岩石が奇抜な海岸景観を展開しています全長1,700mの岬は大自然の石彫芸術ともとらえられ見る者を圧倒し台湾の代表的な観光スポットの1つとなっていますキノコ岩ともいわれる蕈状石は岩層の割れ目が海水の浸蝕を受けて 経年変化で砂岩の中の硬い部分だけが次第に露出していったものとなります。 Furthermore, solar radiation and candy、Wave、Exposed to strong winds、It is done this various mushroom rock。 野柳地質公園(ジオパーク)に立つ地元漁師の故「林添禎」さんの銅像 1964年に台湾大学の学生が足を滑らせ転落していしまい 地元漁師の林添禎さんが意を決して海に飛び込み救助にあたりますが、It was regrettably passed both。 その話に感動した当時の総統である蒋介石が林添禎さんの銅像を建てられたのです。 Along the coast that there、The wind will be strong、人が多過ぎるということを除けばとても気持ちの良い海岸公園です♪ 足場の悪い岩場には、Passages are equipped、女王頭(クイーンズヘッド)に向けての通路は、On the other hand would be way。 Also、公園内には所々に赤いラインが引かれており その先は、Zone and will do with care。 女王頭(クイーンズヘッド)の周辺は、Guards found in spied、Congestion in the column of people who enjoy the photo alone alone。 Year after year、女王の首と称される辺りが細くなっていってしまうため 補強すべきなのか自然の流れに添うべきなのか、Various discussions are being made so。 Because eventually I might end up getting some of it、神秘的と言えるのかもしれません♪ 30~40人ほどの中国人観光客の行列に並ぶのは偲びなく女王様の裏側から失礼してはいチーズ(笑) 実際に訪れるまではこの女王頭の画像をネットで拝見していると もっと海岸脇に孤独にそびえ立っている神々しい印象を受けており楽しみにしていましたが 今や観光名所となってしまい整備されていることもあり、Suddenly appears in the unexpected and unusual places。 On a sunny day、Only time can take slow、Also tell you in a different image may have。 However,、自然が織り成すパワーが作り出す奇岩は一見の価値がありますよ♪ あちらこちらに伺える奇岩の形は様々で、With easy-to-understand each naming。...

Scroll to top