Renovation of the old houses "Shennong Street" Old streets where you can enjoy stylish cafes and art galleries

The Shen Nong district of Tainan、In Taiwan's first trade specialty Center for Japan during the colonial period was known as the "North census area"、 It is over 200 years old and houses often save old historic city。 The name "Shen Nong district.、The Tainan yakuo-ji Temple is at the end of the street、 Shennong pharmaceutical God enshrined that derives from the。 From the sea road of lively boulevard with one step、Length 300 m or so narrow is the Shen Nong district。 This pathway is used、五條港に続く運河として利用されておりました。 Getting play, such as a revival of a nostalgic atmosphere.、 Today's trendiest cafes and art galleries、雑貨店などが揃う若者に人気のスポットでもあります♪ 神農街の名前の由来となった「台南薬王廟」「台南薬王廟」は、1685Erected in the year、Medicine is dedicated to the King Emperor (Emperor Shen Nung)。 King Charles the great、Known as Shennong emperor or bountiful late Emperor、 Licking every grass is doing research on medicinal plants、 Shen Nong Materia Medica Sutra wrote about the medicinal and poisonous plants、Known as the Bible of Chinese herbal medicine。 In the guardian god of health and medicine、Also、人々に農耕を教えたことから農業の守護神としても崇められています♪ ギャラリー兼ゲストハウスの「木子民宿(Muzi B&B)」。 Has renovated the old House、1On the floor is the art gallery、2Guest House to be on the floor、 Decorated with natural driftwood, wood frame photo、手作りの雑貨が並びます♪ 木子民宿 住所台南市中西區神農街145號 TEL:+886 972 922 632 Hours of operation:14:00-20:00 Closed on Mondays:無休 https://www.facebook.com/2010muzi ハンドドリップコーヒーを提供するカフェ 「南方安逸蔬食美酒咖啡廳(Do Right Coffee&Green Kitchen)」スパイスをふんだんに使用したカレー料理やベアードビールも楽しめます♪ 南方安逸蔬食美酒咖啡廳(Do Right Coffee&Green Kitchen) 住所台南市中西區神農街144號 TEL:+886 926 680 660 Hours of operation:11:00To 22:00 Closed on Mondays:Moon、火曜日 https://www.facebook.com/dorightcoffeeandgreenkitchen/ 猫カフェ「肥貓故事館(Fat Cat Story)」は2011年6月1日にオープン。 Cat goods from grocery & Cafe、素朴な手作りケーキと肉球チョコが人気です! 店内では、Enjoy time with cats、ゆったりとした時間を過ごせます♪ 肥貓故事館(Fat Cat Story) 住所台南市台南市中西區神農街135號...

Tainan Port Klang "Sai Kau Kin Old House" Guest house was renovated old house dating back 119 years

台南の旧市街である信義街には、Lined with old houses are reminiscent of Kyoto Machiya atmosphere、 There is a back alley feel nostalgic and warm。 こちら信義街の五條港に通訳とガイドを受け持ってくれた 蔡宗昇(James Tsai)が営むゲストハウスがあるということで、 Immediately、見学させていただくことに致しました♪ 民國前14年の1897年の古民家をリノベーションさせ古民家を1グループに対して1軒貸しするゲストハウス「屎溝墘客廳(Sai Kau Kin Old House)」。 While leaving the atomosphere of the 119-year-old history、Environmentally friendly and arranged for、 And stay in safe and clean is safe。 By booking on the Internet、オーナー蔡宗昇(James Tsai)は日本語が話せるためコミュニケーションが取りやすく便利です♪ 屎溝墘客廳(Sai Kau Kin Old House) 住所台南市中西區信義街3號 TEL:+886 931 820 552 https://www.facebook.com/sugozen/ ゲストハウスはオーナーである蔡宗昇(James Tsai)が主にデザインを施し、 Their request and are。 Spend on RC structure on the first floor and living room open so。 So that is the minimum needed to live、 台南ローカルライフを堪能したい方には最適なプライベートゲストハウスとなります♪ オーナーの蔡宗昇(James Tsai)は、While the photographer is our core business、 こちらのゲストハウス「屎溝墘客廳(Sai Kau Kin Old House)」も運営されています。 Renovating home born and raised, and play、Is breathing life into the revival in the form of guest house。 Within a short walk、若者に人気のスポットでもあるお洒落な街の神農街もあるため、 Long-stay relaxed and referred to as many may be revisited。 台南の街が大好きな蔡宗昇(James Tsai)は多くの方がこの台南に訪れ、1人でも多くの方に台南の良さを知ってもらえたらと、 Get ready to welcome tourists and try、 日々取り組まれています♪ 真っ白に生まれ変わった壁の一部に当時の壁を残しており、 Netherlands、From the precious brick wall has gone through during the occupation of Japan、 この古民家が過ごしてきた台南の歴史を感じることができます♪ 漆喰の壁にはゲストハウスに滞在した著名な方々のサインが記念に残されています♪ 中には日本で活躍されている台湾人歌手「一青窈」さんや...

Retro old house cafe of the back alley of Tainan "Cafe Flaneur" Walk around Puji Street

普済街と民族路の交差点に佇む「景福祠」「景福祠」は五條港の1つで、Land Park Temple which enshrines the people who live near the Buddha head Harbour.。 And was built in the Qing Qianlong 15 years (1750)、台南で唯一の三級古跡指定となっています♪ 「景福祠」の向かい側にある裏路地をたんたんと進み普済街を案内してくれる蔡宗昇(James Tsai)さん。 In the old town of Tainan、Scattered went one step from this small alley、 ぶらり散策するには面白い場所です♪ 煉瓦造りの古風な古民家。 Lined with old houses from、 軒先にスーツケースがぶら下がっている奇妙な光景を目の当たりにします! 蔡宗昇(James Tsai)さんが知り合いのカフェを紹介してくれると言うのです♪ その名も「Cafe Flaneur(カフェ・フラヌール)暖暖蛇咖啡館」「Flaneur」とはフランス語で「旅の浪人」を意味し「暖暖蛇」は台湾語で「ぶらぶら」といった意味合いがあり旅好きなオーナーの方智勇(Chih Yung Jon Fang)が、2012年10月にオープンさせたカフェの看板には絶滅危惧種に指定されている渡り鳥「黒面箆鷺(クロツラヘラサギ)」の姿があり「自由に旅をしたい」という想いの表れのように思えます♪ Cafe Flaneur(カフェ・フラヌール)暖暖蛇咖啡館 住所台南市中西區普濟街53號 TEL:+886 6 221 6569 Hours of operation:13:00To 22:00(Fri-Sat 23 am:00まで) 定休日水曜日 https://www.facebook.com/cafeflaneur/ 店内には、Pasted photos of the wall taken by owner of travel abroad.。 本棚にも旅に関連する本が多く、Is freely available。 静かに読書を楽しみながらお茶をしたい方は2階席がお勧めとのことです♪ 看板には台南の候鳥黑面琵鷺が! 旅好きのオーナーが撮影した写真! 旅関連の本が一杯! 「台湾環島 南風のスケッチ」と題された本を発見! こちらは「Pasadena(パサデナ)帕莎蒂娜台南市長官邸」にて通訳をお手伝いしてくださった大洞敦史さんの著書です台湾に魅せられ台南に移住した著者大洞さんが、 Taiwan the island the Taiwan ring by bike and on foot, was found face is depicted。 Taiwan and many local people involved know the real charm、 Not just over the tourist attractions、台湾の良さを掘り下げた本となります♪ カウンターで笑顔で出迎えてくれたのは蔡宗昇(James Tsai)さんの友人である毛怡婷(E-Ting Mao)ちゃん。 On this day、生憎オーナーの方智勇(Chih Yung Jon...

Through the turbulent history "Fort Provintia" castle Dutch was built in the Dutch colonial era

During the reign of the Netherlands was built in 1653 by the hands of Netherlands 'Chihkan Tower"is、1983Designated national first-class artifacts in、And sites artifacts representing Tainan、1990Is culture Park, maintained by the Tainan City Government and the Cheng Kung University professors in the early。 Known as Bo Luo Min barrier Castle (Zarandia Castle) was built at that time、 For the Netherlands who was once calling "hallmark" and Han people、Also called "red haired House.。 Netherlands Government、Ming cheng era、Qing dynasty、To spend time in Japan during the occupation and upheaval、Through the development of various Government、 Repairs and renovations several times been decorated。 Because the ticket gate next to the entrance on both sides watched lion、 入場料を支払いましょう♪ 入場料は、50TWD (Japan Yen:約180円)となります♪ 広大な敷地内は緑化の整備も成された庭園が続き美しい木々や芝に覆われた赤煉瓦の「赤崁楼」が良く映えます♪ 風情ある円形のアーチをくぐると、You can watch the original Chihkan、 Now、清の時代に造営された「海神廟」と「文昌閣」が建ち並んでいます♪ 色鮮やかに色彩を取り入れられた本殿「海神廟」は華麗で、 Look under the eaves of the roof slowly stretches empty draws curves are also beautiful、 At the end of the roof using a dripping pile heavy rafters expression of ancient architecture with traditional techniques、 Watch a molding of the CARP alive and dancing in the water。 中国様式で観る艶やかさとはまた一風違った魅力を放っております♪ 「海神廟」は1階と2階は資料展示場になっており「鄭成功」や「赤崁楼」について解説され、Writing at the time、Map、船の模型等が展示されています♪ 赤崁楼模型 鄭成功の肖像画 赤と青のコントラストが美しい ギシギシときしみ音が響く木製階段を上り、2Let's to the floor。 Worn wood is reduced, so are、Should be taken at your feet。 通訳担当の蔡宗昇(James Tsai)が優しくフォローしてくれます♪ 「海神廟」2階には、Photos of the Qing dynasty ruled Taiwan and ancient Taiwan and inland marine traffic map、 Topographic variation of Taiwan and mainland China、 And、Old Han Lou ship、Shipyard、Nanjing ship、Meng triumph boats、大型船舶模型が展示されています♪ 色とりどりの彩色が施された見事な梁は目を惹き付けます♪ 「海神廟」2階からの緑豊かな眺めはとても心地良く、 Along with the gentle feel of Tainan、心休まるひとときを堪能できます♪ 「海神廟」隣に位置し文昌帝を祀る「文昌閣」は1886年に建築されています。 The "tablet" was unfurled、清代に台湾知事を務めた沈受謙の直筆で「文昌閣」と記しており、Is very valuable。 Here you will、とても有名な受験の守護神である「魁星爺」がおり多くの学生が合格祈願に訪れています♪ 「文昌閣」1階には受験の守護神である 「魁星爺」の絵が飾られておりますが、2階には「魁星爺」が奉られています「魁星爺」は、In his right hand a brush、It has a chalk line on the left。 「魁星爺」のご利益にあやかるため、Many students come to pray for success、 絵馬のような札が掲げられている板が設置されています♪ 手書きの学問の書! 台南市長となった羽鳥又男の銅像! 日本人の銅像に敬意を表します! 日本人が1944年に発掘した「普羅民遮城東北稜堡」の基礎部分は、 Of sticky juice into sugar water、Stacks using a mixture of oyster shells were reduced to ashes by the bond red brick walls。 And fortress ruins was built during the colonial period the Netherlands、城の遺跡として残されています♪ 「文昌閣」の北西の一角には「蓬壷書院」と「大士殿」があります。 In a field study and learning to learn、The role of current school。 After the Taiwan Prefecture was abolished、1886年に「赤崁樓」の西側に「蓬壷書院」が設置されています♪ 学問にまつわる書がズラリ! 書院學規!...

Scroll to top