Alive with the history of the city in Piazza San Marco Venice's oldest comfort Cafe "Cafe Florian"

ヴェネツィアのサンマルコ広場内に1720年創業の伝統的なカフェ「Caffe Florian カフェ フローリアン」。The Café here is、One of the oldest in the cafe in Venice、Is famous as the birthplace of latte。1720Founding year is called "Alla Venezia trionfante (Alla Venezia Trionfante)、And the "Venice trionfonte"、Means "Venice triumphant"。Founded Café、While neighboring countries it occupied and、Backfill request, such as a ray of hope is the founder、May be so named.。After this cafe takes the name of founder Floriano Francesconi (Floriano Fracesconi)、That is called Café Florian。And have a history once attracted many artists here、In the movie "information"、ジェーン役のキャサリーン ヘップバーンがお茶を飲むシーンに使われたカフェであることでも有名です♪ カフェ フローリアンでは、Corridor with violin and cello、And can enjoy the live music and accordion、サンマルコ広場の名物でもある鳩たちと緩やかに過ぎ行く時間を楽しむことのできるテラス席も大人気です♪ ヴェネツィア最古のカフェということもあり、Popularity high tourist attractions and also because、Shop are located of tourists as well as locals。The doorman started.、At the airport, host Madam and gentlemen greets with a smile。Japanese tourists from、片言の日本語で話しかけてくれるから嬉しいですね♪ 1800年代の装飾がそのまま残り、Sparkling with glitter and decorated with paintings Golden walls、Enjoy the art of the Rococo Interior Cafe restaurant。The Crimson velvet sofa、女性なら誰もが憧れる優雅な時間を提供してくれます♪ 「Caffè Hag, Caffè d’orzo」€6,50(日本円でおよそ910円) デカフェ。Barley for Decaf Coffee.。I ordered the cheapest on the menu of Cafe (lol) still over a cup 900 yen。Take as a box so high it would not feel、Above this price point far more、1,500Is full of yen or more。日本でならランチ込みの価格帯ですね♪ 「Caffè Espresso miscela Florian」€6,50(日本円でおよそ910円) 自社ブランドのエスプレッソコーヒーですイタリアではどこのカフェでエスプレッソをいただいても本当に美味しかったですね♪ 丁度、Began live music on the terrace。This live music charge is € 6 (Japan yen approximately 840 yen) is added。 Feel the history in an extraordinary space、And tea while listening to an elegant live music played by the piano and the violin you can enjoy。I think there is value so that money can't buy. (life only once and thought、Would be nice to 気張ru:笑) まるでお姫様にでもなったかのような錯覚すら覚えてしまう店内嬉しさのあまり頬が紅く染まります♪ ヴェネツィアの街を楽しんだ後は、Water boat Island away.、Straight, boarded a bus and will continue until the Calenzano。The next time、カレンツァーノでのレストランディナーの紹介です♪ Caffe Florian カフェ フローリアン 所在地:Piazza San Marco 56/59, Venezia, Italy TEL:+39 041 520 5641 Hours of operation:10:00-24:00( 3-4 months,11The Moon is ~ 23.:00、12月~2月は~21時) http://www.caffeflorian.com/...

Views of the Grand Canal view from the Rialto-Bridge of marble and gondola ride

Northern Italy、Grand Canal on the Adriatic port Venice (Venezia) (Canal Grande Canal Grande) on one of the bridges spanning the four also called "white elephant" Rialto Bridge。 Located in the North of the Piazza San Marco、The first is a wooden drawbridge、Was known as the "bridge of wealth" was crowded with banks and commodities exchanges for。However,、At the wedding ceremony of her Duke、Or collapse under the weight of spectators、For the victim of fire、Calls for change to stone bridge、Completed in 1591, and was rebuilt in Marble Arch Bridge。In the appraisal of the bridge、Michelangelo also proposed public bridge plan Republic of Venice at the time.、Antonio da Ponte's proposal was adopted.。Side view "to" the arched bridge was shaped by、Sort's souvenir shop on the bridge、Also one of the attractions of Venice。 Views of the Grand Canal from the Rialto Bridge (Canal)。The Tower on the right、Church of San Giovanni CRISOSTOMO。 Shopping rows and stairs along both sides of the Rialto Bridge、Venetian souvenir's popular masked and venezianglas products、Precious metals、Crowded with tourists seeking souvenirs, leather goods。 A view from the bridge Central Canal。In the middle ages lined both sides of the Grand Canal and building。On the Canal、Cafes and restaurants is uniform across the Board.、Tourists enjoy listening coffee at the waterfront elegance you can see。And many gondolas.、Vaporetto (water bus)、Can admire the beautiful scenery the Moto scarf (water taxi)。 In Venice since ancient times and people's feet、The gondola has become a means of transportation、Is now indispensable to the city attractions。Although the basic rate is set、Let attendants may negotiate some discounts are available so feel free to。First of all the、Are looking for a green sign that says "GONDORE" station、The request to the border-shirted gondolier (rower)。1The boats per base 40 minutes € 80 (Japan yen approximately 11200 pie)、After every 20 minutes € 40 (Japan JPY 5600 yen approximately) will be added。19When、40-€ 100 (Japan at around 14000 yen) next、After every 20 minutes € 50 (Japan Yen about 7000 yen) will be added。Up to 6 people on board possible、Can we rent only with couples and newlyweds two。Because the prices are different depending on the size of the gondola and seasonal、Make sure ago boarding。And should be careful that、Wondering also how gondolier sings and is expected to。Gondolier's rowing generally, and not sing in the hand specialist。Understand that people who can sing and who can't sing、Please check in advance.。Because the song would be included、€5(日本円で700円ほど)のチップを渡すと良いでしょう♪ 徒歩で散策するのも楽しいですが、From a narrow alley with gondolas are complicated maze of unique water landscape is watching。Now、お次は1720年創業の世界最古のカフェを紹介します♪...

In Bakar water capital Venice's famous 'Trattoria Alla Vedova daytime drinking lunch

地元ヴェネツィアで愛されるバーカロ(居酒屋)の繁盛店「TATTORIA CA’ D’ORO Alla Vedova トラットリア アッラ ヴェドヴァ」さんは、1981年から続くトラットリアお店の正式名は「トラットリア カ ドーロ」といいヴァポレットの停留所「カ ドーロ」から歩いて2分という好立地にあります現オーナーであるロレンツォさんの母親が夫の跡を継ぎ1人で切り盛りしていたことから「アッラ・ヴェドヴァ(未亡人の店)」の通称で親しまれてきました。This time the、ヴェネツィアでのフリータイムにこちらのバーカロで昼飲みランチをしたいと思います♪ バーカロ(居酒屋)とは基本おつまみのcicchetti チケッティを摘まみながらワインの立ち飲みを楽しむお店のことですがこちらお店には立ち飲み用のカウンター席とテーブル席があります立ち飲み気分も味わってみたかったのですが今回は足の疲れを考慮してテーブル席でいただきますカウンター席横にはチケッティがたくさん並びどれも本当に美味しそう♪ ディナータイムは予約しなければ入店できない人気店のようですがランチタイムはタイミングさえ良ければ入店可能ですこの日も店前に人混みがあったので店内に入りスタッフさんに入れるか確認したところ、30分ほど待てば大丈夫と言われたので入口で待たせてもらうことにしました。Of course、イタリア語もしくは英語で話されるので片言とはいえヒアリングするのに大変です(笑)店内を見渡せば平日の昼のランチタイムからワイングラスを傾けて食事を楽しんでいる人が本当に多く日本ではあまり見られない光景が広がります雰囲気も温かみがある店内で混み合っているとはいえ程好いテーブルの距離間隔で居心地が良さそうです♪ 店内は壁面に掛けられた絵や写真ワインボトルなどが飾られ天井から垂れ下がる多数の銅鍋が目を惹きますテーブルと椅子はシンプルな木製で温かみがありテーブルクロスではなく食堂風に紙のクロスをセッティングされるためバーカロやトラットリアならではの気軽さがこんなところにありますね♪ メニューはもちろんイタリア語慌ただしいスタッフさんからは注文を聞きに来てくれないので近くを通った時に思い切って呼びかけましょうスタッフさんも忙しそうでお世辞にもとても丁寧とは言い難い応対ですが単語を拾いながら笑顔を忘れることなく何とか無事にオーダーすることができましたオーダーしたとおりの物が出てくれば御の字です(笑) 「Vino Bianco(白ワイン)」500ml €5(日本円でおよそ700円ほど)※席料が1名€1.5(日本円でおよそ210円ほど) 安ワインでもすっきりと水のように飲みやすく美味しいです♪ 「パン」 オリーブオイルやソースに付けていただくためかイタリアではどこのパンも硬めです昼飲みのワインしかも海外でのランチタイムとくれば聞こえる会話はイタリア語や英語が飛び交いスタッフさんはスラリと背の高いイケメンが多くその贅沢さについ顔の筋肉が緩みっぱなしです(笑) 「Piatto misto di pesce(魚介の前菜盛り合わせ)」小€9(日本円でおよそ1,260円) ヴェネツィアといえばアドリア海で漁れる新鮮な海の幸の料理がお勧め。Fish、、Squid、海老などその日お勧めの魚介の盛り合わせどれも白ワインのお供に最適です♪ 「Bigoli in Salsa ビーゴリ イン サルサ」€10(日本円でおよそ1,400円) ヴェネツィアの名物パスタビーゴリは少し太めのスパゲティでしっかりとしたコシがあり玉葱とアンチョビのソースを絡めた1品です日本人には少々塩気の濃さとオイルの強さを感じる人も少なくはないと思いますがこれぞイタリア!って感じのパスタでお酒の当てには良い感じです♪ 本当にタイミングが良かったのかわたし達夫婦が席に着いてからものの数分で入口付近にはかなりの人の列が出来ていましたネットで検索する方も多いようで日本人の姿もちらほら見掛けます次回はカウンターでの立ち飲みも是非経験してみたいですね♪ この路地の奥がお店ですがこの時は丁度工事中で目に付きやすく良い目印になりました水上バス(ヴァポレット)の停留所「CaD’Oro カ ドーロ」で降りそのままStrada Nova ストラーダ ノヴァを渡った小道の奥に存在しますもし迷子になってしまったらヴェネツィアで有名なお店の1つなので地元の人に「Dove Alla Vedova? ドーヴェ アッラ ヴェドヴァ?」と勇気を出して声掛けしてみるのも良いかもしれません。Now、お次はヴェネツィアが海運国として栄えた13世紀大運河に架けられた大理石の橋を紹介します♪ TATTORIA CAD’ORO Alla Vedova トラットリア アッラ・ヴェドヴァ 住所Calle del...

Laguna Murano glass Italy tradition art venezianglas boasts a history of over 700 years old workshop.

13At the turn of the century the Venetian Republic Government、Fear of glass was the principal trade goods in the Orient trading techniques to drain outside、The forced emigration to all glass artisans and their families from the Venetian island 1.2 km off-shore island in the Murano island。Glass craftsmen were forced to relocate、Forbidden to leave the island、Have severe past who tried to escape was sentenced to the death penalty。On the other hand、The Venetian Government、People who have contributed to the glass industry can be given the title of patrician hospitality。The glass industry was placed under the protection of Venice Government thus fully Venetian (Murano)、Unsteady and revive the ancient Roman mosaic technique and race techniques、It is going to build a strong position in the history of glass in the world。Just made this Murano glass "venezianglas (Italy,:Vetro di Murano Vettro di Murano) "and you can call。こちらはヴェネツィア本島にあるヴェネツィアングラスの老舗工房「LAGUNA MURANO GLASS ラグーナ ムラノ グラス」さん。In this tour、こちらの工房見学が組み込まれておりました♪ ヴェネツィアングラスは、Made using a soda without discard tradition of Islamic and Byzantine lead。After a cold crystal glass containing lead, quickly hardens into once-infused, molded、Alms and sculpture.、This is known as the beads。 On the other hand、The venezianglas、The types of glass melting furnace、Fresh, cold shears、Made with Freehand, using simple tools, such as the pincer、This network is called the beads。 The beads are compared to network、Maestro (artisan to create a glass) moment of art skills are needed、Crystal glass that is warm and、Maestro's personality、It is strongly reflect human nature, such as。 Also、The richness of the color is is one of the characteristics of disappointment、Red is the hardest color and、Cobalt blue deep、As the smoke haze to white、The color variation is 30000 colors、Combination of flexibility in a wide variety of colors, made piece is really beautiful.。Here、Mario's local guide of Venice、Alessandro's here she was introduced、Alessandro's and Mario's also fluent Japan language spoken more easily subject to description。何でも目の前でマエストロが花瓶作りの実演をしてくれるとのこと♪ 実演時間は、I think 5 minutes of what it was that、To the process of the vase、Great technology is also continuing to provide、Its brilliance、So beautiful feet。However,、Instantly the broken vase created this work in a simple thing for a show so。割るぐらいなら譲って欲しい・・・と思ったのはわたしだけではないはずです(笑) その後売り場へ案内された一同は、Get a fun product details while exchanging jokes with Alessandro's fluent Japan language。Even an expensive glass "is a strong venezianglas! "And the glass with 24 k gold shimmer and shine down on the table, shocking scene is out of the blue, I was very surprised。But leave intact the glass was falling、It is really sturdy.。That seems probably that repetition of the same thing every time is a series of jokes mixed flow、Venezianglas's, is take a direct、You will see with your own eyes and good。In the recent、Many venezianglas imitations (counterfeit) to visit our specialty store has been around since、ヴェネツィアングラス認定の商標が付いているものを選ぶことことをお勧めします♪ さてお次はヴェネツィアで最も有名なバーカロ(居酒屋)を紹介します♪ LAGUNA MURANO GLASS ラグーナ ムラノ グラス http://www1.ocn.ne.jp/~vsjapan/lagunajpn1.htm...

Happily spend tourist guide the beautiful water of the city of Venice, "St. Mark's Square Edition"

ヴェネツィア本島に降り立ち最初に目に飛び込んできたのはバルトロメーオ・コッレオーニ騎馬像です。15世紀のベネチア共和国の傭兵隊長でヴェネツィアへ多大な貢献をした人物です騎馬像の下には台座と女神と有翼の獅子像たち奥に見えます小さな橋はため息橋。16世紀に架けられたヴェネツィアの橋の1つで、At that time、ドゥカーレ宮殿と牢獄を結ぶ橋宮殿の裁判で有罪になると罪人はこの橋を渡り二度と出ることができないといわれた牢獄ヘ移送されてしまいます罪人は橋の小窓から見える美しいヴェネツィアの風景に「もうこれでベネチアの街ともお別れか」と絶望のため息をついたことからこの名が付いたそうです。In the current、牢獄は使われていないので罪人と同じようにドゥカーレ宮殿から橋を渡り牢獄を見ることができますよアクア・アルタが発生し冠水し始めた時に使用する通路パッセレーレ(仮設の歩道)です。120cmほどかさ上げする高床式ですが頻繁に起こるアクア・アルタにヴェネツィアの方たちは順応し水が押し寄せてきた段階で早々にこの板を渡し通路を作りお店の商品などを手早く高い所へ移動させたりしながら生活を守っているのです。 Just、街中に海水が入り込んでくる貴重な瞬間を捉えることができました水ではなく海水ですので革靴の方は傷みますので要注意ですよ! ヴェネツィアらしい光景といえば、This。車両規制がされているため交通手段はVaporetto ヴァポレットと呼ばれる水上バスや水上タクシー、Gondola、トラゲットなどが存在します大運河には4つしか橋がないため橋から遠い場所は運河の両岸を行き来するこのtraghetto トラゲットと呼ばれる渡し船を利用します乗り場は魚市場のあるペスケリア広場カ・レッツォーニコ付近など大運河沿いに7ヶ所あります料金は1回€0.5(日本円でおよそ70円ほど)でチケットはなく直接漕ぎ手に渡します優雅なゴンドラと違い安価なのは助かりますが基本は立ったまま乗るのがルールのようなので不安定な水上ゆえに慣れない観光客には至難の業かもしれませんね!?(笑) 今回のヴェネツィアでの現地ガイドさんはこちらの渋い紳士マリオさんですイタリア人らしさ満載のお顔立ちに見惚れていたのですが口から放つ言葉は信じられないほどに流暢な日本語あまりのギャップに戸惑いを隠せませんこの写真でもイタリア語を情熱的に語ってくれていそうですがバリバリの日本語ガイド中です(笑) 広角レンズで強引に広大な景色を撮影していますが多くの観光客で賑わっているこちらはサン・マルコ広場です三方向を大理石の柱廊で囲まれた美しいサン・マルコ広場はベネチアのシンボル的存在でヴェネツィア観光の中心でもありあのナポレオンが「世界で最も美しい広場」と称えたとされています広場手前には2本の円柱が左右にそびえ立ち聖マルコ以前の守護聖人テオドールの像と上陸する人々を出迎える有翼の獅子像左手には大鐘楼奥には一部修復作業中ではありますがサン・マルコ寺院右手にはドゥカーレ宮殿などが建ち揃います今回はこちらがフリータイム後の集合場所でもあったので添乗員の杉ちゃん曰く迷子になったら「ドヴェ・サンマルコ?(サンマルコはどこですか?)」とこのイタリア語だけは忘れずにいてくださいとのことでした(笑) こちらはヴェネツィア共和国時代の政治の中枢であったドゥカーレ宮殿(イタリア語Palazzo Ducale パラッツォ・ドゥカーレ)です最高指揮官である総督の住まいとしても使われていました。9世紀に創建され、14世紀にはゴシック様式の建物として改築されさらに16世紀にはティントレットやヴェロネーゼなどヴェネツィア派の画家たちが美しい壁画や天井画を描いています世界最大の油絵とされる「天国」がある大評議会の間をはじめ元老院の間や中庭そして2階の回廊などが見所で煌びやかに装飾された世界観を€16(日本円でおよそ1,760円ほど)の共通券で拝観可能です海水に浸りゆく光景を静かに眺めじっと見下ろす大鐘楼(イタリア語Campanile カンパニーレ)。16世紀初頭に建設され高さ96mの鐘楼頂上部分には風向きによって回転する黄金の天使ガブリエレ大天使像が拝めますもともとは見張り台と灯台の役目を担っていましたが、1902年に一度崩壊し10年後に再建広場内で最も高い場所となるため現在はエレベーターまたは階段で登ることのできる最高の見晴台として人気のビュースポットになっておりヴェネツィア市内の眺望を360度見渡すことが可能お時間のある方は€8(日本円でおよそ1,120円ほど)で是非登ることをお勧めしますサン・マルコ広場での名物は平和の象徴でもある鳩の大群(注鳩の餌やりは現在禁止されています)。And、もう1つはアクアアルタで街中が水浸しになった時の光景現地で簡易的なビニール靴を購入できます大人から小さなお子様までもがオレンジ色の可愛いビニール靴を履き無邪気な子供心ではしゃぐ姿が見られるかもしれません(笑) 通路パッセレーレ(仮設の歩道)を歩く観光客の目線の先は一部修復作業中のサン・マルコ寺院(イタリア語Basilica di San Marco バジリカ・ディ・サンマルコ)です。2人のヴェネツィア商人によって運ばれた聖マルコの聖遺骸を安置するために建設された教会です最初の建立は828年でその後聖具室などの増築を経て11世紀に再建されています内部は縦と横がほぼ同じ長さの十字型でイスラムのモスクを彷彿させる5つのドームが特徴になります建物内部の黄金のモザイクや内陣にある金と宝石で飾られた祭壇の衝立パラ・ドーロなどなどヴェネツィアの繁栄ぶりが伺えますサン・マルコ寺院は正面入口を入場する前から上部を飾る素晴らしいモザイク画に目を奪われますが内部はそれ以上の感動が待っています内部は基本無料ですが祭壇宝物館博物館を見学する場合はそれぞれに別途料金が設定されています。However,、料金よりも問題なのが入場するまでの時間です大変人気の観光スポットなので長蛇の列を覚悟せねばならずそれを回避する方法を覚えておきましょう。It's、サン・マルコ寺院公式ホームページより「Plan your visit」「Reservations」をクリックしクレジットカードで€1(日本円でおよそ140円ほど)を支払い事前に入場時間の指定予約をすること。Utilizing time、要領良く観光することで少しでも多くの思い出をおさめることをお勧めします。Now、次回はヴェネツィアを代表する伝統技術を誇るヴェネツィアングラスの工房の紹介です♪ サン・マルコ寺院 Basilica di San Marco 所在地San Marco, 328, Venezia, Italy TEL:+39 041 270 8311 http://www.basilicasanmarco.it/...

"City of water" is water boat、"Queen of the Adriatic"、Departure to Venice called "sinking city.

To get to the main island of Venice, the Aquapolis、Since the town are banned automobile traffic as traffic conditions、Now the mainstream is water bus and ferry。I arrived on the tour previously reserved for boats。From here head to the island in the water boat。 Arrived at the boat landing、Could easily take a boat ride, became wait。Please arrange water boat and tour operators Cedar's has had with Assistant was David swallow something suspicious face talking to each other。I wonder because David has stared the trouble with mobile、Ask Cedar-Chan "little arrangements difference was、Please do not worry about it "and、Everyone was reassured。Indeed Italy。And was booked as double?、Groupers also other trouble is unknown、This often results in a cedar-Chan no aspect is very much in a hurry、Without any tour everyone who claims no one would wait patiently。こういう瞬間も日本人の温厚さが良く思えますね♪ ようやくわたし達ツアーが乗れる水上ボートが到着したようです。 What city in the water boat、それだけで心がワクワクするものですね♪ ボート乗車時間はおよそ20分ほど。Shipboard photographer husband is engrossed in taking the、I had enjoyed with commanding views along with the pleasant sea breeze。Now、Views behind the boat moved down is already on the main island of Venice。It looks at water's edge?。"The sinking city mentioned in the title、Venice island is currently、Have a serious problem and、That are exposed to the flooded city phenomenon Aqua Alta (high tide)。And Aqua Alta、The Sirocco blows from the African continent in the winter and a monsoon、Water of the Adriatic Sea is pushed to the North、It overlaps the low barometric pressure and high tides and sea level rises and the city water carrying、Town flooded by the sea。Infiltrated underground Venice mainland high water city by place built on wetlands and water will flow from under the。Has been also caused the subsidence due to pumping of groundwater in the nearby industrial area further contributes to。Future、Due to global warming、And will accelerate the rise in water levels that are considered、It is said that Venice is sinking into the sea.。 The city of Venice、Because it was originally wetlands、100Are connected by canals of big and small islands more than exceeds the roughly 400 bridges and 150。11Build a huge goods in maritime trade began the century、14Early in the 15th century as a maritime Republic celebrates golden age。And area including the city and the surrounding islands in 1987 Venice and its lagoon、Is listed as one of the few world heritage sites meets the registration criteria for cultural heritage。The number of annual visitors from a glance that city and around the world by extending to approximately 12 million。 Now、From the next time I landed on the island、世界中から愛されている中世の街並と歴史溢れる美しいヴェネツィアの街を紹介します♪...

Scroll to top