Of AL GALILEO Al Galileo Milan Italian car Ranch is a Milanese cutlets

ツアー内に組み込まれているランチやディナーのレストランはツアーにより異なります今回の食事はホテルでいただく毎日のモーニングブッフェの他、Lunch、ディナー共に数回セットになっておりこちらのレストラン「AL GALILEO アル ガリレオ Ristorante – Pizzeria」さんは2日目のミラノでのランチですレストランは1階と2階にフロアがあり、200名ほどが収容できるホールとなりますどこのツアーでも比較的このような大箱のレストランに案内されるので店内は日本人のツアー観光客で埋まっているケースが多いですこちらは1階フロアの様子です鮮やかなブルーカラーを店内のところどころにイメージカラーとして起用され白と赤のテーブルクロスの2名掛けの小さなテーブルが配列されホールを占めています。This time、わたし達のツアーは2階フロアへ案内されました。Here you will、ミラノ風カツレツとリゾットをいただけるとのことやはり王道のメニュー構成です(笑) 「Vino Bianco(白ワイン)」 ドリンクはそれぞれにオーダーし別途支払います。 500mlのピッチャーサイズで€5ほど(日本円でおよそ700円)のように記憶しています。2人でシェアして小さなグラスに2杯ずついただけました微発砲の白で飲みやすく乾いた喉を潤してくれましたイタリアのレストランでは水も有料になりますミネラルウォーターはガスなし or ガス入りのどちらかになりますガスなし(acqua naturale アクア ナトュラーレ) ガス入り(acqua gassata アクア ガッサータ または acqua frizzante アクア フリッツァンテ) 「パン」 座る前から卓上に用意されていたパンだったので手を付けませんでした同卓の方で食べられた方の感想は「硬い」でした「サフランリゾット」 食べる前に添乗員さんから説明がありましたツアー内で用意するリゾットは残念ながら本場イタリアのリゾットではないそうです以前「こんなに硬くて芯のある米は食べれない」との苦情があったことを機に日本人向けにしっかり火を入れることをレストラン側にわざわざオーダーしているそうです。Results、リゾットではなくお粥のようになっています(笑)そして味がないのでサフランの風味のお粥になっています仕方なく卓上のパルメザン粉で味を調整しましたこれは同卓の方全員の感想です「ミラノ風カツレツ」 ミラノ風カツレツとは薄くたたいた牛肉にパルミジャーノレッジャーノチーズを混ぜた粉をまぶして少ない油でフライパンで焼いた物を意味しますこちらもリゾット同様味がありません添えられたレモンを絞り追加でパルメザン粉をかけて何とかしのぎました「バニラアイス」 もともとツアー内で案内されるレストランにあまり期待はしていないので同じツアーに参加される方々とのコミュニケーションの場として楽しく食事をすることが目的となりますそれがツアー旅行での醍醐味となりますね♪ AL GALILEO アル ガリレオ RistorantePizzeria 所在地:Via Galileo Galilei, 14, 20124 Milan, Italy TEL:+39 02 36561000...

135 book stretches to Milan Cathedral of Milan symbolizes Gothic church spires and Golden Madonna statue

The Cathedral in the heart of the city of Milan、Duomo (Duomo di Milano Italy, Duomo di Mirano)。500It is built over the years, Milan's leading Gothic church。And the Gothic、12-In the architectural style in the 16th century in Europe that had flourished after the painting across artistic disciplines, such as interior affects。This church is、Than flying stained-glass windows of many buildings to support the beam (tobibari) and the heavens extending 135 spires (nested), that feature can be seen。On the highest steeple、Citizen's iconic love goddess、The Golden Madonna statue enshrined。Impressive appearance has significantly expanded both arms to defend the city of Milan。The sculptures of Saints about 3,500 bodies also carved on the pillars and walls、Every different look that even from the atmosphere, are depicted in real。 That is a splendid façades gleaming white was stained in exhaust gases、2004Restoration work began in、2008In the autumn of the year has returned to traditional beauty。Construction of the Duomo is 1386.。Request of the Lord Archbishop Antonio da Saluzzo and Milan's Jean Galeazzo Visconti、Will be built for the dedicated to the Blessed Virgin Mary。However,、Construction was interrupted several times due to repeated wars.、By order of Napoleon invaded Italy、1813It is in last year completed。A large door in the Middle、1908From wooden to bronze replaced in、By Ludovico poliarnie、The life of the Blessed Virgin Mary、The New Testament was drawn、Learn history vividly caught the lower-left portion of the scene。The creation of Eve is watched in relief over the central door。Now、Let us see inside。An entrance to baggage inspection as a security check.、Large pieces of luggage and backpacks which prevents、Not allowed if you entrust。Revealing clothes are so good in the winter、Keep your mind summer light。By the way the men's hats is NG、Women's hats is OK。Guide it says、女性は帽子を被っているほうが美しいとされていることからだそうですよ♪ 内部は5つの身廊と、Transept、In the apse is configured、The main altar in the Center、One of the Santa Maria Maggiore Church age。Will be overwhelmed by a huge 52 pillars at a statue and solemn。 The stained-glass Windows decorate the side of the building、One of the features of the Cathedral。Who are depicted in brilliant、Light light that shines through in vivid colors lifted reflects。 In the development of techniques of stained-glass Windows、Be drawn too complex、Like picture books as facilitator of that era.。 Created on behalf of a half-circle was once head of pointed arches, Cathedral arches and always、Made to the position at which it looks、High ceilings、It is showing the wider space。 On the side of the corridor、Has contributed to the development of the Church of saints are buried。While not to be missed is、Grave of Jean Giacomo Medici。Leone Leoni is said to be affected to a great deal of Michelangelo's works。 Glass for、Is wearing gorgeous costumes in our bodies。Calm surrounded by many people as being watched over?、Or even not unclear or noisy in the other world and I also。 Enjoy the interior decor、No only is not。Oh yes its paintings are exhibited。 Alight from the stage of the at a red light、It is when Christ was crucified in nails。Pellegrini design supported by four pillars of FORNIX's inside look、Tiberio。Lombard、Or early is also referred to as Romanesque Milan、Form often seen in architectural style developed in the Lombardy region of Northern Italy。And rose window of the apse in the back。Is floating in the Center is a symbol of the Sun。The high altar is in the choir、Pipe organ located aside。The basement of the Cathedral、Roman ruins or treasure vault、The Holy Ark containing the remains of the Saint is the patron saint of Milan Carlo Borromeo is also paid are available。 This right hand glass、It is located within the Cathedral bookshop。Describes the Duomo and books and materials、Sold as memorabilia collectibles。 The equestrian statue of Vittorio and Emanuele II reigned in the Piazza del Duomo、Located in front of the Duomo to watch what。Now、Now that the morning's sightseeing、次回はツアーで案内されるイタリアンレストランの紹介です♪ ミラノのドゥオーモ ミラノ大聖堂 所在地:Cathedral Square, Milano, Italy TEL:+39 02 7202 2656 Church:7:00To 18:45,During the summer:Thursday-Sunday-20:10 Roof hatch:9:00To 18:10(Elevator:€ 12, stairs:€7)...

Beautiful Italy one cross type arcade "Vittorio Emanuele II Galleria

Italy's leading opera, La Scala (Teatro alla Scala Teatro Alla Scala or La Scala La Scala)。This place was originally built by the Church of Santa Maria della Scala.、It was built on the site and was called The Scala.。1776- Two years in 1778、It was built on the design of Giuseppe Piermarini, who was appointed by Maria Theresa, the Austrian empress who ruled Milan at the time.。During World War II、Milan was greatly destroyed in the bombing by allied aircraft in 1943, when it was under the Salo regime、Since the end of the fighting on the European front was repaired afterwards、Rebuilt on May 11, 1946, just a year later、It's resuming with a concert conducted by Toscanini.。 And in front of The Scala, in Skala Square。In the center is a statue of Leonardo da Vinci.、In the background of the statue is the Palazzo Marino, which is now milan's city hall.。 1872made by Pietro Mani in、Leonardo da Vinci's 30-year-old came to Milan as a model.。It's surrounded to protect Leonardo da Vinci.、4Statues of the Disciples of man。 From the opposite north exit to Piazza duomo, you enter The Galleria Vittorio Emanuele II of Vittorio Emanuele II。 This cross-shaped arcade is the most beautiful in Italy、If you go straight to the center from any entrance、It goes out to the high center of the ceiling where the arcade of east and west and north intersects.。1865- A building of high historical value built in 1872、It is called "Galleria of Vittorio Emanuele II" in honor of the King of Italy at the time.。I was in charge of designing Galleria.、An architect named Giuseppe Mengoni。He was on the day before the Gallia inauguration ceremony.、Unfortunately, he fell from the scaffolding of the construction site and died.。In Japan、I design the world bazaar of Tokyo Disneyland modeled after this beautiful arcade.。 The cross-shaped arcade in the center is covered with a glass dome.、The four frescoes at the top are the subject of four goddesses.、Europe、Asia、Africa、United States、Representing four continents from east to west。 This is an Asian fresco.、Chinese are depicted。 And in the four-story arcade,、And elegant stores ranging from haute couture stores to bookstores、Gucci、Prada、Luxury fashion brands such as Louis Vuitton、Restaurant、Cafe、The bar is a sophisticated shopping arcade.。By the way, the skirt of the alligator skin that the body which is decorated in the show window of prada head office of this place is wearing、ガイドさん曰く830万円の価値が付いているそうですよ!(驚) さて、There's another interesting one in the middle.。Galleria floors are spread with beautiful mosaic tiles、The coat of arms of each state in Italy is also painted.、The most famous of them、A mosaic of bulls surrounded by blue tiles、It's the coat of arms of Turin.。 The coat of arms here is、Since Turin became the capital of the Kingdom of Italy temporarily became the center of Italian unity、It is said that there is a good thing when the heel is applied to the center of the coat of arms (the point of the bull) and it turns one.、Including many tourists、Businessman on the commute、Local citizens, such as local housewives who lowered shopping bags, seem to be actively trying。1about a few thousand people a day、When there are many, 10,000 people seem to step around the same place.、Therefore, a big hole is opened in the emergency part black.。定期的に修復させるようですが追い付かないのですね(笑) 言い伝えとはいえ良いことが訪れるとあらば、I'll take it around, too.。信じるものは救われます(笑) レストランやカフェのテラスで寛ぐ人々の姿は優美な佇まいで観るものの心も豊かにさせてくれそうです♪ こちらがドゥオモからの入り口、Vittorio Emanuele II will be the front gate of Galleria。So next time,、ミラノを象徴するゴシック様式の教会ドゥオモ(Duomo)の紹介です♪ ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア 所在地:Piazza Duomo, 20123 Milano, Italy TEL:+39 02 7740 4343...

Sforzesco Castle Milan Renaissance's greatest and in the Museum

小雨も止みツアーバスで移動しながら2日目のミラノ観光がスタートします。This time、イタリア観光中にバスのドライバーをしてくださるのは写真に後姿が映っております上下デニム姿のスィニョーレ Signore(Mr.)シルヴィオ・サントゥッチ(Silvio Santucci)さんとてもユニークでチャーミングなシルヴィオさんは生粋のイタリア男のようでした(笑)後ほどまた顔写真をご紹介します♪ 最初に向かった観光スポットは、1450年にミラノ公爵フランチェスコ・スフォルツァがヴィスコンティ家の居城として建設した「スフォルツェスコ城」ですスフォルツェスコ城またはスフォルツァ城(イタリア語Castello Sforzesco カステッロ・スフォルツェスコ)は現在は博物館としても公開されており休館日以外は入館し美術品を眺めることが可能ですそして美術館としては珍しく写真撮影が許されている希少な場所でもあります入り口にはそびえ立つフィレーテの塔とカステッロ広場の噴水そして馬に乗ったスフォルツァ公爵の彫刻が置かれとても迫力があり気持ち良い光景です♪ 109メートルにも及ぶフィレーテの塔に備え付けられた装飾は比較的新しいもので時計は約100年前に追加されたものだそうです中央の白い石像はミラノの守護聖人である聖アンブロージョアンブロージョとは、4世紀にミラノの司教であった人物ですイタリアではツアー観光の際に資格を持つ現地ガイドさんを必ず立てることを義務付けられています拠ってツアーの添乗員さんが観光地まで案内し各観光場所毎に専門ガイドさんが付くといった流れですこちらを案内してくれるガイドさんは日本人でミラノ在住の上山ゆうこさん城内MAPを観ながら歴史を説明してくれていますツアー参加者の人数は、17組34名と大所帯ですガイドさんの声が後ろの方にも届くように「耳太郎」というイヤホンガイドを1人ずつ持たされているので見所の箇所毎にガイドしてくれるので便利でいて安心ですツアー団体から少し離れてしまうとイヤホンガイドが聞こえづらくなるので迷子になる心配も防げます。However,、旅行中にもし耳太郎を紛失してしまった場合は自己負担で5,000円ほど支払わなければならないようなのできちんと自己管理が必要ですよ♪ さて話はスフォルツェスコ城の歴史に戻りますがヴィスコンティ家の後の支配者スフォルツェスコ家はこの城を改築・拡張し堅固な城塞としましたが後年この地を征服したナポレオンによって一部の施設が破壊されてしまいますもともとは星型の形状の広大な城郭でしたが現存しているのは元々の面積の1/4程度以下となってしまいました裏の残りの敷地は広大なセンピオーネ公園(Parco Sempione パルコ センピオーネ)や道路となっており市民も利用することがきる憩いの場となっています♪ 鉄格子の重々しい入り口から入場し博物館へと参りましょうさきほどまで雨に降られていたせいか城壁や石畳そして木々が露を纏いしっとりとした風景となります天候の良い日の観光が一番ですがこういったおもむきも素敵ですね♪ 城の中庭の内堀に見える芝の青さの美しさに目を奪われ覗き込んでいるとそこには昔砲弾として使用されていた石の玉が数箇所に置かれています今でこそ平穏に博物館として公共の場となっていますが至るところに戦ありきのその時代の情景が残されているのでどこか重々しい雰囲気を感じるのでしょう博物館内部に入場しました当時の棺や美術品が展示物なのにも関わらず忽然と現れます鎖やガラスケースの中に展示されているわけではないのでついうっかり手を伸ばして触れてみたいと思う衝動に駆られるかもしれませんがそれは厳禁ですガイドさんもそのような軽率な行動をしてしまう人たちをたくさん見て来たようで厳しく注意されていました。In the past、手すりに腰掛けたりして展示品に巻き付き記念撮影をする大馬鹿者がいたようです十分に注意して拝観いたしましょう♪ ツアー観光は時間制限があるためにガイドさんは足早に進みますあまり細かくは観れないのが残念ですが要所要所はきちんと押さえてくれるのでおおまかに拝観し次はそれを念頭に置きフリーでもう1度訪れることをお勧めします♪ こちらはベルナポ・ヴィスコンティの棺を飾るモニュメントです中央の長方形の部分が棺で元々はミラノの教会に納められていたものとなります展示品もさることながら天井画の美しさにうっかり見惚れていると首が堪らなく痛くなります(笑)この装飾は「キリストの復活図」を意味するようです暗い部屋の天井に薄いブルーのせいか瞬時に目を惹きますキリストの復活を見て驚き慌てふためる兵士たちの姿もお判りでしょうか今まで教会などの色鮮やかなステンドグラスをいろいろ観てきましたが城内にも可愛らしいステンドグラスがありわずかながらに陽を射し込んでいました♪ こちらは宗教行事などの際に行なわれたパレートで使用されていた旗が展示されている部屋旗には金糸で美しく飾った絹の刺繍が施されており中央はミラノの守護聖人である聖アンブロージョアンブロージョは先ほどもフィレーテの塔のところで紹介しましたが、4世紀にミラノの司教であった人物で彼が創建したミラノ最古のサンタンアンブロージョ教会にはその遺骸が納められています北東の角の塔の1階部分にあるアッセの間(sala delle Asse)にやってきましたルドヴィーコ・イル・モーロの注文により、1498Depicts Leonardo da Vinci this room in a huge tree over so。Part of the stem and branches and leaves in the ceiling、Composition that draws the roots with a huge rock wall。A portion of the wall、From the color of the color "black and white ( Monochrome ) "As is known。Diagnosis on the trunks of the trees、Ceiling、Foliage closely intertwined in the walls of the room、And in the key point key point of gold、It is reddish-purple fruits are also depicted。This room is、To hide from plastered thickly painted and、At the end of the 19th century it was discovered painting of Leonardo da Vinci。After that、From the bottom of the wooden walls were on the East side wall、Has been discovered painted under large rocks in thick plant root and stem, black and white。Current、Has weathered in the heavily restored、当時レオナルド・ダ・ヴィンチが室内でも外にいるような気持ちになれるよう明るく広がる緑のテラスをイメージして描いたものが甦ると嬉しいですね♪ こちらの天井画はスフォルツァ家(元ヴィスコンティ家)の紋章です金地に冠を戴いて翼を広げた黒い鷲と白地に冠を戴いて人を呑みこむ青い大蛇(竜)大蛇の紋章は最初のミラノ公ヴィスコンティ家の紋章子どもを丸呑みにしようとしている蛇を倒したヴィスコンティ家の勇壮を称えての図案という説と敵の兵士(サラセン人)を呑みこむ強大な大蛇の図案という説とあると言われていますヴィスコンティ家は嫡子が途絶え断絶ビアンカ・マリア・ヴィスコンティの夫であったフランチェスコ・スフォルツァが、1450年にミラノ公となり、Have been handed down to the Sforza family coat of arms.。From there my car Alfa Romeo emblems、Once you hear in the coat of arms of the Visconti family and、つい親しみが湧いてしまいます♪ こちらは、Between the colombina (Colombina)。In this room.、15世紀半ばの優れた彫像類を集めており部屋自体もミラノ公の私的住居の一部をなしていた部分だそうです部屋の名のコロンビーナ・小鳩の由来は天井に描かれた輝く太陽の上に表現されているそうです照明に照らされていて本当の太陽のように明るく輝く部屋でした♪ 当時の鎧や剣なども数多く展示されており足元には石棺の蓋が置かれています。 Here is、バッティスタ・バガロッティ司教の墓棺。 Here is、ガストン・ド・フォア(Gaston de Foix)の記念墓碑作者はアゴスティーノ・ブスティ(Agostino Busti)ヌムール公ガストン・ド・フォア(1489-1512)というのは母方から言うとフランス王ルイ12世の甥にあたり、1511年ミラノ総督に任命しヴェネツィア共和国がフランス、Germany、教皇側を相手に戦ったカンブレー同盟戦争において、1512年若干22歳にしてフランス側の総司令官となり「イタリアの雷」と呼ばれる程の活躍をしますしかし同年ラヴェンナの戦いで死亡若くして亡くなったガストン・ド・フォアを称えて作られた記念墓碑は繊細で優美まさに最高傑作と言われていますガイドさんの案内によるとその優美な勇姿ゆえに以前置かれていた教会では恋愛がタブーな修道女たちが皆このガストン・ド・フォアの記念墓碑に惚れ込んでしまい恋に落ちてしまうという珍事態が起こり事態を収拾するためにこちらの博物館に移動されたそうです可笑しな話ですね(笑) こちらがミケランジェロのロンダニーニのピエタ像(Pietà Rondanini)当時としては異例の89歳という長寿で亡くなったミケランジェロ(Michelangelo)が亡くなる3日前まで視力を失いながらも倒れる直前まで手を入れていた最後の作品という事でも有名で「未完のピエタ像」とも言われていますミケランジェロは正式の名をミケランジェロ・ブオナローティ(Michelangelo Buonarroti)と言いフィレンツェ共和国生まれロレンツォ・デ・メディチに才能を見こまれメディチ家に引き取られてて彫刻を学んでいますピエタとはイタリア語で「悲哀」を表す言葉で十字架に掛けられて亡くなったイエス・キリストとその亡骸を抱きかかえて深い嘆きに沈む聖母マリアを描いた作品ですミケランジェロは生涯4つのピエタ像を手がけています数多くの貴重な展示品を間近で観ることができてミラノ観光初日のまだ1つ目のポイントにも関わらずお腹一杯な感じです(笑) イタリアでは紅葉といっても紅くなることは少ないそうで黄葉で、orange、Yellow、ベージュ茶のトーンところどころにグリーンといった感じです。On this day、小雨が降ったせいか若干気温は低かったように思いますがそれでもコートや厚手の上着は必要とせず、11月初旬にしてはとても過ごしやすい気候のように思います♪ 城壁の外側は緑豊かな公園ジョギングを楽しむ方の姿も見られとてものどかな時間が過ぎていく場所ですお天気の良い時はセンピオーネ公園の芝生に転がり景色を楽しむのも良いでしょう。Now、次回はイタリア一美しいアーケードの紹介です♪ スフォルツェスコ城 所在地:Piazza Castello,27029 Milano,Italy TEL:+39 02 8846 3700 開城時間:7:00-18:00,夏時間:7:00-19:00 Opening hours:Museum of art、Museum:9:00-17:30...

In the Milan suburbs "THE HUB HOTEL the hub hotel" is modern and stylish

イタリア旅行初日の宿泊先はミラノの郊外にあるホテル「THE HUB HOTEL ザ・ハブ・ホテル」。I just opened this 3/2010、Became the highest rated of modern and up-to-date facilities, such as、And standards of hospitality in the capital of Lombardy and in a few months, the 4-star hotel and has been。 Number of rooms of the hotel is 162 rooms in all。Classic superior、デラックスとなっています。23時といえどもイタリアの夜は長い・・・ということで郊外のホテルでなければミラノ市街に遊びに行くという手もあったのですが市街まではちょっと遠いこともあり交通の便もよくないためおとなしくホテルの部屋で休むことにしましたさすがに初日は長時間のフライトで疲れていますから翌日からの観光に備えて体力温存ですね♪ すっきりとシンプル且つモダンなフロントとラウンジにはイタリアブランドの「MOROSO モローゾ」のインテリアがバランス良く配置されていますモローゾ社を代表するチェアーとして、2000年にRon Arad(ロン・アラッド)によってデザインされたLITTLE ALBERTやVICTORIA AND ALBERTなどが置かれまるで彫刻のオブジェのようなあまりに美しいデザインに座るのを躊躇してしまいそうですが座ると腰がすっぽりとハマりカーブや丸みがなんとも言えないフィット感を生み出しているのですさすがのデザインですね♪ ツアーの添乗員さんがイタリア語と英語を駆使しチェックインを済ませてくれる間ロビーで待ちます。After that、部屋毎にルームキーを預かり各自スーツケースを持ち自分の部屋へ今回お世話になる部屋はクラシックスーぺリアのタイプ移動できるシングルベッドが2つ並んでいるのでくっつけてしまえば広くなります決して広いお部屋ではありませんが清潔感があってモダンなテイストは嫌味もなく好感度が高いです何よりポット(湯沸かし器)にコーヒー、Tea、緑茶などがあることが嬉しかったです今回のイタリア旅行で宿泊するホテルは全部で4つですが後にも先にも湯沸かし器があったのはこのホテルだけ。Basic、イタリアでスーペリアクラスのお部屋の場合ポットは期待できませんお湯がどうしても欲しい場合はフロントに直接行ってお願いし、1€ほど(日本円でおよそ140円ほど)を支払って頂くことが可能のようです。But、添乗員さん曰くお部屋のフロントコールはほぼ意味がないようで何かお願いしたい用件がある時はフロントへ直接足を運ぶことが有効とのことお湯が有料ということにも驚きましたがそういったサービス面のクオリティは日本のホテルでは考えられないですよね特にこちらのレスト&バスルームは大理石を使用しておりゴージャスですガラスの扉で丸見えなシャワールーム。Bath towel、中タオルハンドタオルと3枚ずつあり乾燥機ハンガーも設置されているのでスイッチを入れておけばタオルが濡れても直ぐに乾いて気持ちよく使えますドライヤーの風量は日本には敵いませんがまずまずの出具合故障していないだけ良しとしましょうアメニティですがこちらも日本のようには行きませんイタリアのこのクラスのホテルではボディソープはあってもシャンプー&トリートメントまた歯ブラシセットなどはほぼありませんのでトラベル用のものを持参しなければなりませんこちらには残念ながらバスタブはなく天井にセットされた円形シャワーと小振りなハンドシャワーのみ真上から降り注ぐシャワーになれていない日本人は髪や体を洗うのに一苦労です(笑)後のホテル3つは全て浴槽がありましたがイタリア人はシャワーのみの方が多く基本入浴はされないそうです疲れを癒すのに入浴って大事ですけどね♪ さて添乗員さんにも注意されましたがこちらのトイレ事情について説明しておきましょうイタリアのホテルではほとんどがこのように2つ便器が並びます。First glance、蓋のある便器が女性用(大用)で隣の便器が男性用(小用)のように思えませんか?いえいえそれがそもそも大きな間違い!要注意です!蓋付き便器は男性女性共用のトイレですが右の便器のようなものは用を足すものではなく女性が使用するビデの役割を果たします蛇口部分を上げるとお湯が出て来るのでそちらで洗うためのもの横にご丁寧にソープも添えられています。Often、日本人観光客がこの事実を知らずに小ならまだしも何を血迷ったか大をしてしまって大騒動になったこともあるのだとか流れませんからね(怖)皆さんこの事実をご存知でない方はぜひご注意くださいね(笑) 時差ボケというよりか旅行中のわたし達夫婦はいつも睡眠不足です(笑)眠れてないわけではなくかなり爆睡できるので3~4時間ほどで目が覚めてしまい夜中の3時頃に起き出してはゆっくりと部屋で寛いでいることが多いですこの日も一番乗りではなかったけれど、6時45分のモーニングに合わせて早めにロビーに降りていきました外はキンッと冷えた風が吹き小雨が降っています早朝はやはり冷え込みますねロビー横にあるレストランでモーニングブッフェをいただき温まりましょう♪ こちらのブッフェスタイルはアメリカン・ブレックファストで、Hot bacon or sausage、Scrambled eggs may。The hotel's buffet-style usually continental breakfast (breakfast bread to the Center) or American breakfast (breakfast United States) either。温かい料理がサービスされないコンチネンタルも経験しましたが本当に味気ないです(笑) ベーコンは塩気がしっかりしていますがチーズと一緒にパンに挟むと美味しいですソーセージは若干臭みがあるので苦手な方もいらっしゃるかも!?スクランブルエッグには味がほとんどありませんケチャップが出ていなかったので添乗員さんにお願いして出してもらいましたパンはカッチカチです(笑)ナイフでカットしてハムやベーコンを挟んでいただくと食べれますフランス旅行の時はクロワッサンなどホテルブッフェでもパンが美味しかったのですがイタリアのこのクラスのホテルブッフェでのパンは期待しないほうが良いでしょうヨーグルトがあるのは非常に嬉しいです旅行中は慣れない環境で胃腸の調子を崩しやすいこともあるので乳酸菌などは積極的に摂取したいと思いますシリアルやジャムもありますサラダやフルーツがないのが残念ですねコーヒーメーカー表示のcaffe カッフェ=エスプレッソlatte ラテ=ミルクです日本でラテといえばカフェラテが出てくると思ってしまいがちですがイタリアでラテはミルクのみなので気をつけましょう。However,、さすがのイタリアコーヒーは本当にどこで飲んでも美味しかったです♪ 小雨も止み曇り空ではありますが観光に支障をきたすことはなさそうですイタリアは晴れていても突然雨に見舞われることもあるようなので携帯用の折りたたみ傘は手荷物に忍ばせておくと良いでしょう。Now、2日目はミラノ中心市街へ向かいます次回はミラノ観光の紹介です♪ THE HUB HOTEL ザ・ハブ・ホテル 住所:Via Private Poland, 10, 20157 Milano, Italy TEL:+39 02 7862 7000 http://www.thehubhotel.com/...

Scroll to top