Introduce how to buy tickets in Italy railway train and ride from Florence central station

Florence central train station、正式名「フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅(伊Santa Maria Novella)」よりプラートにある「HOTEL DATINI ホテル ダティーニ」へ戻る交通手段としてイタリア国鉄を使います。May also be incidentally this is marked as "Firenze S M N..."。 Spacious and equipped the station、Even at night relatively users even more crowded, central railway station and just need to be。At the station、Or Gypsy pickpockets take action while watching。 How to buy Italy railway tickets、①インターネットでイタリア国鉄のホームページ TRENITALIA トレニタリアより事前に予約する。To buy at the counter of the station (2)。Using the ticket vending machine (3)。And there are three、(1) the、Schedules have been finalized to close in tough、This is (2)、(3) provides a way。(2) the Office (biglietteria virietteria)、Often crowded in the basic、Not when you have spare time so tough。At the counter、イタリア語を話せなくても単語で”行き先(駅名)”と”人数”と”片道または往復”そして”1等車両または2等車両”を伝えればチケットを提供してくれるので安心です♪ 片道 Solo andata(ソロ アンダータ)往復 Andata e ritorno(アンダータ エ リトルノ) 1等車両 Prima classe(プリーマ クラッセ)、2等車両 Seconda classe(セコンダ クラッセ) フィレンツェ中央駅よりプラート中央駅(伊:Prato centrale) is the ticket。Unlike the small tickets in Japan, is the size of the notes more! (Surprise) on the right 2 ADULTI (2 adults) with、This one is with 2 tickets。 The departure of the train platform、Station boards in looking。Pronunciation of Italy station electric bulletin board timetables、Please refer to the following。However in Italy railway、Not to inform Japan in advance have to、Scheduled platform、Trains arrive on the verge of a change that might require attention。In Italy、以前より改善されているとはいえ遅延が多くストライキも頻繁に行われるので要注意です。 DESTINAZIONE Destinazione (destination)、CATEGORIA カテゴリーア(列車の種類) ORE オーレ(発車時刻) RITARDO リタルド(現在の遅延時間)BINARIO ビナーリオ(発車ホーム番号) イタリア国鉄では自動検札機で乗車前の切符の刻印(timbrare ティンブラーレ)が必要になります。Tickets purchased in small-sized machines installed at the station、Before boarding the mark。If you do not mark、Considered fare evasion、It would be paying fines。However、Variety of Eurostar、Inters tea plus if no stamp duty、Stamp is required even when using the print-out service。Note also if you ride without a correct ticket would be fine。 (2) the automatic ticket vending machine (biglietteria automatica virietteria automatic) is、Click here。In the recent、Many are the installation of automatic ticket vending machine、Because it often is not cash, money out of fishing in、You do not have the card has spare time, do it。The first is the language selection。The language is、5In the languages according to because it is included in the Japan language course、In the United Kingdom mark corresponds to。BUY YOUR TICKET (tickets) on the left choose。 Because the departure station (departure on) and Firenze S M N...、Let me show you the arrival station (train) spelling "PRATO"。 To turn off column displays a car、Press the SELECT button for a line of ride time。 ADULTS (adults) next to the + and-button sets the number and、Ensure the amount in the TOTAL (total)、Continue pressing forward of the lower-right corner to (destination)。(Note:The CHILDREN (child)、4歳~12歳と記載されています) 発着駅と時刻を確認し、Continue pressing forward (to)。 PURCHASE (buy) button。 As a method of payment、Select either CASH (cash) or CARDS (credit card payment)。If cash payment、After pressing the button CASH、Put the cash into the insertion slot of the note in the lower right corner of the ticket、Tickets are coming out ahead, comes out after the change。If using the pennies at this time、Let's always put from the coins。In * unfortunately, Italy、There are sad people who aim to change this。Male and female couples and、Families (couple + children)、Women's groups such as the (Gypsy)、Sat beside the ticket vending machine、Will be calling out to help with the、"No!"And in the resolute、It is best to ignore was also。And please be sure guard to change。They've come out、It is aimed at。 If paying by credit card、Position after the press CARDS into the card on the screen display will guide you。...

Firenze Ristorante 'Bellcore' Japanese chef has been active and 聞ki付kete

フィレンツェのサンタ・マリア・ノベッラ駅から徒歩数分のところにある「Ristorante Belcore リストランテ ベルコーレ」さん。1998After graduation from years in Italy、1999"I Salotti de l'Hotel Villa IL PATRIARCA" restaurant in Tuscany, CHIUSI was working from the end of the year in 2003 as a second chef one star Michelin、Then in 2005, and teaches I Salotti as manchev、4Restaurant year Michelin one-star kept has belonged to Japanese chef furuhata Kei-Ichiro's than 3/2009、Find out the information that has been working as a chef at Bellcore's here、Shop great Japanese chef has been working with it、Without hesitation and Florence free dinner reservations here。However,、Unfortunately, furuhata chef、2013Along with his wife in March, had been active with arcades and、And then home to his hometown Kagoshima and the independent。After the 11/2013 were already stores visited by a US couple。Now、It is available the new Japanese women took over the furuhata chef taste chef。That new information is entered、We have food here while it was。 Shop、Calm spacious atmosphere with warm lighting also、I think breakfast was good。Just、But also a little sad because big shop this store was only a couple of us、It is a start arrived late from Italy time、I'm sure。And it's in the back seat during the opening and open your、Perhaps owner here who I think seems to。Here you will、Kitchen and Hall both staff and、More than anything else because Japan Japanese menu、安心してオーダーすることが可能です♪ 「スパークリングワイン」 「ご予約ありがとうございます!」とサービスでこちらのスパークリングワインを付けてくださいました!(嬉喜)こういったスマートなサービス嬉しいですね♪ 「パンとグリッシーニ」 「野菜のスープ」 「ボルゴ・シャルドネ」イタリア アブルッツオ 白 品種は、100% Chardonnay。In the local "Casar taller.。Is a producer of Abruzzo, located to the East of Italy, Rome。 16Century nobleman、At the Winery is derived from taller home、1961In the year for the first time in Abruzzo、DOC wine production began。 Boehringer、Consistently sticking to the high quality of。Modern technology and without high quality produced by the experience gained so far remains now in Abruzzo, Italy's leading up to now。Floral scents of white flowers、Dry white fig、ドライアプリコット蜂蜜の香りのなかに ほのかに感じるフェンネルの爽やかなニュアンス アーモンドロースト香も隠れています。 On the palate and very nice thick felt、The palate is dry.、In the exquisite balance of fruit and acid、Will leave a pleasant afterglow。 アンティパスト「モッツァレッラと茄子のフラン 少し辛めのトマトソースと」€11(日本円でおよそ1,540円) カフェテイストの可愛らしい盛り付けです。Saute the Eggplant thinly sliced、And mozzarella cheese to a smooth fit。Serve with sour tomato sauce。 アンティパスト「マリネにしたサーモンのタルタル イクラとバターラスク添え」€12(日本円でおよそ1,680円) 小口にカットしたサーモンをマリネし、How much sauce。We will put on the burnt crispy butter Rusk。Freshness is still Japan can't beat may。 Main course "spicy garlic tomato sauce or tomato sauce、トスカーナ風ラグーの手打ちパスタピチ」€12(日本円でおよそ1,680円) ピチとはイタリアはトスカーナの伝統的なパスタで卵を使わないパスタでモチモとチした歯応えのある食感が特徴でやや太めです生パスタということで楽しみにしていたのですが食感がボソボソと粉っぽく生茹で。At pretty oily so not well emulsified。Be honest、I was surprised of、Manchev in order the Japanese female chefs have been kitchen as well as friend's floor (former staff? ) From that morale had a talk with Japanese people。Understand is there is a sous chef and Assistant、The quality of appetizers、And it's this pasta。No matter how much the tourists only us and the House that、I have become a little worried。Under such circumstances、Ask dish but unfortunately I will not be、Early withdrew。The chef very well-regarded in the information time、Now is has been active in Kagoshima of Japan、It is regretted that this information should know more soon,。Exploring unfamiliar first Italy、Was it disappointing results was most looking forward to free dinner、This bitter experience is also inscribed on one page of memories。That didn't discourage、次回はイタリアでの電車チケットの購入の仕方を紹介しましょう♪ Ristorante Belcore リストランテ ベルコーレ Via dell’Albero 30, 50123 Firenze ITALIA Tel:+39 055 211198 Hours of operation:Lunch:Saturday、Sunday 12 am:00 – 14:30、Dinner:Open every day 19:00 – 23:00 http://www.ristorantebelcore.it/...

While enjoying the city of Florence in the popular select shop window shopping

1930年創業のイタリア・フィレンツェにある老舗高級セレクトショップ「LUISA VIA ROMA ルイーザ・ヴィア・ローマ」。Global luxury brands from the up-and-coming creator brand to align various items、ハイセンスなセレクトで世界中のファッションフリークから絶大な支持を得ています♪ また、Artistic, innovative store show window always has become topical in the industry。Keep an eye on expanding collaboration event with big brands and original products shop。Also、2004Overseas shipping to all over the world, including in the shop started from the year Japan、Personal imports can be shown now。number of users Facebook Facebook 1550000 over large shopping sites and is currently。Baby、Kids, boys、Is also of foreign brands, such as girls children's clothing store in、国内では絶対に売っていないようなドレスやシューズなど可愛いアイテムをたくさん販売しております♪ 主な取扱ブランド ・Yohji Yamamoto・DOLCE & Gabbana・jean-Paul GAULTIER・John Galliano・MARC JACOBS・Chloe・BALENCIAGA・LANVIN・ANN DEMEULEMEESTER・BURBERRY・CLEMENTS RIBEIRO・Alessandro dell’ Acqua・Rick Owens・antonio marras・collection Prive?・gianni barbato・ANDREW McKENZIE・roberto cavalli・KENZO・MISSONI・BALLANTYNE・DIANE von FURSTENBERG・RENE CAOVILLA・Strategia・GIUSEPPE ZANOTTI・JIMMY CHOO・vanessa bruno・MONCLER・DSQUARED2・JUICY COUTURE・Seven for all mankind・Rocco P.・PUMA・Neil Barrett(メンズ)・Dior HOMME(メンズ)・GRIFONI(メンズ)・ZANONE(メンズ)・JOHN RICHMOND(メンズ)・CoSTUME NATIONAL(メンズ)・TONELLO(メンズ)・BRIAN DALES(メンズ) 孔雀をイメージさせるデザインのブランドに目が留まりました。Alms for the embroidery and bijoux、Shades、Design and delicate material use、How very cute gets perfect score! Oh、唯一お値段だけは可愛くなかったですね(笑) 前回の記事でも触れましたが、Italy (European countries),、Almost no such public toilets in Japan、And common sense is to borrow the use of restaurant or Cafe。Roadside beauty window shopping and town, so、Chilling with the passage of time.、Yes (laughs) because it also was tired of walking so far、Plunged into the café with the eyes。Sitting on the terrace、メニューも見ずおもむろに「caffe perfavore カッフェ ペルファボーレ」とオーダーしながらピースして、2That has been referred to as Cup、それで通じたようです♪ 「Espresso エスプレッソ」 イタリアでCaffèといえば普通エスプレッソのことを指します。For drinks you want to rent a toilet every time at least 500-will pay about 600 Yen if you are near, McDonald's does not (laughs)、That told me cabin attendant and the toilet only to borrow no matter、I think that McDonald's does not exist。Than suffering cannot go to the toilet、Sipping coffee in a cafe、Italy popular minute to taste even better。Just、Even going to the toilet、To drink、トイレが近くなるという欠点があります(笑)日本はこういった面からもつくづく環境の良い有難い国だな・・・と実感する次第です♪ イタリアへ足を運んだら旦那様がどうしても行きたいと言っていたセレクトショップがこちら「-PN\P」こちらはレディースショップです♪ 主な取扱ブランド ・10 Sei 0 Otto・Alessandra Marchi・Avant...

Trattoria Armando in Florence also visit to Trattoria shopping center established

Centre of Florence, a little bit away.、フィレンツェS.M.N駅からは徒歩10分圏内の老舗トラットリア「Trattoria Armando トラットリア アルマンド」さん。Founded in 1957 with over 50 years of history and、Very famous celebrities visited all。And the name "Armando"、Are taken from the name of his grandfather, the founder、Consists of family。The current owner is、Alessandra's daughter takes over、Giovanna's mother is responsible for cooking、Can enjoy Tuscan Cooking Mama's famous and then shop。るるぶイタリア’14のフィレンツェのお勧めグルメスポットでも紹介されておりイタリア旅行観光ガイドのサイト「AMO ITALIA アーモイタリア」さんでも大絶賛されています♪ 店内手前には、2名掛けのテーブル席が2つ壁にはズラリとワインボトルが並びいかにもイタリアのトラットリアといった雰囲気を醸し出しています♪ こちらがメインホール席数は50席ほど壁一面にはオペラ座出演者たちの写真が並びます外壁と同じクリームイエローの温かみのある壁柔らかな照明木製のスツールがどこか懐かしさを感じる落ち着いた空間で半個室風の奥部屋もあります店内を見渡せば地元民の方々に愛されている雰囲気が十二分に伝わってきますこちらのお店のランチはメニュー料金より20%OFFになるというのも嬉しいサービスです♪ 「パン」 何よりも先にテーブルの上に並ぶのがパンでサービス料(10%)内に席料共に含まれています入れ物が可愛いですね♪ 「1/2 litro bianco toscano da tavola(トスカーナ・テーブルワイン500ml)」€5(日本円でおよそ700円) Primi piatti「Spaghetti alla Carrettiera(トマトソースパスタ)」€14(日本円でおよそ1,960円) カレッティエッラという名前の由来は馬車引き夫が客待ちをする忙しい合間にさっと提供できるようシンプルな具材と茹で時間の短い細いパスタを合わせたという説だったり厳冬期に客待ちをする彼らが身体を温めるためニンニクと唐辛子の効いたソースのパスタだったという説などがあるそうですこの名前のパスタは地方によっていろいろなレシピがあり例えばシチリアではパン粉とリコッタチーズを入れローマではマグロとマッシュルームを入れたパスタをそう呼ぶのですニンニクと唐辛子を利かせたアーリオオーリオペペロンチーノにトマトを加えシンプルで簡単であるがゆえに腕の見せ所が楽しめるパスタですこちらのカレッティエッラはパスタの湯で加減味の濃さオイルの量絶妙な乳化具合シンプルな食材のバランスどれを取ってもパーフェクトです!ニンニクが多めのパスタですのでニンニクが苦手な方にはお勧めできませんがニンニクのアタックの強さトマトの甘味と酸味のバランスピリッと刺激のある辛さが癖になります!ぜひこちらにいらしたらこのSpaghetti alla Carrettieraはオーダーしてみてくださいね♪ Primi piatti「Risotto ai funghi porcini(ポルチーニ茸のリゾット)」€18(日本円でおよそ2,520円) ”ポルチーニ”という言葉はイタリア語で”豚のような奴”という意味(単数形はポルチーノ)できのこ全体が丸々と膨らんでおりまるで子豚のような愛嬌のある姿に因んで命名されたものです香りが芳醇でフレッシュなものはナッツのような濃厚さが感じられ乾燥されることで醤油のような強い香りを発する独特な風味のキノコですポルチーニ茸は”茸の王様”ともいわれイタリアでも高級食材の1つと言われていますそんなキノコポルチーニ茸の旨味がたっぷりと感じられるリゾット美味しくないわけがありません!このリゾットを食べた瞬間に「これだよ、This、これがイタリアだよ!」と訳の解らない台詞を口にしたわたし達です(笑)こちらでは旬な食材をリゾットにされているのでそのシーズン毎のリゾットをお楽しみくださいね♪ 「ミニサラダ」 メイン料理に付いてきますドレッシングはお好みでといわんばかりにオリーブオイルとバルサミコ酢がボトルで出てきます。And、このオリーブオイルとバルサミコ酢もとても美味しかったので何処かで見掛けたら購入しようと思い思わずパチリ♪ Secondi piatti「鶏肉料理」€18(日本円でおよそ2,520円) 料理名がわかりませんが大好きな鶏肉と旬の茄子の料理をオーダーしましたフィレンツェではTボーンステーキを食べるようにお勧めされていましたが隣のテーブルでTボーンを食べている現地の方のソレを観てあまりのボリュームにあんぐり(笑)ディナーのことも考えると、2人では到底入りきらないと断念しました。However,、こちらの鶏肉料理にして正解です!柔らかくジューシィーな鶏肉に包まれた瑞々しい肉厚な茄子がまた絶品でした!付け合わせにも茄子の素揚げしたものと葉野菜とトマトで見た目とてもシンプルでしたがお味は最高で大満足でした次回はお腹に余裕を持たせてまたは大人数で行くかしてTボーンステーキも是非食べてみたいと思います♪ 創業者の娘でもあり現在オーナーのアレッサンドラさんとても気さくでチャーミングな方で日本語は話せませんがにこやかに対応してくれます。This time the、参考にしたアーモイタリアでお得な情報が掲載されていたのでそちらの特典をオーダーアーモイタリアのこちらのサイトページを見せると食後のカフェまたはグラッパかリモンチェッロのいずれかを無料サービスしてくれますわたし達夫婦は食後酒としてグラッパとリモンチェッロをいただきました♪ 「グラッパ」 イタリア特産の蒸留酒でブランデーの一種ですワインを蒸留して作る一般的なブランデーとは違いブドウの搾りかすを発酵させたアルコールを蒸留して作ります多くは樽熟成を行わないので無色透明ですがブドウの香りを程よく残しアルコール度数は30度~60度と少々お高めです真っ昼間からのほろ酔い気分日本だと指摘されそうですがイタリアであれば何の違和感もなく味わえるから不思議ですね(笑) 「リモンチェッロ」 試験管のようなメモリの付いたグラスが可愛いくキンッキンッに冷やされた自家製のリモンチェッロが出てきましたイタリアを起源とするレモンを用いたリキュールで伝統的なレモン・リキュールとして1つのジャンルを築いており家庭などで作られる以外にも複数の酒造メーカーが製造しています市販のもののように甘過ぎず凝縮感がありながらもさっぱりとしておりかなりのアルコール度数だと思われますがグラッパ同様にとても美味しくいただきました。Italy (European countries),、Almost no such public toilets in Japan、And common sense is to borrow the use of restaurant or Cafe。お帰りの際には「お手洗いはどこですか? Dove il bagno? ドーヴェ イル バーニョ?」と忘れずに♪ 歴代のオペラ歌手や演奏家ダンサー俳優と錚々たるメンバーの写真とサインたち。2007年に亡くなられたイタリアのオペラ歌手ルチアーノ・パヴァロッティ(伊Luciano Pavarotti)のサイン入り写真があったりハリウッドスターなどの写真もありワクワクしてしまいます。Just、隣のテーブルにいらした日本人の素敵なご夫婦もネット検索でいらしたようで今回のイタリアの旅ではフィレンツェに5日ほど滞在されているとのこと。1つの街に長期滞在しのんびりとした旅行もまた良いですね!こちらはフィレンツェに訪れた際に必ず立ち寄りたいお店となりました♪さてお次はフィレンツェの街を歩きウィンドーショッピングしながら人気ブランドのセレクトショップの紹介です♪ Trattoria Armando トラットリア アルマンド 住所:Via Borgognissanti 140 / R,...

Let Shiireyo local ingredients in Florence central market "Mercato Centrale"!

フィレンツェの食を支えるフィレンツェ最大の市場「メルカート チェントラーレ(伊Mercato Centrale)」。1870年代にミラノのギャレリアを手掛けた建築家によって作られたこの赤と緑の建物今ではフィレンツェッ子の胃袋とまでいわれる市場になり連日多くの人で賑わっています午後14時の閉館となり、13時半を過ぎた頃には少し早めの店仕舞いをするショップも少なくはないので午前に足を運べれば確実です。Florence central train station、サンタマリアノヴェッラ駅からすぐの好立地条件なのでお土産物を買うもよし場内での試食を楽しむもよしホテルでの晩酌用食材を買うもよしと三拍子揃いでわたし達夫婦が大興奮する超お勧め観光スポットです♪ 市場内を見渡すと目に飛び込むのは肉、Meat、肉!そうですフィレンツェと言えば肉!それを物語るかのごとく多くの肉屋があり様々な種類の動物の色々な部位の肉が並んでいますそして加工肉食品の豊富さにも驚きます。Other、Vegetables and fruits、Fish、などの生鮮食品をはじめ乾物、Cheese、Ham、Wine、Olive oil、バルサミコ酢などが豊富に揃いますこちらの新鮮な食材は地元の人々にも多く利用されていますそんなメルカートでの1番の楽しみ方は試食にあります!チーズや生ハムドライフルーツや年代物のバルサミコ酢さらには出来たてのオリーブオイルまでほとんどの物が試食可能です!旬の食材を大切にするイタリアの味を感じることができますので是非いろいろな食材の試食を楽しんでみてください。During the、その場で好きな食材を選び食事として楽しめるお店もありますのでレストランでのランチ時間がもったい無いという方には時間短縮でサラッといただける軽食を摂るのも良いでしょう♪ パッケージされているもの以外はほとんどの食品が量り売り的な感じなので好きな物を好きな分だけ買うことができますそして試食して味わってみてから購入することのできる商品も多く失敗がないです熟成期間の違いなどを感じられる食材に関しては試食をすることで深みの違いなどもとても勉強になりますね野菜コーナーには色とりどりの野菜が棚から零れ落ちそうなほどに並びさすがイタリアというだけあってトマトの種類は豊富にあり色艶共にどれも美味しそうさらに日本のスーパーではあまりお目にかかることのないカルチョッフィ(アーティチョーク)なども山積みされていてワクワクします。Here you will、料理好きな人には堪らなく魅力的なパスタやオリーブオイルチーズに乾燥ポルチーニやドライトマトなどなどイタリア食品が何でも揃います!自分用友達用に選ぶ時間がとても楽しいです!特にオリーブオイルと混ぜればパスタソースが出来上がるという乾燥ミックススパイスなどがカラフルでイタリアらしくコンパクトで軽いためお土産物としてオススメです♪ 様々なショップを楽しみましたがその中でも日本人にお勧めのお店がこちら「エノテカ・サルメリア・ロンバルディ Enoteca Salumeria Lombardi」さん。Cheese、Wine、Salami、Cured ham、Balsamic vinegar、Porcini mushrooms、ドライトマトなど様々なイタリアの食材が揃い、Including the Tuscan wine Italy wine、Is the cheese pecorino cheese of Pienza in Tuscany and Parmigiano-Reggiano cheese.、Line of quality assurance with balsamic vinegar and balsamic vinegar。And、トリュフ製品、PuTTY、Olive oil、お菓子などお土産にしたいものが店内に数多く並び魅力満載なのですが何が一番良いかと言うとスタッフさんに日本人が多いということ!イタリア語の挨拶程度はできたとしてもいざショッピングとなれば言葉の壁を感じることもしばしばそんな時にイタリアで日本語で会話ができるという有難さこれ以上の喜びはありません♪ この日も日本語が話せるスタッフさんが2人いました。And、わたし達夫婦に付き添ってガイドしてくれたスタッフさんはこのお洒落な雰囲気の物腰の柔らかい男の子何でも日本からイギリスへ留学しオーダーメイドスーツの勉強をされた後にイタリアへ飛びデザインの勉強を続けている留学生とのことそして学校の合間にこちらでバイトをしながら生計を立てているそうです日本から羽ばたき海外で努力している若者の姿に触れることができ何だかとても勇気をもらえました。And I'm happy to、イタリアならではのこちらのショップのお勧めを日本語でくまなく紹介してくれたおかげでお目当てのものをゲットすることができました♪ こちらのショップでも試食が可能で特にチーズでいうとパルミジャーノ・レッジャーノやペコリーノ・ロマーノをお勧めされましたチーズの日本への持ち帰りは真空パックであれば超硬質~半硬質系のものまで大丈夫ですちなみにモッツァレラなどのフレッシュチーズは真空パックになって乳清に浸かって売られていますが温度管理も大変ですし出来立てが一番美味しく製造後出来るだけ早めに食べる方が良いのであまり持ち帰りには向かないと思いますこちらで試食させてもらったのはパルミジャーノ・レッジャーノの12ヶ月もの、36ヶ月もの、60ヶ月ものです熟成期間の短い12ヶ月ものから試食するのですが面白いことにその差は歴然普通に美味しいには美味しいのですがやはり熟成期間が長ければ長いほど色味も変わり、Fragrance、コクと深みある味わいを引き出し旨味のレベルが全然違いますチーズは容量としては少々重くなりますがお土産物として喜ばれること間違いなしです大量買いの方は、Let's consult the shipping procedures to Japan are available。Now、様々なお土産もののショッピングが出来たところでランチタイムの時間が迫ってきたので次回はフィレンツェお勧めのトラットリアを紹介します♪ フィレンツェ中央市場 Mercato Centrale 住所:Piazza del Mercato Centrale, 50123 Firenze, Italy TEL:+39 055 210214 Hours of operation:7:00-14:00 Closed on Mondays:日曜日(※8月半ばは夏季休業あり)...

Duomo of the flowers of our Lady boasts a statue of the boar happy new market entry and Florence people

On the South side of the Loggia Mercato Nuovo (new market) in the heart of the city of Florence (Loggia)、There is a statue in Florence called "pig of Fortune" symbol boar。Whereas the market in the current Republic square was once called the old market、We call this new market。At that time、As was traditional Florentine straw hat, such as sold on the expensive silk and woolen、Guests can enjoy shopping, is now lined with stalls of affordable leather products。And while sitting on the South side、This "pig (Italy:Porcellino porcellino) "and is called"wild boar image"。1640C.、Is made by Pietro tacca learned sculpture industry mogul Jean Bologna.、By "suckling pig" and was nicknamed at the time、As has now been left intact。And the coat was applied to the surface、State of swamp of wild boar living (plant、Amphibians and reptiles), such as、Expressive reality is very valued bronze statue.。For images please understand、The statue of this wild boar、There is a legend "and patted the nose brings good luck.、For tourists all gather around the statue of this wild boar、We are very busy。Not just stroking the nose、Put a coin in the mouth and hands off、The coin drops below the base grid very good luck and are "true hope" or "Florence can be revisited.。Wearing only the wild boar nose shinning in gold、Heck how many people came except wishes her nose?。By the way this boar statue is a replica、2004年よりオリジナルはバルディーニ美術館に保管されているとのことです♪ 賑やかな新市場メルカート ヌオーヴォ(伊:Also known as the Mercato Nuovo:Porcellino market),、Bags and pouches、From belts and other leather products、Clothing、Marble paper stationery、Crafts are sold primarily。And lined with stalls on site、Even the leather products、It is recommended 掘出shi物 are looking for a reasonable。During the sightseeing tour、Not quite at your own pace and enjoy the shopping、Is free from、Decided to once again in this new market bounced back to at night, hunting and。And、Fine up to can find brightly colored favorite red leather wallet、Now she's so gentle signor (ITO:Signore men) in price negotiations and、お安く購入することができました!覚えていますか?「まけてください Sconto,per favore(スコント ペル ファボーレ)」必ず笑顔でお願いしてみましょうね(笑) シニョーリア広場、And after a wild boar statue of happiness of the Mercato Nuovo (new market)、Go and explore the old town on foot while the Duomo Santa Maria del Fiore Cathedral。 Is the appearance of artists doing art on the asphalt.、Because it seemed that draw in the limited space、What event? Can this glimpse of artists throughout the city.。さすが芸術の街フィレンツェですね♪ メルカート・ヌオーヴォ(新市場)より旧市街地を徒歩8分ほど行くと、Towering high above Cathedral Square suddenly opens up the sight, Giotto's Bell Tower (ITO:Campanile di Giotto Campanile di Giotto) comes into the eyes。1334In-built between 1359 and、And the Cathedral as well as red、White、In the Gothic style are made of green marble Bell Tower、Height of the tower is 84 meters.。At that time、Painter was responsible for building in、That was also the architect Giotto di Bondone、Construction starts in just three years the tier 1 completed and death to it、After that、Over Layer 2 Andrea Pisano、In addition to Chapter 3-Fran­CESCO made a five-layer。Closely watching the outer walls of the Tower、3Would be fun to observe the different hierarchy was peacefully by the House style。The great Bell keeps ring a Bell still announces the time.。And renowned as an excellent spot、414Can from the city with 360-degree views that went up the stairs.。See the entry to the lookout、When in front of San Giovanni baptistery exists on the other side。Narrow stairs, so I stayed、体力に自信のある方は軽装で臨むと良いでしょう♪ サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(伊:Cattedrale di Santa Maria del Fiore) the facade (front)、Decor designed by Arnolfo di cambio at the time was destroyed in 1587、Current is a 19th century reconstruction。Colours and white marble、In elaborate geometric patterns using pink or green-coloured marble, with neo-Gothic hybrid style。 And San Giovanni baptistery in Santa Maria del Fiore Cathedral with Baptistry (ITO:Battistero di San Giovanni) is、In the octagonal, standing opposite to the main entrance of the Cathedral building、And one of the most important concentrated form of Romanesque church architecture、Built in the 11th century to dedicate to St. John the Baptist (John the Baptist)。14-Bronze three gates attached to the 15th-century building、The South Gate is the Andrea Pisano、The North Gate and East Gate is produced by Lorenzo ghiberti。The East Gate is the image it took 27 years to complete、Relief composed of 10 copies left and right panels and old testament motifs、The "Heaven's Gate" and praised that Michelangelo was touched by so much beauty from、Featured spot and is now known by this name。On this tour、Free time and will be free from Cathedral square。Our couples、Tour of the cupola of the Duomo in the film "that calm and passion" became a hot topic and considering time up、The central market (ITO:Mercato Centrale メルカート・チェントラーレ)とお目当てのレストランでのランチへと向かいます♪ 大聖堂広場より徒歩5分ほど北上すると、Basilica of San Lorenzo (Italian:Basilica di San Lorenzo) have。(Front) facade of the bricks are exposed to and left unfinished。Internal spent nine years and complete、Has become a sophisticated things cannot be imagined from the unfinished facade、Sleeping old Cosimo's father, Giovanni di pitch。Bright ceiling dome and altar、ドナテッロ作の説教壇などが見所です♪ サン・ロレンツォ広場の南東角にあるジョヴァンニ・デッレ・バンデ・ネーレ(伊:Giovanni delle Bande Nere) black flag Giovanni、Statue of Grand Duke of Tuscany Cosimo's father will be mark the intersection、Advances the way unfolds in stalls、The central market (ITO:Mercato Centrale メルカート・チェントラーレ)へ到着します♪ サン・ロレンツォ広場からアリエント(伊:Ariento) through streets lined and stall、Crafts and leather goods in Florence、Marbled paper products、I have lined up clothing and souvenirs are crammed with so enjoy shopping! (* Sunday and Monday market was closed because of it。) So next time、Central market was looking forward to (I-:Mercato Centrale メルカート・チェントラーレ)を紹介しましょう♪ サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂 Cattedrale di Santa Maria del Fiore 所在地:Cathedral Square, Firenze, Italy TEL:+39 055 230 2885...

Admire beautiful masterpieces we celebrate the Golden Renaissance at the Uffizi Museum

「ウッフィッツィ美術館」はイタリアはフィレンツェにあるイタリアルネッサンス絵画を所蔵した世界最大級の美術館で、1591年より部分的に公開されてから現在に至るまでヨーロッパ最古の近代式の美術館の1つといわれています建物の着工は1560年メディチ家のコジモ1世より依頼を受けた建築家のジョルジョ ヴァザーリが担当し行政機関のオフィス(ウッフィッツィ)として建てた後ピッティ宮殿からウッフィッツィまでをつなぐ大回廊を築きます。After that、コジモ1世の息子であるフランチェスコ1世の代からメディチ家が集めた美術作品をここに収蔵するようになりました当主が変わるたびにコレクションは増えメディチ家以外の収集した美術品も加わり1765年に一般公開されるようになったのですイタリア国内の美術館としては収蔵品の質量ともに最大で、1982年に世界遺産フィレンツェ歴史地区の一部として認定されています館内は3階の展示が主になり古代彫刻と13世紀~18世紀の絵画作品から成りルネッサンスを代表する芸術家のレオナルド・ダ・ヴィンチラファエロ・サンティミケランジェロ・ブオナローティの三大巨匠をはじめロレンツォ豪華王にその才能を買われメディチ家の公認画家となるサンドロ・ボッティチェッリの「ヴィーナスの誕生」や「春(プリマヴェーラ)」はあまりにも有名ですフィレンツェの観光ガイドを務めてくださるのは現地日本人ガイドの小林さんウッフィッツィ美術館内も短時間で効率良く観て回れるように各時代の代表的な作品に絞って耳太郎(音声ガイド)を通じ作者や画の背景にある解説を詳しくしてくれますそれぞれの作品にガイドがあるのとないのでは大きく見え方が変わってくるので個人で訪れる際は美術館内の貸出カウンターで日本語音声ガイドをレンタルすると良いでしょう。Rental rates、1人用で€5.80(日本円でおよそ812円ほど)、2人用で€8(日本円でおよそ1,120円ほど)デポジットとしてパスポートを渡し鑑賞後に同カウンターで返却します大変人気のあるウッフィッツィ美術館は事前予約がお勧めです予約をしなくても早朝または夕方16時半以降は比較的スムーズに入館できるようですが楽しい観光のためにも念には念を入れましょう今回の入館はツアーに組まれていたので団体で事前予約済みチケットには特別展示開催期間の入場料金€11+予約手数料€4で計€15(日本円でおよそ2,100円ほど)と記載されています通常は入場料金€6.5+予約手数料€4で計€10.5(日本円でおよそ1,470円ほど)となります予約の場合はチケットに書かれた入館時間を確認し予約チケット専用入り口(1番)へ向かいましょう♪ 入館すると直ぐにセキュリティチェックが入り大きな荷物はクロークへ預けます。3階まで階段またはエレベーターで上がりチケットを半券切ってもらい入館完了ですここからは撮影禁止となり残念ながら名画の詳細はお見せすることができません館内は第1室から第45室に分かれており個人で行かれる場合は公式ガイドブック(日本語も有り)を購入すると良いでしょうそれほどの大きさでないウッフィッツィ美術館は主作品のみを鑑賞するなら小1時間ほどで回れますひととおりじっくりと鑑賞したい方は少なくとも2~3時間は要するでしょう館内の作品も素晴しいのですが廊下の天井はグロテスク模様で飾られておりヴァチカンのラファエロの回廊と同じような模様が目に付きどこを観ても溜息が零れそうです館内の撮影は禁止ですが唯一撮影が許されているのがこちらの館内から眺める風景その先に見えるは「ヴェッキオ橋(伊Ponte Vecchio ポンテ ヴェッキオ)」ですアルノ川に架かりイタリア語で「古い橋」の名が示す通りフィレンツェ最古の橋であり先の大戦を生き延びたフィレンツェ唯一の橋でもあるのです一度洪水で流されたあと、1345年に再建され、16世紀半ばにはヴァザーリの回廊が増築されています橋の両脇には金細工の店が立ち並ぶことで知られています。 3階の第45室の展示室の先には屋外のテラス席があるカフェがありエスプレッソやカプチーノ軽食が楽しめる空間となっています開放感溢れる青空にそびえ立つヴェッキオ宮殿名画に心奪われて少々放心状態が続いたので一息休憩するにはもってこいの場所です♪ ウッフィッツィ美術館を出てヴェッキオ宮殿の入り口の見えるシニョーリア広場へ降り立ちます入り口左脇にあるミケランジェロの「ダビデ像(レプリカ)」そして右脇にはメディチ家お抱えの彫刻家バッチョ・バンディネッリ作の「ヘラクレスとカークスの像」レプリカとはいえその美しきダビデ像を横にイギリスの新聞「Gardian」紙はバンディネッリのヘラクレス像を「イタリア・ルネッサンス期の腐った林檎」と呼び評しているそうです確かに像を間近にマジマジと眺めるとその違いは明らかに。Previous、こちらにあったオリジナルのダビデ像をご覧になりたい方は「アカデミア美術館」へ向かいましょう♪ ランツィの回廊(伊Loggia dei Lanzi ロッジア・ディ・ランツィ)と呼ばれるアーチが3つ並んだテラスは華麗な彫像が並び古代およびルネッサンス美術の野外彫刻展示場(無料)になっていますランツィの回廊の入り口にはメディチ家の象徴でもあるライオンの像が左右に2体その場所を護るかのように設置されており迫力がありますシニョーリア広場はかつては政治活動の場でありましたが今では市民の憩いの場となり観光客が絶えず訪れる賑やかな観光スポットとなっているのです♪ ウッフィッツィ美術館 所在地Piazzale degli Uffizi, 6, 50122 Firenze, Italy TEL:+39 055 238 8651 Opening hours:8:15To 18:50 Closed days:Monday、一部の祝日 http://www.polomuseale.firenze.it/...

Lookout spots you can see spectacular view overlooking Florence, Michelangelo square

Boasting views of Florence's best observation spots、It is rocked by bus from the hotel 30 minutes。In best location overlooking the ancient city of Florence、To Michelangelo square, located on a hill in the southeast of the city。From Florence's Duomo by taxi is about 10 minutes away and。観光名所なのでタクシー運転手に「ピアッツァーレ ミケランジェロ(Piazzale Michelangelo)」と行き先を伝えればOKでしょう♪ 広場には観光客が一杯で、In the middle is equipped with "Michelangelo's monument"、There replica of Michelangelo's statue of David is brave shows up and。 Just around the corner, you look、Replica even vigorous physical beauty shows off。オリジナルをご覧になりたい方は「アカデミア美術館」へ足を運びましょう♪ 広場には、Often stalls selling souvenirs to tourists。いかにも!といった感じのお土産が欲しい方には面白いかもしれません(笑) 露店の中には、Seen sight sells while drawing a landscape painting of the writer's own beautiful Florence。四季折々のフィレンツェを感じることができる柔らかい女性らしいタッチの画でした♪ 曇り空の隙間から、When I was a little drizzle started and searching。See the view from the top of the hill where the said symbol of Florence Cathedral, the Duomo。Town of red tea、Rather than ogle sobering is this unified、まさに調和のとれた美しい芸術品の1つといえるでしょう♪ フィレンツェの長い歴史を育んできた大河アルノ川。Only the bridge over the river where、Medieval bridge [Ponte Vecchio (Italy:Ponte Vecchio Ponte Vecchio) ".。This scenery is invigorating is nice、The Piazzale Michelangelo、Summer in crowded late at night, Florence fireworks event of the summer's best is the views from here! Now、Fine right after his personal views、Florence City Centre 降ri立chimashou。次回はウッフィッツィ美術館とシニョーリア広場の紹介です♪ ミケランジェロ広場 住所: Piazzale Michelangelo, 50125 Firenze, Italy TEL:+39 055 276 1410...

Scroll to top