Gastronomic French rejoice in peaceful countryside at the foot of Mt. Fuji "restaurant BIOS' of freshly picked vegetables body

In the peaceful countryside at the foot of Mt. Fuji、自家農園「ビオファームまつき」の採れたて無農薬野菜をふんだんに用いた身体に優しいフレンチレストラン「レストラン ビオス(Restaurant Bio-s)」へ! 富士山の雪解け水が豊富に流れる山麓は、And rich natural environment suitable for agriculture、1.8with HA (5400 square meters) farm plantations "Matsu biofilm when" now、Is aimed at farming without pesticides and chemical fertilizers、Mainly including herbs grown vegetables、年間50品目以上の作物を生産されています! 「レストラン ビオス(Restaurant Bio-s)」は自家農園「ビオファームまつき」を営む松木 一浩 (Kazuhiro Matsuki)さんが2009年12月8日にオープンさせた農園レストラン! 松木さんは元々「タイユヴァン・ロブション(現在のジョエル・ロブション)」が日本にオープンした際のメートル・ドテル(maître d’hôtel)初代給仕長だった御方で先日足を運んだ鎌倉の古民家ホテル「鎌倉古今」の支配人である松宮 大輔 (Daisuke Matsumiya)Mr. also、That had been a waiter at hamburger with matsuki、今も互いに良き理解者としてその関係を続けられています! 駐車場に辿り着くと鳴き声に癒やされるヤギのお出迎えが待っております! 子ヤギは人懐こい様子で、Shake hands and came up very near、フェンス越しに顔を覗かせ挨拶してくれる愛嬌一杯の姿にメロメロです! 木目をふんだんに用いたナチュラルな店内は壁面一杯に広がる大きな窓から自然光が降り注ぐ心地良い空間! 光の魔術師と称されメキシコが誇る建築家ルイス・バラガンの邸宅のリビングを彷彿とさせるかのような十字架のデザインが印象的です! モンシロチョウがヒラヒラと舞い緑溢れる農園越しに雄大な富士山を拝める特等席を用意してくださいました! この日はランチメニューの「季節のティスティングコース 12皿〜」9,500円にコースに合わせて提供される「ノンアルコールペアリング(おまかせ4glass)」2,800円を追加しオーダー! 真っ白なテーブルクロスの上には、In the festive, decorate the table dainty with the image of flowers blooming in Germany tableware "Rosenthal" summer meadow "Fleurs Sauvages (wild flower)"、ワクワクのランチタイムスタートです! [季節のティスティングコース 12皿 + ノンアルコールペアリング] ①「長谷川さんのマッシュルーム」 富士市の「長谷川農産」代表である長谷川光史さんが、In the finger food using organic mushrooms have made painstakingly in fungus was imported from the Netherlands、Used on occasions sliced mushrooms are so fresh,、A gavotte France candy in the bottom-took the crispy dough in finely chopped mushrooms and slipped into the screen is and、In one mouthful of fish and、マッシュルームの香りと甘味が口中一杯に広がります! ■「ノンアルコールのスパークリング ミントを添えて」 ペアリングでは、Sommelier and enjoy performance matsuki's Owner who serves freshly prepared drinks on the desktop、Instead of wine or non-alcoholic、気分はChampagneのような雰囲気で乾杯! ドライテイストのノンアルコールスパークリングに自家製ミントシロップを垂らし摘みたてのミントを添えた爽やかな一杯! ②「パルミジャーノのタルトレット」 飴色になるまでしっかりとソテーした焦がし玉葱に羊のチーズを纏わせたタルトレットも一口サイズで頂くと玉葱の甘味とチーズの塩気のハーモニーが絶妙です! ③「スナップエンドウ」 フレッシュなスナップエンドウや空豆、The colored buds of Chrysanthemum stone、Snap peas boiled lightly onto the boat-shaped thin tart with white bean puree、スナップエンドウの白い花が添えられて来ます! 生の状態では甘さと瑞々しさを楽しみ、Are boiled, the more colorful leave snap peas add texture with shakishaki juicier and enjoy! Because salt is gentle、採れたて野菜の本来の旨味を存分に味わえる一品! ④「自家製リコッタ」 ガラス製のクロッシュの中からお目見えの自家製リコッタチーズはスモークを纏わせて提供!薄いメレンゲと合わせ、And served with smoked oil during the、スモーキーな香りとミルキーな味わいを楽しみます! ■「Chardonnay(ノンアルコール)」 ノンアルコールのChardonnayを用いたハーブのジュースには、Mint and lemon grass、エディブルフラワーの香りが一杯! ⑤「自家製パン」 自家製の天然酵母でライ麦と全粒粉、Golden ratio derived in flour in bread、Outside is crisp and white sesame seeds roasted、Are soft and have、Such as bread too heavily and balanced finish、お持ち帰りしたいぐらいのとっても美味しいパンです! 低温殺菌牛乳を煮詰め、Milky butter whipped with butter、岩塩と共に軽いタッチでいただけます! いつもは開店の来客を迎えたタイミングで焼き始めるフォカッチャもあるようですので次回は「世界一美味しい」と噂されるフォカッチャも楽しみにしております! ⑥「新玉葱」 新玉葱に衣を纏わせたフリットは、Sun-dried tomatoes and capers、Olive、Along with the pine nuts and sour condiment、Served with sliced marinated or dry onion、コリアンダーの花やハーブをアクセントに! 料理の合間合間に、Chef and sous chef alternately emerge from the kitchen and went to the farm、用いる分だけのハーブや花を収穫に! レストランとしてこれほど理想的な環境はありません! ⑦「豆ごはん」...

Scroll to top