An elegant breakfast while watching the "Kamakura kokinshu' hideaway Inns in Japan garden

古民家ホテル「鎌倉古今(Kamakura Cocon)」での朝は早く、Much of good singing wake up birthday、最高の観光日和です! 庭園を囲むように広がる山の自然は緑に溢れており、Spacious garden as well、Mochino木 and Japanese black pine、Tsuge、Cypress、Surrounded by pomegranate、For the show vary depending on seasonal flowers、池に泳ぐ錦鯉と共に四季折々の景観を楽しむことができます! 4月~5月にかけての最も快適な気候に恵まれたこの日の朝、Warm up in the morning bath micro bubble bath、浴衣姿で暫し館周辺の散策を楽しむことに致しましょう! サツキやツツジの周りには蜂がブンブンと飛び交いせっせと花蜜で食事中! 門の外へ出てみると、Try to find up the path under his arm and、山を守る神様が祀られている小さな神社に辿り着けます! 足元に伸びるのは、Bracken fern and spring、コゴミでしょうか? 春の御馳走とも言える山菜を沢山見掛けることができました! 支配人の松宮 大輔 (Daisuke Matsumiya)And I'm on will give you land.、"For bamboo shoots can be caught in the mountains、Continue to provide in future "and、此処ならではの魅力をまた一つ見つけてしまいました! 散策を終えラウンジのショップにてお土産探し! 「Restaurant Cocon(レストラン古今)」でも頂いた手摘み高級茶「ROYAL BLUE TEA(ロイヤルブルーティー)【高級茶・ノンアルコール・茶宴Cha-En】」の「玉露ほうじ茶 香焙(The Gyokuro Houjicha KAHO)」や「京都宇治碾茶(The Uji)」も販売される他、Feature set, providing "roji" specializing in Japan tea green tea with yuzu and cherry green tea、「黒文字茶」の他にも10種類程の袋茶を用意されています! お茶にはお菓子が付き物と言うことで、Baked goods prepared by、"Miso Kamakura Inoue" "Koji jam" and "miso dressing.、手に取りやすい価格帯の物もあり手土産にはピッタリ! 自然の豊かな香りが楽しめるお香「竹彩香りらく」の和のリードフレグランスや自然派コスメで客室のバスアイテムとして採用されている「MATIN et ÉTOILE(マタン エ エトアル)」の商品、Brand perfume fragrant heart (fragrant heart) 100% pure essential oils、女性に嬉しい贈り物までもが揃います! お部屋に戻ると朝食の準備が整ったようで、So here who served in the room、和室で気兼ねなく頂けます! 用意してくださったおしぼりは「ひのき」の良い香りが漂い、Rest feeling relieved in warm brown rice tea、Open the sliding doors and、庭園を眺めながらのゆったりとした朝食タイムは至福のひととき! 朝食は色彩豊かに栄養たっぷりの御膳で用意され、Side dishes freshly cooked rice Yamagata rice brand "tsuyahime" and "revive" with plenty of vegetables and if you meet several balanced line、身体に優しく嬉しいものばかりです! ■玄米茶 ■7種のフルーツと野菜のコールドプレスジュース ■有機野菜のミニサラダ ■鎌倉釜揚げしらすとおろし大根 ■鰆の西京焼き ■姫様のたまごの出汁巻玉子 ■炊きたて御飯(山形県産・つや姫) ■けんちん汁 ■自家製漬物(沢庵、Cucumber、梅干し) 前夜のディナーで頂いた三浦半島の「岩沢ポートリー」が「姫様のたまご」があまりに美味しかったので生卵を追加で頂いてみました! 見事なまでの黄身色で、How do human drool soy sauce、黄金に輝くTKG(卵かけ御飯)の出来上がり! さらに嬉しいことに食後のデザートには袋井の「名倉メロン農場☆FruitcafeNiJi」の甘~い完熟メロンの登場です! 何でも「名倉メロン農場」のオーナー夫妻とは松宮さんが熱海にいらした頃からの長いお付き合いだそうで「鎌倉古今で是非とも取り扱いたい」と願ってのこと! わたし達も良く知る生産者と松宮さんとの御縁に喜びが隠せない和やかな朝となりました! 鎌倉古今(Kamakura Cocon) 住所神奈川県鎌倉市二階堂836 TEL:0467-81-4435(Phone hours:9:00To 18:00) https://www.kamakura-cocon.jp/...

The oysters 'tasuke' taste of winter! Leather in a fish restaurant of Hamana Lake Benten island in Oyster FRY meal

Speaking of taste of winter in the Lake Hamana oyster! Birthday in the winter season、Hamana Lake oysters would be fun for a limited winter Oyster dishes on、Benten island in Lake Hamana.、地元浜名湖で採れた新鮮な食材を最高の状態で提供する「魚河岸料理 太助」へ! 「魚河岸料理 太助」は「弁天島 山本亭」の姉妹店となり、1975At the fish market restaurant founded in (0/1975) and the local people have long loved、2017Renovated in March、リニューアルオープンされています! 雄大な浜名湖湖畔を望むことができる店内は入口をバリアフリーに新装されております! 入口前の生簀にはこちらの名物料理の一つとなるスッポンが鎮座! 店内に設置された大きな水槽とカウンター越しに望む立派な生簀が人気で、1Floor is like a semi private room and dug kotatsu expression of Zashiki seating、2階は和室の座卓が用意され宴会席としても利用可能です! この日は目の前に生簀が望めるカウンター席へ! 遠州灘の天然トラフグをはじめ、Lobster, flounder and turbot、Sazae-San,、旬の活魚が悠々と泳いでおります! 毎年楽しみにしている冬の味覚にご満悦です! 「カキフライ定食」1,400円 浜名湖産牡蠣を用いたカキフライは、And with five medium-sized oyster、サクサクの衣を纏った身はふっくらとプリプリで濃厚な味わいが楽しめます! カキフライは、Served with homemade Tartar or another's will be at the source! As far as nice and garnished with shredded cabbage、Other、In a small bowl stew、Clams with rice and miso soup、Chinese cabbage and pickled pickles、デザートにいちごミルクの寒天ゼリーが付く定食となり大満足! 平日ランチ限定「海鮮丼(味噌汁付)」1,200円 仕入れによって内容が異なる海鮮丼は、Tiger prawns、Red sea bream、Flounder、Halfbeak、Tuna、Scallops seared on the shiso leaf topped、刻み海苔を纏った酢飯に綺麗に盛り込まれています! 生簀から出されたばかりの車海老は、Still twitching and moving and feet、活きの良さに驚きます! 車海老の締まった身は、Elasticity of the preppy offers a rich sweetness、Other fresh fillets and tasteful、贅沢の極み!やはり和食は落ち着きます! 食事を楽しんだ後は弁天島海浜公園周辺をぐるりと「Maserati」でドライブしながら散策してみましょう! 弁天島のシンボルタワーとして佇む真っ赤な鳥居は、1973Built in the year (0/1973)、わたしと同じ年です! 遠州のからっ風が潮と共に吹き荒れる弁天島ですが、Felt very bright radiance of Lake Hamana in the clear blue sky and dark blue、車中はポカポカと暖かく最高のドライブ日和となりました! 浜名湖最高! 魚河岸料理 太助 住所静岡県浜松市西区舞阪町弁天島3212-3 TEL:053-592-1919 Hours of operation:Lunch 11:30-14:30 Dinner 16:30To 22:00(Last order 21:00) 駐車場:16台(無料) 定休日水曜日 http://www.yamamototei.com/...

Char-grilled seasonal Sai incense fine natural duck and quest for party concludes in ARA pot!

浜松の東伊場に暖簾を掲げる日本料理「旬彩 香炉」にて今年最後の忘年会へ! こちらは店主の新村 修 (新村修).、2000年10月23日に開業されており季節毎の旬食材を活かした料理を提供する日本料理店となり、Is at the moment.、河豚やジビエ、Crab、Abalone、岩牡蠣などが楽しめます! 店内は昨年2017年に店内のリニューアルをされたばかりで清潔感に溢れ一枚板のカウンター席6席に障子越しの個室が3室と計24席の落ち着いた空間で大将や女将の穏やかなお人柄で居心地の良さが伺えます! 昼はコースのみの完全予約制の営業となり夜はお勧めの一品料理からおまかせコース料理(4,000円~)まで良心的な価格帯で提供されており常連客に愛されるお店で今年の苦労を忘れる最後の忘年会はこちらに決定! 先ずは「生ビール・エビス(YEBIS)」650円で乾杯! こちらでは全国各地の銘酒を取り扱われているようなのでお次は刺身に合う日本酒を大将にオーダーし山口県美祢市の「Ohmine Shuzou 大嶺酒造」の今冬限定の「ゆきおんな」を頂戴します!「Ohmine Shuzou 大嶺酒造」とイラストレーターの「たなかみさき」さんとのコラボレーションにより誕生した「ゆきおんな」はマスカットのような甘酸っぱさとお米の旨味が楽しめるにごり酒でほんのりと甘く優しい味わいは刺身にとても良く合います! 前菜「椀物」600円 蓋を開けるとふわっと出汁の香りが立ち上り柔らかく炊かれた大根や里芋彩りに人参や青菜巻貝の旨味に生のキクラゲの食感が堪りません! 「刺身盛り合わせ」一人前2,200円 香ばしい金目鯛の炙りは塩で頂き、On a roll of fat horse mackerel、ねっとりとした食感と甘味の強いアカイカ鮪の中トロ濃厚でクリーミィーな生雲丹焼き立て熱々の状態で磯の香りが食欲をそそるトコブシには酢橘をギュッと絞って頂くとジューシィーで歯応えも楽しめ思わず悶絶! 「天然鴨の炭焼き(半身)」5,000円 浜名湖の天然鴨が解禁となるこの時期ならではの真鴨の炭火焼き! 店主の新村さんが自ら狩猟し捌きたての鴨を提供されているためこの上なく新鮮な鴨となりこちらではジビエが得意料理とのこと! 炭火を囲んで自分達のペースで部位毎に楽しめるというので無類の鴨好きのわたし達にとっては堪らない一品となります!卓上に用意された岩盤の上に炭火鉢を乗せ炭火の暖かさにじんわりと癒やされながらいざ焼きへ! 最初は大将が焼き方のお手本を見せ手解きをしてくださいます! 網に脂身を擦り付けて柔らかな「もも肉」からスタートしむっちりとした「胸肉」弾力の「ささみ」「手羽元」コリコリとした「砂肝」噛み応えのある「食道」「ぼんじり」新鮮だからこそ食べれる「ハツ(心臓)」や「レバー」など半身の鴨を味わいの異なる部位毎に! 野生の鴨は濃い肉色となり身が締まり弾ける弾力とコク深い野性味が楽しめ頂く毎に力の源になっていくのを感じます! こちらには鴨に合う日本酒を見繕って頂き同じく山口県「中島屋酒造」の山田錦100%使用の「カネナカ 生酛純米 山田錦」を頂戴します! こちらの日本酒は熟成によるナッツを想わせる香りがありほのかな甘みと後味すっきりとしたシャープさが楽しめる力強い味わいで独特な香りを持つ鴨肉にピッタリ! お次も鴨に合わせて兵庫県加西市「富久錦株式会社」が作り出す日本酒「純青 生もと純米吟醸 おりがらみ 兵庫夢錦 29BY」 こちらは兵庫三大錦と呼ばれている兵庫夢錦から造られる日本酒で、Dare、山田錦より難しい夢錦で美味しいお酒を造りたいという蔵元の地元愛が生み出したチャレンジ精神の賜物! 果実香があり口に含むとややガス味を帯びておりまろやかなお米の甘味が楽しめながらも後味のキレの良さからスッキリと楽しめるおりがらみとなります! 「クエ あら鍋」一人前3,500円 クエはハタの仲間で希少性から高級魚とされており、Fukuoka、佐賀では「あら」と呼ばれているクエの「あら鍋」を堪能! 甘い脂がたっぷりと乗ったクエの身はふわっふわで柔らかく白身ゆえの淡白さはあるものの何とも言えない上品な旨味が楽しめます!アラの皮際にあるゼラチン質のコラーゲンはきっと明日の美肌を作り出すであろうプルンプルン食感! 骨からとったスープはゼラチン質が溶け込み出しやや白濁しとろみのある濃厚さが絶品となります! 野菜は、Chinese cabbage、Garland chrysanthemum、White onion、木綿豆腐、Shiitake mushroom、えのき茸を投入しクエの出汁を思う存分に吸わせてから頂きましょう! 「あら鍋」には山口県宇部市の「永山本家酒造場」が作り出す「貴」の搾りたての新酒「貴 特別純米 直汲生酒 【新酒2019(H30BY)】」を合わせます! 杏を思わせる爽やかな香りとフレッシュな口当たりで適度な酸とガス感があり新酒らしい味わいが楽しめる軽快な辛口! クエのプルンとしたコラーゲン質も堪能しながら合わせる最後の日本酒は福井県吉田郡永平寺町の「黒龍酒造株式会社 兼定島酒造りの里」の売れ筋商品となる「黒龍 吟醸 いっちょらい」! 「いっちょらい」とは福井の方言で“一張羅”を指し「自分にとって一番いいもの」という意味を表します! フルーティーな吟醸香と旨み黒龍の吟醸酒を堪能! 鍋の〆はやはりクエの旨味を全て楽しむ「クエ雑炊」! 一旦調理場へ鍋を戻し仕上げていただく雑炊は極細の糸海苔と葱を散らして登場! 添えられる「ぬか漬け」の浸かり具合も絶妙です! 白濁としたスープの中からは旨味をたっぷりと吸わせた艶々ふっくらのお米が胃袋を満たしていき鍋を空っぽにして満腹の御満悦! タクシーを待つ間は旬のフルーツがギッシリと詰まったデザートの「シャーベット」を温かいお茶と共にほっこり! 年の苦労は忘れてもこの味わいは脳に焼き付く美味しさで本当に良いお店を知ることが出来ました!大将&女将ありがとうございます! 年越し前の至福のひとときとなり新年を清々しい気持ちで迎えられそうです!皆様も良いお年をお迎えください!...

Eating in carefully selected "Toyohashi sushi mantarō" Mikawa Bay's sake hold general trendy sushi

豊橋の愛知大学駅より程近い住宅街の交差点角に佇む「万太郎寿司」にて夕食会! こちらは、Sushi made with yaeko's landlady opened 43 years ago, 9/1/1975 from now Takemoto, a. General、現在は東京で修行された息子の大藏(Daizo)さんも加わり家族3人で仲良く営まれており三河湾をはじめとする旬の近海天然魚貝類にこだわり毎日新鮮な魚を店主の目利きで仕入れた豊富なネタを良心的な価格で提供されるお店となります! 浜松の有名店であるPatisserie「アボンドンス」のBernard Heberleと長谷川 豊佳 (Toyoka Hasegawa)Is it for your invite to shop here and his wife have frequently been haunted I heard was、わたし達夫婦は初の来訪となります! 御二方はこちらのお店を豊橋の銘菓を生み出す「和洋菓子司 入河屋」の五代目・松嵜 善治郎 (Zenjiro Matsuzaki)さんから御紹介されてからというもの大将や女将息子さんの温かなお人柄と心温まる和のおもてなし、And、何よりも新鮮な食材を活かしての美味しい料理に魅せられ今では頻繁に足を運ぶ常連客になっています! 玄関先に灯された看板に、Somewhere familiar distinctive typeface! From store to store、"...? "And reminiscent of a number of points and exhibition、In General "here、In the works of Shintaro ajioka? "And take the check and、見事大正解! 大将は、Now nearly 30 years ago、愛知を代表する豊橋のアーティスト・味岡伸太郎さんに新たにロゴデザインを依頼し看板に暖簾手土産用の掛け紙名刺などを一挙に手掛けて頂いたとのこと! 味岡伸太郎さんと我が家の旦那様は、7年程前から御仕事をご一緒させて頂いてからの御縁で公私共にお付き合いをさせて頂いている大好きな御方! 店内全体の雰囲気に何処と無く味岡臭が漂っていると思ったらやはり見紛うことなく不思議な御縁を感じた嬉しい夜でもあり楽しく美味しい時間の始まりとなります! 店内は落ち着く空間でL字のカウンター10席テーブル14席、1階離れや2階個室も含め全席55席を用意し会席コースも可能です! 有難いことにこの日はBernardのMaserati Ghibliでの送迎付きとのことで豊佳さんとわたし達はお酒も楽しませていただけるとのことでしたので遠慮なく「生ビール」で乾杯! いつも料理は大将におまかせコースを注文されているとのことで先ずは一品料理から頂きましょう! 「鱈の白子ポン酢」 冬の訪れを感じさせる白子の季節がやって参りました! もみじおろしとポン酢でさっぱりと頂く白子は大好物です! 「黒バイ貝 醤油煮」 身は柔らかく優しい味わいで炊かれた醤油煮! 噛みしめる毎に旨味が口中いっぱいに広がります! 「蛤の潮汁」 見事な蛤は潮の味わいと三つ葉の香りを楽しみます! プリップリの食感が堪りません! 貝の模様が「顔みたいで可愛い」とお茶目っぷり全開のBernard(笑) 「キンキの煮付け」 小振りながらに1人1尾も頂けるキンキの煮付けは箸でほろりと取れる身がふわふわでこれまた汁の甘みが優しく胃に染み渡り強すぎない醤油が上品に炊かれています! ここで日本酒に切り替え息子の大蔵さんお勧めを頂きます! 「酒づくりの神様」と称され人間国宝となる杜氏・農口尚彦さんが造られた石川県・金沢の「農口尚彦研究所 山廃純米酒 無濾過生原酒」! 香り柔らかくほんのりと旨味はガツンと味わえる中余韻は優しく引き際がスッキリと美しい日本酒! 粋な大将との会話も弾む中ここからはテンポ良く握りのスタートです! 山葵は立派なサイズの本山葵を使用されており程良い辛味と鼻に抜ける香りが心地良さを奏でます! ねっとりとした「赤身」 脂ののった「中トロ」 筋切りして口溶け滑らかな甘みの強い「ヤリイカ」 身の締まった「鯛」ガリの漬け具合も良い塩梅です! お次の日本酒は山形県「酒田酒造 上喜元 超辛完全発酵 純米吟醸」!もろみの中の糖分を酵母が全て食べつくした残留糖の無い完全発酵で淡麗ながらに旨みを残しつつキレのある超辛口です!上喜元だけに上機嫌(笑) 隙間無く数の子が敷き詰められた「子持ち昆布」はシャリに花鰹を添えて店頭の生簀から取り出したばかりの「活け車海老」 ふっくらとした身で香ばしい「穴子」 コリコリとした食感の北海道「ツブ貝」 美しく花を開かせた鮮度抜群の「赤貝」 カリカリ食感と海老の風味を余さず楽しむ「活け車海老の頭 素揚げ」 上品に優しく〆た「しめ鯖」は脂ののりが楽しめます歯切れ良い海苔に巻かれた濃厚な「雲丹」 舌の上でとろける見事な「大トロ」 筋子から作った自家製いくらは大粒で漬け具合が絶妙な「いくら醤油漬け 小鉢」 身体の芯まで染み渡る「しじみの赤出汁」 優しい甘さでジュワッと出汁が溢れる「玉子焼き」...

Enjoy the taste of autumn 'valve one"! Long-established culinary arts at dinner with owner attention at the bar!

Founder and 0/1924、2014Greeted the 90th anniversary year、今年は早くも94年を迎えられる浜松の肴街にある老舗「割烹弁いち」へ! 料理だけではなく風情溢れるその佇まいに、Each sum of the quiet room is available with、Arranging and great number of indicators、And、And gathers the shopkeepers attention at the bar、At that time in the season, carefully crafted and、おもてなしの心で提供されています! 3代に渡り受け継がれ守り続けられている暖簾の現在の主は、Junichi Suzuki (Junichi Suzuki)San。 And left the store from 0/1991、That started.、Request from across the country hard to find ingredients and seasonal ingredients and is enjoyed in arms、For a wealth of knowledge of sake suited for cooking and wine、好みをお伝えしお任せすると安心です! こちらのお店は、1Name-10 to accommodate private room available only。A full seat warmer for、Legroom is easier to、ゆっくりとした時間を過ごすことが可能です! 今回も2~6名様に対応可能な「雅の間」を用意していただき「季節のお料理コース」12,960円の秋の味覚を堪能! 先ずは飲食店限定の新潟で製造される味わい深い国産プレミアムビール「GARGERY(ガージェリー)」750円にて乾杯です! [弁いち・季節のお料理コース] ①「自家製の唐墨、Glutinous rice、銀杏」 弁いちさん御得意の自家製の唐墨をふんだんに纏わせた新米のもち米はもっちりとしており、Tenacity is succumbing to the pressure of the 唐墨 bed、相性抜群! ②「福岡のヒシの実、Kyoto Tango small potato、浜松産落花生の雲丹きんとん」 一品ずつ丁寧な手仕事を加えられており秋の山の恵みを味わう盛り合わせとなります! 不思議な形状が印象に残るヒシの実は、In the oddly shaped like looks have graced the bats、Associated with Halloween just in time! But this is only in the flesh is、Body for nutritional value outstanding of actually used in traditional Chinese medicine is one of the happy autumn! Small Potato's Tango、Hokku littlet soft anyway good addition and subtraction of salt because、Moist texture is fine! Local、Stunning size at Hamamatsu industrial Peanut Soup with bite and texture each to smell and taste、滑らかな雲丹きんとんに仕上がっています! 2杯目は瓶内熟成の「GARGERY23 Xale」の熟成香とフルーティーな甘みをより体感していただきたいとブルゴーニュグラスにて提供してくださり贅沢の極み! ③「三河信州の松茸と舞阪の鱧の土瓶蒸し」 先ずは、Can't believe my soup with the aroma of Matsutake mushroom soup for you、身体の内側から温まります♪ 途中、Hanging a little vinegar Tachibana attached in a separate dish at taste change、最後に美しく骨切りされた柔らかな鱧もいただきましょう! ④「舞阪産鯛、Omaezaki from mackerel baked Frost build、三浦半島クロムツの昆布締め」 旬の魚を熟成させ此処一番の美味しいタイミングや調理法で提供してくれる3種のお造り! 弾力、Sweet、Tahin、And the sense of taste on the tongue and also、それぞれ上品に仕立てられた濃厚な味わいを海の恵みに感謝して頂きます! ⑤「舞阪産甘鯛黒米と天然ブナハリタケのソース」 皮面をぷっくらと香ばしく焼き上げた甘鯛は、Along with the source of the derivatives of phenylpentanone has a fair complexion, a beautiful umbrella will be! Natural incense mushroom is a distinctive flavor and glamorous and strong attack、茗荷の甘酢漬けの甘酸っぱさがアクセントになっています! 石川県「株式会社 車多酒造 -天狗舞醸造元- Shata Shuzo / Tengumai」の「天狗舞 中三郎 大吟醸」 杜氏の中三郎さんが丹精込めて一本一本瓶詰し御自分の名を冠して特別に出荷される限定品は、So fragrant clear elegance、キメの細かい口当たりの良さが楽しめる極上品です! ⑥「小鳩と香茸」 フレッシュな香茸は、Smell is just too intriguing appetite、肉厚な食感がまた独特の風味豊かさを味あわせてくれます! 塩をしっかりと振り、So savory grilled in charcoal、香茸に負けず劣らずの濃厚な味わい!若々しくむっちりとした弾力を楽しみます! メインディッシュには栃木県の「仙禽醸造元 株式会社せんきん」の最高峰とされる限定希少の純米大吟醸「麗(うらら)」と共に!瑞々しく華やかな花の香りが楽しめ滑らかな舌触りで飲み口の良すぎる危険な一杯! ⑦「掛川産の栗御飯、Mushroom and tofu miso soup、Pickled turnip in、Konnyaku shiso pickle、しば漬け」 ⑧「紅玉のムース」 紅玉の美味しい時期にのみ提供されるデザート! こちらには「新政酒造」の激レアな貴醸酒「陽乃島10周年記念醸造酒 Love for the Phoenix」を合わせて! 「この貴醸酒を頂くと前に飲んだ日本酒の味をすべて忘れてしまうかもしれません」と言い放つ鈴木さん! どれも美味しく楽しませていただきましたが、Still at the end of the last "this valve ASU no Yoichi! "And told to make、ふくよかでリッチな味わいを放つ強烈な1杯を持ってこられました! いつものことながら、Fun food with newfound taste while Suzuki will appreciate、Commemorative photo with Shizuoka was joining the new entrance currently scribe writers and Mr. oosugi Hiroko works! Mr. Suzuki、また伺わせていただきます! 割烹弁一いち 住所静岡県浜松市中区肴町313-13...

"I guess Rin eel shop" Midsummer ox! Savory eel stamina in trying to eliminate summer!

Midsummer ox、浜松市西区入野町の雄踏街道沿いにある創業68年の「かねりん鰻店」へ! 土用の丑の日に”鰻”を食べるのは江戸時代から続く習慣で、Is reported as the origin、Scholar of the Edo period, gennai hiraga、To jazz up the acquaintance was no sale of the summer eel eel "today、Midsummer ox "and wrote, the signs on the storefront、その宣伝効果のおかげで大繁盛をしたのがことの始まりとされています! ”丑の日(うのひ)”には「う」の付くものを食べると良いとされ、"Udon"、"Umeboshi"、And a "melon"、In the recent、From the stamina to stick "beef"、And join the "horse" as well as、"Eel" is one that is、上記起源説が有名! わたし達の住まう”浜松の食”と言えば、But first and foremost "eel" to raise、Eel shop very much、Taste sauce and bake、How to Cook rice into a particular、人それぞれにお気に入りのお店があると思われます! わたし達夫婦の独断と偏見で言えば、Storefront、Customer service、Material、Taste、As a cost-performance score、非常にバランス良くNo.1を獲得するお店はこちら 「かねりん鰻店」になります! こちらは元々、1950At its inception, was open in the town、 1977In October, and moved here INO-Cho, 39 years、In relation to earthquake-proof outlets、In the form of the new and reformed、2016To set up a Japanese garden on 23 June, the quaint atmosphere has changed、The Japanese space full of restless、While not facing the street was described as too cozy、益々その名を轟かせる名店となります! 暖簾をくぐる前からうなぎを焼き上げる香ばしい香りにノックダウン! 通常は予約可能となりますが、Be no reservations is expected during peak midsummer ox、並んだ順で平等に提供されています! とはいえ、Because of past 13:00 PM time、Thanks have already been completed?、すんなりと待たずに入店することができました! 中庭を囲むカウンター席、Table seats、Private room、In total 61 seats with room provided、今回は奥の掘り炬燵式の座敷へ! 「うな重(並)」2,940円 こちらでは、Deprecating quick quality eels to its seasonal's supply chain、Charcoal、外は香ばしく中はふっくらと焼き上げています! それを創業68年の間、A secret kept from his grandfather's long shirttail while sauce three times under、Taste、Luster with the best to finish、Boiling in a large pot、米の芯までふっくらと炊きあがった熱々のごはんの上に乗せて提供! 箸でさっくりと切れるほどの柔らかさで、Without being too salty sauce common to specific country、It's a nice classy。Rice grains are firmly standing、Resorting to sauce in Organics、Chopsticks are forward thinking and pleasant taste。Rising eel prices、Although the average、Less than 3000 Yen tax included in "such heavy" valuable shop where you will find! Also delicious natural while doing、そのコストパフォーマンスの高さは言うまでもありません! つい先日、In program "eel 00 put the pepper to even food more delicious. that question、Know the facts on a rice shock answer believe it or not、"Nothing experience." in the US、Immediately、This "like heavy" more calm as well、The pepper onto the rice and! Certainly、The eel was directly over the pepper、Was feeling the first pepper smell and irritation、And in this way、For sansho shines directly on the tongue、Standing ago the aroma of grilled eel、After the 噛mi締meta flavor of the sauce、Spread were 蒸rasa in the heat of the rice flavored with sansho pepper on the nose as、Guests can enjoy rich flavor、It is significantly swell the palate with lingering! Exactly what、目から鱗! いつも大満足で頂く「かねりん」のうな重ですが山椒の小技でより美味しく大大大満足の土用の丑の日となりました! 最後にお店の袴田健康さんと一緒に記念撮影! また美味しいうなぎを食べに足を運ばせていただきます! かねりん鰻店 住所静岡県浜松市西区入野町731 TEL:053-448-9335 Hours of operation:11:00-13:45[0. S]、17:00-20:00[0.S] 定休日:Every week Wednesday、第3火曜日 http://kanerin.net/...

"Eel Fujita" Kamakura Shin project Hamamatsu station with unagi lunch!

創業明治25年と四代続く老舗中の老舗となる鰻専門店の「うなぎ藤田」の支店となる「うなぎ藤田 浜松駅前店」へ! こちらは、Is located a 1-minute walk from hamamatsucho Station South exit、Modern and make your dinner in a private room in the atmosphere、遠方からの来客の際に利用させていただくことが多いお店となります! 鰻は、3Is the second by has continues to shirttail "secret sauce"、Use charcoal selection.、One one face care、Are grilled to order。 Here be Cantonese steamed eel、As with chopsticks become plump and soft texture and、With an elegant sauce with sweet、芳醇な風味が堪能できます! 本日は長らく富山の「リバーリトリート雅樂倶 River Retreat Garaku」の総支配人をされていた松宮 大輔 (Daisuke Matsumiya)さんと一緒にLunch Meeting! 今回松宮さんが新たに手掛ける会社「株式会社くらつぐの古民家再生プロジェクトの第一弾「鎌倉スモールラクジュアリーホテル」についてお話を伺いました! 山と海に囲まれた自然豊かな鎌倉。 Away from the city center、Forget the hustle and bustle、City of adults spend a quiet moment、Kamakura。 To such、たった二部屋のみのスイートルームを用意する「鎌倉スモールラクジュアリーホテル」が今秋11月にオープン予定とのこと!その際には詳細をお見せできればと思います! 初の来浜となる松宮さんの新たなプロジェクトの御繁栄を願って、After the meal、天下統一の足がかりとなった出世城「浜松城」を御案内! 緑深くなるこの季節の「浜松城公園」の散策は快適です! 限られた時間ではありましたが、Under the blue sky、Look in Hamamatsu City from the elevated position、とても気持ちの良い散策となりました! 天下を取って頂くためにも若き日の徳川家康公と一緒に記念撮影を楽しんでいただきお別れです!出世城万歳! うなぎ藤田 浜松駅前店 住所静岡県浜松市中区砂山町322-7 ホテルソリッソ浜松2階 TEL:053-452-3232 Hours of operation:11:00~ 14:00、17:00-21:00 Closed on Mondays:火曜日...

At old town "ISO syogetsu" Toyama Iwase founded 1911 in kaiseki cuisine.

「Maserati 名古屋」の5週年を記念するツーリングで富山入りし古い街並みを残す岩瀬へ! 創業1911年と107年の歴史を誇る磯料理「磯料理 松月」でランチを頂くことにしました! 創業当時のままの風格漂う建物や手入れの行き届いた日本庭園を眺めての贅を尽くしたひとときを堪能! 1人に260匹の白えびを用意したスペシャルな懐石料理のランチコースを頂きます! 富山名産の白エビを使った料理は、Than visitors from all over the country boasts memorabilia and the landlady's greeting。 Fish spring dance at the Toyama Bay offshore about 30 minutes、Fish early in the morning and invert、Many of the dishes with fresh otosanu elaborate。 白えびの生姜醤油 この時期ならではの富山湾で漁れる甘み豊かな白えび! 刺盛り(鯛の昆布〆、Sweet shrimp shrimp、イカ) バイ貝 女将曰く「皆様の福が倍になるように!」と! ホタルイカとヌタの酢味噌がけ 白えびのから揚げ 殻のまま揚げることで甘みに香ばしさがプラス! 蟹寄せの椀物 蟹の甲羅揚げ 白えびの団子 一串に200匹もの白えびが詰まった団子! 鯛の味噌汁 鯛を半身使った超贅沢な紅白餅入り味噌汁! スイカ 締めのデザートは甘みのあるスイカ!...

Enjoy fresh local seafood and delicious sake with carefully selected ingredients of good general flavor market Tavern

Hamamatsu market and Mai Osaka port、Further omaezaki fishing port and the General himself to visit the carefully selected ingredients suppliers、With good sake is offering seasonal cuisine、地元民が足繁く通う居酒屋「地酒専門店 味市場」へ! ちらは、Located approximately 3 km from the JR Tokai hamamatsucho Station South exit、Mishima-Cho Minami-ku makes。2006Since being opened in,、気さくな大将の温かいサービスや元気一杯の女将の笑顔で連日常連客で賑わう人気店とのこと! 先日友人を介して紹介された佐々木夫妻のお気に入りの居酒屋ということで案内して頂き初訪となります! 「今日は◯◯が入ってるよ!」と、And see the faces of the regular、"Today's match! And what each、お客の喜ぶ顔見たさに日々営業されているようです! 先ずは、Men's "beer"。 女性陣はレモンを絞った爽やかな「焼酎の水割り」で乾杯! ロボコンのイラストを施したボトルキープのサインは70年世代の証!(笑) お通しは春の訪れを感じさせるほろ苦い「菜の花の胡麻和え」です! 魚のイラストが描かれた手書きのおしながきは仕入れ状態により書き換えられおり、What food is there recommended、その中でも「旬」メニューが一押し! この日の一押しは「ヤリイカのニンニク醤油焼き」900円で、The tender texture offers exquisite softness left burning squid、Motivating tantalizing flavours of garlic, soy sauce、酒の当てにもピッタリです! 「刺盛り」は人数に合わせて盛り付けてくださり、On this day "filefish、Tuna、Squid、甘エビ」を本山葵で楽しみます! カワハギは、Bulky dipped in chopped liver, liver sauce、濃厚なコクと甘味が広がります! その他にも、Cut fresh bonito and a sprinkling of "home-made pickled Chinese cabbage" or "fried soak eggplant.、"Four skewers.、"New bamboo shoots with soy sauce.、Such as high sugar content tomato、手軽な価格帯で楽しめる一品ものが目白押し! 御自宅周辺にこの様な使い勝手の良い居酒屋があるなんて本当に羨ましい限りです♪居酒屋最高♪ 地酒専門店 味市場 住所静岡県浜松市南区三島町1447 TEL:053-442-4141 Hours of operation:17:00-24:00 Parking lot:有(10台) 定休日日曜日...

Sticking to "seasonal taste new or" fresh local seafood in Izu peninsula, loved by the local Japanese restaurant

日本三大温泉のひとつ伊東温泉のあるJR伊東線伊東駅より徒歩5分圏内の好立地にある「旬の味たなか」へ! こちらは、In a famous hotel and give served ten years as head chef、Is a Japanese restaurant that independent Tanaka Hiromasa fugu chef's license also is getting。Providing a ground fish 漁reta on the Izu peninsula、Not to mention that tourists are staying at nearby hotel、海山の幸に恵まれ舌の肥えた地元民からも愛されるお店となります! 店内は、Spacious counter seating in Japanese style rooms with tatami seating there was、And a total of 37 seats、寛げる雰囲気と温かみを感じさせてくださいます! メニューは酒の肴も豊富に用意されており、It is possible to enjoy on its own、This day's only meal in the personal、Cooked fresh fish and seasonal、焼き魚などをバランス良く頂ける「夕食膳」2,600円と温かいスープ代わりに「まご茶漬け」700円をオーダー! カウンター上には「アジの骨せんべい」、See how Japanese radish.、"Plum of a sardine sauce.、"Fried soak eggplant.、Highlands flower bean、Such as the "煮浸shi of the Greens.、Hasn't been used with special ingredients of the day sequence.、Set the number of products from the chubachi, courtesy of the、Be eaten to the bone "sardine plum sauce" and made smoke and plenty of squid broth "how radish" is、しみじみと沁み渡る味深さで御飯の当てに最高の一品!巨大な「高原花豆」の煮豆はホクホク感も楽しめほっこり♪癒やされます♪ 刺身は「鮪、Norths、Horse mackerel ' will keep plenty of Wasabi in Izu、 The grilled fish、Fully enjoy the miso cod was burned in a private cremation site suggests that counter closely! A rich umami cod、Demon is a specialty product of the grated radish horseradish sauce topped、御飯が進むことすすむこと! 炊きたての熱々御飯に海藻たっぷりのお味噌汁と香の物が付き、A hearty dinner set、 Horse mackerel and tuna、Snapper with bonito、Make a ginger soy marinade on the fish of the day with green onions and shiso leaf "lick would be" even passengers with green food for fishermen on board the tea soup scented with the fragrance of intriguing appetite、ペロリと平らげてしまいます! 伊東の心温まる味覚を堪能し、At night were healed, tired。 While city、向かい側の駐車場の1時間無料券をサービスしてくださるのも嬉しい限りです! 旬の味 たなか 住所静岡県伊東市中央町3-13 マルトモビル TEL:0557-35-3135 Hours of operation:Lunch 11:30-14:00Dinner 17:30To 22:00( L.O.21:30) Closed:Mondays (open if the holidays、翌日が定休日)...

Japanese shop kikuya 2 storekeeper can operate three mating sterile rice pork tonkatsu sauce!

Business ryokan located on Princess road 3-storey Yoshihisa ya (KIKUYA)、1As the Japanese shop floor area centered on the "tonkatsu"、But its predecessor opened、Is the son of solder "sushi and half Indigo Road" in everlasting ruins after the training、To provide the "sushi" and "Japanese food" "Sushi Japanese restaurant kikuya" as、2009年6月にリニューアルされています! いつもニコニコと愛想の良い二代目店主の古田さんとお綺麗で活発な美人女将の仲良し夫婦が営む和食店の店内は、4 counter seats、Table seats 4 x 4、And the small rise Hori kotatsu table seats 4 x 4、Lunch menu is 780 great dishes, such as money or "special" 980 yen、Our favorite is、三種交配の無菌もち豚を使用した「とんかつ定食」1,050円が一押しです! 今回は「日替わり定食」980円と「とんかつ定食」1,050円をオーダー! この日の「日替わり定食」は、 Green onions on a roll of fat and onion over tuna rice with plenty of "skewer fried 3 (2 Pork Skewers、玉葱1本)」とバランスの良い御膳です! 「とんかつ定食」に用いるこちらの豚肉は、Three hybrid sterility has used pigs、Even the pigs regarding how to make fire、It becomes possible to provide good and slightly pink at! More tidbits、The tonkatsu was very refreshing and surprisingly moist texture and! Meat of swine enjoyment you prefer and have very little staff、The original、Swine odor pods we dislike the whiff of oil、Here and stomach knowing the sauce on preference is where you will find tonkatsu! With salt and sauce、To taste the flavor of the meat directly to、Far and away、塩でいただくことをお勧め致します! どちらもボリュームたっぷりで、Set all of the small bowl、Steamed egg custard、Pickles、Comes with desserts (coffee jelly)、After a long time I ask the、Stable for guests satisfied! Ranjit、また伺います! 寿し 和食処 喜久屋 住所静岡県浜松市中区葵東1丁目11-12 TEL:053-436-0048 Hours of operation:11:30-14:00、17:00To 22:00 Closed on Mondays:On Monday..

"Dining peaks" makinohara home is the place! Highway 150 small Japanese restaurant

Along Route No. 150 of makinohara、Shaking hand dyed Orange curtain landmark "Soba" streamers shizunami Beach entrance intersection angle、手打ち蕎麦と定食が楽しめる和食屋「食事処 峰• 手打ちそば、The eel、定食」があります! 実は、Here is my home、We opened his parents at an early age from、Local regulars who started.、静波海岸に訪れる観光客のおかげで早くも41年目を迎えることとなります! 両親は病を患ってしまったことを機に引退しておりますが、Shape to succeed his brother 峯野 Ken (Suguru Mineno) currently is deals、Husband and wife along with Aya from Shimizu was married how cute your daughter's harmony、こじんまりとやらせてもらっています! 店内は、In the father's younger brother has undergone a renewal of several times thanks to Carpenter's uncle、Providing a wooden space also felt the article。Counter seat 6 seat.、小上がりの座敷4名×3席を用意! 「食事処 峰」では、Handmade Soba and hit my brother started.、Eel, Tempura、お酒の当てにもなる一品一品を様々な定食としても楽しめる食事処となります! この日は静岡から浜松帰りの途中に実家に立ち寄りランチタイム! 通常ランチメニューのお勧めは「手打ちそばとミニ丼のセット」980円ですが、This time the、帰省に合わせて事前に仕込んでくれた大好物の「チキンカレーライス」850円があるのです! 「チキンカレー」には、Will be set and served with grilled vegetables, with "mushroom and potato soup" and "mini salad.。In thick Curry made his brother、And being Braised Guinea fowl to soften bone chicken、じっくりと炒めた玉葱の甘味とトマトの優しい酸味の後に数種のスパイスをブレンドすることでジワジワとくるスパイシーさが売りとなります! このカレーをベースに和風出汁で伸ばしたカレーつけ汁でいただく「カレーつけせいろそば」1,050円もお勧めです! あまりに手間暇がかかるため、The younger brother on a whim, making "chicken curry"、Behind the scenes but in the sense of the menu we offer、Indeed many regular customers have been waiting for this、Our couple will be in that one! So I continue to request on a regular basis and、牧之原にお立ち寄りの際には皆さんも是非味わってみてください! 食事処 峰 住所静岡県牧之原市静波2276-2 TEL:0548-22-1886 Hours of operation:Lunch 11:30-14:00、Dinner 17:30-21:00 Closed on Mondays:Monday、火曜日 http://mine.lade.jp/...

Scroll to top