Mesa elephant camp experience! Elephant riding excitement to Bamber rafting

「デュシット・プリンセス・チェンマイ(ロイヤル・プリンセス・チェンマイ)」に朝早くお迎えに来てくれた 「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」の現地ガイドであるグローイさんと この日のドライバーは初日にもお逢いしたノーイさん。 On this day、The tour heads、象と触れ合える貴重な体験ができる 「メーサ・エレファント・キャンプ Maesa Elephant Camp」です♪ チェンマイ市内から北上しおよそ30分~40分のところに位置しているメーサ・エレファント・キャンプ。 Elephant riding、Ox Cart experience、Elephant show、そしてランチブッフェにバンブーラフティングと 盛り沢山なイベントを半日で体験できる素晴らしいツアー内容です【チェンマイハッピーツアーがladeに提案してくれたこの日の日プラン】 ロイヤルプリンセスホテルお迎え→エレファントサファリ(ランチ込)→蘭園→首長族の村→アルテハウスへ送迎 料金:2,950B×2名様=5,900B(日本円にしておよそ21,830円) 山の上という立地ということもあり、 Start of the day was paratsuku rain, though the weather in tours。 He had baggage tiny folding umbrella、 大きな傘をチェンマイ・ハッピー・ツアーの現地ガイドであるグローイさんが貸し出してくださいました! 何から何まで気の利く素敵な現地ガイドさんです♪ 小雨がパラつくのでグローイさんがレインコートを購入してきてくださいました。 As noted as the equipment before the elephant ride、 象さんの背中はとても良く揺れるので命綱のためにも柵の持ち手をきちんと持てるように両手はきちんと空けておきましょう。 As a result、Recommend shoulder bag。 Those that can afford to take a photo with a camera、カメラベルトで首からきちんと吊るしましょう! 携帯は揺れに耐えれず落としそうになるので割と危険です・・・それほど揺れるのです。 One's feet、Depending on the weather、Rain off the top of the mountain again because、 The ground very slippery with mud、There should be taken。 基本的には汚れても良い服で出向くのがベストです! 動物園以外で間近に象さんを観るのは初めてのことですが、 Elephant watch in very large、象使いの人が小さく見えるほど! しかし、The elephant crushed was a cute eyes、とても大人しくお利口です♪ 象さんの背中には木製の荷台が取り付けられており、 The top of the back of an elephant、地上から2.5~3mの高さにも及ぶので、The first courage is needed、 The character of the elephant、In the mild-mannered, well accustomed to people、きちんとスタッフさんの言う通りにすれば大丈夫です♪ およそ30~40分ほどの象乗り体験スタートです! 象使いは、Since ancient times from studying elephant training and upbringing in the traditional elephant textbook、 Adopts a communication with Thailand Word and gesture。 象使いのドゥーンさんが呑気に鼻歌を歌いながら山の小道をゆっくりゆっくりと進みます画像では移りませんが実際の象さんの背中は上下にとても揺れるので正直最初は乗り心地があまり良くなく落ちそうな感じがして心配になります。 When、象使いのドゥーンさんが 「ダイジョブダイジョブア~ジノ~モ~ト~♪(味の素)」と意味不明な日本語で声掛けしてくれます(笑) 象さんの名前はパァくん()16歳人間でいう30歳ぐらいの年齢ですパァくんと声掛けすると「パオ~ン」と鳴くように躾けられているようです!(驚) 象使いのドゥーンさんの声掛けで川の中も難なく侵入するパァくん! わたし達は命綱のような柵に必死に捕まっていても振り落とされそうな振動が伝わるのにどうして象使いさんは何も装備せず身1つで象さんの首に乗っていられるのでしょう!? 幼い頃から1匹の象さんには1人の象使いが付くと聞きました所謂仕事のパートナーとなるのですバランス能力が優れた身体能力も素晴らしいものですが信頼がおけるパートナーだからこそなのかもしれません川渡りを終えたところで象使いのドゥーンさんが象さんから降りて、 And pass on their mobile、Will we ride on the elephant for a portrait。...

Scroll to top