加德滿都杜巴廣場在咖啡店的入口處尼泊爾茶館

ネパールの首都カトマンドゥ(Kathmandu)の「ダルバール広場(Durbar Square)」の入口にはお土産を購入できるショップが立ち並んでおります!今回ネパールツアー中に何度も頂いた「チヤ(砂糖入りのミルクティー)」がとても美味しかったため帰国後に自宅でも「チヤ」が楽しめるよう「ネパール紅茶」もお土産にしようと思っておりました!「ネパール紅茶」を取り扱う茶葉専門店をあちらこちらで見掛けるものの、姐姐決定沒有選擇一個好、畢竟、ガイドのナレス(Naresh)さんのお勧めのお店へ伺うことにしました! 首都カトマンドゥ(Kathmandu)の「ダルバール広場(Durbar Square)」の入口に立ち並び、1983年に開店されたネパール紅茶専門店「ネパール・ティー・ハウス(Nepal Tea House)」へ!怪しい手書きで「いらっしゃいませ」と日本語や中国語で書かれた看板が目印です(笑) 店内を奥に進むと、許多牆上都排滿了茶! 在櫃檯、為霜, 茶葉阿薩姆邦 CTC 茶、阿薩姆邦金葉、伊拉姆茶、除了大吉嶺茶、非常罕見的白茶和銀提示、Puwamai 綠茶以及一些交易! "霜" 茶葉 "CTC"、粉碎 (粉碎))、淚花 (淚花)、是名字 Agnetha 在捲曲 (圓)。茶葉、それぞれ100g単位での購入が可能です! オーナーにお勧めの茶葉を伺うと、所以他讓我聞到茶的香味、挑任何東西, 甚至聞到最高貴的味道、こちら「Himalayan Shangri-la Gold(Breakfast Tea)」を購入します!ちなみに、這家餐館的老闆不打折。。「誰が来ても値引きしない!」がこちらのオーナーのマイルールだそうです! カラフルなボックス入りや細やかな木彫りの入った木箱入りは茶葉の価格に+αが入りますが贈答用に購入♪ さらに、他告訴我們這家店裡最貴的茶葉、やはり希少価値の高い茶葉が出て来ました! 「ヒマラヤン・シルバー・チップス(Himalayan Silver Tips)」は、戴著白色絨毛的頭髮 (銀色小貼士)、只有核心芽還沒有打開、他們精心手工採摘、自然に乾燥させた茶葉になります! 「ゴールデン・ニードル(Golden Needle)」は、甜如巧克力、風味豊かな紅茶となります! 店内でオーナーとの会話を楽しんでいると表が急に騒がしくなり不思議に思っていると「大統領がお帰りになるよ!」と教えてくれたおかげで、只是一目了然、車内の後部座席にいらっしゃったビドヤ・デビ・バンダリ(Vidyā Devī Bhaṇḍārī)大統領をお見掛けすることができました!偶然にも素敵な思い出となりました♪...

尼泊爾世界遺產遺址 "KUTUMBA" 現場直播。&生日聚會 !

パタン(patan)の「ダルバール広場(Durbar Square)」の王宮の一部である「マニ・ケシャブ・ナラヤン・チョーク」を改良され、1997年に開館された「パタン博物館(Patan Museum)」にて、幾天前、お会いしたサランギ奏者のキラン・ネパリ(Kiran Nepali)さんが所属するネパール民族楽器バンド「KUTUMBA(クトゥンバ)」の生ライブ「MAGIC OF MUSIC」@PATAN MUSEUMが開催されるとのことで、所有團員開業前的都支援 ! 活率、1人400ルピー(日本円にて約428円)と破格です! 「パタン博物館(Patan Museum)」の中庭にステージが設置され、100場館座位或更多的席位可用 ! 輸入包括尼泊爾電視報導、会場内は四方をカメラで埋め尽くされておリマス! ガイドのナレス(Naresh)さんの同級生であり「パタン市役所」の役所員であるビックラム・シャカ(Bikram Shakya)さんがネパールで一番有名なサランギ奏者のキラン・ネパリ(Kiran Nepali)さんと繋げてくれたキーパーソンです!この日は、使系統子和女兒,來歡呼 ! WeGame 兩個父親、ドレスアップした愛娘ちゃんがとても可愛らしかったです! メンバーがステージ上で準備する中、我們團員、この日大きなミッションが待ち受けておりました! それはツアーメンバーの最年長である杉山昇(Noboru Sugiyama)さんの”81歳の誕生日”を祝してお誕生日会をすること!旅先でお誕生日を迎えられた杉山さんに喜んでいただけるよう、提前提高一個大的生日蛋糕、我們將會舉行盛大的慶典 ! 它被貼在生日蛋糕、用鮮花蠟燭是火 ! 在相同的時間和吹引發激烈、ステージ上で準備をする「KUTUMBA(クトゥンバ)」からまさかのサプライズで「バースデーソング」が贈られたため全員で合唱しこれからも杉山さんに健康で大いに人生を謳歌していただくよう心からお祝いをさせていただきました! パタン博物館の館長をされているBepyn Bazracharyaさんを御紹介いただきました!今回のライブをはじめ博物館では様々なイベントを企画されているそうです! 日も沈み始めた夜19時スタートの会場は、變得人滿為患的禮堂裡、許多人只有站立空間,是人群的巨大的成功 ! 在場地旁邊、準備的食物攤位、酒精和食物是免費供購買 ! 與沒有屋頂花園、舒適的風格、夜空を眺めることもできるためロマンティックな会場となります! パーカッションのマダル奏者のパヴィット・マハラジャン(Pavit Maharjan)さんがMCもこなし、6名のメンバーをそれぞれ紹介します!ネワリードラムのラジュ・マハラジャン(Raju Maharjyan)さんメタルパーカッションのシッダールタ・マハラジャン(Siddhartha Maharjyan)さんフルートのルビン・クマール・シュレスタ(Rubin Kumar Shrestha)さんサランギのキラン・ネパリ(Kiran Nepali)さんアルバジョのアルン・マナンダー(Arun Manandhar)さん! サランギ奏者のキラン・ネパリ(Kiran Nepali)さんは「サランギ(Sārangī)」をスタンドにセットし立ちながら演奏される姿がクールでスマートです! 赤煉瓦に色とりどりのライティングが施され昼の雰囲気とは違った妖艶なイメージでステージがスタートします! 民族楽器というだけあって、聲音使你感到懷舊塵埃比較這裡暖和的地方 ! 包括尼泊爾民歌在當代音樂安排、「KUTUMBA(クトゥンバ)」のアルバム曲の中から演奏されており、2曲目が最高にクール! 最前列でライブを見ている最中に仲良くなったマダムはスウェーデン(Sweden)から長期滞在で1ヶ月ほどネパールにおられるベレット(Beret Bertilsdotter)さん!陽気で愛らしいベレットさんとは、喜歡旅遊和同志和投緣、スウェーデンのエステルフスンド(Östersund)にも是非遊びにいらして!と嬉しいお誘いを受けました! リズムに乗ってライブは盛り上がりを見せます! すると!ガイドのナレス(Naresh)さんがステージ前のスペースで踊り始めました! すると、跳舞的時間開始、以現場音樂、對老年人比給孩子們、我們的觀眾正在上升、狂歡 ! 霍爾生於團結、滿腔的熱情、最高潮に!!! 明朗快活なナレス(Naresh)さんということは存じ上げておりましたが、由意外彈出、"這裡大自然的禮物。"和感覺、我折騰一直微笑周圍很多 ! 尼泊爾人民、藝術節還包括、在這樣一個地方跳舞是令人信服 ! 我太兩個腳踝故障沒有、當然、いの一番に踊っていたことでしょう!次回は是非リベンジしたいと思います!(笑) 最後に「KUTUMBA(クトゥンバ)」のメンバーを囲んで記念撮影! ダンニャバード、 延遲梳拉戈 ! (धँन्यवाद, धेरै खुशि लाग्यो)ありがとうございます!とても楽しかったです!...

在巴克塔普爾杜巴廣場是拍攝的電影"阿里茲 ' !

首都カトマンドゥ(Kathmandu)より東へ12km程の丘の上に中世の美しい街並みを色濃く残すバクタプール(Bhaktapur)の「ダルバール広場(Durbar Square)」へ!「ダルバール(Durbar)」とはネパール語で「宮廷または王宮」を意味し、三個兄弟每個馬拉王朝國王與法院的美競爭、你構建華麗裝飾宮殿和廟宇、現在もカトマンドゥ、模式、バクタプールの3つの王宮広場がネパールの一大観光名所となっております! こちらではバクタプール出身で活躍するコメディアンのラズ・マナンダー(Raju Manandhar)兄弟が地元を案内してくださいました! こちらの広場も2015年4月25日に見舞われたネパール大震災の大きな被害を受けており、可以問國家對付在恢復工作、カトマンドゥやパタンの王宮広場に比べると復旧が進んでいるように思えます! 広場中央は、1427年建立の「ダッタトラヤ寺院(Dattatraya Mandir)」やその向かい側の「ガルーダ像(Garuda)」が建つタチュパル広場(Tachupal Square)となりマッラ王朝初期以前から残る一番古い街並みが残されています! 15世紀~18世紀にかけてのマッラ王朝時代に3王国の首都の1つとして栄えたバクタプール(Bhaktapur)は「帰依者の町」という意味を持ち別名「バドガオン(Bhadgaon)」とも言われています!マッラ王朝はヤクシャ・マッラ王の死後、3王子的人、加德滿都谷地、模式、バクタプールの3つに分裂してしまい3王朝時代に突入します。兄弟姐妹之間的爭鬥部隊、在豪華、更多強大的和作為結果繼續並擴大宮殿、この豪壮な宮殿の建設や芸術文化の発展に繋がっていったのです! マッラ王朝時代に建てられた王宮の入口「ゴールデンゲート(Golden Gate)」をくぐり「旧王宮(Royal Palace)」へと参ります!ゴールデン・ゲートの彫刻は素晴らしく、嘉魯達撲頭、さらに4つの顔を持ち10本腕のマッラ王朝の守護女神タレジュ・バワニの姿が伺えます! 旧王宮左側は「国立美術館(National Art Gallery)」として公開されており、展品包括佛教繪畫和雕塑。右邊是、17Windows 在 18 世紀被修造的世紀玻璃宮殿的 55、木彫りの細やかな装飾の窓がネワール建築の傑作として残されています!奥にある「タレジュ・チョーク(Taleju Chowk)」はヒンドゥー教徒以外立ち入り禁止となります! 王家の沐浴場となるナーグ・ポカリ(Nag Pokhari)は「ナーグ=蛇)」と言うだけあって、在洗浴中心的眼鏡蛇是、周圍和裝飾蛇、蛇和蛇的尾巴糾纏、まるで1匹の巨大な大蛇のように見えます! 17世紀に建てられた石造りの「シッディ・ラクシュミ寺院(Siddhi Lakshmi Temple)」も震災で倒壊しており、已經離開只建立在人類或動物圖像的石基礎。 即使在狹窄的道路,通過在熊本城市每個廣場。 広場で一際目を惹くのは「トウマディー広場(Taumadhi Square)」です!1993年に公開された映画「リトル・ブッダ(LIttle Buddha)」を撮影するにあたり、貝爾納多 · 貝托魯奇主任 (貝爾納多 · 貝托魯奇)、由基努李維斯 (Keanu Reeves),席特哈爾塔 (席特哈爾塔) 王子拍攝地點發揮了小鎮、このバクタプール(Bhaktapur)の街並みを起用しています! 18世紀はじめに建てられた5重の塔「ニャタポラ寺院(Nyatapola Mandir)」で視察団一同記念撮影!こちらは、其中最高的 30 米高度與驕傲,在加德滿都谷地的寺廟、如果你看看,那裡是壓倒性的力量 ! 前面的樓梯兩邊、從底部的一名傳奇武士、大象、獅子、格裡芬、女神の石像が守護神として1対ずつ配されています! 石段を登り、我想要下來廣場 ! 然而,、手すりなどは無いため足腰の弱い方はお気を付け下さい! 鳩が舞う青空の先に望むヒマラヤ山脈は壮観で広場の賑わいや地元民の自然な生活が伺える壇上は最高の眺め!左手には1934年の震災後に再建された「バイラヴナート寺院(Bhairavnath Mandir)」があります。Nyatapola 廟戲臺周圍電路、御参りさせていただきました! カトマンドゥやパタンの喧騒とはかけ離れており、剩下的就是過去時代的美麗、静かで落ち着きのある古都バクタプール(Bhaktapur)は何処か王宮の品位を感じわたしのお気入りとなりました♪ タチュパル広場(Tachupal Square)へ戻りバクタプールの名物で「ズー・ズー・ダウ(juju dhau)」と呼ばれるヨーグルトをこちらの売店でいただきます!こちらでは店先に「King Curd(王様の凝乳)」と英語で書かれた看板が出ておりますバクタプールの中にあるカフェやレストランでもこの名物は何処にでもあります! 「ズー・ズー・ダウ(juju dhau)」50ルピー(日本円にして約54円)※観光客は100ルピー(日本円にして107円) ズー・ズー・ダウ(juju dhau)はバクタプールが誇る甘くてクリーミィーなヨーグルトで地元民のみならず観光客にも大人気!素焼きの器で提供されまるところがまた素敵!「juju=王様」「dhau=ヨーグルト」で「王様のヨーグルト」と呼ばれております! 水牛のミルクで作られたヨーグルトは、雖然強烈的新鮮味道、Transderma 淡淡的辛辣味的影響是、まるでチーズケーキのようなリッチなテイストで絶品!これはバクタプールに訪れたら是非とも食べて欲しい一品です!穏やかな顔を覗かせる山羊さんと一緒にハイ・チーズ! 広場の脇道には様々な土産物屋が並びます! 木彫り彫刻の置物が陳列され、同時包括民族樂器存儲、ネワール彫刻の掘り出し物が見つかるかもしれません! こちらのショップは、友好的女性聲音説明操作的擁有者、店頭に置かれた商品の殆どが彼女の家族の手彫り作品だそうです!ネワール彫刻の最高傑作と言われる「孔雀の窓(Peacock Window)」は「うちの2階に上がると真正面から良く見えるよ」と案内してくださいました! 現在は「木彫美術館(Wood Caving Museum)」となっているかつての僧院「プジャリ・マート(Pujari Math)」。在左邊的建築、「孔雀の窓(Peacock Window)」が伺え、從第一件事、改進、より細やかな細工を施す物までを見比べることができます! バクタプールの裏路地で糸を紡ぐお母さんの姿。 一天 2 天、ツーリストバスのドライバーとして活躍してくれたサーザン(Sajan Ghimire)は、23老老少少、とても爽やかなイケメンです!...

巴克塔普爾杜巴廣場旁邊"Khawapa Chhen"在吃午飯。

ネパールの首都カトマンドゥ(Kathmandu)から東へ12km程にあるバクタプール(Bhaktapur)はカトマンドゥ盆地で3番目に大きな街となります! 世界遺産に登録されたバクタプールの「ダルバール広場(Durbar Square)」に向かうには駐車場から徒歩10分圏内となります! ツーリストバスを下車し皆で「ダルバール広場(Durbar Square)」を目指します! 赤煉瓦の壁に覆われた雰囲気のある石階段を登った先となります! バクタプールの「ダルバール広場(Durbar Square)」の正面玄関へ到着!ここから先は外国人は入場料1人1,500ルピー(日本円にして約1,605円)が必要になります!(※チケットは7日間有効となり何度でも再訪可能です) 午前予定であった大学訪問が長引いてしまったため、遲到的午餐、正面玄関前の脇道を進み「ダルバール広場(Durbar Square)」横にあるゲストハウス&レストラン「Khawapa Chhen」にていただきましょう! こちらの1階は、畫廊,將在接待處。「Khawapa Chhen」はレストランのみならず、可以用作一個招待所表明宮殿廣場。、中世の街並みを残した古都の雰囲気に浸るのも良いでしょう! 屋上にあるダイニングテラスを利用して、在藍藍的天空下、爽快なランチタイム! バクタプールの「ダルバール広場(Durbar Square)」を一望できる素晴らしいロケーションとなります! こちらではバクタプール出身で活躍するコメディアンでガイドのナレス(Naresh)さんの友人ラズ・マナンダー(Raju Manandhar)兄弟を紹介していただきました!ラズさんの御実家は王宮広場内にあり、從一代一代、氏族對待芥花油嗎?。吃東西的時候、ラズさんの活躍ぶりをYouTube動画で観せていただきました! 天候も良く、在舒適的午後陽光下、最高のビールタイムです! お疲れ様の乾杯は「清水ライオンズクラブ」の杉山昇(Noboru Sugiyama)さんの音頭で乾杯! ネパールビールの中でも一番のお気に入りとなった「EVEREST」!マウントエベレスト醸造所で造られているプレミアムラガーのエベレストビールは今までいただいた「TUBORG」や「ゴルカ(GORKHA)」よりもキリッと辛口で断トツの美味しさです!エベレストビールの原材料は、選擇向溪水從喜馬拉雅構造帶其他國產大麥麥芽和芳香中使用、標高8,848mで世界最高峰となるエベレスト山の名に恥じない美味しさです! この時既に時刻は15時を回り、為晚午餐,、ナレス(Naresh)さんの配慮で取り分け不要の盛り合わせとなりました!ネパール料理の炒飯、尼泊爾文、桃子、フライドポテトをいただきます! 古い街並みの向こうには、頂尖的天氣、雄偉的喜馬拉雅山意見、ダルバール広場の中でも一番古都の良さが残るバクタプール(Bhaktapur)はお勧めです!...

帕坦杜巴廣場餐廳"寺塔萊珠女 & 酒吧"

ネパールはパタンの「ダルバール広場(Durbar Square)」に隣接する最古の市場「マンガル・バザール(Mangal Bazar)」は人々が行き交う賑やかな通りとなり、你也可以享受購物 ! 她的妹妹模式誰很強烈、如此無情地追逐、商品に興味が無い場合は気を付けましょう! 「マンガル・バザール(Mangal Bazar)」内のダルバール広場前にあるパタンの婦人服を取り扱う「Pahiran Ghar」と靴屋の間にある階段を上りダルバール広場を一望しながらネパール料理を楽しめるレストラン「シ・タレジュ・レストラン&バー(Si Taleju Restaurant & Bar)」へ! 階段を上った2階には、有小酒吧、食事する場合は上階へと案内されます! 4階のダイニングフロアへ案内され、早訂貨的啤酒會滋潤喉嚨乾燥和、是有點早晚餐 ! 在尼泊爾、帶空調的餐廳是少、涼mimasu 在這裡掛牆風扇 ! 但日本總是習慣于空調、尼泊爾是所以高濕度不是、室内であれば暑さはさほど気になりません♪ このレストランで初めて「EVEREST」ビールを堪能!窓際席に座れば、從視窗的全景視圖是杜巴廣場、最高のロケーションとなります! 「EVEREST」は、珠穆朗瑪峰珠穆朗瑪峰啤酒廠已建成優質啤酒、今までいただいた「TUBORG」や「ゴルカ(GORKHA)」よりもキリッと辛口で断トツの美味しさ!やはりビールは辛口に限ります!エベレストビールの原材料は、選擇向溪水從喜馬拉雅構造帶其他國產大麥麥芽和芳香中使用、標高8,848mで世界最高峰となるエベレスト山の名に恥じない美味しさです! 「マッシュルームのポタージュ」マッシュルームをふんだんに使用し、而厚實的紋理、鮮嫩可口的湯、お疲れ気味の胃にじんわりと染み渡ります! 「フレンチフライ」ピリ辛のオーロラソースを添えて「チョウメン(Chowmein)」日本でいう焼きそばになります!水牛のジャーキーのような食感が面白い! 「モモ(MoMo)」日本で言う「餃子」です!蒸し、烤、深油炸類型和劃分、似乎使用 bean 果醬在水牛城。有干擾成分:、成為我們的主流和辣醬。在皮膚褶皺與曲線完全平等、地面的水牛肉和蔬菜用大量、おつまみに最適です! 「コロッケ」真ん丸く仕上げたジャガイモのコロッケは、阿齊茲的特設 Hoch ! 與配料: 甜豆沙、お好みで添えられたピリ辛のソースを付けていただきます! 食事を終え、5到樓 ! 提供表座位在屋頂上、很酷的小時、断然屋上での食事をお勧め致します! どのフロアからもダルバール広場を一望できる素晴らしいレストランですが、但從屋頂視圖是最好!! 在遠處的是當地人感覺就像一個縮影、石造や赤煉瓦造りの歴史ある建造物をゆっくりと楽しめます! ダルバール広場を背景にネパールツアー視察団の皆さんと一緒に記念撮影!最高の思い出です!...

從"庫馬裡義稱為"帕坦杜巴廣場,保佑 Tilak

ネパールの首都カトマンドゥの南に位置するパタンの「ダルバール広場(Durbar Square)」にある「クマリの館」へ出向き「生き神クマリ」のもとへ!「クマリ(Kumari)」とは、坦陀羅女神金剛德維、印度教女神杜爾伽是國家神社、看作是女神的轉世,尼泊爾王國 taraj 和阿魯娜重瓣的贊助人。庫馬裡、滿月日出生在一個佛教家庭、ネワール族のシャカ(Shakya)のお家柄である少女の中から占星術により選ばれ、將符合嚴格的標準嗎。這個年輕的女孩被選為庫馬裡、吃了它儘快、人々から生き神として崇められるのです! クマリの身体的条件の中には、1.統一和平衡的雙腿、2.爆轟的螺旋腳模式、3.樹生爪、4.腳趾長,好的形狀、5.像鴨子四肢、6.大概柔軟,有彈性的四肢、7.通過窄、 寬肩膀的身體肢體。、8.像一隻鹿襠、9.小、背後的優雅的生殖器、10.和獅子一樣胸部、32專案的詳細的條件的規定、身體受傷或致殘無條件進入。進一步、它是令人驚訝也忍受沒有恐懼被困在黑暗的房間裡襯如祭祀的動物頭所說的條件之一。它將從一個年輕的孩子三歲左右,自由裁量權有或沒有選出、該系統是、虐待兒童和逮捕等術語是從人權團體指控。然而,、他們的心向人民他們的傳統感到驕傲為普拉是強的、未來、無論是否存在的庫馬裡持續的時間不確定。 這一次、沒有看到在加德滿都皇家庫馬裡、當地的帕庫馬裡坦、所有代表團順序被都授予的聽眾要特別、館内に入らせていただきます! クマリのいらっしゃるお部屋は、它歡迎莊嚴肅穆的氣氛它、一斉に緊張が走ります! 真っ赤なネワール族の礼装に身を包んだクマリの表情は凛としており、在鏗鏘,不笑有點太、更多白癡比眨眼的一瞬間,長著大眼睛看著,、ただただ吸い込まれてしまいそうな不思議な感覚に陥ります! クマリは、用你的腳在地面上,所以不要、把腳放在浴缸裡的黃金、足の爪は真っ赤なペディキュアが施されています! アイラインに特徴がある独特なメイクを施されているクマリ。在附近、祝福のティラカ(Tilaka)を受ける際に、但我們被問候、只是眼睛看最好 ! 僅為幾秒鐘可以、這是一個時刻,感覺就像時間停止了。 和住的巨大神力、幸運をもたらすとされるクマリにお会いできて大変貴重な体験となりました! クマリと一緒に撮影することは禁じられているため、在房間裡被拍攝和庫馬裡掛你的照片 ! 在最近、2017在 9 月 28 日,、在首都加德滿都的尼泊爾、3歳の女の子のトリシュナ・シャキャ(Trishna Shakya)が新たな生き神「クマリ(Kumari)」に選ばれたというニュースを目にしました!神秘的なお話ですが、馬里任命後許多貢獻、退任された後は幸多き人生であってほしいと願います!...

探索在舊的皇家宮殿在加德滿都的杜巴廣場尼泊爾王國的歷史 !

ネパールの首都となるカトマンドゥ中心には世界遺産に登録されたカトマンドゥの「ダルバール広場(Durbar Square)」があります!「ダルバール(Durbar)」とはネパール語で「宮廷または王宮」を意味し、三個兄弟每個馬拉王朝國王與法院的美競爭、你構建華麗裝飾宮殿和廟宇、現在もカトマンドゥ、模式、バクタプールの3つの王宮広場がネパールの一大観光名所となっております! しかしながらこちらの広場も2015年4月25日に見舞われたネパール大震災の大きな被害を受けほとんどの建物や寺院が崩壊してしまっています。現在、多くの国からの支援により復旧作業が進められているもののまだその完成が見られるのはおそらく6年程を要するとのことで少し先の話となりそうですそれぞれの「ダルバール広場(Durbar Square)」は地元住民の生活道路にもなっているため観光客も加わりとても賑わいを見せております地元住民に入場料はありませんが観光客のみ入場料が発生するためチケット売り場にて購入致しましょう!カトマンドゥの入場料は、2017年9月の時点にて、1,000rs (日本日元1070日元) * 2017年9* 現期匯率 (1 rs = 1.07 日元)。票、「ハヌマン・ドカ(Hanuman Dhoka)」の入場料込みとなります! ニューロード(New Road)側から入場すると「マヘンドラ博物館(King Mahendra Memorial Museum)」など12世紀~13世紀の歴史的建造物が建ち並び赤煉瓦造りに繊細な木彫りの彫刻が見られるものの足場が組まれるその姿は震災による甚大な被害を物語っております「バサンタプル・ダルバール(Basantapur Durbar)」前の「バサンタプル広場(Basantapur Square)」では市場が開かれ賑わっています! 土産物が多くヒンドゥー教や仏教にまつわる神様のミニチュアにはじまり象の頭を持つ商売の神様となるガネーシャ(Ganesha)をモチーフにした飾り物などが並ぶ中数珠やブレスレットにペンダントトップなどのアクセサリーなどがギッシリと並びます!興味を示すと少々しつこく営業されるので要注意! バサンタプル広場を進むと「クマリの館(Kumari Bahal)」があります!窓枠の木彫りの彫刻は見事なもので、2頭の獅子に守られた館にはネパールで女神クマリの化身生き神として崇められる少女「クマリ(kumari)」が住んでおり、奇怪的是、こちらの館は震災の影響が最小限であったことが話題になりニュースで取り上げられたほど!数本の木で支えられてはいるものの倒壊を逃れられたのは奇跡と言われています! 入口を進むと「クマリ・チョーク(Kumari Chowk)」と呼ばれる中庭があり見事な木彫り彫刻を施したバルコニーが伺えます! 男性が顔を出している場所は通常クマリが顔を出してくれる窓になります普段は定時となる11:00-12:00在這兩者之間、或、16:00~ 17:00天、館の住人となるクマリのお世話係に御布施を渡すことでクマリが御見えになるとのことですがこの日は生憎「厄日」ということでその御姿を捉えることはできませんでしたカトマンドゥのクマリは写真撮影が一切禁止されており窓に出られたとしてもその御姿を写真に収めることはできません。 每年一次、雨季明けとなる9月に、8日間に渡り開催される大祭「インドラ・ジャトラ(Indra Jātrā)」にて生き神クマリはこちらの山車に乗り、3日間街中を巡り人々へ祝福を与えます! クマリの館を進むと広場北側には「シヴァ・パールヴァティ寺院(Shiva-Parvati Mandir)」があります!こちらは、18世紀後半にゴルカ王朝のバハドゥル王によって建てられたものとなり緻密な彫刻が施されています!上層窓からはシヴァ神とその妃であるパールヴァティ妃が街の人々を見下ろしていらっしゃいます!仲睦まじく寄り添うその御姿をよくよく観察するとシヴァ神の左手はパールヴァティ妃の肩を引き寄せているのではなく左胸をガッチリと掴んでいらっしゃる様子が伺えます!(驚)シヴァ神が多くの女神様を妃に召されてきた理由が此処に!?(笑) 広場中央にある「マジュ・デワル(Maju Deval)シヴァ寺院」は完全に倒壊されてしまい三重の塔で一際高い建物であったにも関わらずその見るも無惨な状況が震災の恐ろしさを物語っています手前の三輪車の乗り物は「リクシャー(Rickshaw)」といい人力車のようなものになります料金は事前交渉で価格は様々ですが広い王宮広場や市内観光を希望する方は乗ってみるのも良いでしょう♪ 17世紀末にパールティベントラ・マッラ王によって建てられた「ナラヤン寺院(Narayan Temple)Trailokya Mohan」前にはインド神話に登場する神鳥「ガルーダ(Garuda)像」があります! 12世紀頃の建造物とされておりネパール最古の建造物の寺院となる「カスタマンダプ寺院(Kasthamandap Temple)」も悲しくも倒壊しています震災当時この前にて献血をされていた方々を含め、200名ほどが尊い命を亡くされています「カスタマンダプ」とは「木の家」という意味を持ち、1本の沙羅の木から切り出された木材のみで造られたと言われておりカトマンドゥの地名はこの寺院に由来するのです! 同じく「インドラ・ジャトラ(Indra Jātrā)」の祭りの際に御姿を現す神「セト・バイラヴァ(Seto Bairav)」を観ることができました!バイラヴァとは破壊の神シヴァの恐ろしい暗黒面の性格を表した呼び名になります! 巨大なバイラヴァ神の大きな口中から伸びる棒はネパールの地酒であるチャンが注がれるとのことで祭りではその酒を飲む儀式があるそうです! 無数の鳩の群れが広がるのは「ジャガナート寺院(Jagannath Mandir)」前鳩が一斉に飛び立つ様子と古き良き時代の歴史的建造物となる背景の融合が抜群の撮影スポット! 1670年にプラタップ・マッラ王により建てられた石柱「プラタップ・マッラ王の石柱(King Pratap Malla’s Column)」には王の像を中心に2人の妻と5人の息子の像が施されていたのですが微笑ましいその王家の姿は今も倒壊したままとなっていますネパール人には「輪廻転生」を信じる人が多く「もしかしたら自分の前世は鳩かもしれないから」と鳩に餌を与える人が多いようでこちらの鳩は餌に困ることはなくふっくらとしています♪ 「ジャガナート寺院(Jagannath Mandir)」ではガイドのマハラジャン ナレス (Maharjan 納雷什)さんが面白い話を聞かせてくれました! こちらに施された彫刻に注目すると、有、男女や動物の交わりを描いたものが多く見られます!何故このような男女交合像が施されるのかは諸説あるようですがひとつには一種の性教育の一環で「この行為は神様もお認めになっています」と示唆する説。和、もう1つには雷神は女神であるためこの像を恥ずかしがり近寄らないのでは?と「避雷」のために掲げているのだとか!物事には何らかしらの意味があるとは思いますが後説に思わず納得してしまいました(笑) 旧王宮となる「ハヌマン・ドカ(Hanuman Dhoka)」へ入場します! 「ハヌマン(Hanuman)」とはヒンドゥー教のサルの神であり「ドカ(Dhoka)」とは門のことを表します門の脇に真っ赤な傘を被った「ハヌマン像」があることからこの名で呼ばれているそうです! 「ハヌマン・ドカ(Hanuman Dhoka)」内の「ナサル・チョーク(Nassal Chowk)」では今でも海外からの元首が訪れた時などにはこの中庭にて国家行事が行われます!宮廷の起源はリッチャヴィ王朝時代にまで遡りますが現在の建造物のほとんどは、17世紀のマッラ王朝時代に完成したものになります赤煉瓦とは対象的となり真っ白な西欧風の建造物は、19世紀のラナ家専制時代に増築されたもので周囲とは一風変わった雰囲気を醸し出しています! 回廊には、1743年~2008年まで活躍された歴代王の写真がズラリと展示! 歴代王の中には、2001年6月に開かれた王族の晩餐会にて銃を乱射し、9名もの王族の命を奪った後自ら命を断ち危篤状態のまま名目上国王に即位しその3日後に死亡してしまったことでたった数日しか王でいられなかったという第11代君主の「ディペンドラ・ビール・ビクラム・シャハ・デーブ(Dipendra Bir...

杜巴廣場,帕坦周圍世界遺產與旅遊步行到異國的世界 !

ネパールの首都カトマンドゥの南に位置するパタンは、而這座城市繁榮起來, 成為首都加德滿都在馬拉王國的3倍、被稱為 "美麗之都" 的繼承了紐阿爾的文化和藝術。世界遺産に登録されたパタンの「ダルバール広場(Durbar Square)」には、非常古老的宮殿和各種寺廟、廣場, 一個受歡迎的目的地作為當地尼泊爾人民的休息場所。觸及古代圖案的歷史、異国情緒溢れる空間にトリップしてみましょう! ガイドのマハラジャン ナレス (Maharjan 納雷什)它是在指導下、ダルバール広場(Durbar Square)を視察!ダルバール広場は、位於加德滿都三大的前皇宮, 帕坦和巴克塔普爾。、遊客的入場費。20179月入學、1,000ルピー(日本円にして約1,070円)※2017年9月現在のレート(1ルピー=1.07円)となり「パタン博物館(Patan Museum)」の入場料とセットとなります。因為門票在7號之間有效、入場ゲートで提示すればいつでも入れます♪ 今回のネパール視察ツアーをネパールの民間放送で取材してくださるテレビ局のカメラマンのグンラジュ・シャカ(Gunaraj Shakya)さんも同行され我々の視察の様子をカメラにおさめてくれています! 2015年4月25日にネパール全土を襲ったマグニチュード7.8の大地震により、不僅奪走了許多人的生命、許多歷史建築被毀。こちらのダルバール広場ではその中でも「ジャガナラヤン寺院(Jagannarayan Mandir)」と「ハリ・シャンカール寺院(Hari Shankar Mandir)」が最も大きな被害であったと聞いていますが、維修工作正在進行中、元の姿を取り戻そうとしています! 「タレジュの鐘(Taleju Bell)」は、1736而頤和園是用巴坦塔普爾·維什努·金的英文文章建造的、作為告訴時間的鐘聲, 而不是、在那段時間、對抱怨向國王呼籲的請願者的警鐘說。。在這個貝爾的故事中。、先程から登場している民間放送カメラマンのシャカ(Gunaraj Shakya)さんのご先祖様がお造りになったとのこと!震災の被害を受けること無く勇ましく残るその鐘の姿にシャカ族の驚くべきご活躍ぶりを目の当たりに致しました! 「クリシュナ寺院(Krishna Mandir)」(写真手前)と「ハリ・シャンカール寺院(Hari Shankar Mandir)」(写真奥)には足場が組まれ復旧作業の様子が伺えます! 王宮の一部であった「マニ・ケシャブ・ナラヤン・チョーク」を改装し、1997年に「パタン博物館(Patan Museum)」として開館! 博物館への入り口は「ゴールデン・ゲート(Golden Gate)」と呼ばれております!細かく彫られた金箔のゲートウェイは1734年に造られ、濕 婆、帕爾瓦蒂、加內什、是金庫馬爾 (戰爭的化身上帝斯坎達的化身) 的點。、その細やかな細工に表情豊かな神々の御姿が伺えます! 赤煉瓦造りで美しい博物館は、而建在天井 (院子) 周圍, 說明藍天、3從地板上站起來是有可能的。博物館內的展品、印度教和佛教雕像和雕塑、装飾品など宗教に纏わる豊富なコレクションを中心に数多く展示されています! 「ビムセン寺院(Bhimsen Mandir)」は、但我仍然有1682年火災後重建的銘文、那座神社是未知的。和 vim sen、也稱為 vemma (verma)、叙事詩「マハーバーラタ」に出てくる英雄を指します。它已被供奉為工匠和商人的神在寺廟! 非常壯觀的木雕、首と肩がバキバキに痛くなるほどに天を拝み続けてしまいました! パタンに古くから暮らすネワール族は、在雕塑和繪畫等藝術方面有過出色的表現、被稱為藝術和手工藝之城。人們欣賞在全市繼承這項技術的人、こちらの「Arjun Art Gallery」のオーナーも展示されている絵画を手掛ける画家ヒマラヤ山脈を望む大自然やパタンの街並みを描く鮮やかな画を見せて頂きました! 観光地には欠かせない売り子。裝飾配件, 如項鍊、手鐲和別針、她回來賣長笛之類的樂器很討厭。帕坦杜巴廣場最頑強的、3 0分鐘左右後, 已經拒絕了很多次 "。但我認為他們生活在、巧妙地記住 "日本" 這個詞、"你好你。、見 takakunayner。、"森登、精液 ", 所以無休止的硬賣、有點累。如果你真的喜歡、可以購買、會再買一次、後來後, 另一個供應商的 wa ta synomoct-s-國家後無法使用、充分に気を付けましょう! ダルバール広場から北へ上がり少し離れた場所にある「ゴールデン・テンプル(Golden Temple)」へ向かいます! 「ゴールデン・テンプル(Golden Temple)」の入口はこちらから其の名の如く金に覆われた寺院の名称「ゴールデン・テンプル(Golden Temple)」とは通称で正式名称は「ヒラニャ・ヴァルナ・マハヴィハール(Hiranya Varna Mahavihar)」となります。是由巴斯卡·瓦爾馬的國王建造的、12世紀是建立在、目前的建築將建于1409年。庭院 (庭院) 在寺廟周圍的走廊、配備了一個小神社供奉佛陀、在他們身後將是大廳。在寺廟的宗教、皮革製品被禁止、革靴の方は入口で用意された履物に履き替えが必要です! 中庭には、海龜們在慢慢地徘徊、這只作為寺廟的守護者很重要、我很幸運, 它給了更多! 更多的許多圖片、観光客の人気の的となっております♪ お供えの灯火を購入しツアーメンバー全員で参拝させていただきます! 礼拝の仕方を教わりネパールの旅路での平安をお祈りさていただきました! 慈悲深きお顔立ちの御本尊に御挨拶回廊は摩尼車に囲まれております摩尼車を時計回りで手で回し、這已經是和是相同數量的旋轉和經聖歌、這是圍繞著一個電路、御経を唱えさせていただきました! 寺院の主任司祭は、12扮演年齡以下的小男孩、30日間お仕えした後は別の若い男の子が引き継ぎます! マッラ王朝の最盛期に当たる16世紀~18世紀にかけて造られた歴史あるパタンのダルバール広場を背景に皆で手を合わせてナマステ(नमस्ते)!(こんにちは!)...

滾動到頂部