lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

「モン族」タイ北部に広がる山岳地帯に住む民族村で昔ながらの生活習慣を見学!

2015/07/27

IMG_2431

現地ガイドの「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」さんと向かう、
この日の観光名所は、タイ北部に広がる山岳民族の村です。
現在、タイには十数部族もの山岳民族がおり、人口はおよそ100万人にものぼります。
それぞれに独自の文化を持ち、服装や言語が異なります。

IMG_2441

チェンマイ郊外に入り、細い山道をくねくねと上り、モン族村までは小1時間ほどの時間を要するとのこと。
タクシーやソンテウをチャーターして行くことも可能ですが、
チェンマイハッピーツアーさんにお願いすることで、
道中のガイドで面白いチェンマイあるある話を聞いたり、山岳民族の歴史などを知るには良い機会だと思います♪

IMG_2446

こちらは、チェンマイ郊外の山岳民族が住まう村の中でも、チェンマイ中心地から最も近くにある
ドイ・プイ・トライバル・ヴィレッジ Doi Pui Trival Village」。
美しく育った草花が豊富に生えた自然に溢れた村で、
中国南部にルーツを持ち、美しく色鮮やかな民族衣装を身に纏うモン族が住んでいます。
こちらでは村への入場は無料(※山岳民族博物館は有料10THB)で観光客を出迎えており、
昔ながらの生活習慣を垣間見ることが可能です。
モン族は、時折メオ族とも呼ばれますが、正式にはモン族となります。

IMG_2447

モン族は、チベットからミャンマーに入り、その後、タイに難民として150年位前に移民してきています。
今は、タイの国籍を取ることができ、「タイ人」となったモン族。
タイ国内には、カレン族、アカ族、リス族、モン族、ラフ族、ミエン族、ラワ族、パローン族、カムー族など、
十数の民族が存在しています。
モン族は、山の上で1年中農業に励み、お米や野菜などを栽培。
それを、毎日市内の市場に卸しに出向き、生計を立てているそうです。

IMG_2462

モン族の女性たちは、観光客を歓迎し、こちらで露店商売をしながら生計を支え、
16時には、こちらのお店を閉めて、ナイトバザールに出店しに毎日街へ降りるのだそうです。
ナイトバザールで売り出される価格とこちらでの価格は違い、
ナイトバザールの方がやはり高くなるので、もし欲しいものを見かけた場合は、こちらで購入することをお勧めします。

IMG_2457

モン族が誇る、刺繍が施された民芸品ショップ。
手縫いやミシンで裁縫された小物やバッグ、帽子、衣類などが販売されています♪

IMG_2460

小物入れ

IMG_2459

帽子

IMG_2458

バッグ

IMG_2466

モン族の女性たちが店先で一生懸命作業されている姿を観ることができ、
ひと針ひと針を縫う細やかな手縫い作業は、まさに芸術品です!
中国南部にルーツに持つモン族の正式な民族衣装は、多彩な色合いを用い華やかな刺繍となり、
帽子には、色とりどりのビーズが施され、アクセサリーもシルバー製のゴージャスなネックレスを身に付けます。
モン族は、もともと文字を持たないため、モン族の歴史や民話などを、自分たちが得意とする刺繍で表し、
文字の代わりに刺繍で表すことで、民族の歴史や誇り、そして、モン族の伝統技術を次の世代に伝えているのです。

IMG_2500

店先では、お母さんが「オミヤゲネ~♪」と日本語で話しかけて来てくれてとても商売上手です(笑)
テーブルランナーやストールなどが100THB(日本円にしておよそ370円)などと破格のお値段です!(驚)
至るところで日本語がカタコト飛び交っているので、日本人観光客が多いということですね♪

IMG_2477

学生服を来た小学生たち。
幼稚園、小学校までは村にありますが、
それ以上を学びたい子は、市内にバスで1時間程度かけて通っているそうです。
リュックにデザインされたバットマンや戦隊ものが見られ、
どの国の子供も好きなものは共通するようですね♪

IMG_2484

モン族が住まう家の周囲は、石で積まれた土台にブロックの壁をしており、
想像していた世界より遥かに現代的です。
以前は、茅葺などの家でしたが、強い雨風を凌ぐために、このように変化していっているとのこと。
時代の流れと共に、モン族の生活も昔とは大分変化があるようです。

IMG_2487

家と家の間の細い通路を上り、生活の一部を覗かせていただきます。

IMG_2494

こちらでは、実際にモン族が生活している家の外にあるダイニングリビングなどの見学も撮影も一部可能ですが、
民族に依っては、撮影禁止であったり、歓迎されない村もあるので気を付けましょう!
一家族5人以上が平均となり、結婚してからも親元を離れずにそのまま3世帯で生活する家族も少なくないそうです。
この日のチェンマイは曇り時折雨のため、日本人にしてみれば過ごしやすい気候だと思うのですが、
チェンマイ市内のグローイさん達にとっては、山の上はとても肌寒く感じるのだそうです。
こちらの冬では、昔の栽培の名残りでケシの花が多く観れ、とても美しいとお勧めしてくれました!
さて、お次は、「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」の観光ツアーで巡る
チェンマイで最も神聖な寺院と称される「ワット・プラ・タート・ドイ・ステープ Wat Phra That Doi Suthep」を紹介します♪

チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour
http://chiangmaihappytour.com/


静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

古都チェンマイ「キュイジーヌガーデン」数々の賞賛を得たフュージョン料理を堪能 「ワットプラタートドイステープ」金の仏塔が山頂に立ちタイ北部で最も神聖な寺院
古都チェンマイ「キュイジーヌガーデン」数々の賞賛を得たフュージョン料理を堪能
「ワットプラタートドイステープ」金の仏塔が山頂に立ちタイ北部で最も神聖な寺院

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます