lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

「セントラルエンバシー」タイで最も豪華なセントラルグループの最新ショッピングモール

2015/02/15

IMG_5898

セントラルグループの最新ショッピングセンターとして2014年5月8日にオープンされた「CENTRAL EMBASSY セントラル・エンバシー」。イギリス大使館跡地に設けられた144,000㎡の広大な敷地に建つセントラル・エンバシーには、1~8階まで高級ブランドや注目のタイブランドなどを扱うブティックが揃い、新しいコンセプトのフード・フロアや映画館を含むエンターテイメント施設などが入っています。高層階には、ハイアット・ホテルズの「パークハイアット・バンコク」が開業予定となっており、現在工事中です。ワイヤレス通りプルンチット通りの交差点に位置し、BTS・スカイトレインチットロム駅プルンチット駅の両駅にアクセスできる好立地も魅力的でしょう。プルンチット駅からは、5番出口でスカイウォークに進むと、そのままセントラル・エンバシーの2階部分に直結しています。雨などの悪天候の際に、濡れることなく足を運べるので便利です♪

IMG_5902

グランドフロアには、「Gucci グッチや「Hermès エルメス」、「Chanel シャネル」、「Prada プラダ」、「Omega オメガ」、「Rolex ロレックス」、「Versace ヴェルサーチ」などのハイブランドが揃います。館内は、とても広く贅沢な空間使いで、洗練されたシンプルなデザインで統一されており、フロアの見所として、ところどころにオブジェが設置されています♪

IMG_5899

1階フロアには、タイ初のオンリーショップとしてオープンしたフランス発のバレエシューズ「repetto レペット」やタイ初出店となるアメリカ発のドレスブランド「CH Carolina Herrera シーエイチ キャロリーナ ヘレラ」、イタリアの職人技が光る老舗の「Sergio Rossi セルジオ・ロッシ」「PRADA プラダ」、「Vivienne Westwood ヴィヴィアン・ウエストウッド」、「A.P.C アー・ペー・セー」、「Maison Martin Margiela メゾン・マルタン・マルジェラ」などが入っています♪

IMG_5903

2階フロアには、日本未上陸のオランダ発ブランド「Scotch & Soda スコッチ&ソーダ」が入っており、カジュアルでお洒落な人気ブランドがメンズ&レディス共に揃っています。「THOM BROWN トムブラウン」を扱うメガネショップもありました。4階には、「OTOP Heritage」があり、タイ全土から集められた煌びやかな一品たちが多く並びます。食に関しても豊富で、3階5階にお洒落なカフェなどが混在する中、日本料理店も多く入っており、寿司の「鮨 日向」やラーメン屋の「一風堂」「鍋ぞう」があります。タイでは、意外にも回転寿司があまり浸透していなく、寿司が日本のようにファストフード的な価格帯ではないため、庶民には少し高価なもののようです。もっと日本の技術を投入し、リーズナブルな価格帯の回転寿司屋を設ければ化けるかもしれません(笑)さらに地下1階には、タイ全土での郷土料理を揃えたフードコート「Eathai」が人気です。街の屋台は心配だけど、レストランは少し値が張る・・・でも「タイに来たからには、やはりタイ料理を食べてみたい!」と思っている方にはもってこいの場所でしょう。屋台よりかは多少値が張りますが、衛生面では安心して食べられることが、旅先での何よりの保障です。6階は、映画館となります♪

IMG_5904

セントラル・エンバシーは、隣のセントラル・チットロム2階フロアにある連絡通路で繋がっているため、一旦外に出ることなくデパートのはしごができます♪

IMG_5907

連絡通路を抜けて、セントラル・チットロム内に入りました。セントラル・チットロムは、タイ流通大手の「セントラルグループ」が経営する老舗のデパートです。デパート内には、選び抜かれた高品質のファッション、雑貨、ブランド品、レストランなどが入り、タイ人のほか観光客にも人気のあるデパートとなっています。また「無印良品」が入っており、人気店舗の1つとなっています。セントラル・エンバシーは、富裕層をターゲットにしていますが、こちらは庶民に馴染みやすいデパートといえるでしょう♪

IMG_5912

デパート内は、チットロム駅へと続いており、案内掲示がしてあるので、その案内に従い進みます♪

IMG_5915

デパート内ということもあり、ウィンドーショッピングを楽しみながら、温度調整されている中を歩くのは全く苦になりませんが、ようやく出口へ到着しました。こちらがセントラル・チットロムの出口となります♪

IMG_5917

チットロム駅へ向かう途中の通路で、思わず発見してしまったのが、タイの道路を走るマセラティ・グランツーリズモの姿!(※写真右手車線に小さく写り込んでいます)まさか、タイでもお目にかかれるとは思っておらず、喜びを隠せません。丁度この後、タイのマセラティディーラーに出向く矢先のことでしたので、やはり縁を感じますね♪

IMG_5918

Phloen Chit プルンチット駅からChit Lom チットロム駅まで一駅、デパートのおかげで歩くことができました。では、こちらChit Lom チットロム駅からSIAM サイアム駅へ向かい、若者に人気のサイアムを覗きに行ってみましょう♪

CENTRAL EMBASSY セントラル・エンバシー
http://www.centralembassy.com/

546/4 Phloen Chit Lumphini, Pathum Wan Bangkok 10330

IMG_6381

タイ・バンコク旅行特設ページ

バンコク旅行の全ての記事はこちらからご覧いただけます!
http://lade.jp/thailand/


静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

「浜松信用金庫」のバンコク駐在員事務所はタイの海外事業進出を支援します 「サイアム・パラゴン」300店舖が集まる大型施設にマセラティディーラー登場!
「浜松信用金庫」のバンコク駐在員事務所はタイの海外事業進出を支援します
「サイアム・パラゴン」300店舖が集まる大型施設にマセラティディーラー登場!

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます