lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

日月潭の伊達邵嗎頭で老街を散策!名産品の阿薩姆紅茶がお勧め!

2016/09/05

IMG_6617

日月潭水社碼頭から遊覧船に乗り込み、およそ20分ほどで対岸の伊達邵嗎頭へ到着します。
日月潭
伊達邵嗎頭は、名産品や土産物を販売し賑わう老街散策を楽しんだり、
伊達邵逐鹿市集」にて原住民サオ族(邵族)のショーが鑑賞できたり、
日月潭を見渡せるロープウェイへ上りながら絶景を眺めることができる観光地となります♪

IMG_6626

伊達邵嗎頭の桟橋

IMG_6630

伊達邵嗎頭にある「伊達邵遊客中心(ビジターセンター)」へ。

IMG_6631

伊達邵遊客中心(ビジターセンター)」の中の様子。

IMG_6636

伊達邵」は、日月潭の東南に位置している集落で、サオ族(邵族)の人々が暮らしており、
現在は台湾の原住民族の中で最も人口が少ない原住民となり、280名余りのサオ族(邵族)となります。
この地域のことをサオ語では「バラウバウ」と呼ばれていましたが、戦後「徳化社」の名で定着し、
その後、部族文化の復興を目指す機運が高まり「伊達邵(イタサオ)」と改名。
伊達邵(イタサオ)」とは、「私たちはサオ族」と意味する言葉になります。

IMG_6639

台湾行のボランティアスタッフの劉錦霞(Cynthia Liu)さんに
日本語でガイドしていただきながら参りましょう♪

IMG_6645

伊達邵碼頭を進むと賑やかな老街が広がり、名産品などを取り扱うお店が茶ち並びます♪

IMG_6644

日月潭の名産品で阿薩姆紅茶(Assam Tea)が有名ですが、
現在は「台茶18號”紅玉”」という品種名がそのまま商品になっている紅茶も人気となっています♪

IMG_6647

The LALU(ザ・ラルー)涵碧樓」のPR Managerの郭怡君(Jennie Kuo)がお勧めしてくれたので、
早速「阿薩姆紅茶(Assam Tea)35TWD(日本円110円)を購入♪

IMG_6651

台湾では通常サイズが日本でいうLサイズとなるため、お得感があります。
あっさりとした甘味が暑い陽射しを浴びて疲れた体をそっと癒してくれる味わいで美味しいです♪

IMG_6652

甘いドリンクを片手に女子3人はご満悦(笑)
ボランティアスタッフの劉錦霞(Cynthia Liu)さんに案内していただき、
伊達邵嗎頭のロープウェイへ向かいましょう♪

IMG_6655

サオ族(邵族)の風情が実感できる品物が販売される中、
ゲストハウスやコンパクトサイズのホテルも立ち並び、長閑な雰囲気が街全体に漂います♪

IMG_6658

ロープウェイへの案内掲示板を左折。

IMG_6659

観光地ということもあり、名産品であるお茶や
台湾原住民の酒、小米酒、工芸品などを販売するお店が連なります♪

IMG_6660

伊達邵親水歩道を進みます。

IMG_6663

伊達邵親水歩道からの景色を楽しみ、徒歩10分ほど散策しながらロープウェイへ。

IMG_6665

お次は、ロープウェイからの絶景を紹介します♪


静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

日月潭の遊覧船に乗船し湖面から壮大な景色を楽しみクルージング! 絶景!日月潭ロープウェイで空中から見る美しき碧色の湖をパノラマで堪能!
日月潭の遊覧船に乗船し湖面から壮大な景色を楽しみクルージング!
絶景!日月潭ロープウェイで空中から見る美しき碧色の湖をパノラマで堪能!

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます