lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

「The LALU 涵碧樓」湖畔の夕刻に訪れる碧き幻想的な非日常の世界

2016/09/03

IMG_5948

日月潭の畔に佇む全室スイートのレイクサイドリゾートホテル
The LALU(ザ・ラルー)涵碧樓」で迎える美しき碧空。

IMG_5863

今時期は夕刻を過ぎ19時頃になると、辺り一面が見事なブルースカイに包まれ、
鳥の囀りや虫の鳴き声だけが響き渡る幻想的な世界が広がり癒しの時を迎えます♪

IMG_5881

昼は多くの遊覧船が走り波打つ湖面も、夕刻を迎えると、水面がまるで鏡のように雲や山、
そしてネオンを映し出し、静かな湖面が見られます。

IMG_5847

それはまるで水彩画の中に迷い込んだかのようか錯覚を覚え、雲の動きを見つめながら、
ただただ何も考えず、ただただ無心に非日常的な世界が訪れるのです。

IMG_5852

水場には、朝は花を活け、夕暮れ時にはキャンドルに差し替え、
より一層幻想的なムードが漂う雰囲気を楽しみます♪

IMG_5903

部屋の明かりも最小限に、ベランダで揺れるキャンドルの灯火が温もりを感じさせてくれます。

IMG_5905

ターンダウン後のベッドスペース。
硬さの違う枕が用意され、清潔感溢れる真っ白なシーツに横たわれば、
快適な睡眠を得られることでしょう♪

IMG_5898

昼とは違った顔を覗かせる日月潭を眺め、静かな夜が訪れます。

IMG_5893

虫の鳴き声が響き渡り、安らぎの音色を奏でます。

IMG_5928

屋上のテラスで風を感じながら、刻一刻と移り行く景色を眺めるのもお勧めです。

IMG_5930

その昔、漁に用いられたいかだ船。
今はオブジェのように湖面にポツンと浮かび、哀愁を漂わせています。

IMG_5935

大自然に囲まれた優雅なレイクサイドゾートホテル。

IMG_5938

静かに部屋で過ごすのも良いですが、
A館8階のクラシックミュージックが静かに流れるモダンな空間「Lobby Bar(ロビー・バー)」にて、
カクテルやウイスキーなどのアルコールを嗜むのも良いでしょう♪

Lobby Bar(ロビー・バー)A館8階
営業時間:日~木曜日:10:00~22:00、金~土曜日:10:00~23:00
内線番号:6

IMG_5765

さらに、C館8階には宿泊者専用の「Library(ライブラリー)」が用意されており、
自由に閲覧可能となります。
また、本やCD、DVDはフロントに申請すればお部屋に無料でレンタルできます♪

Library(ライブラリー)C館8階
開放時間:8:00~22:00

IMG_7326

ジャズやクラシックミュージックなどのCDや名作である映画のDVDをはじめ、
アートや建築、デザイン関連の書物も多く、何とも贅沢なライブラリーとなっています。
プライベート感に包まれたライブラリーにて心行くまで読書を楽しむのも良いでしょう♪

The LALU(ザ・ラルー)涵碧樓
所在地:南投縣魚池郷水社村中興路142號
TEL: 049-285-5311
http://www.thelalu.com.tw/


静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

「The LALU 涵碧樓」香り豊かな台湾茶と飲茶が楽しめる「Pool Side Tea House」 「The LALU 涵碧樓」移り変わる幻想的な景色と清々しい1日の始まり
「The LALU 涵碧樓」香り豊かな台湾茶と飲茶が楽しめる「Pool Side Tea House」
「The LALU 涵碧樓」移り変わる幻想的な景色と清々しい1日の始まり

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます