lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

台北駅から新幹線で台中駅経由で自然溢れるリゾート地「日月潭」への旅

2016/08/30

IMG_5107

台湾7月の旅行記では、初の「日月潭(にちげつたん)Sun Moon Lake」へ参ります。
日月潭とは、台湾のほぼ中間に位置し、南投県にある台湾で最も大きな湖で、
周囲を高い山々に囲まれており、自然に溢れ、幻想的な美しい景色が楽しめるリゾート地となります。
日月潭へは、台北駅(Taipei Station)から新幹線に乗り、
およそ50分で台湾の高速鉄道台中駅(Taichung Station)に到着し、
そこからタクシーでおよそ1時間ほどの場所に位置しています♪

IMG_5104

台北駅(タイペイジャン)は、1989年に完成した巨大な建築物で、
中国式の宮殿を模したという独特なデザインを施しており、目に付きやすく存在感があり、風格を漂わせています。
地上6階、地下4 階という構造で、出口は東西南北それぞれ設け られています。
また2階には巨大なフードコートが設けられグルメスポットとしても人気があります。
現在、この駅舎は在来線である台湾鉄路管理局線(通称:台鉄)をはじめ、
台湾高速鉄道台北捷運(都市交通システム)の淡水線や板南線の接続駅となっています。
1日の利用客は、およそ40万人に達しており、台湾最大の規模を誇っています。
こちらでは、新幹線と電車とMRTが運行されています。
構内は、6階相当の吹き抜けとなっており、開放的で圧巻の佇まい。
奥には天窓を設置し、天井から自然光が差し込む設計となっており、快適な空間となります♪

IMG_5109

台湾高速鉄道の新幹線チケット売り場

高鉄チケット購入は、高鉄各駅窓口や自販機、またはインターネットやコンビニで、
予約・発券が可能となっており、乗車15日前より購入することができます♪

IMG_5119

台北駅(Taipei Station)から台中駅(Taichung Station)までの
指定席の乗車券は1人当たり片道630TWD(日本円:約2,270円)となります♪

IMG_5120

 午前10:31発の新幹線に乗車し、台中駅(Taichung Station)へ出発です!

IMG_5129

長閑な車窓を眺めながらの列車旅。
台湾の夏場の新幹線内は空調温度の設定が低いことが多いため、
上着を1枚持参されることをお勧めします♪

IMG_5132

台湾の首都である台北よりも何処かのんびりとした空気を醸し出す
台中駅(Taichung Station)

IMG_5135

台中市は、年平均温度23度、年間降雨量1,700mmと四季を通して温暖な気候に恵まれており、
地形的条件から最も台風の被害に遇わない都市としても知られ、
さらに、新幹線により台北市や高雄市まで片道1時間ほどで到着できる好立地となり、
人気が高い都市でもあります♪

IMG_5136

台中駅(Taichung Station)

IMG_5137

台中駅(Taichung Station)から日月潭へはタクシーで向かいましょう!

IMG_5138

予約してあったタクシー運転手「Ted Taxi」と合流!

IMG_5140

タクシーでおよそ1時間程のドライブとなります♪

IMG_5145

山間部方面に向かい、日月潭へ!

IMG_5152

日月潭の街並みが見えて来ました!

 

IMG_5155

日月潭を背景に石碑と記念撮影をすると良いでしょう。
日月潭には、つい先日、2016年8月28日に鈴木康友浜松市長と川勝平太知事が訪れ、
浜名湖日月潭が共通した観光資源を持つことから、
南投県観光産業連盟協会の李吉田理事長と協定書を交わし、「友好交流協定締結式」を結ばれたばかりです。
また、天竜浜名湖鉄道台湾鉄路管理局も「姉妹提携」をされたことから、
今後、日台双方で周遊観光商品の開発に臨まれるとのこと。
協定は、観光情報などの相互発信や、湖の魅力を生かしたサイクリングやロープウエー、遊覧船など、
個別分野の連携と民間交流の促進を図り、交流人口の拡大を目指されます。
わたしたちが7月に訪れた日月潭と、現在住まう浜松市・浜名湖の交流とのことで、
ご縁を感じ、大変嬉しく思います♪

IMG_5156

今回、日月潭にてお世話になるリゾートホテルは、
世界的に有名なオーストラリア人の建築デザイナーであるKerry Hill(ケリー・ヒル)が設計を担い、
台湾人のみならず、世界中から多くのファンを持つ
レイクサイドリゾートホテル「The LALU(ザ・ラルー)涵碧樓」です!
次回は、ホテルでのチェックイン風景にはじまり、客室やレストランでの様子、
ホテル周辺の情報などを交えてご紹介していきます♪

The LALU(ザ・ラルー)涵碧樓
所在地:南投縣魚池郷水社村中興路142號
TEL: 049-285-5311
http://www.thelalu.com.tw/


静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

「焚き火イタリアン Falò ファロ」アクアパッツア出身のシェフが作り出す炭焼きイタリアン 「The LALU 涵碧樓」日月潭のレイクサイドに佇むモダンなリゾートホテルへ
「焚き火イタリアン Falò ファロ」アクアパッツア出身のシェフが作り出す炭焼きイタリアン
「The LALU 涵碧樓」日月潭のレイクサイドに佇むモダンなリゾートホテルへ

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます