lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

「Humble House Taipei」まるで美術館のようにアート作品と融合するホテルにチェックイン!

2016/02/11

IMG_9470

台北の一大観光スポットとして観光客で握わう「台北101 タイペイイーリンイー」や、
グルメや大型のショッピングビルも充実の人気スポットが目白押しとなる信義区
2013年11月にオープンして以来話題の5つ星ホテル「Humble House Taipei(ハンブルハウス台北)寒舍艾麗酒店」。
場所は、MRTの板南線の「市政府駅3番出口より徒歩5分圏内と好立地に位置し、
微風松高(Breeze SONG GAO)」が入る複合ビルの5階から24階がハンブルハウス台北となります。
SHERATON GRAND TAIPEI HOTEL(シェラトン・グランド台北)台北喜來登大飯店」や
Le Méridien Taipei(ル・メリディアン台北)台北寒舍艾美酒店」と同Groupで、
現代芸術や骨董品、フラワーデザイン、飲食やホテルサービスなど幅広い経営を行っている
My Humble House Hospitality Management Consulting Co., Ltd.(マイハンブルハウスグループ)
寒舍餐旅管理顧問股份有限公司」が運営しており、
ハンブルハウス台北は、自社ブランドのホテル運営としては初となります!
ハンブルハウス台北は、アートとカルチャーとホテルライフが見事に融合した新スタイルをテーマに掲げ、注目を集めています♪

IMG_9471

高貴な笑みを浮かべる郭俊佑(Paul)さんがお出迎えしてくださいました♪

IMG_9474

天井高9mもの高さを誇り開放的なエントランスホールには、美しいアート作品が目に飛び込んで参ります!
ハンブルハウス台北の大きな特徴として、
ホテル内には、現代アートを主軸に世界各国のアート作品が600点近く展示されており、
その展示コンセプトには、
インド人の詩人であるタゴールが自然と自然をテーマにして詠った「生きては夏の花が絢爛なように・・・」を啓発に
Let life be beautiful like summer flowers・・・人生は夏の花の如く」と題し、
都市ジャングルの中にありながらも、一歩ホテルに足を踏み入れれば、
滞在者が心身共に桃源郷に歩み入ったかのような美しい旅路を体験できるよう願われているのです♪

IMG_9589

「突風(Bourrasque) / Paul Cocksedge

Paul Cocksedgeは感性の科学家です。
光は美しさを生み出す力を持つものであるという考え方から、
科学技術と材質の境界線を突破した斬新で優れた作品を作り出し、
そのデザインの中には視覚トリックを取り入れたシンプルな中にも人々を驚愕させる美しさを作り出しています。
作品の「突風(Bourrasque)」は、
大小さまざまなサイズの導電発光板を組み合わせ、強風になびきながら舞い散る紙の瞬間を表現しており、
どこの角度から観ても美しく、その一瞬の出来事のような儚さを感じながらも、
幻想的な世界を感じ取ることができます。
こちらの作品はフランスリヨン市議会にも展示されていますが、全世界初の常設展示芸術品とし展示されています。
紙が舞い上がる歓迎の意味と「歩歩高昇(とんとん拍子に昇進する)」の意味も併せ持ち、
ハンブルハウス台北のGeneral Managerである盛緒平(Hugo Sheng)が一番お気に入りの作品でもあります♪

IMG_9475

ベルボーイの優しいYu Heng Henry Chenが6階のフロントまで案内してくださいます♪

IMG_9592

エレベーター内はシンプルでスタイリッシュなデザインで広々としています。
客室フロアへはルームキーが必要となるため
セキュリティも万全です♪

IMG_9478

吹き抜けの開放感溢れるフロント・ロビー。
全面ガラス張りで自然光をふんだんに取り入れており、心地良い空気を生み出しています。
至る所に展示されているアート作品を楽しみながら、まるで美術館のように回遊できます。
アート作品にはお手を触れないようにとのことです♪

IMG_9479

「牡丹(Peony) / 杉浦康益(Yasuyoshi Sugiura)」

杉浦康益(Yasuyoshi Sugiura)は、自然を師とした日本の芸術家です。
人類と自然、大地の対応関係に重点を置いた創作を行い、花をモチーフとした作品では比率を拡大する事で、
純粋な抑えた色彩、植物本来の複雑さと多様な容姿を表現し、真実の存在感を表現しています。
見る人の好奇心を呼び覚ます作品を更に一歩踏み込んで鑑賞する事で、
作品本来の感動、体験、自然との共鳴による楽しみを感じることができます。
牡丹(Peony」はハンブルハウス台北の為に創作されたオリジナル作品です♪

IMG_9563

フロント・ロビー

ハンブルハウス台北は、芸術の融合及び文化と生活の新たなデザインセンスを表しており、
Design Hotels™(※)の台湾唯一のメンバーホテルでもあります♪

(※)Design Hotels™は、世界の50ヶ国、300軒のホテルのマネージメント代理及びマーケティングを行なう団体です。
ひとつひとつのホテルにはホテル経営者が示す”オリジナリティー”の理想と希望があり、
お客様に対するおもてなしの熱意に加え、カルチャーの真髄や人々を期待させるデザインと建築があります。
そのような”オリジナリティー”が示す理想はホテルが提供する独自性や美学、サービスに基づいた体験を表しています。
Design Hotels™は1993年にClaus Sendlingerによって創立。
メンバーに加入されたホテルに対し、市場傾向のコンサルティングから、
国際的なマーケティングやマネージメントの代理を含む旅行産業に対する独自の見解を提供されています。
本社はベルリンにあり、支社はロンドン、バルセロナ、ニューヨーク、シンガポールへと拡張。

IMG_9484

チェックインタイムは午後15:00からとなります。
フロントスタッフには、英語と日本語が話せるスタッフがいらっしゃるため、言語の心配には及びません。
24時間体制でレセプションスタッフが対応してくれます♪

IMG_9480

Marketing Communications Managerの謝佑宜(Sasha Hsieh)
ホテル内を案内していただきます!(謝謝!)
お次は、ハンブルハウス台北の施設紹介です♪

Humble House Taipei(ハンブルハウス台北)寒舍艾麗酒店
所在地:台北市信義區松高路18號
TEL:+886 2 6631 8000
http://www.humblehousehotels.com/jp/

台北市信義區松高路18號

静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

「樂樂咖啡大安店」品質にこだわるスペシャルティコーヒーや自家製ケーキを楽しめるカフェ 「Humble House Taipei」大都会の中に佇むアートに囲まれた優雅なホテルの施設紹介
「樂樂咖啡大安店」品質にこだわるスペシャルティコーヒーや自家製ケーキを楽しめるカフェ
「Humble House Taipei」大都会の中に佇むアートに囲まれた優雅なホテルの施設紹介

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます