lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

グランドヴィクトリアホテル「雙囍中餐廳 XI GARDEN」贅溢れる宜蘭の北京ダックコース

2015/11/20

IMG_7908

2014年5月にリニューアルオープンされたばかりの中華レストラン「雙囍中餐廳(XI GARDEN)」は、
グランドヴィクトリアホテル(台北維多麗亜酒店)Grand Victoria Hotel」の2階にあります。
夕刻を過ぎた頃のホテルは、時計台と共にライトアップされ、
昼の顔とは違った輝きを魅せています♪

IMG_7913

雙囍中餐廳(XI GARDEN)」は、専門シェフによる本場の味を提供しております。
中華の美味しさと、雰囲気を
豪華な食材と旬の風味を厳選した広東料理を中心とし、中華料理を楽しめます。
中華圏で縁起が良い鳥とされる「喜鵲(カササギ)」を2羽用いて、ロゴマークにデザインされています。
店名にも付けられた「」の文字は、「喜(シー)」が2つ重なることから「シュアンシー」とも呼ばれ、
喜び毎が重なることを意味し、とても縁起の良い中国語となり、
こちらへ足を運ばれるゲスト全員に嬉しい出来事が数多く訪れますように」との想いが込められています♪

IMG_7916

店内は、白と黒を基調とし、落ち着き溢れるモダンチャイニーズをイメージしながらも、
差し色の鮮やかさも施され、艶やかな雰囲気が漂います♪

IMG_7918

広々とした空間に用意した席数は100席にも及び、シックな色調で統一。
VIPルームとして、収容人数6~24 名に対応可能な個室を4部屋用意されています♪

IMG_7964

この日は個室を用意していただき、
セールスアシスタントマネージャーの高橋賢二(Kenji Takahashi)さんに通訳していただきながら、
PRマーケティングマネージャーの陳怡樺(Elvila Chen)さんと一緒に食卓を囲みます♪

IMG_7986

セールスアシスタントマネージャーの高橋賢二(Kenji Takahashi)さんとも共通の知人であったこともあり、
台北に住んでいる日本人の友人である稗田さんをお誘いし、
日本人目線で感じるいろいろな台北事情などを教えていただきました♪

IMG_7931

セールスアシスタントマネージャーの高橋賢二(Kenji Takahashi)さん、
雙囍中餐廳(XI GARDEN)」を含む、
中華料理全般のエグゼクティブシェフは香港人の何慶輝(Kevin Ho)シェフ
PRマーケティングマネージャーの陳怡樺(Elvila Chen)さん。

IMG_7930

セールスアシスタントマネージャーの高橋賢二(Kenji Takahashi)さんは、
ご趣味がカメラで、以前、「台北101」のカウントダウン花火の模様を撮影され、
地球の歩き方」で採用されたほどの腕前をお持ちです!(凄!)
カメラは以前は、旦那様と同じ「Cannon」だったようですが、現在は「Nikon」を愛用されているとのこと。
高橋さんは、風景画を撮るのが好きで、休日はよく撮影に出掛けられ、特に象山からの街並がお好きだそうです。
登山で徒歩20分ほどかかる象山ですが、そこから伺える街の景色は、
良くネットでも素晴らしい夕陽バージョンなどで見掛けます。
次回、台北に訪れる際に時間が取れれば登ってみたいと思います!
高橋さん、お休みが合えば、是非付き合ってくださいね♪

IMG_7977

ホテル館内のイタリアン、ステーキハウス、
宴会場等の西洋料理を仕切るエグゼクティブシェフの邱兆毅(Thomas Chiu)さんとは、
事前にfacebookでコミュニケーションを取っていたので、わざわざ挨拶に出向いてくださいました!(謝謝!)
陽気で終始笑顔の絶えない邱兆毅(Thomas Chiu)さんは、想像していた通りの素敵なシェフでした♪

IMG_7923

「高山有機烏龍茶」

この日は、宜蘭産のダックを用いた贅溢れる
「粵式松露烤鴨(香港式トリュフ北京ダック)」4人前6,257TWD
(日本円して4人前でおよそ23,150円・1人当たり5,790円と大変お得!)
なフルコースを堪能します!
こちらのコースは、5~6名でもご利用可能で、北京ダックは単品でのオーダーも可能とのこと。
大人数で1羽のダックを分け合い、ワイワイと食卓を囲むのも良いでしょう。
食中は、台湾茶の中でも爽やかな香りと美しい茶葉で人気の高い「高山有機烏龍茶」をいただきます。
急須がまた素晴らしく、湯呑にも「」の文字が描かれたロゴマークが記されています♪

IMG_7925

 「小菜」

まず最初に小皿で日替わりで変わるおつまみ2品となり、「黄金キムチ」と「ピーナッツと煮干のピリ辛炒め」です。
小魚、葱などをピリ辛に炒ってあるおつまみと、
卵でまろやかに仕上げた黄金キムチは、ビールの当てになりそうな2品です♪

IMG_7933

「雙囍迎賓蝶(シーガーデンウェルカムおつまみ)」

続く3品は、シーガーデンのウェルカムおつまみ。
1品目は、きのこ類と人参を湯葉で巻いたおつまみで、ベジタリアンの方にもお勧めです。
湯葉の食感と共に懐かしさを感じる優しい味わいを楽しみます♪

IMG_7934

「雙囍迎賓蝶(シーガーデンウェルカムおつまみ)」

2品目は、くらげに胡瓜や人参を和えたピリ辛のおつまみ。
コリコリとした食感が堪りません♪

IMG_7936

「雙囍迎賓蝶(シーガーデンウェルカムおつまみ)」

豚足の肉を豚の脂で巻き、しっとりと柔らかく煮込んだチャーシュー。
プルンプルンとしたコラーゲンが女性のお肌にとっても良さそうです♪

IMG_7937

「粵式松露烤鴨(香港式トリュフ北京ダック)」

今回のコース料理のメーンディッシュの登場です!
台湾でも有名な宜蘭県産のチェリーダックで、
葱や生姜、ニンニク、スターアニス、シナモンや様々なスパイスを用いてマリネし、
特製ソースでコーティングした後にオーブンで焼き上げ、最後に皮面をカリカリに仕上げます。
生後3ヶ月以内の肉質の柔らかなダックは外はパリッと、中はジューシーに仕上げられており、
専属シェフが目の前で捌いてくれます。
とても艶やかに仕上がっており、食欲が湧いてきますね♪

IMG_7942

チェリーダックの皮の部分を削ぎ落としていき、中華パンに挟んでいただき、
中のお肉や骨は、コース内の料理で用いるとのこと!
まさに、北京ダックの美味しさを余すとこなくフルコースで楽しめてしまいます♪

IMG_7953

薄く削ぎ落としていただく北京ダックの質の高い脂は、
甘味が上品で口溶けよく味わえます♪

IMG_7959

1枚ずつ丁寧にスタッフさんが中華パンに挟んでくださるので、お行儀良く順に待ちましょう♪

IMG_7960

蒸し器で温めておいた中華パンを開いて、
特製ダレの甜面ソースとスライスした胡瓜と葱、そしてパリパリに焼かれた北京ダックの皮を挟みます♪

IMG_7969

中華パン(蒸しパン)は、肉まんの皮のような食感で満足感があり、
包み込んだ北京ダックの皮はジューシィーで甘味があり、葱の香ばしさ、胡瓜の食感が楽しめ、風味豊かです♪

IMG_7971

「干貝響羅曼波魚(帆立とマンボウのスープ)」

淡白なマンボウですが、干貝の旨味を凝縮させたスープは、
あっさりとしながらも上品な味わいが楽しめます♪

IMG_7973

「XO醤爆鴨骨(鴨のXO醤ソース炒め)」

先ほどの北京ダックの肉の部分を用いて、炒め物で提供してくださいます。
大好きなXO醤でピリ辛に炒めてあり、骨に近い部分がまた美味しいのです!
赤、黄のパプリカやピーマン、玉葱などの新鮮な野菜のシャキシャキとした食感と共にいただきます♪

IMG_7976

「黒松露鴨鬆(黒トリュフのレタス包み)」

粗く刻んだ鴨肉と香り高い黒トリュフを加え、クワイの実、人参、グリンピースの彩りを施した炒め物。
こちらをレタスに包んで食べると、レタスの瑞々しさであっさりといただけ、
シャキシャキとした食感が美味しく、噛めば噛む程に旨味が溢れます。
台湾では、以前、基隆(ジーロン)でも「海老のレタス包み」をいただきましたが、
レタス包みの包容力の凄さと、食感の成せる技、そして味わいの相乗効果に驚きを隠せないものがありました!
それ以来、我が家の食卓でもレタス包みは重宝しています♪

IMG_7980

「金銀蛋燴時蔬(季節の野菜炒め)」

日本ではあまりいただく機会の無い、さつま芋の葉っぱ(甘薯葉)の炒め物を、
ピータンと一緒にいただきます。
ピータンとは、アヒルの卵を石灰、木炭、塩、茶、粘土などを、たまごの周りに塗布し熟成させたものであり、
時間とともに、アルカリが徐々に内部に浸透してタンパク質が変成した黒色の卵のこと。
硫化水素臭の匂い共に癖のあるお味ですが、風味が増します♪

IMG_7982

「鴨絲勞麵(鴨肉の香港式焼きそば)」

北京ダックの肉を細切りにし、もやしなどと一緒に炒めた香港式の焼きそばで〆の食事をいただきます。
細めの麵で食べやすさがあり、軽い口当たりで味わえます。
こちらでは残ってしまった料理については、日本とは違い、お持ち帰りが可能だそうですので、
美味しくてもボリューム的に残してしまった場合は、遠慮なく持ち帰らせてもらいましょう。
さすれば、次の日もおご馳走が続きますね♪

IMG_7983

「時令鮮果盤(季節のデザート)」

台湾の季節のデザートで、西瓜にパイナップルに芭樂(グァバ)をいただきます♪

IMG_7985

「中式精緻點心(中華式デザート)」

〆のデザートは、香り高い抹茶を生地に練り込んだ蒸しパンに、
こし餡を包んだほっこりとするお饅頭。

IMG_7902

北京ダックの贅溢れるフルコースを堪能した後は、
友人である稗田さんの台北に住まわれている日本人オーナーの飲食店を紹介していただく流れになり、
台北の夜をご案内していただこうと、
3人でタクシーに乗り込み、忠孝敦化方面に向かいます!
お次は、飲食店を他店舗展開される
日本人オーナーがリニューアルオープンされたばかりの新店舗の紹介です♪

グランドヴィクトリアホテル(台北維多麗亜酒店)Grand Victoria Hotel
所在地:104 台湾台北市中山區敬業四路168號
TEL:+886-2-8502-0000
http://www.grandvictoria.com.tw/jp/

雙囍中餐廳 XI GARDEN
営業時間
ランチ:11:30~14:00
ディナー:17:30~21:00


静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

グランドヴィクトリアホテル「N°168 PRIMEステーキハウス」熟成肉の豪快なステーキ! 「La Cave Aburi」日本人オーナーが営むワインと多国籍の創作料理を楽しむ店(閉店)
グランドヴィクトリアホテル「N°168 PRIMEステーキハウス」熟成肉の豪快なステーキ!
「La Cave Aburi」日本人オーナーが営むワインと多国籍の創作料理を楽しむ店(閉店)

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます