lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

ミラノを象徴するゴシック様式の教会「ミラノ大聖堂」天にのびる135本の尖塔と黄金のマリア像

2013/11/28

_RIO1012

ミラノの街の中心にあるこの大聖堂、ドュオモ(イタリア語Duomo di Milano ドゥオーモ・ディ・ミラーノ)。500年近い歳月をかけて建てられたミラノを代表するゴシック様式の教会です。ゴシック様式とは、12~16世紀頃にヨーロッパ各地で隆盛を極めた建築様式で後に絵画がインテリアなど芸術分野全体に影響を与えます。この教会は、多数のステンドグラスや建物を支える飛梁(とびばり)そして天にのびる135本もの尖塔(せんとう)などにその特徴が見られます。最も高い尖塔の上には、市民にとって象徴的な存在の愛の女神、黄金のマリア像が祭られています。ミラノの街を守るかのように両腕を大きく広げた姿が印象的です。他にも柱や壁に施された聖人たち約3500体の彫刻は、ひとつひとつが佇まいから表情までもが異なりリアルに描写されています。

_RIO1029

白く輝く華麗なファサードは排気ガスなどで黒ずんでしまいましたが、2004年から修復工事がスタートし、2008年の秋に従来の美しさを取り戻しています。ドゥオモの着工は1386年。大司教アントーニオ・ダ・サルッツォとミラノの領主 ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティの要求により、聖母マリアに捧げるために建設されます。しかし、建設は度重なる戦争のために何度も中断されてしまうのですが、イタリアに侵攻してきたナポレオンの命により、1813年にようやく完成の時を迎えるのです。中央の大扉は、1908年に木製からブロンズ製に取り替えられ、ルドヴィコ・ポリアーニによるもので、聖母マリアの生涯、新約聖書が描かれており、左下部分のキリストが捕まる場面が生々しく歴史を学べます。中央扉上のレリーフにはイヴの創造が観られます。では、内部を拝観することにしましょう。入り口ではセキュリティチェックとして荷物検査があり、大きな荷物やリュックは禁止となり、預けなければ入場できません。露出の多い服もNGですので冬場は良いですが、夏の軽装には気を付けましょう。ちなみに男性の帽子はNGですが、女性の帽子はOKです。ガイドさん曰く、女性は帽子を被っているほうが美しいとされていることからだそうですよ♪

_RIO1013

内部は5つの身廊と、翼廊、後陣で構成されており、中央にある主祭壇は、サンタ・マリア・マッジョーレ教会時代のもの。柱頭に彫像のある52本の巨大な柱と厳粛な雰囲気に圧倒されてしまいます。

_RIO1017

建物の側面を彩るステンドグラスは、大聖堂の特徴のひとつ。人物たちが鮮やかに描かれており、ほのかに射し込む光で浮き上がり色鮮やかに写ります。

_RIO1027

ステンドグラスの技術が発達したことで、複雑な模様も描かれるようになり、まるでその時代の様子を伺える絵本のようですね。

_RIO1018

かつて主流だった半円形に代わって誕生した頭の尖ったアーチを尖塔アーチといい、見上げるような位置に作られ、天井を高く、空間をより広く見せているのです。

_RIO1021

回廊の側面には、教会の発展に貢献した歴代の聖人たちが葬られています。中でも必見するのは、ジャン・ジャコモ・メディチの墓。ミケランジェロの影響を多大に受けたと言われるレオーネ・レオーニの作品です。

_RIO1019

ガラス張りのため、ご遺体は丸見えで豪華な衣装を纏っています。大勢に囲まれ見守られているように穏やかなのか、はたまたあの世で騒がしいと思っているかは定かでありません。

_RIO1023

内部の装飾を楽しむのは、何も彫刻だけではありません。そうそうたる絵画も展示されています。

_RIO1025

主祭壇上部からは赤いランプが垂れ下がり灯され、中にはキリストが磔刑になったときの釘が納められているのだとか。内部に見えるのは4本の柱で支えられたペレグリーニ設計の円蓋、ティブリオ。ロンバルディア様式、もしくは初期ロマネスクとも呼ばれるミラノのある、北イタリアのロンバルディア地方で発展した建築様式ではよく見られる形。そして奥には後陣のバラ窓。その中央に浮かぶは太陽のシンボルです。主祭壇は聖歌隊席にもなっており、脇にはパイプオルガンが置かれています。大聖堂の地下は、ローマ時代の遺跡や宝物庫、ミラノの守護聖人である聖カルロ・ボロメオの遺骸を納めた聖櫃なども有料ですが見学可能です。

_RIO1026

こちら右手ガラスは、大聖堂内にあるブックショップです。ドゥオモについて解説し図書や資料、記念グッズなどが販売されています。

_RIO1008

ドゥオモ広場に君臨するヴィットリオ・エマヌエーレ2世の騎馬像は、ドゥオモを見守るかのような正面に位置しています。さて、午前の観光が終わったところで、次回はツアーで案内されるイタリアンレストランの紹介です♪

ミラノのドゥオーモ ミラノ大聖堂
所在地:Piazza del Duomo, Milano, イタリア TEL:+39 02 7202 2656
教会:7:00~18:45,夏季:木~日曜までは~20:10
屋上昇降口:9:00~18:10(エレベーター:€12,階段:€7)

Piazza del Duomo, Milano, イタリア

静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

ジャズライブ「日野皓正クインテッド in 田町サロン」は大盛況でした! 猪や鹿肉をメインにボルドーを合わせて楽しむイタリアンな夜
ジャズライブ「日野皓正クインテッド in 田町サロン」は大盛況でした!
猪や鹿肉をメインにボルドーを合わせて楽しむイタリアンな夜

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます