lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

「トリブヴァン国際空港」からブッダ航空にて「ゴータマ・ブッダ空港」へ

2017/10/12

ネパール4日目の朝は、宿泊先の「ペンション・スザータ(Pension Suzata)」を6時30分に出発し、ツーリングバスにてカトマンドゥにあるトリブヴァン国際空港(Tribhuvan International Airport」へ向かい、国内線に乗り、仏教の開祖となるブッダ(Buddha)の生誕地とされるルンビニ(Lumbini)の「ゴータマ・ブッダ空港(Gautam Buddha Airport)またの名をバイラワ空港(Bhairahawa Airport)」へ!

ネパールルツアー視察団の中に仏教徒の方がおられるということ、またガイドのナレスさんのお母様のプレマヤ(Premmaya)さんと妹のリタ(Rita)も亡くなられた御父様の墓参りに行かれるとのことで一緒に仏教の聖地へ参ります!この日の前夜に恐ろしいほどの雷雨に見舞われ、あまりに激しい雨風の音で眠りに就けなかったのですが、不幸中の幸いか、豪雨のおかげで気温がグッと下がり、通常ルンビニのタライ平原は湿度も高く40℃超えの猛暑と伺っておりましたが、この日のルンビニは何と30℃近くと快適な気温になっているとのこと!

トリブヴァン国際空港の国内線では、フェワ湖(Phewa Lake)を望むリゾート地のポカラ(Pokhara)やトレッキングを目指すルクラ(Lukla)、そして、今回の目的地バイラワ(Bhairawa)行などがあります!バイラワ(Bhairawa)までの国内線のフライト料金は、1人当たり24,630円でした!

フライト時間はたったの40分ほどですが、車で目指すと険しい悪路の山道をクネクネと進み、何と9時間以上もかかってしまうというから驚きです!

早朝出発で朝食抜きだったため、空港内にある「Tea/Coffee & Confectionery Shop」にて軽食を購入します!

軽食は、サンドイッチや炒飯、モモなどが販売されていますが、生野菜は控えようとコーヒーとデザートに。

「Americano」300ルピー(日本円にして約320円)、「生クリームコロネ」200ルピー(日本円にして約214円)
ザックザクの生地で少々固めのコロネには、生クリームがギッシリ!コーヒーはビックリするほどの熱さですが、香りも良くコクもあり、バランスの良いコーヒーです♪

空港内には、ウォータータンクが設置されており、ペットボトルなどを持参すれば、自由に給水可能です!

ウェイティング中に不思議なご縁で、座っていたシートの後ろから、まさかの日本語が聞こえてきました!お話を伺うと、京都からいらした岸田ひとみさん御夫妻が、留学生として迎え入れたジュムラ(Jumla)村出身のAp Adhyaya Devkotaくんの故郷に初訪されるとのこと!岸田さん御夫妻もネパールは初来訪とのことで、とても楽しみにしていらしたそうです!出会いを記念して皆で記念撮影!ナマステ!(नमस्ते)こんにちは!

ブッダ航空(Buddha Air)」のボーディングタイムを待ちますが、国内線の時間のルーズさはなかなかのものだそうです(笑)フライトNo.851のボーディングタイムは8:15を指しているため、万全を期して待ちましょう!

ターミナルビルから飛行機搭乗口まで移動するランプバスに乗り込みます!

ランプバス内にてツアーメンバーの点呼をし、無事に全員が乗車していることを確認します!ルンビニでは1泊を予定しているため、スーツケースはペンションオーナーの秦さんの御好意に甘え置かせていただき、1泊2日分の着替えと身軽な旅になりました!

ガイドのナレスさんは、ネパール語や日本語のみならず英語も堪能なため、隣にいらしたトルコ美女と仲良くお話されていたため、便乗させていただきました!わたし達もトルコのカッパドキアで友人が洞窟ホテルを経営していることをお伝えし、「トルコはいつか行ってみたい国の1つです!」と、ここでもまた素敵なご縁をいただきました♪

ブッダ航空(Buddha Air)ATR 72 9N-AJO

全長27,166 m(89 ft 2 in)で、6枚翅のプロペラ機となります!

機内の定員は最大74名、左右に2席ずつとなる小さな機体です!フライト時間が40分と短いこともあり、機内食はもちろん無く、ミネラルウォーターの配給とブッダ航空の飴1個となります!

雲海上からは、ヒマラヤ山脈がお目見え!

あっという間のフライトで、ルンビニ(Lumbini)を目指すための「ゴータマ・ブッダ空港(Gautam Buddha Airport)またの名をバイラワ空港(Bhairahawa Airport)」へ到着です!まるで蛇のように流れるティナウ川(Tinau River)の他には、木々に囲まれた緑豊かな大自然が見られます!


静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

パタンのダルバール広場を見渡すレストラン「Si Taleju Restaurant & Bar」 「ゴータマ・ブッダ空港」からブッダ生誕の地ルンビニに向けて出発!
パタンのダルバール広場を見渡すレストラン「Si Taleju Restaurant & Bar」
「ゴータマ・ブッダ空港」からブッダ生誕の地ルンビニに向けて出発!

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます