lade | WEB Magazine, de la Espriella

It's focusing on gourmet, Hamamatsu-Shi, Shizuoka、Overseas travel、To deliver the lifestyle information such as design WEB Magazine alleys

Student advocates at the Asian restaurant pattern "GG Machaan" miracle!

2017/10/04

ネパールはパタンのラリトプール地区にあるアジアンフードレストラン「ジージー・マチャーン(GG Machaan)」にて遅めのランチへ!ネパールツアー中の食事は朝はペンションでの朝食となりますがそれ以外のランチとディナーに関してはその日によって臨機応変にガイドのMaharjan Niles (Maharjan Naresh)さんが選定し予約をしてくださいます!

Here is、屋内のみならず屋外のテラス席も用意されており生ライブが開催できるステージを設置され定期的に行われる生ライブイベントが人気のレストランとなります!こちらのレストランはパタンの中では比較的高級クラスに入るため観光客も多く利用されるのだと、GuideMaharjan Niles (Maharjan Naresh)さんが教えてくれました!

エアコンの効く屋内にてビールで乾杯!ツアーをご一緒する皆さんは一部の方を除いて皆さん本当にお酒がお強い!ランチディナーと必ずと言っていいほどにビールやワインが登場します!「良く食べ、Good laugh.、良く呑みよく動く!」これこそが皆さんの健康法で長寿の秘訣なのかもしれません♪

ネパールビールは、In the merged company and Carlsberg of Denmark's golkabrewery "TUBORG" And "Gorkha (GORKHA)」が主流です!キンキンに冷やされたグラスで提供されるのが何より嬉しいです!飲み口はどちらも軽めで甘味を感じるテイスト!

ブンガマティ村で子供たちとよく笑いよく歩いたためお腹はペッコリ!目の前に並んだ料理に皆で喰らいつきます!こちらでもネパール料理の代表格となる「Momo (MoMo)」をオーダー!モモは取り分けしやすく大勢でつまむに最適です!

「モモ(MoMo)」220ルピー(日本円にして約235円)

こちらのモモはバッファロー(Buffalo)とチキン(Chicken)のどちらから選べこちらはバッファロー(水牛)です!プルプルもちもちのモモは、10個で220ルピー(日本円にして約235円)とお安い!ジョル(Jhol)と言うスパイシーなソースが付いてくるのでお好みで付けていただくととても美味しいです!小籠包のような形であったり餃子のような形をしていたり「蒸し」「焼き」「揚げ」のスタイルでレストランによって様々な形で提供されるモモは日本でいう餃子の存在に近く日本人の舌に良く合います!

「炒飯(Fried Rice)」350ルピー(日本円にして約375円)

The Nepal、Because its neighbors China and India、I feel the impact of China and India cuisine。こちらの炒飯は、Vegetables、chicken、ミックスの中から選べるためミックスをいただきます!細長くパラパラとしたバスマティと呼ばれるインディカRice、炒飯にピッタリ!野菜たっぷりで彩りも良く卵やチキンも入り旨味のある美味しい炒飯です!

「パパド(Plain Papad)2pcs」90ルピー(日本円にして約96Yen)

パパドとは主に豆類や米粉から作られる極薄クラッカー!スパイスや胡椒が利いており塩気があるためそのままでも美味しいのですが添えられたピリ辛のヨーグルト風味のソースに合わせていただきます!

「焼きそば(Stair fried Noodles)」250ルピー(日本円にして約268円)」

パスタのような麺を野菜と共に炒めた焼きそば日本でいう焼きそばはネパールでは「チョウメン(Chowmein)」と言います!

今回のツアーでわたしの師でもある二胡奏者のYumiko Naito先生にはネパールの民族楽器である「Sarangi (Sārkengī)"To see触れたい!習いたい!日本へ持って帰りたい!」というミッションがあり事前にガイドのナレスさんにお願いをしておりました。When、不思議なご縁がありナレスさんの同級生であり「Patan City Hall"The Government membersVikarm Shaka (Bikram Shakya).、Nepal's most famous sarangi playerKiran Nepali (Nepali Kiran)さんと大親友とのことでレストラン近くにある音楽スタジオから彼を呼び出してくださったのです!感動!

サランギの歴史はネパールのカースト制度によりダマイ(婚礼の楽師)やガイネ(遊行の楽師)たちが自作したサランギを奏で歩くことで生活のための収入を得てきたという複雑な背景があるようです。In the current、数少ない伝統楽器の伝道師として活躍されるサランギ奏者のKiran Nepali (Nepali Kiran)Mr. a、同志を募り民族楽器バンド「KUTUMBA (cutumba)」の一員として、"音楽家としての立ち位置を確立させネパールの民族楽器をもっともっと世に広げるのがわたしの夢でもあります!」と熱い想いを語ってくださいました!

In fact、ネパールの民族楽器サランギの音色を披露してくださるキランさん!二胡の二弦とは異なる四弦から成るサランギの音色は弾き方も異なり弦を上から押さえるのではなく左爪で弦を横から軽く押し右手で弓を滑らすことで心温まるような懐かしい音色を奏でます!「サランギ」とは「音に色をつけて奏でる」という意味を持つ名とのこと!まさに、Just like its name、まるで人が優しく語りかけるように心がほっこりとする素敵な世界観の音色です♪

ネパールのサランギ奏者Kiran Nepali (Nepali Kiran).、日本の二胡奏者Yumiko Naito先生とで、Kyu Sakamoto "Muite on」を合奏しまさかまさかの夢の共演!柔らかく温かみがあり何処か懐かしさを醸し出す音色を奏でるサランギと哀愁を帯びた美しい二胡独特の音色がレストラン内に響き渡りそれはそれは素晴らしいランチタイムとなりました!

ナレスさんやビックラムさんを通じて生まれた素敵なご縁!ゆみ子先生とは「強き願いは口にすれば叶う」と常々話しておりましたがまさにその甲斐あっての実現!旅先での思いがけない出会いこそが旅の醍醐味と言うものですね♪


Shizuoka Prefecture West Center packed with information on gourmet restaurants in Tokyo, Nagoya and overseas!
Food log version caches to currently provides information on gourmet restaurants in more than 700。
<kakesta>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
Events and cuisine photo WEB album
See the photo album has been taking a Google Photo of lade。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

Machendranath Temple in bungamati village small village located in Patan revival tour Visit the disaster community center was built to raise the awareness of disaster prevention of the pattern!
Machendranath Temple in bungamati village small village located in Patan revival tour
Visit the disaster community center was built to raise the awareness of disaster prevention of the pattern!

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | lade - Lifestyle WEB magazine | Company Profile | Google
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. I will strictly prohibited unauthorized copy or reproduction of published articles, images