lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

奈良「太鼓たこ」出汁の入ったたこ焼きはタコ本来の味わいを楽しむ

2015/05/07

IMG_6901

西名阪道・法隆寺ICから奈良県道5号線を南下するとポツンと佇む小さなたこ焼き屋「太鼓たこ」。
奈良県民の方には有名なお店です。
素朴なたこ焼きですが、この道一筋35年ほどのお母ちゃんが20分かけてじっくり焼く、そのたこ焼きは、
ソースもマヨネーズも青海苔も何もかけずに、出汁と醤油の旨味でいただくシンプルなたこ焼き。
場所は、近鉄池部駅より東へおよそ400mほどの距離で、徒歩で10分くらいです。
駐車場はなく、店横に路駐できるスペースが1、2台ほど。
常連さんは、焼き上がりを待たないために
電話で予約して焼き上がり時間を聞いてから伺う人もいます。
たこ焼きといえば大阪でしょうが、奈良でも有名なたこ焼き、早速いただいてみましょう♪

IMG_6903

店内は、焼き場の横に設けられたカウンターがあり、お母ちゃんがたこ焼きを焼き上げていく様子が伺えます。
お母ちゃんの西浦よし子さんは、独自のスタイルでこちらのたこ焼きを完成させ、
奈良では、こんなたこ焼きはうちだけやないかなぁ~」と言います。
35年ほど前にこのお店を出したキッカケは、
子供さんに「お母ちゃん家に居て」と言われたことが始まりだそうです。
家の傍に居ながらにして、商売ができるものを探し、子供の面倒を見ながらできるもの。
それが、このたこ焼き屋さんだったとのこと。
優しいお母ちゃんが一生懸命働く後ろ姿は、きっとお子さんの目に焼き付いていることでしょう。
お母ちゃんの優しさが生み出すたこ焼き。
こういうお店って良いですよね♪

IMG_6949

こちらのたこ焼は、オーソドックスに1種類のみで、10個入り500円と20個入り1,000円となります。
チーズや葱ポン酢、塩マヨ、揚げたこと様々なアイデアたこ焼きが生まれる中、
お母ちゃんは35年間、ずっとこのスタイルで自分の道を貫かれています。
作り置きもされていますが、20分待てば焼きたてが食べれるとのことでしたので、勿論待ちます!
焼きながら、「奈良に用があったのかぃ?」と聞くお母ちゃん。
このたこ焼きを食べに来たのよ~♪」というと、お母ちゃん口を開けてポカーン(笑)
浜松から奈良まで車で片道およそ3時間。
美味しいものがそこにあると言うならば、行けるところまで行きましょう♪

IMG_6905

①生地を良くかき回します

IMG_6907

②鉄板に生地を流し込みます

IMG_6909

③出汁でとろとろの生地で一杯に

IMG_6910

④網エビをベースに乗せていきます

IMG_6912

⑤葱を上から散らします

IMG_6914

⑥さらに天かすを散らします

IMG_6915

③大きなタコが入ります

IMG_6918

お母ちゃん、焼いている最中にこんなに撮影されたのは初めてだそうで、
恥ずかしいなぁ~」と照れ笑い。
タコだけを焼いているので、不思議に思っていると、
ほれ!これがホントのたこ焼きや!」と爪楊枝にタコを刺して
レディファーストやでぇ♪」と先にわたしにくれました(笑)

IMG_6920

「たこ焼き」

シンプルなたこ焼きだけに、素材は気にしないとなかなか上手く行かないというお母ちゃん。
コストとのバランスを見ながら、良いタコを探すのだそうです。
大きなタコは弾力もあり、とてもジューシィーで、噛むと出汁の旨味が口一杯に広がります♪

IMG_6924

出汁が多いだけに、なかなか直ぐには形になっていきません。
火も強火にしたら焦げてしまうため、じっくりじっくり火入れしています。
半分の鉄板で焼けるたこ焼きは60個、全面使用して120個。
なかなか1人で1度に120個焼くのは容易なことではないとお母ちゃんはいいます。
場所毎に鉄板の温度が少しだけ差があることを長年の感覚で知っているお母ちゃんは、
少しずつ場所を入れ変えて均等に火入れできるようにしていきます。
器用に千枚通しでくるくるとたこ焼きを返し回し、
あれだけとろとろの生地が形になっていく姿は、見ていてとても楽しいです♪

IMG_6937

こんがりと香ばしい出汁の香りと共に、綺麗な真ん丸たこ焼きになってきました!
お母ちゃんに「何故太鼓たこと名付けたの?」と伺うと、
何でやったかなぁ?聴き覚えが良いからやなかったかなぁ?」といいました(笑)
真ん丸くて大きな大きなたこ焼きの完成です!

IMG_6944

「たこ焼き(10個入)」500円

本来、10個入りですが、熱々で食べてもらいたいからと5個ずつ提供してくれました。
お母ちゃんのたこ焼の特徴は、シンプルに調味料は一切かけません。
ソースもマヨネーズも鰹節も青海苔も余分な飾りは全てなし!
表面は、うっすらと焼き色が付き、お箸で摘んでも壊れません。
でも、中はとろっとろのアッツアツですので火傷要注意。

うっすらと醤油ベースの和風出汁にエビの旨味が広がり、とてもあっさりとした味わいのたこ焼き!
あっさりとしているのに、ベースにしっかりとした旨味を感じます。
これぞ出汁の醍醐味です。
余計な味が無い分、あっさりと何個でも食べれてしまうから不思議です。
持ち帰ると、このふっくらとした丸みは失われ、ふにゃふにゃになってしまい全く別物になるので、
その場で焼きたてをいただくことをお勧めします!

今でも忙しい時は、お子さんもお手伝いしてくれるそうですが、
後継ぎというわけではないので、お母ちゃんの代でこのたこ焼き屋は終わりだと、
常連さんは皆さん惜しまれるそうです。
いつまでも、お母ちゃんに元気で居てもらい、
また、お母ちゃんの最高の笑顔と美味しいたこ焼きをいただきたいものですね♪

太鼓たこ
奈良県北葛城郡河合町池部2丁目5-17 TEL:0745-56-6172
営業時間:11:00~17:00 定休日:月曜日

奈良県北葛城郡河合町池部2丁目5-17

静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

新規オープン「BAR&鉄板焼 SK+331」オーナーの趣味で始めたカジュアルな鉄板焼き 「法隆寺」聖徳太子が建立し1400年以上の歴史を誇る日本で最初の世界文化遺産
新規オープン「BAR&鉄板焼 SK+331」オーナーの趣味で始めたカジュアルな鉄板焼き
「法隆寺」聖徳太子が建立し1400年以上の歴史を誇る日本で最初の世界文化遺産

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます