lade | WEB Magazine, de la Espriella

It's focusing on gourmet, Hamamatsu-Shi, Shizuoka、Overseas travel、To deliver the lifestyle information such as design WEB Magazine alleys

Day after day、Forming long queues "and sanuki udon wild incense" of Udon

2013/06/15

_RIC0017

浜北のサンストリート付近の連日長蛇の列を成すお店といえば「さぬきうどん 野の香」さんお店の基本コンセプトは“さぬきの原風景”だそうです平長屋の落ち着いた外観に大きく掲げた暖簾が目印入口の引き戸は昭和の匂いを放つ古き良き時代の扉味だけでなく居心地の良さを感じれるお店造りをされています。The building is、讃岐(香川県)に多く残る煙草の乾燥小屋(ベーハ小屋)をモチーフにし讃岐から取り寄せた古材を使用し趣きがありますうどんも天ぷらもリーズナブルでありながらかなりのボリュームで提供しお客様の“満腹&満足感”にこだわっています店主の小楠智彦さんは、The original、福祉関係の仕事をされていたようですが讃岐うどん好きが高じて出店を決意されたとのことオープン前には本場の香川県の讃岐うどんの学校で勉強しさらに500店以上の讃岐うどん店を回って味を探されたそうです。900店舗ほどの店が並ぶ中自らが足繁く通い回り味わった店ごとの違いを感じ取り良いと思ったものをまとめたうどんを提供されています

_RIC0026

店舗面積は21坪で席数はカウンター席とテーブル席で26席とゆったり建物自体も讃岐らしいものにしたかったという店主梁(はり)や建具などの古材は香川で探し内装の壁の漆喰や塗装は店主自ら作業されたそうですそんなこだわりが溢れるお店の店主の想いが通じるかのように、2010年8月に開店されてからあっという間に噂が広まり超満員の日々を迎えていますわたし達はオープン当初に1度足を運んでいるので今回は2度目の来店ですメニューは至ってシンプルで「天ぷらとうどんのセット」880円天ぷらを(とり天ちくわ天えび天)の中から選びうどんを(冷いぬるい熱い)から選ぶといったもの昼夜5食限定で特製カレーうどん860円ときつねうどん810円もあります。This time the、ざると冷たいかけでとり天とえび天でのセットをオーダー♪

_RIC0028

「ざるうどん」

ざるの上に綺麗に鎮座する艶やかなさぬきうどん店主の手の感覚のみで量を計測されている様子がカウンター席から伺えますこちらで使用されている小麦「小麦のちから」は国内産小麦を主体にオーストラリア産小麦それに厳選したでん粉を配合小麦の持つ能力(ちから)を最大限に引き出し”ふわっとしていて腰がある”食感が特徴かえしは名古屋のヤマヤ醤油店ダシは昆布イリコ雑節鰹節のブレンドで少々甘めの設定ですツルッとスベルように滑らかな喉越しですが、1本1本が綺麗に整った長さをしているので一気に吸い込むのはむせそうで危険です(笑)同じ小麦粉を使っても加水率塩分濃度熟成時間によってうどんのコシやのど越しが異なりますがこちらの麺は食べやすい腰の強さといった印象で個人的には「二五七」さんぐらいの腰の強さの方が好みかもしれません麺の好みは本当に人それぞれですからね♪

_RIC0029

「えび天」

うどんも然ることながら天ぷらの盛りも半端ないボリュームです。Shrimp 2、Maitake mushroom、隠元豆、Sweet potato。海老はインドネシア産バナメイを使用されています下処理の際に曲がらないように海老を潰しますが少々潰し過ぎで平たい部分もあり衣が多いように感じます揚げるタイミングはサクッカラッと非常に良い状態ですので小振りな体で構わないので海老の食感ももう少し感じ取れると嬉しいです温かいうどんであれば衣が多いのは喜ばれるかもしれませんね抹茶塩でいただきました

_RIC0034

「かけうどん(冷)」

今回は時期も時期なので冷たいかけを選択しましたが調べたところによると熱いかけとぬるいかけの出汁は一緒のものを使われているようです。Here you will、温度(ぬるさ)の違う3種類のかけうどんを提供されています

熱いかけ…熱いうどんに熱いつゆ
ぬるいかけ…冷たいうどんに熱いつゆ
冷たいかけ…冷たいうどんに冷たいつゆ

讃岐(香川)ではこの“ぬるい”がポピュラーな食べ方だそうでぬるいぐらいの方が麺の食感と出汁のうまさが一番よくわかるのだとかこちらの出汁は讃岐ならではのイリコが利いており強めに感じます

_RIC0035

「とり天」

ジューシーで柔らかいとり天が3枚、Maitake mushroom、隠元豆、Sweet potato。国産若鶏の胸肉を使用されていますがこちらは本当ジューシィーで美味しかったです♪

_RIC0024

夏といえどもおでん缶が設置されていました各種120円です麺のお店は比較的回転率が良く席に通されてセットが目の前に来てからは早いのですが入口で待つ時間と茹で上がりまでの時間を15分~20分ほど待つことを考慮すると時間に余裕がある時に伺うことをオススメします♪

さぬきうどん 野の香
浜松市浜北区平口222-1 TEL:053-545-9997
Hours of operation:11:00-14:30 17:00-20:30(土日のみ) Closed on Mondays:Wednesday
http://sanukiudonnonoka.hamazo.tv/

浜松市浜北区平口222-1

Shizuoka Prefecture West Center packed with information on gourmet restaurants in Tokyo, Nagoya and overseas!
Food log version caches to currently provides information on gourmet restaurants in more than 700。
<kakesta>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
Events and cuisine photo WEB album
See the photo album has been taking a Google Photo of lade。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

Lucky omen! ? Make a nest to bat house Qingdao oranges mikkabi, Shizuoka specialty produce 100% orange juice
Lucky omen! ? Make a nest to bat house
Qingdao oranges mikkabi, Shizuoka specialty produce 100% orange juice

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | lade - Lifestyle WEB magazine | Company Profile | Google
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. I will strictly prohibited unauthorized copy or reproduction of published articles, images