lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

赤坂「帰燕 KIEN」燕が巣に帰るように羽を休める安らぎの日本料理店で限定和定食

2015/12/22

IMG_3873

赤坂のオフィス街を抜け、溜池山王の路地にひっそりと佇むミシュラン1つ星を誇る
本格日本料理店「帰燕 KIEN」。
都会の喧騒を忘れさせてくれる風情ある外庭のお出迎え。
玉砂利の上に敷かれた石畳のアプローチを抜けると、竹で組まれた入口に掲げられた木綿の暖簾が待ち受けています。
場所は、溜池山王駅の12番出口から徒歩数分圏内で、ツインタワー本館跡地の駐車場に隣接。
一流の日本料理店が提供するランチ限定20食の「和定食」1,600円は、
予約することができず、並んだもの勝ちで売切御免の人気メニューです♪

IMG_3862

店名「帰燕 KIEN」とは、
この店に立ち寄ることで、燕が巣に帰るように羽を休める安らぎの場であってほしい」と、
願いを込めて名付けられています。

IMG_3878

開店時間11:30のオープンに合わせて、11:15と少し早めに到着するも、
既に店前には集まりつつある人の列となり、
そこからオープンまでの15分の間に瞬く間に限定20食の「和定食」は完売となるほどの行列となります。
できれば、早め早めの来店をお勧めします♪

IMG_3882

席数は、カウンター7席、テーブル4席、個室テーブル6席、個室テーブル4席の計21席となり、
昼は、相席となります。
11:30スタートで食事をされる方は、12:15までに退店というスタイルで、
45分間のランチタイムとなり、
12:15からは2回転目となり、次のお客様を迎え入れる準備をされます。
今回は、1回転目で入店できましたので、20食限定の「和定食」に有り付くことができました。
この日は、13:00より「ARK Hillsアークヒルズ」にてアポイントメントがあったために、
それに合わせて近隣でランチです♪

IMG_3884

20食限定の「和定食」1,600円
(茶碗蒸し、鮪胡麻醤油かけ、秋鯖若狭焼、若鶏秋茄子みぞれ庵かけ、新米こしひかり、味噌汁、香の物)

IMG_3885

「若鶏秋茄子みぞれ庵かけ」

ジューシィーに揚げられた大振りの若鶏のから揚げ2個に、素揚げした秋茄子としし唐を添えて、
こってりとした甘味あるみぞれ庵かけに仕上げています。
キャベツの千切りにも庵が絡み合い、箸休めに嬉しい施しです♪

IMG_3886

「秋鯖若狭焼」

秋鯖の皮に若狭地をかけながら焼き上げた若狭焼は、ふっくらと香ばしく、
塩加減は白米が進む良い塩梅です。
大根おろしとレモンを添えて、お好みでいただきます♪

IMG_3887

「鮪胡麻醤油かけ」

胡麻醤油でいただくには勿体無いほどの鮪ですが、タレはコクがあり、こちらもご飯が進むお味。
添えられた山葵の辛味との合わせも美味しいです♪

IMG_3888

「茶碗蒸し」

具だくさんの茶碗蒸しを庵かけでいただきます。
茶碗蒸しのベースの御出汁は少々甘めの味付けです。
みぞれ庵と庵続きではありましたが、寒い時期にはほっこり身体が温まる一品です♪

IMG_3890

「新米こしひかり、お味噌汁、香の物」

炊き立ての新米こしひかりは、粒がしっかりとしており、美味しかったのですが、
茶碗に抑え付けた盛り込みが気になりました。
できれば、ふっくらと盛っていただけると有難いです。
おかずの味付けも含め全般的に感じたのですが、お味噌汁も意外にしっかり目の味わいですので、
働き盛りのサラリーマンの方々には嬉しい塩分のように思います。
それにしても、ミシュラン1つ星ながらに、このように気軽に足を運べて、
数量限定とはいえ、1,600円という価格帯のランチで、バランス良い「和定食」がいただけるのは嬉しいことですね♪

帰燕 KIEN
住所:東京都港区赤坂2-18-8
TEL:03-3505-0728
営業時間:月~土11:30~14:00(L.O.13:30)、18:00~23:00(L.O.21:00)
定休日:日曜日
http://www.akasaka-kien.com/

東京都港区赤坂2-18-8

静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

名古屋フレンチ新規オープン「レミニセンス」一皿ずつの料理に込める余韻と記憶の世界へ 「マセラティジャパン本社」マセラティに新たな風を巻き起こす日本人CEO牧野一夫氏
名古屋フレンチ新規オープン「レミニセンス」一皿ずつの料理に込める余韻と記憶の世界へ
「マセラティジャパン本社」マセラティに新たな風を巻き起こす日本人CEO牧野一夫氏

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます