lade | WEB 雜誌,德拉埃斯普列亞

它專注于美食,濱松市、 靜岡、海外旅遊、提供的生活方式的資訊,如設計 WEB 雜誌小巷

隨時來嘗嘗這魚在富山世外桃源酒館"什錦數十個作為"兄弟誰

2013/08/20

_RID0068

坐落在富山市磯町的住宅區、知る人ぞ知る隠れ家的な存在の居酒屋「喰い処 ごまんど」さん富山ならではの旬の魚や家庭的な料理を美味しく提供してくれる常連様に愛されるお店です相方の弟の淳くんが富山一美味しい居酒屋だとオススメして招待してくれました♪

_RID0094

商店、店主の護摩堂聖一(ごまどうしょういち)さんを囲み淳くんとも仲良しの常連様の姿で賑わっておりました店主のお名前である護摩堂(ごまどう)からとって店名は”ごまんど”と付けられたそうで、它是一個非常罕見的姓氏。御年46歳になる護摩堂さんが20年以上営まれて来たお店は、從擁有者友好的個性嗎?、常連様でいつも溢れているそうですカウンター席6席ほど小上がりのテーブル席6×2奥座敷の個室が1部屋となっています

_RID0090

その日のオススメがホワイトボードに記載されています白エビにはじまり岩かき、Hilgendorf saucord、めばるきじはた等など美味しそうな品揃えがズラリ♪

 

_RID0070

「アサヒドライゼロ」 車があるので、2人でノンアルコールビールをいただきましたノンアルの中でもクリアなキレ味♪

_RID0077

お通し「蟹と胡瓜の酢の物」 プリッとした柔らかい蟹身と胡瓜をあっさりと酢でいただきます

_RID0079

「胡瓜と昆布の漬物」

在富山縣、昆布を出汁や料理素材に幅広く使い昆布巻きや昆布締め、山藥、昆布かまぼこなど昆布料理や加工品が豊富です平成20年家計調査年報によると富山市の1世帯当たりの”昆布”の年間支出金額は2,732円と、49年連続で全国1位だそうです(驚)その由来は明治以降富山県から開拓を求めて全国各地に移住する人や出稼ぎに行く人が増えましたがその中でも北海道の”昆布”を含めた漁業に従事する人が多く、特別是、昆布産地として有名な羅臼町の7~8割が富山県出身者だったといわれていますこれらの人が国元にいる家族や親戚に昆布を送るなどを行って富山県民が昆布に馴染んだとも言われているそうですよ♪

_RID0078

「焼きナス」 甘く香ばしく焼かれた茄子はおかかと生姜醤油でさっぱりといただきます♪

_RID0082

「新さんま刺身」 今年初物のさんま脂がのっていて美味しいです♪

_RID0085

「きじはたの刺身」 弾力歯応えがあって噛むと甘みを感じます♪

_RID0084

「マグロとイカ」 富山にいると毎日お刺身が食べれて幸せですね♪

_RID0081

「梅貝の刺身」 コリコリッとした弾力と貝ならではの磯の香りが堪りません!

_RID0087

「梅貝の肝バター焼き」 バターのコクと味わい深い贅沢な風味は大人の味日本酒をクイッとやりたくなります(笑)

_RID0089

「岩かき」

出ました!ビックサイズの岩かき!紅葉おろしにレモンをギュギュッと絞っていただくととろけるほどにクリーミィで口から海のジュースが溢れ出てきます♪

_RID0091

「のどぐろの塩焼き」

脂の乗ったのどぐろの塩焼きは甘みがあり絶品です兄弟晩酌と言ってもノンアルコールですが(笑)富山に帰省して贅沢な海の幸を堪能できた楽しく美味しい夜でした♪

喰基處理戈曼等。
富山県富山市磯部町3丁目9-9 TEL:076-421-0616
上班時間:17時~23時(L.O) 定休日:每週星期四

富山県富山市磯部町3丁目9-9

靜岡自治州西部充分資訊上美食餐廳在東京、 名古屋和海外!
食物日誌版本緩存目前提供資訊上美食餐廳,在超過 700。
< kakesta ★ 蛋糕到 >
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
事件和烹飪網站相冊
看到相冊已被谷歌的拍照 lade。
裝載的相冊
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

北陸聲樂單位"音響"琢磨紡債券在凱旋門上說 免費品嘗的葡萄酒將舉行每月一次富山批發葡萄酒商店"carvelondo"
北陸聲樂單位"音響"琢磨紡債券在凱旋門上說
免費品嘗的葡萄酒將舉行每月一次富山批發葡萄酒商店"carvelondo"

答覆

驗證碼


lade - 生活方式網路雜誌 | lade - 生活方式 WEB 雜誌 | 公司概述 | 谷歌 +
版權所有 (C) 2013 lade. 保留擁有權利。 版權所有任何未經授權擅自的複製的文章和圖片