lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

本場イタリア生まれ「イル ポモドリーノ」ナポリ釜で焼かれるもっちりピッツァ

2015/06/04

IMG_8091

閑静な住宅街でイタリアンやフレンチの激戦区でもある池下に
2012年6月27日にオープンされ、本場イタリアで愛されているトラットリアの日本第1号店
IL POMODORINO イル ポモドリーノ」をナポリ大好きな日本人が経営されています。
薪釜で焼かれるナポリピッツァをはじめ、イタリア本店の監修のもと、本場ナポリ料理が楽しめます。
地下鉄東山線の池下駅より徒歩数分圏内で、駐車場は店前に数台あるものの、他店のものとなってしまいございません。

IMG_8094

店内は、剥き出しのコンクリートでカジュアルな装いの中、全87席の広々とした空間となっています。
奥には、個室風の部屋も用意されており、小さなお子様の入店も可能とファミリー向けでもあり、
貸切なども対応してくれるため、大人数でのパーティなどにも利用できます♪

IMG_8107

店内の一角にガラス越しに見える大きなナポリ釜。
ベスビオ火山の石を使った薪窯で炉床の薪窯で、
400℃近い高温で一気に焼き上げる様子を楽しみながらワインやナポリ料理を味わえます。
この日は、旦那様が名工大に在学中に起業したての頃にお世話になった方との会食で、
こちらのお店にお誘いいただき、
カジュアルランチのアマルフィコース1,600円(前菜の盛り合わせ、ピッツァまたはパスタ、ドリンク)をオーダーしました♪

IMG_8098

「前菜の盛り合わせ」

酸味の優しい白身魚のエスカベッシュ、鰹のマリネにフレッシュトマトと浅と一緒に、
豚肉ハムのローストはバルサミコ酢ソース、そしてサラダをいただきます♪

IMG_8099

「窯焼きパン」

サービスで付く窯焼きパンです。
ふんわりと軽く、塩加減がしっかりと利いた焼きたてで、オリーブオイルとの相性も良いです♪

IMG_8100

「春キャベツとしらす アーリオオーリオ・ペペロンチーノ」

本日のパスタ4種類の中から、さっぱりと野菜のオイル系をセレクトしました。
パスタは乾麺ですが、茹で具合がベストで春キャベツの甘味としらすの塩気が最高です♪

IMG_8104

「マルゲリータ」

生地の粉はイタリアのもの100%で、たっぷりのフレッシュなトマトソースとモッツァレラチーズ、
そして香り高いフレッシュバジルを使用しており、耳までふっくらもちもちです。
マルゲリータは、その昔、マルゲリータ王妃がこのピッツァのバジルの緑とモッツァレッラの白、そしてトマトソースの赤と、
まるでイタリア国旗を表しているよう」と、えらくお気に召されたことからこう呼ばれているそうです♪

IMG_8106

「コーヒー」

このところ名古屋遠征が増えたことをキッカケに、また再会できたことをとても喜んでいる旦那様。
積もる話もあり、仕事面でも共通することが多く、
ほんのひとときではありましたが、楽しいランチタイムを過ごすことができました!
また、名古屋に出向く際には、事務所に立ち寄らせていただきますね♪

IL POMODORINO イル ポモドリーノ
愛知県名古屋市千種区向陽1-11-14 池下ホームズ 1F TEL:052-752-1080
営業時間:11:30~14:00(L.O.13:30)、18:00~23:00(L.O.22:00)
定休日:水曜日
http://www.ilpomodorino.jp/


静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

桑名のはまぐり料理「日の出」年に1度存分に大粒の蛤を愉しむ日 新規オープン「マスドラヴァンド」フランスで修行したシェフの伝統技法フレンチ
桑名のはまぐり料理「日の出」年に1度存分に大粒の蛤を愉しむ日
新規オープン「マスドラヴァンド」フランスで修行したシェフの伝統技法フレンチ

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます