lade | WEB Magazine, de la Espriella

It's focusing on gourmet, Hamamatsu-Shi, Shizuoka、Overseas travel、To deliver the lifestyle information such as design WEB Magazine alleys

Hideaway Italian Tokorozawa CP offers a luxurious full-course dinner.

2014/10/26

_RD20593

Is a 5 minutes drive from finger kotesashi station on the Seibu Ikebukuro line Tokorozawa Hwy 463 Italian hideaway "CP restaurant"Mr.。Green garden filled with pride、In a simple modern and cosy atmosphere、Others usually open for lunch & dinner、1Has been co-produced by limited only won restoran wedding set。Unlike a refreshing impression of the day、Light in the lantern light、Adult moist atmosphere.

_リid20671

"Modern and stylish restaurant serving casual anyone in this area of Tokorozawa"Thought and how they、2005March 5ToCP restaurantA has been opened。When entering from government road are bustling、Nice space imagined, like not loose time await you!

_RD20669

Shop、A clean black and white combined with a stylish modern directing the non-daily life in space。On the floor in、Big flower-based giving colours with fascinating flowers、One further accompanied by flower table every dignified guest customer hospitality welcomes you。The spacious seats、In all, 54 seats。Table seating in the back is possible to produce a sense of private in the cubicle door。Your daily diet is of course、And celebrate every、Reserved for private use, such as in the event are available。Using carefully selected herbs and fresh ingredients such as food、Shizuoka Prefecture fujieda city you come from chefsJun KubotaWho provides high quality Italian made。Dinner、Weekdays course 2760 Yen、Special dinner course 5500 Yen、Anniversary course 7000 Yen、CHEF'S 10500 Yen 4 courses。Advance reservation is requiredCarbohydrate restriction courseSuch as the specialized courses are offered。To CHEF'S course this time!

_RD20651

Sommelier / ManagerNakazato, MitsuoJust us served as host of the tonight。In a subdued tone、Introduction of cutlery。フランスで賞を受賞されたこともある日本人デザイナーが「日本の梅雨」をイメージされたカトラリーは繊細で儚げな印象を受けます。And、1つ1つがガラス職人によるハンドメイドで海外でも高い評価を得ている「スガハラガラス」さんのガラス箸一本一本全く同じカタチにはならず等間隔のねじれ綺麗な花形の切り口キラキラと照明に反射して輝くカトラリーでこちらでのひと時が特別な食事となるよう用意されたとのことです♪

_RD20688

「ベラヴィスタ」イタリア ロンバルディア フランチャコルタ

乾杯にイタリアのベラヴィスタを用意してくださいましたフランチャコルタは綺麗な酸とフレッシュで丸く調和のとれた親しみやすい味わいが特徴シャンパーニュとは異なる個性が光りますこちらのボトルはデザインの美しさはもちろんワインをより理想的な状態にしておくため一般的なボトルのネックよりも細くしています。Then I will be、ワインとコルクの間のスペースが狭くなり酸化の可能性を低くすることができますその美しいフォルムを眺めながらフレッシュな味わいで乾杯しフルコースディナーのスタートです♪

_RD20691

「シチリア島のグリーンオリーブ」

色艶張り具合塩加減が程好いグリーンオリーブ食感は硬さも残されているのが良いですね♪

_RD20692

「サニーショコラの冷製スープ」

店内の暖房をあえて少し暖かめに設定してのこの時期の冷たいスープ北海道産のサニーショコラは甘味を連想させるそのネーミング力を裏切らない非常に高い糖度がある品種ですスッキリとしながらも凝縮された甘みを存分に感じます♪

_RD20696

「カワハギのカルパッチョ」

カワハギの淡白な味わいを肝のソースに和えながらいただくことで深みを感じさせハーブは青森県の「大西ハーブ農園"北緯40度ハーブTo、"エコファーム・アサノ"、"ルコラステーション」さんよりお届けされる野菜の根菜類を中心にビーツのジュレと一緒に楽しみます♪

_RD20697

「MOMA」イタリア エミリアロマーニャ州 白

グラスワインは料理に合わせて常に何種類か用意されていますソムリエの中里さんにお任せするも良しお好みをお伝えしていただくも良しでしょうこちらMOMAはまだあまり日本に流通されていないワインでブドウ品種は、Sauvignon Blanc、Chardonnay、Trebbiano。クリアで鮮やかな淡い麦わら色で香りはアロマティックでフルーティーなミディアムボディ滑らかで調和が取れており熟した果実味のしっかりとした核を持ちバランスの取れた酸味とクリーンな後味でしっかりしたボディと個性味溢れるワインです♪

_RD20698

「フォアグラのフラン」

久保田シェフのスペシャリテフォアグラの滑らかなフランは出汁を利かせて焚き上げており香ばしくソテーされたフォアグラと一緒に混ぜながらいただくと濃厚さとクリーミィさが楽しめる一品です♪

_RD20700

「季節の和栗とゴルゴンゾーラピッツァ」

今が旬の日高市が誇るブランド栗を用いゴルゴンゾーラと一緒にピッツァにCPさんではここ最近ピッツァを始められたそうで小振りなサイズをコース内で提供されていますお好みで蜂蜜をかけてお召し上がりください♪

_RD20701

「MONTES ALPHA CHARDONNAY モンテス アルファ シャルドネ 2012」チリ カサブランカ・ヴァレー 白

Montes,、チリのワイン・シーンをリードする4人の専門家によって1988 yearに設立そこで高い評価を受け数々の賞を受賞しているのがこのアルファシリーズです手間隙をかけて造られたシャルドネはフレッシュでパワフルな香りとオークの香ばしさが見事なバランスでふくよかさも兼ね備え上質なコクと濃さと品のある味わいが楽しめますCPさんのワイングラスは先日セミナーイベントを開催したばかりのリーデル社のものを使用されていますソムリエの中里さんがお客様により美味しくワインを提供できるよう配慮されてのこと丁度セミナーでお勉強したばかりでしたのでシャルドネをシャルドネ用グラスでいただけるとは贅沢です♪

_RD20702

「秋刀魚のコンフィ」

じっくりと低温で火入れされた秋刀魚のコンフィは骨まで食べれてしまいます万願寺唐辛子の香ばしさと甘みそして秋刀魚とブルゴーニュのマイユマスタードとの相性が抜群です♪

_RD20704

「松茸とカラスミのパスタ」

パスタはランチ同様にイタリアはパスタ発祥の地グラニャーノのものを使用松茸の豊かな山の香りと海の恵みであるカラスミの香りを合わせ松茸を噛み応え感満載の食感に仕上げふんだんに使用していますやはりパスタのアルデンテが最高です!見た目の派手さはないもののイタリアらしいパスタで大満足です♪

_RD20709

「Hubert de Bouard BORDEAUX ユベール・ド・ブアール ボルドー 2005」フランス 赤

サン・テミリオン屈指のシャトーとし人気のシャトーアンジェリュスのオーナーであるユベール・ド・ブアール氏の名前がそのままワイン名になっている2005年のボルドーワインメルロー70%カベルネ・ソーヴィニヨン30%のまろやかなブレンド完熟果実に柔らかな樽香が心地良くマッチしており口当たりは素直でとてもバランス良く飲みやすく柔らかな優しさを感じさせるワインです♪

_RD20708

「熟成牛のロースト」

CPさんの一押しである食材40日間寝かせた熟成牛熟成(エイジング)させた牛肉は、Over time、肉の中の酵素によりタンパク質が分解され旨み成分であるアミノ酸に変化しますしっとりとしており柔らかく噛むごとに芳醇な香りが漂いバターのような香りナッツのような香ばしさが感じられ牛があまり得意でないわたし達ですら大変美味しくきただけた一品です肉自体が大変個性的な味わいをしているのでソースでいただくのではなく燻製塩でシンプルにそしてお好みですが添えられた静岡県産の山葵漬けでいただくとまた風味豊かに味わえますやはり静岡出身のシェフであるがゆえに山葵漬けなのでしょう(笑)付け合せのビーンズ、Red bell pepper、マコモダケ小蕪などと一緒に楽しみます♪

_RD20710

アヴァンデセール「葡萄を使ったミントのゼリー ヨーグルトのシャーベット」

爽やかなミントのジュレの上に皮ごと楽しめる瑞々しい数種の葡萄たち。Elasticity、Sweet、酸味のバランスが優れておりフレッシュ感満載のデザートで本当に美味しいデザートです!ヨーグルトのシャーベットを添えていただきます大分お腹が膨れてきてしまったのでデザートのポーションは少なめにしてくださいました♪

_RD20714

「和栗のモンブラン バニラのアイスクリーム」

こっくりとコクのあるクリームに仕上げた和栗のモンブランは中にカシスのムースを忍ばせていますバニラのアイスクリームと一緒にお召し上がりください♪

_RD20715

"Coffee"

御好意に甘えてペアリングしていただいたワインと共にいただいた料理の数々に大満足です。Here is、ガーデンが見渡せるランチの爽やかな時間帯も良いのですが夜のしっとりとした空間でのライティングされた優しい照明の下での大人の時間もまた素敵です次回もまたお邪魔したいと思います!久保田シェフ中里さん、And your staff、Feast we did!

CP restaurant
埼玉県所沢市北中2丁目153-2 TEL:04-2923-0001
Hours of operation
[Mon, Tue & Thu-day holidays and days before public holidays] lunch 11:30-15:00 ( L.O.14:00-
[Mon, Tue & Thu-Mon and public holidays before] dinner 18:00To 22:00 ( L.O.21:00-
Closed on Mondays:Wednesday、第2木曜日定休(定休日が祝祭日の場合翌日を振替休業)
http://r-cp.com/

Saitama prefectural Tokorozawa City North 2-153 -2

Shizuoka Prefecture West Center packed with information on gourmet restaurants in Tokyo, Nagoya and overseas!
Food log version caches to currently provides information on gourmet restaurants in more than 700。
<kakesta>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
Events and cuisine photo WEB album
See the photo album has been taking a Google Photo of lade。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

Tokorozawa hideaway Italian CP offers you delicious lunch CP restaurant hideaway of Tokorozawa photography and WEB production
Tokorozawa hideaway Italian CP offers you delicious lunch
CP restaurant hideaway of Tokorozawa photography and WEB production

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | lade - Lifestyle WEB magazine | Company Profile | Google
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. I will strictly prohibited unauthorized copy or reproduction of published articles, images